また行きたい! 神秘のパワーを持つシェムリアップ旅行

シェムリアップ旅行体験記

今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアップ。観光スポットが多く、物価が日本の約3分の1っていうのも嬉しいポイントでした。実際に行ってみて大正解! 現地の優しさや人懐っこい空気に触れて満喫の旅でした。

シェムリアップ旅行について

おすすめのポイント
  1. 遺跡巡りは〝映え写真” だらけ。必ず充電100%で!
  2. 手頃なアジアン雑貨がたくさん揃う有名ストリートで買い物♪
  3. 夜市ナイトマーケットの屋台バーで乾杯! 現地の空気を体感しよう。

神秘的な遺跡が揃うカンボジア。壮大で迫力ある光景、のどかな自然、シャッターチャンスが多すぎる広々した遺跡で、映画で見たような探検気分を味わえます。アクティブに楽しんだあとは、ネオンサインのナイトマーケットへ。夜の中心街はたくさんの観光客で溢れ、飲んだり食べたり値段交渉をしてお土産を買ったり・・普段じゃなかなか味わえない刺激的な長い夜を過ごせます。一日中楽しめるシェムリアップで、素敵な思い出をつくってみてはいかがでしょうか?

シェムリアップ旅行のおすすめのスポット

魅惑のバイヨンを探検! また行きたくなるお気に入りのスポット。

バイヨン遺跡はアンコールトムという広い都跡の中、中央位置にあります。重厚な入り口を抜けると、壮大で奇妙な光景。この遺跡には顔面がいたる所にあって、よく見ると1つ1つ表情が違う・・なんとも不思議な世界に引き込まれます。豪快な岩山ですが、ここには繊細な岩壁絵もたくさん隠れているので写真撮影も存分に楽しめます。遺跡内は抜け穴を覗いたり、狭い石階段を上ったり下りたり、ちょっと探検気分を味わえるのも嬉しい。アンコールワットももちろんですが、怪しさ満点のバイヨン、かなり必見です!

水上生活者が世界一のトンレサップ湖をクルージング!

トンレサップ湖は東南アジア最大の湖。写真は乾季に訪れたときのものですが、雨季になるとなんとここからさらに7倍の面積に膨れ上がるという・・恐ろしい雨量ですね。今回この水上生活の様子を見れちゃう貴重な体験ツアーへ! 茶色の川水を小ボートでクルージングします。横目に見える水上に並ぶこの高床式の家屋は、不安定そうな木の階段がいくつも。結構広い面積の家が多く、大家族を想像できます。ちなみにボートは結構速いので、写真撮影は慎重に。ここに世界最大数の住人がいると思うと感慨深いものがありました。

ナイトマーケットで食べて飲んで買い物。長い夜を楽しもう!

“日が落ちてきたら夜市のナイトマーケットへ。エスニックなライトアップがテンション上がります!まずは現地のクメール料理アモックを食べてアンコールビールで乾杯! アモックは甘いココナッツカレー味の煮魚みたいな感じ。割りと好みの味でした。そのあと尋常じゃない数の雑貨屋に寄って、次は車体でできた屋台バーで乾杯。お酒好きにはほんとたまらないです! 歩き回った感想ですが、治安はそれほど悪くなく、トゥクトゥクの勧誘がうるさいくらい。周辺には多数ホテルがあるので、安心して帰れるよう近辺のホテルをおすすめします。”

シェムリアップでのおすすめグルメ

二日酔いにもばっちり。リーリーレストランで朝食にクイティウ!

飲み過ぎた翌朝は、胃に優しい料理が食べたい! ということで人気店を探していたら、中心街からちょっと離れたところに発見、リーリーレストラン。店構えは食堂みたいな感じです。私は野菜トッピングのクイティウとレモンティーを注文。クイティウとは、カンボジアのソウルフードで、例えるなら塩豚骨そうめんみたいな感じ。現地の人はよく朝食に食べるそうです。味は素朴なあっさり塩味で、乾燥した小エビとガーリックチップが入っていて香ばしい。二日酔いでもぺろっと完食しちゃいました! ちなみにレモンティは失敗・・甘すぎました。

シェムリアップでのおすすめのショッピングスポット

カンダールヴィレッジでカンボジア産おしゃれグッズをゲット!

レンタサイクルで中心街を散策していると、お洒落な路地を発見。味のあるカフェ、カンボジアメイドのこだわりの服や雑貨を扱うお店が並んでいました。通りにはいろんな国のオーナーがいて、なんだかプチ国際通りみたいでした。ここでは可愛いハンドバッグとキーホルダーをゲット! 現地にしかないお店に出会えてラッキーでした! ナイトマーケットなどが集まる中心街にはレンタサイクル店がいくつかあり、一日に5ドル程度でレンタル可能。ここのような素敵な穴場が見つかるし、現地をより近くで体感できます。

シェムリアップにて宿泊したホテル

VIVA HOTEL(ヴィヴァホテル)

ここのホテルを選んだ理由は、ナイトマーケットまで徒歩約1分という好立地なところ。建物は結構古いですが、部屋はきちんと掃除をされていたし価格もお手頃。従業員は優しい人ばかりでした。ホテルの1階はメキシカンレストランで、ここ結構な人気店らしく帰国後にそれを知りました・・次回にリベンジしたいです。またすぐ近くにクリーニング店があるので、持参する衣類は少量で問題なさそうです。とても手頃で仕上がりも速い。蒸し暑いこの街では嬉しいサービスです!

シェムリアップ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

良かった点
  1. 観光スポットが多いので、自分の好きな時間配分で観光を楽しめる。
  2. 現地で思わぬ穴場スポットや体験に出会える。
  3. 現地人の個人ツアー兼ドライバーを雇ったことで交流を楽しめた。
残念だった点
  1. どうにかなる部分も多いが、個人の場合は事前に責任ある情報収集が必要。
  2. 日本人ツアーであれば、遺跡のウンチクや細かい説明も学べる。
  3. 観光地なのでほぼ英語が伝わり安心。でもやはり文化と言葉の壁・・。

旅行好きの人ならカンボジアは個人手配をおすすめします。多少の失敗もあるにせよ、現地人ドライバーとの出会いや、ツアーでは発見できない穴場に出会えるのを楽しめます。注意点は観光地巡りにつきものの移動手段。現地の人は日本人ほど説明が丁寧じゃないので、ルール、サービス、平均コストなど事前の下調べは必須です。

シェムリアップ旅行に必要な持ち物

まずは絶対、虫刺され薬。それに多めのポケットティッシュ、除菌シート、ハンカチ2枚、清涼系シートとフリスク。シェムリアップは高温多湿でとにかく蚊が多いので、かゆみ止めは絶対持参をおすすめします!ハンカチは遺跡などで土汚れなどを拭くのに役立つので女性は2枚あると安心かも。その他ハンガー、室内用サンダル、手洗い用に石鹸なんかもあると便利です。日本と違ってホテルには備えつけのものは少ないので(ホテルランクにもよります)事前にチェックをしましょう。

シェムリアップ旅行での注意点

歩いて移動するときはちょっと注意が必要。市内は交通ルールがほぼなく、道路は多くの車やバイク、トゥクトゥクが止めどなく走っています。「ここ横断していいの?!」そんな交差点も多く、日本人の私には恐怖でした。焦って走らず、歩いて横断するのがいいそうです。
また、土産店やトゥクトゥク乗車時など料金交渉が必要です。とくにトゥクトゥクは金額があいまいで、ぼったくりのドライバーも多いので、相場を把握しておいたほうがいいです。

まとめ

遺跡巡りってこんなに楽しいんだと、今回の旅ですっかり魅了されました。岩壁の彫刻絵や造形の美しさ、あと大自然、想像以上に全てフォトジェニックでした。マーケットでは、カンボジア産の天然素材を使った美容品やカンボジアブランドが意外に多く驚きました。女性におすすめしたい場所です。この数日間で現地の生活の様子を教えてくれたドライバーにはほんと感謝。安全に体感できたのは彼のおかげです。出会いってすばらしいと感じたシェムリアップ旅でした。

asu@gototripin女性向け情報フリーライター

投稿者の過去記事

海外旅行をはじめ、国内の穴場スポットやおすすめ旅情報をUPします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  2. ラップランドのリゾート地サーリセルカで雪遊びを楽しみつくす!| トラベルダイアリー
    サーリセルカ旅行体験記サーリセルカはラップランドと呼ばれ、フィンランド北部地方の中でも最も北に位…
  3. ギリシャの首都アテネからも日帰りで行けちゃう穴場!エギナ島| トラベルダイアリー
    エギナ島旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  4. パペーテ旅行体験記ボラボラ島旅行の際は帰りの飛行機の時間の都合で必ずパペーテへ1泊しなければいけ…
  5. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  6. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  7. パロ旅行体験記空港があるので旅の最初と最後に訪れることになるパロ。ちょうどティンプーとプナカの中…
  8. 観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー
    ビクトリアフォールズ旅行体験記世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、…
  9. 地上の楽園!タヒチボラボラ島で過ごした夢の様な日々| トラベルダイアリー
    ボラボラ島旅行体験記モルディブかタヒチの青い海をぜひ見てみたい!と昔から思っていて、今回機会があ…
  10. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…

国内旅行おすすめ

  1. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  2. 京丹後旅行体験記旅と言えば観光に食べ歩きなど、どちらかと言えばアクティブなものを楽しんできたこれ…
  3. 【一人旅】日本屈指のリゾート地・箱根で4泊5日の美術館めぐり| トラベルダイアリー
    箱根町旅行体験記シルバーウィークをのんびり過ごすリゾート地として、箱根を選びました。ご存知のとお…
  4. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ ~南城市 絶景&カフェ編~| トラベルダイアリー
    南城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄旅行に来るということで、沖縄在住の私も友達の旅行に同…
  5. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  6. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…
  7. 一人旅ファイナル!思い立ったが吉日、GoToで行こう倉敷へ| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記緊急事態宣言下でも私は生活必需品を供給する施設として、休みは増えたものの出勤せざる…
  8. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…
  9. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…
  10. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP