1日で散策できる!デンマークの魅力が ギュっと詰まった街 コペンハーゲン| トラベルダイアリー

1日で散策できる!デンマークの魅力が ギュっと詰まった街 コペンハーゲン

コペンハーゲン旅行体験記

今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しましたが、行く前は他の3か国に比べ思い入れが薄かったのがコペンハーゲンでした。でも、実際に行ってみてその気持ちは一変!絵に描いたような美しい街並みに、何時間あっても足りない楽しいショッピングストリート、新鮮なシーフードなどの美味しい食事。行って大正解の街でした。

コペンハーゲン旅行について

おすすめのポイント
  1. 重厚な歴史的建造物と、お洒落なモダン建築が融合する街。
  2. 小さな街なので、1日で観光もショッピングも楽しめる。
  3. 足を延ばして、ノルウェー・オスロまでの豪華客船の旅もおすすめ。

「北欧のパリ」とも言われるデンマークの首都コペンハーゲンは、宮殿や市庁舎などの歴史的建造物と、お洒落なモダン建築が見事に融合した綺麗な街です。観光名所からショッピングストリートまで全て徒歩圏内の小さな街なので、1日でコペンハーゲンの魅力を堪能することができます。また、港からはノルウェーの首都オスロまでの客船も運航しているので、ちょっと足を延ばして、豪華客船の旅をしながら国境越えをするのもおすすめです。

コペンハーゲン旅行のおすすめのスポット

カラフルな港街 ニューハウン


「ニューハウン」とは、デンマーク語で「新しい港」の意味。新しいと言ってもその歴史は古く、17世紀に築かれ港だそうです。今は港の役目はしていませんが、その景観からコペンハーゲンの人気観光地になっています。ニューハウンの入口には、港町らしく大きないかりがお出迎え。運河沿いに立ち並ぶカラフルで可愛らしい色使いの建物は、まるで童話の世界に入り込んだかのように感じさせてくれます。時間があれば、運河のクルーズに参加したり、運河沿いのカフェやお店を散策しても楽しいと思います。

歩行者天国 ストロイエ でショッピングを満喫


コペンハーゲンでのショッピングは、一番の目抜き通り「ストロイエ」へ。名高い高級ブランドのブティックから気軽に入れるお土産店まで、様々な店舗が軒を連ねています。日本でも有名なロイヤルコペンハーゲンやLEGOも、本店はここストロイエにあります。
ショッピングに疲れたら、お洒落なオープンテラスのカフェでコーヒーを飲みながら、デンマークが発祥と言われるデニッシュを食べて、ほっと一息ついてみるのもよいかもしれません。

一度は見ておきたい 人魚姫の像

デンマークの有名な童話作家アンデルセン。代表作の「人魚姫」をモチーフにした像は、人気の観光スポットになっています。私達が訪れた時も像の近くは沢山の人だかりができていて、その人気がうかがえました。
一方で、「世界3大がっかりスポット」の1つとも言われています。確かに、わざわざ見に行ったわりには「ちっちゃ!」「地味~」というのが正直な印象でした(^^;
でも、人それぞれ感じ方はあるので、コペンハーゲンに行かれる方は、せっかくなので実際に見てきていただきたいです。

コペンハーゲンでのおすすめグルメ

郷土料理「スモーブロー」

デンマークといえば、「スモーブロー」と呼ばれるオープンサンドが有名です。私達がいただいたのは、海老のスモーブロー。薄くスライスされたパンの上には、上品ながらもたっぷりと重ねられた海老にトマト。プリッと歯ごたえのある海老に、少し酸味の効いたソースもよく合って、とても美味しかったです。他にも、スモークサーモンや、デンマークでは有名なローストポークがのったスモーブローもあるようなので、機会があればぜひまた食べてみたい一品です。

香り高いデンマーク紅茶

コペンハーゲンのグルメで、私が個人的に感動したのが紅茶です。驚いたのはフレーバーティーの種類の多さ。私が訪れたお店でも、色んなハーブやフルーツをブレンドした紅茶が数十種類おいていました。お店によっては、自分好みの香りに自由にブレンドできるところも。自分用のお土産には、バニラやベルガモットなどがブレンドされた紅茶を購入。フルーツやバニラの甘味もあって、でもすっきりとした味わい。帰国後もしばらくは北欧気分を味わうことができました。

コペンハーゲンでのおすすめのショッピングスポット

歩いているだけで楽しい♪ ストロイエ



コペンハーゲンでのショッピングは、おすすめポイントでも挙げた「ストロイエ」が有名です。お土産も全てこの通りで手に入ります。
私達が訪れたのはLEGO本店。LEGOブロックで作られた大きなLEGOキャラクター達が出迎えてくれます。また、店内には忠実に再現されたコペンハーゲンの街並みもあり、大人も十分に楽しむことが出来ました。
ばらまき用のお土産は、ドラッグストアで購入。ハンドクリームやポケットティッシュ、バスボムなど、海外ならではの面白いデザインも豊富です。物価が高いデンマークでも、比較的お安く手に入れることが出来ました。

コペンハーゲンにて宿泊したホテル

スカンディックシューハウネンコペンハーゲン

日本を出発して約15時間。ヘルシンキでの乗継ぎを経てホテルに着いたのが、現地時間の夜9時頃でした。部屋の窓を開けると夜9時頃でもまだ夕方のような明るさ。白夜のある北欧に来たと感じることができた瞬間でした。
スタイリッシュでとても清潔感のあるホテルで、長時間のフライトの疲れを癒すことができました。また、中心地より電車で2駅離れた郊外のホテルなので、騒々しくなく、ゆっくりと過ごすことができました。

コペンハーゲン旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社 美しき北欧4か国周遊

今回私達は、旅行代理店の北欧4か国(デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)周遊のツアーに参加しましたが、代理店を使って良かった点は、なんと言ってもコペンハーゲンの魅力を知ることができたことです。一番の目的地がノルウェーだったので、個人手配ならきっとコペンハーゲンは行くことすらなかったと思います。また、今回は年配の母と子供も一緒に参加したため、添乗員さんがいた安心感は大きかったです。友達や夫婦での旅行なら、色々迷いながら自分達で移動するのも旅の思い出として楽しいですが、今回のメンバーだと、目的地にスムーズに連れて行ってもらえたのは助かりました。

コペンハーゲン旅行に必要な持ち物

キャッシュレス先進国のデンマーク。観光名所やショッピング施設、レストランなど、ほとんどの場所でクレジットカードが利用できるので、クレジットカードは持参する方が良いでしょう。
また、ショッピングの時はエコバッグが大活躍。ストロイエを歩いていると、可愛い北欧雑貨のお店も多いので、ついついお土産の数が増えることに。小さく折り畳めるエコバッグをいくつか鞄に入れておくと便利です。

コペンハーゲン旅行での注意点

コペンハーゲン旅行での注意点
  1. 徒歩での移動が多いので、履きなれた靴で。
  2. キャッシュレス先進国。現金への両替は最小限でOK!

コペンハーゲンは、観光もショッピングも、全て徒歩圏内の小さな街。徒歩での移動がメインになってくるので、履きなれた靴の方が良いでしょう。
両替については、現金を使う機会がほとんどなかったので、個人的には、1日の観光で100クローネ(約2,000円弱)あれば十分かなという印象でした。ショッピング施設やレストランはもちろん、有料トイレでさえクレジットカードが利用できました。

まとめ

観光名所からショッピングまで、一度に楽しめる街、コペンハーゲン。今回コペンハーゲンに滞在したのは1日のみでしたが、もっと時間があれば、ニューハウンの運河沿いのテラスでゆっくり食事をしたり、ストロイエで思う存分ショッピングを満喫したり、ただただ綺麗な街並みの中を散歩したりと、やってみたいことはたくさん。またぜひ訪れたいと思う、とっても魅力のある街でした。

saranoahmama

投稿者の過去記事

若い頃から旅好きで、大好きで何度も訪れた沖縄に移住してしまいました。
今は母になり、2匹のワンコも飼っていますが、子連れ・ワンコ連れと、独身時代とはまた違った旅のスタイルを楽しんでいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  2. サンペドロ・ラ・ラグーナ旅行体験記日本での知名度はかなり低いサンペドロ・ラ・ラグーナですが、バッ…
  3. ラヴェンナ旅行体験記イタリア人のインスタで見た、美しいモザイク画の風景。ずっと気になっていたイタ…
  4. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…
  5. モロッコ・サハラ砂漠にある街メルズーガで静かなひと時を過ごす| トラベルダイアリー
    メルズーガ旅行体験記憧れのサハラ砂漠に訪れることが出来ました。私達がイメージするような細かい砂の…
  6. 南アフリカケープタウンで過ごした充実した日々、観光&買い物♪| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記ジンバブエ、ザンビア、ボツワナも回る南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れ…
  7. 初サンフランシスコ・アルカトラズ島で恐怖に慄く…. 海と魚貝を楽しむ素敵な街*。| トラベルダイアリー
    初めてのサンフランシスコ旅サンフランシスコに行った日は、あいにくの雨のち曇りのお天気。たまに降り…
  8. 女子一人旅 in イタリア ここもデモ!そして体調不良、ローマ| トラベルダイアリー
    ローマ旅行体験記風邪をひいたまま到着したローマ。治るどころか悪化させてしまい、体調は絶不調。それ…
  9. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  10. 女子一人旅 in ポルトガル なぜか日本を感じる街リスボン| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記ミラノで緊急搬送された翌日、移動日だったため何とか空港まで移動して飛行機でポル…

国内旅行おすすめ

  1. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  2. 伊東日帰り旅行体験記5年前に見た城ケ崎海岸からの景色が忘れられず、日帰り旅行へ行ってきました。伊…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  4. ~ガンガラーの谷&海カフェ&青い海~沖縄の那覇・北谷で女子2人旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記今回の沖縄旅行は「ガンガラーの谷」のガイドツアーが一番の目的でした。「ガンガラーの…
  5. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  6. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  7. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  8. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  9. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  10. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP