思い立ったが吉日、日帰りでも満足感2000%の京都旅行記

京都旅行体験記


有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」
言い得て妙、まさにそんなノリで木枯らし吹き荒れる京都に日帰りで行ってきました。
おまけに日付は12月24日のクリスマスイブ。
当時まだ独身だったさみしい女子4人で旅した充実の京都日帰り旅行記です。

京都旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界文化遺産が多いため行く先々で観光を楽しめる
  2. あの有名な本能寺!? 勉強になるスポットもたくさん
  3. すきやきの名店が多い京都で甘~い牛肉に舌鼓!

京都といえば言わずと知れた日本屈指の観光スポット。
高校の修学旅行で清水寺や金閣寺など世界的に有名なスポットを巡ったので、
今回は修学旅行では行かなかった神社仏閣を中心にめぐりました。
それでも有名すぎる建物が有り余るのが京都のいいところ。
観光ガイドブックはもちろんのこと、歴史の教科書を手に巡るのも楽しいと思います。

京都旅行のおすすめのスポット

起源は神話の時代!? 京都最古のお社「下鴨神社」

京都には17の世界遺産と800の神社、そして1,700もの寺院があると言われています。
その中で一番古い遺産はどれかということにガイドブックを開くまで知らなかった私たちでした。
不勉強を嘆きつつ向かった先が「下鴨神社」。
生い茂った林の先に本殿があるのですが、この参道がとにかく長い!

木々が密集しているので晴れの日の昼間でも少し薄暗い印象で、不思議な空間でした。
早足で歩くこと20分、気が付くと巨大な楼門が出迎えてくれました。

門をくぐると美しい本殿や舞殿が立ち並び、そしてさらに森が出現。
観光客が多く賑わっていましたが不思議と静かな雰囲気が漂うほど神秘的なパワースポットでした。

「お稲荷さん」の総本宮 伏見稲荷大社


五穀豊穣の神様のご利益があるとされる伏見稲荷大社。
入り口にはかわいいキツネの「お稲荷さん」が観光客の目を引いていました。
訪れて初めて知ったのですが入口のキツネが咥えているものは稲穂。
「稲を荷なう」神像の姿から「稲荷」の字が当てられたとされているのだそうです。
ちなみに、伏見稲荷大社では4匹のキツネが稲穂のほかにも宝珠・鍵・巻物を咥えています。

そして伏見稲荷大社といえばどこまでも続く真っ赤な千本鳥居が見どころのひとつ。
なんとかしてうまく写真を撮りたかったのですが、いかんせん人が多くどう工夫しても人が映りこんでしまいました。
そんな中、偶然見つけたのは某元ジャニーズの有名アーティストとその家族が寄贈している鳥居。

大ファンだった私たち(現在進行形)としては大興奮で、
次回行った時にはぜひまた写真を撮りたいと思っていたのですが
半年後に仕事の出張で出向いた際には二度は見つけられませんでした。
目印になるものがあれば…と思いましたが、なかなか至難の業かもしれません。

歴史上もっとも有名なお寺のひとつ「本能寺」


下鴨神社と伏見稲荷大社の満足度が高く、あとは帰るだけだったところ、
ふと「本能寺」と書かれたお寺の前を通り過ぎました。
「本能寺って焼け落ちたはずでは…?」と、名前が同じ本能寺ではないかと思って覗いたところ、そこには「鶴丸紋」が!
見ると周りには一躍話題になった刀剣擬人化ゲーム「刀剣乱舞」のチラシを手にする刀剣女子もちらほら。
(スタンプラリーが行われていたようです)
やはりここは本能寺で間違いないのだろうかとタイムスリップした気持ちで中に入ると、
本能寺はこれまでに2回移転して7回再建されているんだとか。
現在の本堂は1928年に建てられたものだそうです。
戦国時代と幕末が好きで、高校の試験では日本史が一番得意な私でしたが、知らない事実でした。

京都でのおすすめグルメ

昭和初期創業のすきやき店「すきやき キムラ」


お昼ごはんは京都で生まれ育った知り合いが勧めてくれたすきやき店へ。
なんでも昭和初期創業の老舗だそうで、味のある畳の部屋で甘いすきやきをいただきました。
スタッフさんが目の前で全て調理してくださったことが嬉しく、またそのおかげで本格的な味を楽しむことができました。
思ったよりもお砂糖をたくさん入れた甘い味付けでしたが、脂が乗った牛肉との相性は最高でした。

伏見稲荷大社の「焼き団子」


食べ歩きしようと何気なく買ったお団子、ちなみに「焼き団子」というそうです。
これが美味しくて驚きました!
出店のようなたたずまいのお店で買いましたが、後でネットで調べてみると
地元では有名な出店なんだそうで。
「伏見稲荷の焼き団子」と書いてありました。
伏見稲荷に行ったときはぜひ、
みたらし団子よりもしょっぱく、醤油団子よりも甘いあの「焼き団子」を味わってみてください。

京都旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配


私が住む福岡(博多)から京都は新幹線で片道3時間ほど。
お得な旅行パックがないか代理店の窓口で相談しましたが、「1泊2日がおすすめです」と言い切られてしまい、
結果今回も個人手配の日帰り旅となりました。
それでも朝8時に博多駅を出発して11時に京都に到着、
昼ごはんを食べて神社仏閣を3か所巡って夜19時には京都駅で帰路に就く。
個人的には全然悪くないと思っています(^^)

京都旅行に必要な持ち物

歴史の教科書があると、より“大人の修学旅行”っぽさが出たのにね、と冗談半分で話していました。
次から次に神社仏閣が立ち並ぶ京都。参拝の記念に御朱印帳があるとより思い出になると思います。
私はかれこれ4冊目に突入しました。(笑)

京都旅行での注意点

京都旅行での注意点
  1. 観光客が多いため、スリや置き引きに注意!
  2. 歩いて巡るスポットが多いため歩きやすい靴がおすすめ

京都はどこに行っても国内外の観光客がたくさん訪れています。
安全と言われている日本ですが、写真を撮ったり食べ歩きに夢中になっているときについうっかり
スリや置き引きの被害に遭うことも多いようです。
旅先でつい浮かれがちですが荷物はしっかりと管理しておくことをおすすめします。
また、神社間をタクシーで移動したとしても神社の中に足を踏み入れると結構歩くことが多いので、
履きなれた歩きやすい靴のほうがいいでしょう。

まとめ

12月24日といえば、普通ならイルミネーションが灯るスポットや
クリスマスソングが流れるお店でディナーを楽しんだりするものなのでしょうが、
そういったものが全くない京都に行った私たち。
それでも間違いなくクリスマスを満喫するカップルたちと同じくらい、いやそれ以上に
クリスマスイブを満喫できたと断言できます。
この旅行から3年、気がつけば皆“ママ”になりましたが、
そのうち子どもを連れて今度は親子でぜひ訪れたい京都です。

こさい たろフォトグラファー

投稿者の過去記事

小学生の頃フランスに住んでいました。現在、0才児の育児に追われる新米ママ。
プロ野球・プロバスケ、音楽ライブ、演劇を撮影させていただいています。
【website】 https://tarophoto.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. コート・ダジュール地方 カンヌ・ニース旅行体験記まずはフランスのコート・ダジュール地方について紹…
  2. [一人旅 バルセロナ]世界遺産サグラダ・ファミリア等を巡る| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記スペインのバルセロナへ行ってきました!マドリード旅行の後(参考記事:「本場の…
  3. サーファーズパラダイス旅行体験記いつか奇麗な海沿いに住んでみたいという夢がある私。一年中温暖…
  4. 「世界一美しい首都」を実感できた街 ストックホルム| トラベルダイアリー
    ストックホルム旅行体験記今回は旅行代理店の北欧4か国周遊ツアーを利用しました。ストックホルムへは…
  5. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  6. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  7. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  8. パルナッソス山と遺跡が描き出す絶景!古代ギリシャ最高の聖地デルフィ| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  9. ハワイ旅行体験記今回は、ハワイ旅行体験記「親子で行くハワイ 食べて飛んで楽しむ “オアフ” 母娘…
  10. 東南アジアの先進国であり、多民族国家のシンガポールで魅力的な旅♪| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記英語と中国語を学んでいたので、その2言語が公用語のシンガポールにはとても興…

国内旅行おすすめ

  1. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  2. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  3. 【東洋のガラパゴス】美しい海に囲まれた奄美で絶対外せないスポット| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記 九州南方にある奄美大島は、別名「東洋のガラパゴス」ともいいます。…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  5. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  6. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  7. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  8. 時の鐘と蔵づくりの街 小江戸川越で食べ歩き| トラベルダイアリー
    川越旅行体験記時折テレビの特集で見かけていて一度行ってみたかったので。東京からも割とアクセスがよく…
  9. イルミネーションと自然を満喫するハウステンボスでの休日| トラベルダイアリー
    ハウステンボス旅行体験記会社の同僚と長崎のハウステンボスへ遊びに行きました。子供の頃から何度か訪…
  10. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP