沖縄の日本最南端の有人島「波照間島」で人と海に癒される旅へ

波照間島旅行体験記

初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選んだのは沖縄県の八重山諸島でした。八重山諸島の1つである日本最南端の有人島「波照間(はてるま)島」には、人生で初めて見た「美しい海」がありました。

波照間島旅行について

おすすめのポイント
  1. 人生で一番といえる美しい海が見られる
  2. 観光地が多くないからこそのんびりと過ごせる
  3. フレンドリーな人ばかりで一人旅にもおすすめ

波照間島は、石垣島や西表島などを含む八重山諸島のひとつ。日本最南端の有人島です。波照間島に空港はないため、石垣空港まで飛行機で来て、石垣島の離島フェリーターミナルからフェリーで約40分ほどかけて行くことができます。波照間島に訪れる人は、その海の美しさをを求め、夜はこれはまた美しい星空への出会いを求めます。のんびりと現実離れした楽園をすごしたい方におすすめ。

波照間島旅行のおすすめのスポット

“はてるまブルー”ニシ浜は天国に一番近いビーチ


波照間島で一番の見どころは美しい海。沖縄の離島の海はきれいと言えど波照間島の海はケタ違いです。中でも、波照間島に訪れた人は必ず行くべきビーチが「ニシ浜」。「ニシ」は波照間島では北を表すため、「北浜」と書きます。同じ浜のことなのでお間違えのないように!モルディブやタヒチ、ハワイを思わす透明度の海と白くきめの細かい砂浜はまさしく天国。シュノーケルもおすすめですが、オフシーズンに訪れても、ただ眺めるだけで波照間島に来た甲斐があったと思うでしょう。美しい「はてるまブルー」の色をあなたの心に溶かして癒されてみて。

「日本最南端の碑」で遠い異国に思いを馳せる


ニシ浜とは真反対に位置する高那崎は、海もニシ浜とは全く逆の荒々しい顔をしています。断崖絶壁に打ち寄せる激しい波の音と風が心地よく、写真映えもする広大なスポットです。高那崎には「日本最南端の碑」が建てられており、ああここが日本の一番端っこなんだ…!と改めて実感できます。これより先にあるのは異国だと思うと、なんだか切なさを感じます。ちなみに島はレンタサイクルやレンタルバイクでの移動ができますが、島内をぐるりと一周されたい方はバイクがおすすめ。自転車はかなり体力を使います…(筆者はレンタサイクルを利用し疲れ果て、夜はよく眠れました笑)。

星空観測タワーで満天の星空に包まれよう


波照間島と言えば「海」と「星」と言われるほど、夜は星がきれいなので見ないのはもったいない!波照間島に来るなら、お昼間はゆっくりのんびり景色を楽しんで、民宿などで一泊するのがおすすめ。星空観測タワーでは不定期で星空観測説明会があり、民宿での夕食後に車で連れて行ってもらい、美しい星空を眺めたり、写真を撮ったりしました。ただし星空観測タワーは営業や説明会の開催が不規則なので、民宿などでしっかり確認してください。

波照間島でのおすすめグルメ

パーラーみんぴかで“黒みつスペシャル”


波照間島は冬でも温かい常夏。自転車やバイクで一日中外にいると、必ず食べたくなるのがかき氷。ニシ浜から徒歩15分ほどの「パーラーみんぴか」では、かき氷や冷たい飲み物などを海を眺めながらいただけます。特に人気の「黒みつスペシャル」は波照間の黒みつに練乳ときなこがかかったかき氷。見た目のボリュームに反して繊細でおいしいかき氷です。ニシ浜の美しい青色をイメージした「はてるまブルー」というかき氷も、ブルーハワイとメロンのシロップで目にも舌にも涼やかで暑い気候にピッタリです。

波照間島でのおすすめのショッピングスポット

南国テイストの雑貨店「モンパの木」で貝殻のアクセサリーをゲット


波照間島でお土産を…となるとあまり、というかほとんどない笑 フェリー乗り場の待合室の一部やちょっとした食材を買える商店にすこし波照間の黒糖のお土産品やポストカードがあります。でももし自分の思い出に…と言う場合は雑貨店「モンパの木」がおすすめ。外観はジャマイカを思わす黄色と赤と緑の壁色で、波照間のオリジナルTシャツやアクセサリーが販売されています。レゲエが流れていそうな店内ですがもちろんそこは沖縄民謡でした。貝殻のアンクレットなどゲットしてリゾート気分にひと味プラスしよう♪

波照間島にて宿泊したホテル

ただいま!と言いたくなる「民宿まんや」で“ゆんたく”


波照間島はホテルというよりは個人経営でやっている民宿が基本。バス・トイレなど共用でご飯も宿泊者が広間に集まって一緒に食べるというスタイルが多いです。民宿まんやは2010年にできた比較的新しい民宿です。まるで実家のような感覚ですごすことができました。他の宿泊者や女将さんと「ゆんたく(沖縄方言で「おしゃべり」を意味する)」をしながら、島のものを使ったご飯と、幻の泡盛といわれる「泡波」を頂きました。お風呂は別の人と被らないように時間をみて入らないといけないので、共同で使用するのが苦手な人には向かないかもしれません。

波照間島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

ツアーは利用せず、民宿の予約とフェリーで

良かった点
  1. 離島めぐりをしている場合は天候で行く日を選べる
  2. 港には車で迎えに来てくれる民宿がほとんど(要確認)
  3. 一泊以上してのんびり自分のペースですごせる
残念だった点
  1. 自分でフェリーの時間や便数を調べなければならない(欠航の可能性もある)
  2. 観光スポットへ行き方や距離感は民宿などで聞く必要がある
  3. 移動の基本がレンタサイクルかレンタルバイクで疲れる

波照間島旅行に必要な持ち物

まず、石垣島から波照間島までのフェリーはかなり波が高く揺れます。あまり船酔いしない人でも酔ってしまうことがあるので酔い止めは持っておいたほうがいいでしょう。また日焼け止めはもちろんのこと、防虫スプレーも忘れずに。1日中炎天下にさらされる場合もあるので、アームカバーなど日よけグッズは持っておきましょう。ニシ浜で泳ぐ場合、シュノーケルグッズのレンタルはあります。オフシーズンで泳がない場合もビーチサンダルはあったほうがいいです。ビーチの砂はかなり細かく、スニーカーなどが砂まみれになることも。

波照間島旅行での注意点

基本的に現金支払いなので準備をしておいたほうがいいです。(ただし筆者が訪れたのは2017年。状況が変わっている可能性もあります。)天候によって船の欠航があります。その日のうちに帰れなかったりすることも考えて、旅の計画は余裕をもって。民宿は素泊まりもありますが、ご飯屋さんは少ないので1泊2食付きがおすすめです。

まとめ

波照間島は本当に時間がゆっくりと流れ、日々の喧騒を忘れさせてくれます。観光には一泊で十分ですが、癒しを求め何泊もしている宿泊者も多かったです。一人旅の場合は特にですが、お店の店主さんや常連さんがフレンドリーに話しかけてくれるのも魅力。ニシ浜でゆっくり美しい海を眺めたり、民宿でゆんたくや泡波をあじわって、非日常を楽しんでください。

アバター

ただのつちや

投稿者の過去記事

大阪在住の旅行好きアラサー女子、ただのつちやです。沖縄の離島で1週間宿を決めずの一人旅したり、長野の避暑地で1か月ペンションリゾートバイトしたり、大阪市内のハンバーガーショップ巡りをしたり。食に旅に全力で楽しんでいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ホイアン旅行体験記 ベトナム中部の小さな街ホイアンでゆっくりのんびり過ごす、癒しの女…
  2. イゼオ湖旅行体験記「ロンバルディア州の観光地」と聞くとつい、ミラノを思い浮かべてしまう私。しかし…
  3. 友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー
    ゴム旅行体験記イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行き…
  4. トリニダー旅行体験記素朴なキューバの田舎町であるトリニダーでは、街歩きや森林浴、ビーチ、キューバ…
  5. ジェノヴァ旅行体験記青い海、降り注ぐ太陽。横浜や神戸にも似た雰囲気を持つ港町ジェノヴァは、なんと…
  6. シカゴ旅行体験記シカゴ郊外から、シカゴの中心であるダウンタウンへ遊びに行ってきました。ダウンタウ…
  7. フィレンツェ旅行体験記人生初のヨーロッパはイタリアへ行くことに!イタリアに行くなら、ローマやべネ…
  8. アムステルダム旅行体験記歴史の授業で何度も登場した国、オランダ。念願叶ってついに首都アムステルダ…
  9. ウィーン旅行体験記親友の海外フォトウェディングのお手伝いで訪れたウィーン。写真撮影後「きょうは甘…
  10. さあ絵本の世界へ♪スウェーデンの首都ストックホルムで癒され女子旅| トラベルダイアリー
    ストックホルム旅行体験記初めての海外旅行先に選んだのがスウェーデンでした。スウェーデン北部に…

国内旅行おすすめ

  1. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  2. 別府旅行体験記 普段国内、海外を問わず旅行中は動き回ることが多いのですが、たまにはの…
  3. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  5. グループや家族でワイワイ!魅力たっぷりな鬼怒川を遊び尽くそう!友人達と温泉旅行をするため、都心か…
  6. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  7. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  8. 異国情緒漂う長崎市街を満喫!レンタカーで巡る長崎旅行| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記九州には何度か訪れていますが、今まで訪問する機会がなかった長崎。今回お得なツアーを…
  9. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  10. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP