初心者でも大丈夫!沖縄おすすめ絶景【大石林山】| トラベルダイアリー

初心者でも大丈夫!沖縄おすすめ絶景【大石林山】

大石林山旅行体験記

沖縄の北部に位置する大石林山を知っていますか?大石林山は2021年7月26日にユネスコ世界自然遺産にも登録された、2億5000万年前の石灰岩層が隆起してできた世界最北端の熱帯カストロ地形です。その歴史ある岩の数々をトレッキングコースとして歩いて散策してきました!見どころが沢山あったので写真とVR動画で紹介させていただきます。

大石林山旅行について

おすすめのポイント
  1. 登山入口までバスが出ている
  2. トレッキングコースが3種類あり選ぶことが出来る
  3. 岩の形がユニークで面白い

・登山入口までバスが出ているので、初めて訪れた私でも迷うことなくスタート地点まで行くことができ助かりました。
・車椅子に乗った方でも楽しめるバリアフリーコースから、全てのコースを巡りながら大石林山を満喫するコースまで用意されており、色んな方が楽しめると思います。
・岩に名前が付けられているのですが、とってもユニークです。見て回るのがとても楽しいので、盛り上がること間違いなし!

大石林山旅行のおすすめのスポット

まずはチケットを購入してバスで向かおう!

大石林山の入山料金は通常大人1200円、小人550円で駐車場と隣接しているチケット売り場で購入します。しかしもっとお安く名護市にある道の駅許田にて大人1080円、小人550円で購入することができます。距離的には離れていますが空港から大石林山へ向かう途中にあるので通られる方は購入していくことをおすすめします。
チケットを渡すとバスの待合所にて大石林山の説明を係の方がしてくれます。コースに迷いがある方は相談してみると優しく教えてくれますよ。
登山口までバスで5分ほどの道のりを乗せて行ってくれます。久しぶりのバスに遠足気分が高まります。周りの景色を見ているとあっという間に着きますよ。

さあ出発だ!2億5000万年前から時を刻む世界へ!

バスを降りて少し下ると今回お目当ての「奇岩・巨石コース」の登山口があります。

 

せっかくのなので今回は3つのコースを全て巡りたいと思います。所要時間は1時間30分ほどで回れるそうです。

 

森の中を歩いていくと、早速大きな石灰岩が!この岩たちに名前がついているものが次々と登場してくるので歩いていて全然飽きがこないんです。

 

まず登場したのは「岩フクロウ」

思わず何度も写真と見比べてフクロウがどこにいるのか探してしまいました(笑)1分ほど探して、「あ!この窪みか!!」と見つけられました。初回にしてはなかなか難易度が高かったですね。

 

続いて「縁結びの岩」
二つの岩が寄り添い、縁起が良い岩なんだそう。向こう側から顔を出して手を繋ぐといい写真が撮れますよ♪

 

これは納得「ダルマ岩」
これは見つけやすくていいですね!かなりスタイリッシュなスレンダーなダルマですね。顔の表情まであってとても面白いです。

 

「立神の大岩」
地上に降り立つ神様を連想して名付けられた岩。左側の小さな石に腰掛けて写真撮影ができます。

 

目と口までしっかりと!「イグアナ岩」
木の影からひょっこりと顔を出しているイグアナがいるではありませんか!なかなか特徴を掴んでいて感心しました。

 

しっかりとコブがある「ラクダ岩」
これもイグアナ岩に引き続き、納得のラクダ感。周りが砂漠に見えてきます。自然とこんな形になるなんて本当に面白いです。

 

サイとゴリラのかけ合わせ?「サイゴリラ」
「サイゴリラってなんだ?」と思い岩の方へ視線をやると、「確かにサイとゴリラっぽい!」うまく名前がつけられていますよね。

 

「悟空岩」
大石林山の1番の見どころ、悟空岩。2億5000万年前の石灰岩が雨水などで急速に侵食されこのようなカルストが姿を表しました。目の前に聳え立つ大きな岩山は圧巻の見応えです。

 

それにしても空とのコントラストが美しい!葉っぱも青々としていて夏真っ盛りです。

 

実はこの悟空岩の頂上には龍がいます。 「龍神岩」
ゴジラを連想させるような大きな龍ですね。この山全体が神話の社でこの龍神岩は重要な信仰の場なんだそうです。確かに“神”とついているだけあって神々しい雰囲気があります。

 

ここからは「美海展望台コース」です。
「石林の壁」
山から登る太陽の光が岩壁にあたりこの岩にパワーが集まると言われています。手を添えてお願い事をしてみると叶うかもしれません。私も手を添えてお願いしてきました。

 

「守り猫」
木々の間から見える岩の先をよくみてみると、猫がいました。シルエットからしてまさしく猫!あまりに猫らしいシルエットだったので本物なのではとしばらく見つめてしまいました(笑)

 

「骨盤石」
女性に嬉しいご利益がある岩と言われています。近くにある「生まれ変わりの石」と合わせてお願いすると、子宝に恵まれるそうです。人の骨の形のようなすごく独創的な岩ですね。

 

「生まれ変わりの石」
子宝に恵まれるだけでなく、1回くぐると悪い過去、2回くぐるとリセット、3回くぐると新しく生まれ変わると伝えられています。心機一転気持ちを切り替えて新しく何かをはじめたい!という方におすすめです。

 

「美ら海展望台ステージ」
大石林山の一番のビュースポットです。青い空とどこまでも続く海、そして緑の植物たちが素敵な景色を見せてくれます。天気が良い日には、与論島や沖良部島まで一望できます。ここまで登ってくるのは少々疲れましたが、この景色で一気に疲れが吹っ飛びました。綺麗な景色は人を穏やかな気持ちにしてくれますね。

 

展望台近くで絶滅機種の「オキナワキノボリトカゲ」を見つけました。カメラを近づけても気がつかないのかじっとしていました。よくよく顔を見てみるとかわいい顔をしていてなんだか愛着が湧いてきます。

 

ここからは「バリアフリーコース」
「鍋池」
少し見にくいですが中央左寄りの池です。カルスト地域特有のドリーネと言われる、すり鉢状のくぼ地です。周りは木々に覆われていて少し池が隠れていますね。

 

「烏帽子岩」
写真の中央あたりの鋭く天に向かって尖っている岩です。古生代の石灰岩が雨水などにより侵食され、鋭く尖ったピナクルという地形。烏帽子というだけあって、とんがり帽子みたいで面白いですね。自然に作られたものなのですごいですよね。
バリアフリーコースを巡り終わったら最後は立派なガジュマルを見に行きましょう♪

圧巻の見応え!御願ガジュマル

登山入り口からバスで少し下がったところに、日本最大級のガジュマル、御願ガジュマルの登山口があります。

 

大石林山の数千本ものガジュマルの中で、最も巨大で樹幹の周りは日本一広いと言われている神木です。さすが日本一というだけあって、あたり一帯ガジュマルで覆われています。枝を辿っていくと、本当に一本のガジュマルに繋がっていることがわかるので、本当にびっくりします。本当に力を秘めていそうな見た目なので、手を合わせてお願いごとをしてみるのもいいかもしれませんね。

 

大石林山をVR動画で楽しんでみませんか?

(360°動画のためyoutubeアプリでの視聴をおすすめします)
展望台からのパノラマや写真ではお伝えしきれなかった巨大なガジュマルを360°お楽しみいただけます。是非ご覧ください♪

大石林山旅行に必要な持ち物

・歩きやすい靴→散策するコースにもよりますが、3つのコースを巡るならトレッキングシューズや履き慣れたスニーカーなどで訪れることをおすすめします。
・飲み物→沖縄はかなり暑いのでしっかりと水分を持っていきましょう。

大石林山旅行での注意点

大石林山旅行での注意点
  1. 散策には服装注意!
  2. 虫に注意!
  3. バスの最終時間に注意!

・木々に囲まれた森を歩いていくので、たくさんの虫がいます。長袖長ズボンどちらもだと、暑いと思うので、長ズボンだけでも履いていかれることをおすすめします。森の中での足首の無防備は危険です。私の場合過去にブヨに刺されたことがあり、しばらく腫れと痒みに苦しんだ経験から、長ズボンは必ず履こうと心に決めました。
・森の中に蚊がかなりいました。蚊以外の虫もたくさんいるので事前に虫除けスプレーをかけておくと安心です。
・午後に大石林山へ訪れる際には、先にバスの最終の時間を調べておきましょう。運転手さんによると、過去に営業時間外に乗り遅れてしまった方がいて、その方を迎えに行った経験があるそうです。ついつい面白い岩の数々に夢中になてしまいますが迷惑をかけないように、営業時間内に戻ってこられるようにしましょう。

まとめ

2億5000万年前という遥か昔の岩が今もその場所にあるなんて本当にすごいことだと思いました。岩だけでなく、絶滅危惧種も暮らしている大石林山。この自然をこれからも大切にして、守っていかなければと感じました。世間一般的に沖縄は海のイメージが強いですが、山も素晴らしいので、ぜひ多くの人にその素晴らしさを体感して欲しいと思いました。

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

2020年9月27日より、“さまざまな理由で旅行へ行けない方々のため”に、VRカメラで、全市町村撮影しYouTubeで無料旅行を届けるという活動をしています。
紹介している記事の中にも、VRカメラで撮影した動画を載せているのでよかったらご覧ください♪
トラベルダイアリーさんでは、全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  2. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  3. ブルーム旅行体験記西オーストラリアの小さな町ブルームは、月への階段やビーチでのキャメルライド、年…
  4. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  5. ボラボラ島旅行体験記モルディブのブルーラグーンに感動し、それ以上のきれいな海を見たい!!と思い念…
  6. フィレンツェ旅行体験記 後の文学や芸術に大きな影響を与えたルネッサンスの中心地、フィ…
  7. 香港旅行体験記インスタ映えスポットが目白押しの香港。離れて住む大好きな友人と現地集合にて弾丸女子…
  8. ナポリ旅行体験記アマルフィ海岸や青の洞窟などの風光明媚な観光地が有名なナポリ。ですが、意外と街の…
  9. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  10. 帰省のついでに、黒部市近辺のお出かけスポット巡り| トラベルダイアリー
    黒部旅行体験記コロナ禍で帰省の頻度が限られる中、人込みを避けてちょっと早めの夏休みで実家のある富山…

国内旅行おすすめ

  1. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…
  2. 美味しいものがたくさん〜食倒れの旅!in 三重県伊勢市| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記 2019年12月、伊勢神宮の参拝を目的に、恋人と伊勢旅行に行きました…
  3. 北海道で一番綺麗な海が見れるのはここ?積丹の水平線と絶品料理を満喫| トラベルダイアリー
    積丹旅行体験記世界に2か国しかない二重内陸国(海に出るまで最低2回国境を超えなければならない国)…
  4. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  5. 北海道・利尻島をレンタカーで1周する旅| トラベルダイアリー
    利尻島旅行体験記北海道・利尻島に行ってきました。レンタカーを借りて島を一周したのですが、山・川・…
  6. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  7. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  8. 大人女子旅に最適‼【1人旅でも楽しめる】広島のおすすめスポット| トラベルダイアリー
    広島旅行体験記美しい瀬戸内海に魅力たっぷり広島グルメ・・・旅行雑誌で特集されていた「広島」に…
  9. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  10. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…

最新記事

  1. リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガルと…
  2. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  3. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  4. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  5. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  6. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  9. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  10. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…

Archive



PAGE TOP