弘前さくらまつり~この世の桃源郷へようこそ~ | トラベルダイアリー

死ぬまでに行きたい!弘前さくらまつり~この世の桃源郷へようこそ~

弘前さくらまつりに行ってきました!

桜の名所としても有名な弘前公園の桜を是非見てみたい!と思い2019年GWに訪れました。写真でも十分綺麗でしたが、実物は圧巻。息をのむ美しさ。こんなに綺麗な桜は見たことがない!ただただ感動でした。弘前さくらまつりは、ライトアップも行っていたので、早朝と夜2回訪れどちらも満喫♪大満足のさくらまつりでした。

弘前さくらまつりとは

おすすめのポイント
  1. 日本三大桜名所・日本三大夜桜のダブル指定!
  2. 約2600本桜の桜による見どころスポットが多数!
  3. ライトアップもやってます!何時に訪れても楽しめます!

弘前公園の桜は日本を代表する桜の名所!日本三大桜名所・日本三大夜桜のダブル指定は、実は日本で唯一なんです!そんな桜の名所、弘前公園では約2600本もの桜が、「桜のトンネル」「花筏」など弘前公園を代表する絶景をつくりだします。日中だけでなく、夜間のライトアップを23:00まで行っているので、何時訪れても美しい桜を見ることができますよ♪

弘前さくらまつりの見どころ

美しい桜がお出迎え「桜のトンネル」

弘前さくらまつりに来て一番はじめに私を迎え入れてくれたのは、この美しい桜のトンネルでした。早朝は東門から入ってすぐの景色、夜間は市民広場近くの景色です。早朝と夜間では、光の当たり方や周りの明るさにより、桜の表情が変わるので時間帯により違った景色が楽しめます。桜のトンネル自体の撮影は、日中の方が空とのコントラストがとても綺麗でした。人物を入れての撮影は、夜間の方が温かい光に照らされて印象的な写真が撮れました。是非、綺麗な桜で思い出の一枚を♪

弘前さくらまつりと言ったらこれは見逃せない!美しすぎる「花筏」

弘前さくらまつりを知ったきっかけでもある、美しい「花筏」。実はこの美しい花筏は、桜が満開の時期を過ぎた後に出現!満開時には見ることが出来ないのです。東北地方は開花予想が難しく、暖かい日が一日でもあると一気に開花へと進みます。満開を狙って訪れたつもり時期がずれていた…なんてことがあっても、花筏にとってはベストなタイミングなんです。ピンクの絨毯が美しすぎる花筏。いつまでも見ていられる絶景スポットです。

どこまでも続く美しい桜「西濠の桜」

春陽橋から見える西濠に咲き乱れる美しい桜。長く続く桜のトンネル、ボート、青空とのコントラストは素敵です♪ボートは桜まつり中の期間限定貸し出しのため、この時期にのみ見られる光景でもあります。貸しボートには30分600円で乗ることが出来、多くの方が利用し大人気でした!次回は、ボートに乗って西濠に咲く桜を岸沿いから眺め、ゆったりと景色を楽しんでみたいと思いました。

美しいコラボを見逃すな!「岩木山と桜」

岩木山は日本百名山、新日本百名山にも選定された、弘前市及び西津軽軍鰺ヶ沢町に位置する火山。標高は1625mで、青森県最高峰!岩木山の他にも“津軽富士” “お岩木山”と地元の方々から呼ばれ、愛されています。そんな岩木山は、津軽平野からはどこからでも見ることが出来ますが、弘前公園からは天気が良いときのみ!もし見えたらラッキーです♪美しい水色と白の岩木山とピンクの桜がとてもよく合いとても綺麗でした。桜まつりに何度も足を運んでいる通の方々からも愛される名コンビです!

桜と言ったらやはりお花見はかかせない!

桜といったらやはりお花見はかかせないですよね!弘前公園は東京ドーム約10個分の広さがあり、そこに約2600本の桜が立ち並びます。とっても広い弘前公園ではシートを広げて、広場でお花見を楽しむ人がたくさん!約200店舗ものお店が出店するので、ご飯を持参する必要なし♪手ぶらで楽しめます!綺麗な桜を見ながら、出店で買った青森の郷土料理をいただく…最高のお花見になりますよ♪

弘前さくらまつりで見つけたグルメ

出店で見つけたおすすめご飯


「ジャンボおでん」…弘前公園でしか食べることが出来ない、真っ黒なこんにゃく!見た目のインパクトがスゴイです!興味本位で買ってみましたが色が黒すぎて一口食べるのに勇気が…(笑)一口食べてみると、優しい出汁が染みているあつあつの美味しいこんにゃくでした(笑)見た目とのギャップにやられたとても印象的なご飯でした。ここでしか食べられないので是非食べてみてください♪
「嶽きみ天ぷら」…“だけきみてんぷら?”と最初名前を聞いただけでは何の天ぷらか分からずでしたが、トウモロコシの天ぷらでした。食べやすいように芯から身を取って揚げてくれてます。人生初トウモロコシの天ぷらでしたが、とっても甘くておいしい!!とても気に入り、2つも購入してしまいました(笑)

弘前さくらまつりに必要なアイテム・服装

持ち物は、もしお花見をされるのならレジャーシートを持っていくとよいと思います。
服装は、4月末に訪れましたがさすが東北地方!とても冷えました。長袖にトレンチコートを羽織って丁度良いくらいでした。北の方にお住まいではない方は、いつもより厚着をして訪れた方がいいと思います。また、弘前公園はとても広いので歩きやすい靴で訪れることをおすすめします。

弘前さくらまつりでの注意点

これだけは伝えたい!
  1. 駐車場は少し離れたところがベスト!
  2. 周辺ホテルがいっぱい!そんな時は隣の市町を探そう!
  3. “手ぶらで観桜会”は事前予約が必要です!
  4. 弘前のさくらは開花予想が難しい!

・弘前さくらまつりには、全国から多くの人がやってきます。駐車場は弘前公園に近づけは近づくほど、混雑して空いてない!おまけに道路は大渋滞!そんな混雑を回避をしたかったので、弘前公園から歩いて15分ほどの少し離れた駐車場に停めました。少し歩いたほうが近場の駐車場が空くのを待つよりも早く、帰りも渋滞に巻き込まれません!弘前公園から少し離れてしまえば、かなりの数のパーキングがあったのでおすすめです。

・弘前さくらまつり期間中の周辺ホテルは、かなりの確率で満室です。ホテルがなくて困っている…そんな時は“岩木山周辺エリア” “大鰐町” “黒石市”辺りがアクセスがよくおすすめです。

・“手ぶらで観桜会”とは、手間のかかるお花見の準備・片づけを全て代行してもらえ、地元の方々と一緒にお花見しながら津軽の郷土料理をいただくことができる、というすてきなイベントです。さくらまつりの期間限定、完全予約制のちょっと贅沢なお花見。自分へのご褒美に旅先で贅沢するのもいいですよね♪

・東北地方は気候により、桜の開花の予想を立てることは難しいため、開花予想よりも早く満開になることもあります。こまめに開花情報をチェックするなどして最新の情報を得てください。

まとめ

今回初めて訪れた弘前さくらまつり。言葉で感動を伝えることが難しい、と感じたほど、桜が息をのむ美しさでした。美しさで人を呼び、感動させる弘前の桜。本当に見事でした。弘前へはGW期間中に訪れたので、たくさんの人が桜を見に来ていました。駐車場を少し離れたところにしたり、早朝8時に訪れるなどできる限りの混雑回避対策をしたら、人の波にのまれることなくゆっくりと鑑賞できました。2020年の弘前さくらまつりはコロナの影響で残念ながら開催されませんでした。是非2021年は、多くの人が安心して桜を見に来ることが出来るようになればいいなと思います。

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. モロッコの国鉄ONCFに乗車しカサブランカへ| トラベルダイアリー
    カサブランカ旅行体験記今回はフェズから国鉄ONCFの列車に乗りカサブランカまで移動しました。モロ…
  2. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…
  3. アムステルダム旅行体験記歴史の授業で何度も登場した国、オランダ。念願叶ってついに首都アムステルダ…
  4. 初の中東でカルチャーショック!ドーハは衝撃の連続!| トラベルダイアリー
    ドーハ旅行体験記初の中東はカタールの首都ドーハでした。ドーハは「世界一退屈な街」なんて言われてい…
  5. ミラノ旅行体験記世界の流行最先端ミラノ。大好きなモデルの森星さんが、毎年ミラノコレクショ…
  6. 台北旅行体験記治安がよく、物価も安く、なおかつすぐに行けてしまう台湾。国内旅行の感覚で行けてしま…
  7. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  8. サハリン
    ユジノサハリンスク旅行体験記樺太(サハリン)という、現在でも帰属が決まっておらず、日本に最も近い…
  9. バリ島旅行体験記以前からバリ島に行きたいと思っており、連休が確保できたので行きました。リゾート地…
  10. デン・ハーグ旅行体験記母も私も大好きな名画、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。本物を見るため…

国内旅行おすすめ

  1. 大分・由布院で外せない!絶品人気スイーツと温泉を満喫する旅| トラベルダイアリー
    由布市湯布院町旅行体験記北海道在住の人にとってはなかなか行きづらい九州旅行。関西に在住することに…
  2. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  3. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  4. 春夏秋冬を楽しめる!観光客が絶えない京都・嵐山の旅| トラベルダイアリー
    嵐山旅行体験記関西に住むことになったのきっかけに、休みがあれば周辺の観光名所を散策して過ごしまし…
  5. 河口湖温泉で富士山を満喫| トラベルダイアリー
    富士河口湖町旅行体験記天気が良い日は地元からも遠くに望める富士山ですが、実際に近くで見た事がなかっ…
  6. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  9. 新宮旅行体験記青春18きっぷ初の旅!日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP