座間味島ケラマブルーでシュノーケリングを堪能!

座間味島旅行体験記

沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間諸島国立公園の座間味島。シュノーケリングでも十分に楽しめる海、ビーチに生息している野生のウミガメが見れたり、夕日や満天の星空は他の島では味わうことができない体験をさせてくれます。

座間味島旅行について

おすすめのポイント
  1. 阿真ビーチでウミガメと出会う
  2. 古座間味ビーチでサンゴ礁を楽しむ
  3. 展望台から海を一望

沖縄本島の那覇から西へ約40㎞、慶良間諸島の一つが座間味島です。国立公園に指定されており、海の透明度は世界的にも有名でダイバーの間ではとても有名です。阿真ビーチには野生のウミガメが生息しており、運が良ければ水中でウミガメたちに出会うことができます。古座間味ビーチでは美しいサンゴ礁を楽しみながらシュノーケリングをすることができます。また高低差がある島でもあるので、島内には5つの展望台もあり、素敵な景色を一望することもできます。

座間味島旅行のおすすめのスポット

阿真ビーチでウミガメに出会おう


こちらのビーチは野生のウミガメが生息しており、満潮と干潮の時に浅瀬に藻を食べにウミガメたちが浅瀬にやってくるのです。ただウミガメを触ったり追いかけたりするのへ禁止されているので、運良く出会えたとしても遠くからそっと眺めておきましょう。こちらのビーチにはサンゴ礁はあまりありませんが、潮の流れが比較的落ち着いているので子連れにおすすめです。ビーチパラソルが立ち並ぶリゾート感はなくこじんまりとしています。目の前には無人島と見ながらサンセットを楽しむのもおすすめ。

古座間味ビーチでシュノーケリング


こちらのビーチは阿真ビーチより規模が大きく、ピークシーズンにはビーチパラソルが立ち並び、とてもにぎわいます。古座間味ビーチの魅力は、美しいサンゴ礁です。すでに浅瀬にはサンゴ礁がたくさんあるので、沖に行かなくてもシュノーケリングがばっちり楽しめます。ただ、ほとんど岩場になっているので足元に気を付けてください。あと、潮の流れが強く過去に何度か事故がおきているので、子連れや泳ぎに自信のない人は要注意です。ライフセーバーの目の届く範囲で遊ぶのが安心です。

5つの展望台からの景色を楽しもう


島内には5つの展望台があり、どこからでも座間味特有のダイナミックな地形とキレイなケラマブルーが見渡せます。展望台からサンセットを眺めることもできるので、カメラ片手に訪れることをおすすめします。日中の展望台からの眺めは、キラキラとしたキレイなグラデーションブルーが印象的です。クジラが訪れる1-3月には、もしかしたら展望台からクジラを見ることができるかもしれません。

座間味島でのおすすめグルメ

島のレストラン アミュレット


こちらのカフェレストランは路地裏にあり、看板もこじんまりしているのでわかりずらいかもしれませんが、隠れ家的な雰囲気がとても素敵です。アイスやカフェドリンクメニューはもちろん、ランチはディナーも色いろとそろっています。中でもおすすめなのはピザ。暑い日に熱いピザを食べながら汗をかき、最後にアイスをいただくのがいいですね。アイスは種類豊富なので滞在中に通って全種類制覇するのもおすすめ。

座間味島でのおすすめのショッピングスポット

島唯一のスーパー、105ストアー

島にはコンビニエンスストアはないので、この105ストアーが唯一のスーパーになります。営業時間も7時から23時までと24時間営業ではないので、都会の感覚のまま島へ旅行に行くとギャップにびっくりします。こちらには野菜などの食料品から日用品までそろっていますが、価格はやはり島価格。日用品の買い物は本島で済ませておきましょう。こちらでは島草履やギョサン、その他日常的に島で使うアイテムなどを買うのがおすすめ。お土産にもなるので、とっておきの島っぽいものを買って帰りましょう。

座間味島にて宿泊したホテル

民宿ロビンソン

阿真ビーチの近くにある、小さな民宿。建物は本館と別館に分かれており、宿泊者全員で一緒に食卓を囲むという昔ながらの食事スタイルのおかげで、宿泊者同士が仲良くなることが日常茶飯事。女将さんのおいしい料理、嬉しい気配り、離島ツアーなどの斡旋も行ってくれるのが良いポイント。良くない点は特になし。阿真ビーチまで徒歩3分という好立地なので、早朝の海の散歩や夜の星空を堪能するのに最適。

座間味島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

個人旅行なので、好きなように旅程を組めて思う存分座間味滞在を楽しむことができました。個人旅行だとフェリーの予約も自分で行うので、万が一天候不良などで変更を余儀なくされたときは予約している宿にも自分で連絡を入れる必要があります。その場合少し手間がかかりますが、それでも沖縄は個人旅行がおすすめです。せっかく離島にゆっくりしに行くのであれば、ツアーなどで他人に合わせて時間を気にしながらセカセカするのは絶対に避けたいですよね。ぜひ自分だけの沖縄時間を見つけてください。

座間味島旅行に必要な持ち物

長袖シャツ、帽子は必須。沖縄のビーチにくる観光客を見ていると、せっかくビーチに来たんだから日焼けをしようと思い、日焼け対策を全くしない人を良く見ます。しかし、そのような人たちは必ず真っ赤になり軽度の火傷状態になってしまいます。沖縄に来てテンションが上がるのはわかりますが、長袖シャツや帽子、日焼け止めで日焼け対策は必須です。あと、長袖のラッシュガードを着て海の入るのもおすすめ。海の中は意外と焼けやすいのと、クラゲやウミヘビなどから肌を守るためにも。

座間味島旅行での注意点

座間味島旅行での注意点
  1. 地元の人のいうことを聞く
  2. 海をあなどらない
  3. フェリーの運航情報は常にチェック

島の人のいうことは聞いた方がいいです。例えば、このエリアには行かない方がいい、今海には入らないほうがいいなど、もし何か言われたら素直に聞きましょう。潮の流れが速かったり、海が荒れているとき、無人島には泳いで渡るななど、そのような海に関する注意は絶対に守りましょう。帰りのフェリーの運航情報は常にチェックしておきましょう。

まとめ

本島から気軽に行ける離島、ということで実はあまり期待せずに行きました。しかし、島に着いてびっくり。こんな素晴らしい離島が那覇からすぐのところにあるなんて。海はもちろん、山も展望台からの景色も、島の人たちも優しくて本島に良い滞在になりました。早朝から海に入り、朝ごはんを食べて正午までまた海でひと泳ぎ、日中の暑い時間は日陰でゆっくり過ごし、夕方にはまたひと泳ぎ、夕日を見て、寝る前には満天の星空を眺める。こんなに素敵な時間が過ごせたのも座間味の自然のおかげ。次のまとまったお休みにはぜひ水着をもって慶良間諸島へ。

Koko

投稿者の過去記事

一人旅が好きな元ヨガインストラクター。カナダ、オーストラリア在住を経てイタリアへ移住予定。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. インドへ行ってみて分かったこと。初めてのデリー1人旅、3泊4日| トラベルダイアリー
    デリー旅行体験記旅行者の「聖地」インド。旅行好きを語るからにはインドを避けては通れません。たまた…
  2. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…
  3. バリ島旅行体験記以前からバリ島に行きたいと思っており、連休が確保できたので行きました。リゾート地…
  4. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…
  5. 日帰り観光に最適なスロバキアで1番栄えてる都市ブラチスラヴァ!| トラベルダイアリー
    ブラチスラヴァ旅行体験記 ハンガリーのブダペストから列車で行けるスロバキアのブラ…
  6. 初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。| トラベルダイアリー
    初めてのサンフランシスコ旅サンフランシスコに行った日は、あいにくの雨のち曇りのお天気。たまに降り…
  7. バリ旅行体験記子連れで行ける海外旅行を探し見つけたのがバリ島。日本から直行便で約7時間程度。…
  8. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  9. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…
  10. オックスフォードに行ってきました!語学留学をして以来、アカデミックな雰囲気と過ごしやすさがとても…

国内旅行おすすめ

  1. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  2. 【一人旅】アジアの玄関口、福岡・太宰府で、歴史を学ぶお勉強気分に浸る| トラベルダイアリー
    太宰府旅行体験記土日に時間ができたため、1泊旅行に行こうとしたものの、季節は梅雨。なるべくなら雨…
  3. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…
  4. 美味しいものがたくさん〜食倒れの旅!in 三重県伊勢市| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記 2019年12月、伊勢神宮の参拝を目的に、恋人と伊勢旅行に行きました…
  5. 春夏秋冬を楽しめる!観光客が絶えない京都・嵐山の旅| トラベルダイアリー
    嵐山旅行体験記関西に住むことになったのきっかけに、休みがあれば周辺の観光名所を散策して過ごしまし…
  6. 美味しいものもいっぱい!家族でも楽しめる穴場スポット長野・駒ヶ根| トラベルダイアリー
    駒ヶ根旅行体験記青年海外協力隊で派遣前の研修生活で約3カ月間過ごした長野県の南部に位置する駒ヶ根…
  7. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  8. 横浜旅行体験記東京からのアクセスが大変よく、お洒落なイメージのある横浜!今回は、週末にふらっと気…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ山中湖の旅| トラベルダイアリー
    山中湖旅行体験記雄大な富士山を目の前に臨む自然豊かな山中湖は、子連れファミリーにも人気の観光地で…
  10. 栃木・日光で日帰り雨の中でも楽しむ女子旅お互いにパートナーが仕事から夜に帰ってくるため、女二人で…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP