動画と写真でご紹介!福岡で愛されている博多祇園山笠の魅力

博多祇園山笠に行ってきました!

例年「山笠の季節になると梅雨が明ける」と梅雨明けと同時に山笠を連想するほど
地元福岡で愛されている行事、それが博多祇園山笠です。
毎年7月15日に行われる祭りのフィナーレの追い山に向けて、
博多を中心とした福岡の名所に立派な飾り山が飾られていたり
街に長法被を着た男性の姿が目立ったりと、博多はお祭りムード一色になっていきます。

福岡に居る限り、山笠を見ないで過ごす夏はありません。
今回は、ここ数年の博多祇園山笠の動画や写真と共にその魅力をお伝えします。

博多祇園山笠とは

おすすめのポイント
  1. 福岡の街を彩る“飾り山”を巡って楽しむ
  2. 街のあちこちに出現する長法被の「男衆」に夏を感じる
  3. 迫力満点!男衆による盛大なフィナーレ「追い山」

国の重要無形民俗文化財「博多祇園山笠」。
その歴史はなんと760年以上、鎌倉時代に疫病が流行した際に疫病退散を祈って始まったと言われています。
毎年7月1日に博多を中心に10か所以上のスポットに「飾り山」がお披露目されるのを機に
博多祇園山笠はスタート、
さらに「追い山ならし」「集団山見せ」そして祭りのフィナーレの「追い山」と、
最終日の7月15日に向けて様々な山笠を楽しむことができます。
この半月のために全国から男衆が仕事を休んで帰福することも珍しくなく、
山笠に夢中になる人のことを愛情をこめて「のぼせもん」と呼ぶ愛称があるほどです。

博多祇園山笠の見どころ

山笠フィナーレの“リハーサル”「追い山ならし」

7月15日に行われる山笠の一番の見どころ「追い山」の公開リハーサルです。
リハーサルとはいえ櫛田神社にある300席の特等席は販売から10分経たずに売り切れてしまうほどのプレミアチケット。
もちろん、本番の観覧チケットのプレミアさは言うまでもありません。

ご紹介している動画は、幸運にも知人が譲ってくれたため初めて桟敷席から観覧したときの映像です。
福岡県民でも桟敷席から山笠を見ることができた人はなかなか居らず、
私自身も1週間前からどきどきして眠れないほどでした。

福岡県民なら誰でも口ずさむことができる「いわいめでた」。
観衆も一緒になって大合唱。山笠がそれほどまでに県民に愛されていることが伺えます。

盛大なフィナーレを見逃すな!「追い山」

「見逃すな!」…というのも、追い山がスタートするのはなんと明け方5時前なんです。
NHKとテレビ朝日系のローカル局が生中継でその様子を放送しますが、
つい眠たくて寝落ちてしまうのはとてももったいないのでぜひ起きてください…!
また、事前にコースマップを見ておけば迫力のある走りを沿道で見ることも可能です。
清水(きおいみず)と呼ばれる水を観衆からかけられながら決死の形相で駆け抜ける姿は必見です。

山笠の中心地・櫛田神社を参拝

飾り山笠は7月1日から15日の期間限定の公開ですが、
櫛田神社では観光客のために1年を通して巨大な飾り山が展示されています。
山笠のシーズン以外でも毎日たくさんの見物客で賑わっています。
さらに毎年秋に行われる「博多ライトアップウォーク」の期間(10月末~11月初旬)であれば、
夜ライトアップされた貴重な姿をみることもできて年中通して山笠の迫力に触れることが可能です。

博多を中心に街を彩る「飾り山笠」

市内14か所に設置される飾り山笠も見どころのひとつです。
全長10mにもおよぶ飾り山笠は櫛田神社の方角に向いた面を「表」、その反対側を「見送り」と言い、
1つの飾り山で「表」と「裏」の両方を楽しむことができます。
人形は博多人形師によって作られており、その厳格な表情や迫力のある造形を見ることができるほか、
「見送り」には時代に合ったトレンドの人形が乗ることも山笠の楽しみのひとつです。
近年ではサザエさんや、福岡ローカルのバラエティー番組「ゴリパラ見聞録」に
出演している芸人を模した人形が飾られたことでも話題となりました。

こちらは過去に設営された博多駅前の飾り山の様子です。
お披露目前から人目を引いていることが分かります。

7月1日に公開されるやいなや、遠くからでもご覧の迫力、
近付くと思わず立ち止まって写真を撮る人が絶えません。

博多祇園山笠で見つけたグルメ

山笠を楽しんだ後は信州そばむらたへ

福岡市営地下鉄・祇園駅から歩いて3分ほど、櫛田神社のすぐ近くにあるそば店です。
2018年にはそば百名店にも選ばれた正統派のそばを楽しめるだけでなく、
絶品のそばがきや親子丼も大人気。
もつ鍋やうどん、ラーメンと美味しいグルメが軒並み並ぶ福岡ですが、
山笠を観に行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

信州そばむらた

博多祇園山笠 豆知識

山笠にはキュウリが禁物!?

山笠を担ぐ男性は山笠の期間中はキュウリを一切食べてはならないという風習があります。
キュウリを輪切りにしたときの切り口が、山笠の祭神のご神紋であるボケの花に似ていることから、
祭りの期間中は関係者はキュウリを口にすることがありません。
(同様の理由から、キュウリに加えてオクラもNGとする人々もいます)
驚くことに、学校給食でもこの期間はすべてキュウリ抜き、
父親が抱っこする形で山笠に参加する赤ちゃんも離乳食でキュウリは避けるという徹底ぶり。
その徹底ぶりからいかに博多の人が真剣に山笠に携わっているかが伺えます。

博多祇園山笠に必要なアイテム・服装・その他

追い山ならしを観覧する際、沿道に集まった観衆からは清水(きおいみず)という水が飛び交います。
山笠と、山笠を担ぐ男性を清めるため、また暑い夏に少しでも涼しくできるようにするためにかけられており、
清水も山笠を盛り上げる要因のひとつです。
中には大型のバケツやホースで清水をかける人も少なくないため、
水没するといけない電子機器(スマートフォンやビデオカメラ)の扱いにはご注意ください。

博多祇園山笠での注意点

博多祇園山笠に熱心に携わっている「のぼせもん」が経営している飲食店等は
山笠の期間中は1週間から長いところでは半月ほど店休日となってしまうお店も少なくありません。
個人経営のお店に特に多く見られます。
山笠を機に福岡観光にお越しの際は、気になるお店の営業情報を事前に調べておくことをおすすめします。
また、福岡は現在ホテルの建設ラッシュが続いていますが、
福岡ペイペイドームやマリンメッセ福岡で大型のライブが開催されると
すぐにホテルが満室になってしまいます。
平日は心配ありませんが、土日のホテルはできるだけ早めに確保しておくことをおすすめします。

まとめ

2020年度、新型コロナウイルスの影響を受けて
戦後初めて博多祇園山笠の開催が見送られることになりました。
疫病退散のために始まった行事が疫病の影響で延期になってしまうとはなんとも皮肉なものですが、
来年はきっとさらなる盛り上がりを見せることを祈って今回過去の動画や写真で山笠をご紹介させていただきました。
ぜひ2021年に、福岡観光と共にお楽しみいただけると嬉しいです。

こさい たろフォトグラファー

投稿者の過去記事

小学生の頃フランスに住んでいました。現在、0才児の育児に追われる新米ママ。
プロ野球・プロバスケ、音楽ライブ、演劇を撮影させていただいています。
【website】 https://tarophoto.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…
  2. マーストリヒト旅行体験記マーストリヒトはオランダの最南端、リンブルグ州の州都でオランダ最古の都市…
  3. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  4. サンフランシスコ旅行体験記何回か行ったことのあるアメリカ。実はあまり好きではないのですが、友人に…
  5. 台北旅行体験記千と千尋の神隠しの舞台にもなったとも言われる九份へ行ってみたいと思い、台北へ旅行し…
  6. カメラ好きなら行くっきゃない!フランス南西部の街、トゥールーズ| トラベルダイアリー
    トゥールーズ体験記フランス東部の街トゥールーズ。行ってみたら女性らしい一面や男の子っぽい一面。様…
  7. ゴットランド旅行体験記ジブリ映画「魔女の宅急便のキキが住んでいたモデルの家がある」と数年前に聞き…
  8. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  9. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  10. フィレンツェ旅行体験記人生初のヨーロッパはイタリアへ行くことに!イタリアに行くなら、ローマやべネ…

国内旅行おすすめ

  1. 【一人旅】都内のオアシス三鷹で3連泊。緑とセミの鳴き声に囲まれる| トラベルダイアリー
    三鷹旅行体験記3連休に乗じて旅行したいと思ったものの、感染症対策のため遠出ははばかられるご時世。…
  2. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…
  3. 佐賀バルーンフェスタ旅行体験記幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行…
  4. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  5. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  6. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  7. 旭川~美瑛~富良野周遊旅行体験記北海道旅行でバスツアーを利用して、旭山動物園に青い池、四季の丘、…
  8. 京丹後旅行体験記旅と言えば観光に食べ歩きなど、どちらかと言えばアクティブなものを楽しんできたこれ…
  9. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ~豊見城 ビーチ&ショッピング編~| トラベルダイアリー
    豊見城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄に来るということで、沖縄在住の私も旅行に同行させて…
  10. 舞鶴赤れんが
    舞鶴旅行体験記舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。ここ数年、舞鶴で大きなサ…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP