動画と写真でご紹介!福岡で愛されている博多祇園山笠の魅力

博多祇園山笠に行ってきました!

例年「山笠の季節になると梅雨が明ける」と梅雨明けと同時に山笠を連想するほど
地元福岡で愛されている行事、それが博多祇園山笠です。
毎年7月15日に行われる祭りのフィナーレの追い山に向けて、
博多を中心とした福岡の名所に立派な飾り山が飾られていたり
街に長法被を着た男性の姿が目立ったりと、博多はお祭りムード一色になっていきます。

福岡に居る限り、山笠を見ないで過ごす夏はありません。
今回は、ここ数年の博多祇園山笠の動画や写真と共にその魅力をお伝えします。

博多祇園山笠とは

おすすめのポイント
  1. 福岡の街を彩る“飾り山”を巡って楽しむ
  2. 街のあちこちに出現する長法被の「男衆」に夏を感じる
  3. 迫力満点!男衆による盛大なフィナーレ「追い山」

国の重要無形民俗文化財「博多祇園山笠」。
その歴史はなんと760年以上、鎌倉時代に疫病が流行した際に疫病退散を祈って始まったと言われています。
毎年7月1日に博多を中心に10か所以上のスポットに「飾り山」がお披露目されるのを機に
博多祇園山笠はスタート、
さらに「追い山ならし」「集団山見せ」そして祭りのフィナーレの「追い山」と、
最終日の7月15日に向けて様々な山笠を楽しむことができます。
この半月のために全国から男衆が仕事を休んで帰福することも珍しくなく、
山笠に夢中になる人のことを愛情をこめて「のぼせもん」と呼ぶ愛称があるほどです。

博多祇園山笠の見どころ

山笠フィナーレの“リハーサル”「追い山ならし」

7月15日に行われる山笠の一番の見どころ「追い山」の公開リハーサルです。
リハーサルとはいえ櫛田神社にある300席の特等席は販売から10分経たずに売り切れてしまうほどのプレミアチケット。
もちろん、本番の観覧チケットのプレミアさは言うまでもありません。

ご紹介している動画は、幸運にも知人が譲ってくれたため初めて桟敷席から観覧したときの映像です。
福岡県民でも桟敷席から山笠を見ることができた人はなかなか居らず、
私自身も1週間前からどきどきして眠れないほどでした。

福岡県民なら誰でも口ずさむことができる「いわいめでた」。
観衆も一緒になって大合唱。山笠がそれほどまでに県民に愛されていることが伺えます。

盛大なフィナーレを見逃すな!「追い山」

「見逃すな!」…というのも、追い山がスタートするのはなんと明け方5時前なんです。
NHKとテレビ朝日系のローカル局が生中継でその様子を放送しますが、
つい眠たくて寝落ちてしまうのはとてももったいないのでぜひ起きてください…!
また、事前にコースマップを見ておけば迫力のある走りを沿道で見ることも可能です。
清水(きおいみず)と呼ばれる水を観衆からかけられながら決死の形相で駆け抜ける姿は必見です。

山笠の中心地・櫛田神社を参拝

飾り山笠は7月1日から15日の期間限定の公開ですが、
櫛田神社では観光客のために1年を通して巨大な飾り山が展示されています。
山笠のシーズン以外でも毎日たくさんの見物客で賑わっています。
さらに毎年秋に行われる「博多ライトアップウォーク」の期間(10月末~11月初旬)であれば、
夜ライトアップされた貴重な姿をみることもできて年中通して山笠の迫力に触れることが可能です。

博多を中心に街を彩る「飾り山笠」

市内14か所に設置される飾り山笠も見どころのひとつです。
全長10mにもおよぶ飾り山笠は櫛田神社の方角に向いた面を「表」、その反対側を「見送り」と言い、
1つの飾り山で「表」と「裏」の両方を楽しむことができます。
人形は博多人形師によって作られており、その厳格な表情や迫力のある造形を見ることができるほか、
「見送り」には時代に合ったトレンドの人形が乗ることも山笠の楽しみのひとつです。
近年ではサザエさんや、福岡ローカルのバラエティー番組「ゴリパラ見聞録」に
出演している芸人を模した人形が飾られたことでも話題となりました。

こちらは過去に設営された博多駅前の飾り山の様子です。
お披露目前から人目を引いていることが分かります。

7月1日に公開されるやいなや、遠くからでもご覧の迫力、
近付くと思わず立ち止まって写真を撮る人が絶えません。

博多祇園山笠で見つけたグルメ

山笠を楽しんだ後は信州そばむらたへ

福岡市営地下鉄・祇園駅から歩いて3分ほど、櫛田神社のすぐ近くにあるそば店です。
2018年にはそば百名店にも選ばれた正統派のそばを楽しめるだけでなく、
絶品のそばがきや親子丼も大人気。
もつ鍋やうどん、ラーメンと美味しいグルメが軒並み並ぶ福岡ですが、
山笠を観に行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

信州そばむらた

博多祇園山笠 豆知識

山笠にはキュウリが禁物!?

山笠を担ぐ男性は山笠の期間中はキュウリを一切食べてはならないという風習があります。
キュウリを輪切りにしたときの切り口が、山笠の祭神のご神紋であるボケの花に似ていることから、
祭りの期間中は関係者はキュウリを口にすることがありません。
(同様の理由から、キュウリに加えてオクラもNGとする人々もいます)
驚くことに、学校給食でもこの期間はすべてキュウリ抜き、
父親が抱っこする形で山笠に参加する赤ちゃんも離乳食でキュウリは避けるという徹底ぶり。
その徹底ぶりからいかに博多の人が真剣に山笠に携わっているかが伺えます。

博多祇園山笠に必要なアイテム・服装・その他

追い山ならしを観覧する際、沿道に集まった観衆からは清水(きおいみず)という水が飛び交います。
山笠と、山笠を担ぐ男性を清めるため、また暑い夏に少しでも涼しくできるようにするためにかけられており、
清水も山笠を盛り上げる要因のひとつです。
中には大型のバケツやホースで清水をかける人も少なくないため、
水没するといけない電子機器(スマートフォンやビデオカメラ)の扱いにはご注意ください。

博多祇園山笠での注意点

博多祇園山笠に熱心に携わっている「のぼせもん」が経営している飲食店等は
山笠の期間中は1週間から長いところでは半月ほど店休日となってしまうお店も少なくありません。
個人経営のお店に特に多く見られます。
山笠を機に福岡観光にお越しの際は、気になるお店の営業情報を事前に調べておくことをおすすめします。
また、福岡は現在ホテルの建設ラッシュが続いていますが、
福岡ペイペイドームやマリンメッセ福岡で大型のライブが開催されると
すぐにホテルが満室になってしまいます。
平日は心配ありませんが、土日のホテルはできるだけ早めに確保しておくことをおすすめします。

まとめ

2020年度、新型コロナウイルスの影響を受けて
戦後初めて博多祇園山笠の開催が見送られることになりました。
疫病退散のために始まった行事が疫病の影響で延期になってしまうとはなんとも皮肉なものですが、
来年はきっとさらなる盛り上がりを見せることを祈って今回過去の動画や写真で山笠をご紹介させていただきました。
ぜひ2021年に、福岡観光と共にお楽しみいただけると嬉しいです。

こさい たろ

こさい たろフォトグラファー

投稿者の過去記事

小学生の頃フランスに住んでいました。現在、0才児の育児に追われる新米ママ。
プロ野球・プロバスケ、音楽ライブ、演劇を撮影させていただいています。
【website】 https://tarophoto.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…
  2. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  3. 釜山旅行体験記釜山の甘川洞文化村にあるカラフルな風景を見たいと思い、釜山の旅行を決めました。写真…
  4. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  5. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  6. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  7. キューケンホフ旅行体験記一生に一度、チューリップが咲き誇る時期にオランダに行ってみたいと思ってい…
  8. カウアイ島旅行体験記いつもハワイに行く時はオアフ島のみでしたが、友人からカウアイ島の自然が凄い!…
  9. 東京23区で唯一の渓谷【等々力渓谷】| トラベルダイアリー
    東京【等々力渓谷】旅行体験記東京23区にある唯一の渓谷【等々力渓谷】へ日帰りで行ってきました!渋…
  10. 女子一人旅 in ペルー ついに南米へ!インカ帝国を感じるクスコ| トラベルダイアリー
    クスコ旅行体験記キレイで快適なヨーロッパを後にして次に向かったのは南米、ペルー。もちろんメインは…

国内旅行おすすめ

  1. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…
  2. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  3. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  4. 佐賀バルーンフェスタ旅行体験記幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行…
  5. 博多グルメと糸島ドライブで身も心も満たす! | トラベルダイアリー
    博多旅行体験記最近、徐々に知名度を上げている糸島で、いろんなきれいな写真を撮りたくて福岡旅行を決…
  6. 静岡 掛川花鳥園 可愛い鳥たち大集合♡~癒しの楽園へようこそ~| トラベルダイアリー
    掛川花鳥園体験記静岡の掛川花鳥園へ鳥と戯れに行ってきました。実際に鳥たちに触れながら観察が出来た…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  8. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ箱根の旅| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記首都圏で手軽に行ける温泉地として人気の箱根。素敵な温泉地や温泉宿は大人が嬉しい場所…
  10. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…

最新記事

  1. 脱日常!ヒマラヤ山脈の絶景広がるポカラでリフレッシュ| トラベルダイアリー
    ポカラ旅行体験記毎日仕事に疲れ果てていた時。3連休に2日有給を足して5日間の休みが取れそうで、の…
  2. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  3. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原旅行体験記一年振りのスキー旅行。コロナの影響でスキー場の営業を縮小していたり、ホテルでのキッ…
  4. タイ・バンコクで遺跡寺院巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記東南アジアへの渡航歴があまりなかったので行って見ました。ベトナムやカンボジアと…
  5. 年末年始のニューヨークにて、タイムズスクエアのカウントダウン| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記憧れのホリデーシーズンのニューヨーク。年末年始ともあり飛行機代14万、ホテ…
  6. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  7. ガーデンアイランド カウアイ島のワイルドな自然に触れる| トラベルダイアリー
    ハワイ・カウアイ島 旅行体験記オアフ島とハワイ島へ行き、まだまだハワイ諸島の色々な顔を知りたい!…
  8. エッサウィラ旅行体験記モロッコといえば、一般的には砂漠やラクダのイメージですよね。今回は、パリに…
  9. 買い物だけじゃない!色んな顔を持つ街バンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記友人が留学していた事があり、バンクーバー良いよと聞いていたのでずっと行って…
  10. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…

Archive



PAGE TOP