熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー

熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅

熊本旅行体験記

夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐるぐる回る旅をすることにしました。熊本県は南北に長いので3日ほどに分けて観光しました。レンタカーで気ままに観光地をめぐりグルメを堪能する旅の始まりです♪

熊本旅行について

おすすめのポイント
  1. 山の幸と海の幸を楽しもう!グルメな九州旅♪
  2. 九州は温泉大国!湯めぐりも楽しもう♪
  3. 近世から近代への日本史をめぐる史跡もたくさん♪

食べ物がおいしい場所、と聞くと北海道を想像する方が多いと思うのですが、実は九州もおいしい食べ物の宝庫です!
周りを海に囲まれ、夏は暑く、冬は寒い、そんな地形ではぐくまれる魚介やお魚は絶品です。九州は酪農も盛んなので、おいしい牛肉や豚肉も堪能できます。抵抗がない方なら馬刺しもおすすめです。産地直送の新鮮な馬刺しが楽しめますよ!

熊本旅行のおすすめのスポット

金栗四三生家

大河ドラマでも有名になった日本人初のオリンピック選手、金栗四三氏の生家を見学することができます。
築200年を超える日本家屋は、歴史的資料としても貴重です。江戸時代から続く酒造会社だった金栗家の家屋は大変立派で、土間の一部に酒造樽や酒造に使う道具が残されるなど「江戸時代から続く名家」の歴史を感じさせてくれます。
かつては3世帯15人以上が暮らした家屋も、今は住民がおらず記念館として開放されています(2021年3月までの予定になりますのでお出かけの際はホームページなどで確認ください)

万田坑

九州は日本で二番目にできた官営の八幡製鉄所(現在のJFEスチールの前身企業)があることもあり、明治時代から日本の製鉄業をリードしてきた地域です。製鉄業に欠かせないのが原料である鉄鉱石だけではなく、石炭が重要になります。原料の鉄鉱石は日本国内での産出が僅少であることから輸入に頼っていましたが、石炭は輸送コストの兼ね合いから国内の近隣地区で採掘されていました。
この万田坑も九州の製鉄業を支える三井三池炭鉱のひとつとして、石油エネルギーへの転換や内外コスト差により国内石炭の需要が低下した昭和中頃まで操業していました。(平成9年に保守管理が終了し、以降観光施設として営業)
明治時代に作られた石炭採掘に欠かせない竪坑や巨大なウインチなどは一見の価値ありです。
周辺には無料の資料館もありますので、お時間があれば一緒に見てみてはいかがでしょうか。

田原坂

日本の歴史の中で近世と近代をわけるのは明治維新と言われています。明治維新は鳥羽伏見の戦いで大勢が決し、会津戊辰戦争で武士の時代が終わり、函館戦争で明治政府の覇権が確立したとされますが、明治維新がなされたからといって「武士であった人間」がゼロになったわけではありません。新政府が動き出したことで職や財産や生活基盤が脅かされたり、果ては失った人々も多数います。
新政府に不満を持った旧支配者層である武士たちが、薩摩の西郷隆盛を擁し決起したのが「西南戦争」です。
ここ田原坂は西南戦争の激戦地と言われ、薩摩軍・政府軍ともに多くの死傷者を出しました。交通の要所である田原坂を政府軍に抑えられた薩摩軍はそれ以後北上することができず、西郷隆盛は鹿児島の地で最期を迎えることになりました。
鎌倉幕府設立からの「武士の時代」が完全に終わった地である田原坂を眺めながら休憩するのもおすすめです。
田原坂の近くには西南戦争記念館もありますので、ぜひ足を運んでみてください。戦いの様子をリアルに表現したジオラマは必見です。

熊本市でのおすすめグルメ

HERO海

熊本市内に複数の店舗を構える天草牛深の回線を味わえる居酒屋です。観光客だけではなく、地元の人たちにも愛されているお店で、店員さんもハキハキとした接客で迎えてくれます。
オススメはなんいっても刺身の盛り合わせです!お値段以上の盛りっぷりでお酒が進むこと間違いなし!
熊本の郷土料理である辛子レンコンもほどよい辛味で美味しくいただけます。
熊本繁華街近くにありますので、熊本城の観光後にもお勧めです。

天外天

九州のラーメンというと博多ラーメンが有名ですが、熊本のとんこつラーメンもおすすめです。ベースは豚骨スープに細麺、と博多ラーメンに似ているのですが、香ばしさを演出するのが黒いマーユとガーリックです。
ここ天外天ではいっぱいのガーリックパウダーが振りかけられていて食欲をそそります。
豚骨スープは思ったよりさっぱりしているので飲んだ後の〆におすすめです。
なんせ営業時間が20時から24時という〆ぴったりな営業スタイルとなっています。
「飲み終わったサラリーマンが吸い寄せられる」と言われるそうですが、確かに納得です。
お昼の時間にも食べたい!という方はJR熊本駅にも支店がありますので、そちらをご利用ください。

熊本にて宿泊したホテル

スーパーホテルLOHAS熊本

熊本市街地にあるビジネスホテルです。繁華街からは路面電車で3-5駅ほど離れていますが、路面電車の駅からは1分になりますのでアクセスに不便はありません。
頑張れば歩いて20分くらいで繁華街までご飯を食べに行けますので、気候が良くて元気があるときは徒歩もおすすめです。
ここのホテルのおすすめポイントは「大浴場」と「駐車場140台完備(1泊500円)」です。
旅の疲れを広いお風呂で取れるのはとてもありがたいですよね。コインランドリーもあるので、長旅になるときにもお勧めです。
繁華街から少し離れていることから駐車場がたくさん用意されているのもありがたいです。タワー型ですが朝7時から夜11時まで入出庫できます(深夜時間帯は入出庫不可)
通常の利用なら特に問題にはならないと思います。

熊本旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

じゃらんパックでホテルと往復飛行機を予約し、後のレンタカーなどは個別で手配しました。パック代金で予約できるので個別で航空券を予約するより安く抑えることができました。
熊本県内をぐるぐると回る旅でしたので、レンタカーは必須です。高速道路や山道も結構多いですので、軽自動車ではなく普通自動車で予約するのがおすすめです。急な坂道を軽自動車で走ろうとすると後ろの車にイライラされます(笑)

熊本旅行に必要な持ち物

国内旅行ですので特別な持ち物は必要ないと思います。ただし夏はかなり暑くなりますので、帽子や日焼け止めなど熱中症対策に気を付けて準備をするといいかと思います。
できれば涼しいところに行きたい…ということであれば比較的気温の低い阿蘇エリアもおすすめです。ただし、当然冬には雪が積もるエリアも出ますのでお出かけ前の確認をお忘れなく。営業時間の短縮もあり得ます。

熊本旅行での注意点

熊本旅行での注意点
  1. 熊本市街地の運転は市電との戦い
  2. 夏は暑くなりやすいので、熱中症対策を十分に
  3. 公共交通機関では巡りにくい、レンタカー推奨

熊本の市街地は見た目はよくある地方都市なのですが、関東にはほぼない(正確には都電荒川線がありますが…)路面電車が市街地のメイン道路を走っています。市電がある場合交通ルールが少し複雑になりますので注意が必要です。(市街地ではあまり見かけない「黄色の点滅信号」なんかがあります)まわりに同じ動きをしている車があれば、合わせて動くのがおすすめです。

まとめ

今回は熊本北部の観光地を中心にめぐってみました。熊本観光ですと阿蘇に行く方が多いのですが、北部エリアにも歴史を感じさせる建物がたくさん残っていますので是非訪れてみてください。特に田原坂は険しい坂道をたどると、ここで戦うのは大変だったろうな…と明治時代に思いをはせることができると思います。
万田坑は熊本というよりは福岡県大牟田市に近いため、福岡エリアからのアクセスも可能です。(万田坑へバスでアクセスする場合は大牟田方面からのアクセスがおすすめです、ただしバスは一日に1本しかありません…)

mutukiy旅するOL

投稿者の過去記事

旅行が好きなOLです。平日は働いて有給をとっていろんなところに出かけるのが大好きです。野球観戦も好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 【タイ】東南アジアの文化に触れる3泊4日の旅 inバンコク| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記2018年の8月に初めて東南アジアに行きました!伝統的でユニークな文化のある国に…
  2. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  3. ネゴンボ旅行体験記スリランカは「インド洋の真珠」とも呼ばれ、豊かな自然に囲まれた美しい島国です。…
  4. フィンランドヘルシンキ【マリメッコ社員食堂へ!】| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都ヘルシンキのマリメッコ本社へ行ってきました!以前日本でマリ…
  5. フーコック旅行体験記海外旅行へ行くなら、レアな場所に行ってみたい!と旅慣れた人なら思うはず。アジ…
  6. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  7. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  8. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  9. プーケット旅行体験記第二弾!私のお気に入りの国""Thailand”のアンダマン海に浮かぶタイ最…
  10. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…

国内旅行おすすめ

  1. 1日だけじゃ足りない⁈まるで映画の世界が楽しめる神戸!| トラベルダイアリー
    神戸旅行体験記 洋館に興味があり、調べて一番にでてきたのは兵庫県の神戸市でした。…
  2. 車なしでも観光できる!高知 1泊2日〜充実のひとり旅〜| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記四国旅行の際に訪れたことはあっても、泊まってゆっくり観光したことのなかった高知。…
  3. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  4. 異国情緒を感じる♪爽やかな港町・函館の元町エリアをぶらり街歩き| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記2泊3日で夏の北海道・函館を旅行しました。函館というと五稜郭や函館山の夜景といった…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  6. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…
  7. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  8. 美味しいものがいっぱい!歴史と自然も満喫できる兵庫の穴場「赤穂」| トラベルダイアリー
    赤穂市旅行体験記兵庫県の南西部、岡山県との県境にある「赤穂」。” 忠臣蔵 ”や” 赤穂の塩 ”で…
  9. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  10. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP