船でしか行けない東京の自然遺産、小笠原を目指す旅

父島に行ってきました!

日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然のみです。(文化遺産を含めれば都内にありますが…)東京都なのに船に24時間乗らないと到着できない、東京の果ての小笠原諸島に是非訪れたいと、憧れの地に向かうことにしました。

父島とは

おすすめのポイント
  1. 世界自然遺産の海と山を見に行こう!
  2. 島の独特な食文化を味わおう!ここでしか食べられないウミガメに挑戦!
  3. 片道24時間の船でしか行けない東京都、船旅も楽しもう!

父島に行くためには年末年始や夏季繁忙期でない限り一週間の休みを取らないと行くことができないのですが、その分山や海のアクティビティツアーに参加して自然を深く堪能することができます。
ここでしか食べられないウミガメ料理もおすすめです。24時間も船に乗るとかありえない!と思われそうですが、飛行機や電車と違い船の中は自由に歩き回れますので探検したり本を読んだり眠っていると案外ラクに過ごせます。
滞在中だけでなく行きも帰りも充実した旅になること間違いなしです。

父島の見どころ

ハートロックトレッキング

ハートロックとは「海から」ハートの形に見える岩からその名がついたものですが、こちらの岩の頂上に登ることができるツアーがあります。山の中をトレッキングしながら頂上を目指すのですが片道およそ2-3時間かかります。ちなみにトイレはありません。
こちらのエリアに入域するためには自然保護、遭難防止の観点から必ずガイドをつけることが義務化されていますので、出発前にツアー申込みをしておくことをおすすめします。
ツアー会社はいくつかありますので、口コミなどを調べて自分に合いそうなガイドさんを探しましょう。午前中に出発し、頂上でお昼ご飯を食べ、午後に下山というスケジュールが一般的です。
岩の上から眺める青い海はキラキラしていて忘れられない景色です。運が良ければ遠くにクジラが見えることもあります♪

ホエールウォッチングツアー

上の項目で説明したハートロックは、実は海から見ないとハートに見えません。こちらの写真は海から見たハートロックです。海にクジラを見に行くツアーで見に行くことができます。
クジラは見られるかどうか運次第なので、見られなければ船のガイドさんが説明してくれる島の案内を楽しみましょう。ちなみに割と小船で、少し波が高いとジェットコースターのように揺れるので船に乗る前に酔い止めを飲んでおくことをおすすめします。

小笠原海洋センター

小笠原はアオウミガメの一大産卵地となっており、街の明かりが少ないこの島には毎年たくさんのウミガメたちが産卵にやってきます。
この研究所ではウミガメたちの飼育、放流、研究を行っています。
観光客にはウミガメ講座という形でウミガメの放流を体験できるコースが開放されています。ウミガメの数に限りがありますので事前に予約することをオススメします。
(放流コースが開催されているかは時期によりますので事前にホームページでご確認ください)
また、ウミガメを撫でたり洗ってあげたりする間に服が濡れたりしますので、濡れても困らない服装で参加してくださいね!動物相手なので予想は付きません。
ウミガメの甲羅をお掃除してあげ、体重を測ってあげているうちに愛着が湧き、最後に海に放流するときには「頑張れよーっ!食われるなよーっ!」と思わず声をかけてしまいます。
アクセスは市街地からは徒歩30分となかなかハードですので、村営バスを使うのが良いかと思います(ただし、バスはとても本数は少な目です)

コーヒー農園体験

小笠原はコーヒー栽培の北限と言われており、(コーヒーベルトの北限がおよそ北緯26-27度。日本では沖縄と小笠原になります)コーヒー農園があります。
生豆からコーヒーを焙煎する体験ができるツアーもありますので、旅の思い出に体験するのもお勧めです。自分で焙煎したコーヒーは美味しいですし、コーヒー1つにとても手間がかかっているのだと実感できます。火を使うので小さなお子さんがいらっしゃる場合は参加できないこともあるそうです。

イカ釣り

「小笠原のイカは擦れてない」と言う言葉があります。それはつまり、人口が少なく漁民が少ないためあまり漁師に追い回される経験がないということです。
結果、小笠原に住むイカはあっさり素人観光客のルアーに騙され刺し身になってしまうのです。釣りを全くやったことのないド素人の私でもイカを釣り上げることができました!
釣ったイカは事前にお願いしておいた居酒屋さんで調理していただきましたが格別ですね!ただしイカは一晩寝かせたほうが美味しいらしく翌日宿で出してもらったイカのほうが美味しかったです。
イカ釣り体験を受け付けている漁船の方に事前に予約するのがおすすめです。なお、イカは断末魔の叫びとしてスミを吐いてくることが多々ありますので、汚れても問題のない服を着ていくことを強くおすすめします。

父島で見つけたグルメ

ウミガメの刺身

上でウミガメの放流の写真を載せておきながら、次の写真は刺し身になったウミガメの図です。もちろん同一個体のウミガメではありません。ここ小笠原では畜産業が成立し得なかったため、タンパク源は海の生き物から確保するしかありませんでした。その中で食べられていたのがこのウミガメです。
(ウミガメにはアオウミガメとアカウミガメがありますが、食べるのはアオウミガメ)
見た目はマグロのような見た目ですが、実際に食べると割とあっさりとした味でクセもなく食べられます。かつて乱獲しすぎた結果個体数が減少したため、ウミガメを食べられるお店は限られますので、訪れる際はお店を予約してから行くことをおすすめします。
(私がお世話になったのは丸丈さんです)

父島までの交通手段

おがさわら丸

小笠原諸島はほぼ沖縄北部と同じ緯度にあり、その距離なら飛行機で行くのだろう…と思われがちですが、この父島に行く交通手段は「船」しかありません。なぜなら父島には空港がないからです。
(地元住民は建設派と反対派でまぁまぁ割れてるようですが…)
年に数回クルーズ船が就航していますが、原則としておがさわら丸にお世話になることが多いでしょう。3代目のおがさわら丸は先代よりも1時間半ほど高速化されましたが、それでも「片道」24時間です。さらに原則として週に1往復しかしていません。乗ってきた船にそのまま乗って帰るのです。
24時間を過ごす船なので、レストランやシャワー室も完備されています。部屋の設備は料金によってまちまちですので、予算と相談しながら決めるのがおすすめです。個人的にはパーソナルスペース皆無は厳しいと思うので、ケチっても特2等くらいはお金を出したほうがいいのではないかな?と思います。
動画は小笠原から東京に戻るときのお見送りのシーンです。
小笠原では来島したときに「おかえりなさい」島から出るときに「いってらっしゃい」と言われます。
観光客にはまた来てほしい、島人にとってはここが故郷なんだという気持ちを込めたあいさつで、この独特の見送りだと思います。

父島に必要なアイテム・服装・その他

父島は「1月1日に海開きをする島」です。沖縄ですら3月に海開きをするというのに小笠原では1月です。つまりは一年中海に入れるということです。
(沖縄より若干温暖です、ただし1月に水着だけで海に飛び込む人は海開きのイベントの時だけだとか…)
ですので基本的にはTシャツとパーカーと薄手のパンツで十分です。
ただし山のトレッキングに行く場合は長袖のパーカーと長ズボンをおすすめします。ハーフパンツでは草や虫がまとわりつくのできついと思います。海に入るレジャーを予定している方はもちろん水着はお忘れなく。

父島での注意点

父島に行く場合は「船の予約」「宿の予約」「アクティビティの予約」を早めに済ませることをおすすめします。
夏休み、年末年始などの繁忙期にはいずれもすぐに埋まってしまいます。数に限りがあるので早めに予約することをおすすめします。
特に船の予約については発売日に予約することをおすすめします。2ヶ月前の前日9:00から開始になります。(繁忙期の一斉発売日の設定あり、小笠原海運のホームページをしっかり確認してください)アクティビティも人気ツアーは早めに埋まりますのでお気をつけて。島についてから予約…と考えていると不完全燃焼で島を去ることになるかもしれません。是非計画的に準備を進めてください。

まとめ

小笠原の風景は日本のどこの風景とも全く違います。「南の島だし、沖縄と似たようなものでしょ?」と思われるかもしれませんが、沖縄とは全く違う自然、生態系があり、文化も全く違います。
小笠原は海洋島と言われ、島となってから一度も他の陸地と地続きになったことがない「永遠の孤島」です。その独特さは実際に自然や文化に触れて初めてわかるものが多いと思います。この小笠原にしか生息していない植物や生物がたくさんあります。(小笠原固有種、といいます)
船で行かねばならず、まとまった休みが取れないとなかなか行きにくいところだとは思うのですが、是非体感しに行ってみてほしいと思います。

mutukiy

mutukiy旅するOL

投稿者の過去記事

旅行が好きなOLです。平日は働いて有給をとっていろんなところに出かけるのが大好きです。野球観戦も好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




海外旅行おすすめ

  1. セムク・チャンペイ旅行体験記基本的にノープランだった中南米旅行。ガイドブックは持たずに、実際に行…
  2. ヴェナリア・レアーレ旅行体験記雑誌で見て、一生に一度行ってみたかったヴェナリア・レアーレ(ヴェナ…
  3. ピサ旅行体験記せっかくイタリアに行くなら、一番有名な所に行ってみたい!小学生の時、こども…
  4. キューケンホフ旅行体験記一生に一度、チューリップが咲き誇る時期にオランダに行ってみたいと思ってい…
  5. 台湾野球場巡り体験記日本の野球シーズンは通常3月末に開幕し、10月には終わります。実は台湾ではこ…
  6. 台北旅行体験記治安がよく、物価も安く、なおかつすぐに行けてしまう台湾。国内旅行の感覚で行けてしま…
  7. エスファハーン旅行体験記かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。そ…
  8. ミュンヘン旅行体験記「バイエルン」や「ミュンヘン」といった文字を見ると、優雅な景色や、美味しいも…
  9. パタゴニア地方旅行体験記当時私は、旅に出てからすでに1年以上が経ち、良くも悪くも旅慣れをしてしま…
  10. バルセロナ旅行体験記建築好きは必見のアントニ・ガウディの作品が街のあちらこちらにあるバルセロナ。…

国内旅行おすすめ

  1. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  3. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  4. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  5. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…
  6. 白浜~串本・那智勝浦旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神~白浜を観光。次…
  7. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  9. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…
  10. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…

最新記事

  1. London bus eye| トラベルダイアリー
    イギリス【ロンドン】旅行体験記ロンドンで観光やショッピングをしているときによくお世話になったカフ…
  2. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  3. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  4. 3ヶ月滞在して穴場〜人気スポットまで石垣島を味わい尽くす♪| トラベルダイアリー
    石垣島旅行体験記石垣島には仕事で3ヶ月間くらいいました。観光客に人気のスポットから穴場スポットま…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ昭島の旅| トラベルダイアリー
    昭島旅行体験記今回は近場の東京都で子供が遊べるスポットに泊まりで遊びに行きました。子供が花が好き…
  7. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  9. 女子一人旅 in トルコ 自然と人間が作った世界遺産カッパドキア| トラベルダイアリー
    カッパドキア旅行体験記イスタンブールから夜行長距離バスに揺られてカッパドキアまで行きました。…
  10. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…

Archive






PAGE TOP