台北をメトロでスイスイ、お手軽観光旅

台北旅行体験記

東京から飛行機で4時間、那覇からなら1時間ちょっと、気軽に訪れることができる海外として人気の台湾。台湾がはじめての方でも安心して巡れる、メトロで行ける台北観光をご案内します。

台北旅行について

おすすめのポイント
  1. 初心者でも安心、とりあえず漢字の意味で想像できる
  2. 台北メトロは旅行者の味方!自由自在に動けます!
  3. 日本食シックになりにくい、日本人の口に合いやすい食事

台湾、特に台北は旅行初心者でも安心して遊びに行けるエリアです。
(もちろん注意点はありますので下の方に記載している注意点は気を付けてくださいね)
漢字文化圏なので地図や看板やメニューの想像がつきます。肉なのか、魚なのか、スープなのか、ご飯なのか…これはとてもやりやすいです。
味付けも日本人には向いてますし、もし日本の味が恋しくなってもココイチや大戸屋ややよい軒や吉野家がありますので、なんとかなります。
更に台北エリアは地下鉄が発展しているので出かけるのも簡単です。日本のSuica、PASMOにあたるヨーヨーカーを買って、散策にでかけましょう!

台北旅行のおすすめのスポット

中正記念堂

衛兵交代が見られるスポットそのいち。
MRT中正記念堂駅からアクセスできますが、とにかく広いのであるきやすい靴で行くのをオススメします。
記念堂の階段は結構ハードですが、ここを登らないと交代式は見られません。
ここは蒋介石を祀る記念堂です。蒋介石は中国大陸で毛沢東率いる共産党軍と戦い、日本軍がいなくなった台湾へ逃れてきたときの指導者です。
衛兵交代は毎正時(10時きっかり、11時きっかりの意味)に行われますので、20分前くらいから待機しておくと見やすい場所で見ることができます。

國父記念館

国父記念館

ここも衛兵交代が見られるスポット。
中正記念堂との違いはこちらは孫文を祀るスポットです。国父とは孫文のことを指します。孫文は辛亥革命(1911年)の父と呼ばれています。映画ラストエンペラーの溥儀を清王朝から追放した頃の人物ですので、蒋介石より少し前の時代になります。
(中華民国が始まった1911年を紀元とした元号があり、これを民国年といいます。
たまにレシートや食べ物の賞味期限に110年とか書いてあって「弥生時代に賞味期限切れてるやん!」となりがちですが、1911+110年なので正解は2021年です。うっかり捨てないようにしましょう。)
衛兵交代の時刻は中正記念堂と同じ毎正時なので、20分くらい前にスタンバイしておくと良いでしょう。
衛兵交代後は無料で見られる展示室もありますので、見学するのもオススメです。

台北101

最寄り駅はMRT台北101駅ですが、上の国父記念館から徒歩で行くことができます。
この写真の真ん中あたりに映る、黄色い屋根の建物が国父記念館です。
歩いて15分くらいで移動できますので、一緒に訪れるのもオススメです。(真夏で熱くて干からびそうなときはタクシーなら5分です)
言わずとしれた高層建築物で、上に登ると台北の街を一望できます。登るには入場料がかかりますので注意。観光にはいいけれど、日常でしょっちゅう登るお値段ではないです。
日本で言う東京スカイツリーですね。下層部はショッピングセンターになっているのでお買い物も楽しめます。有名な鼎泰豊もあります。番号札をとって、周りのお店を眺めながら時間を潰すのもアリです。

台北でのおすすめグルメ

杭州小籠湯包

中正記念堂近くにある地元で人気の小籠包屋さんです。
持ち帰り(外帯)のお客さんが外で待っているので、イートイン(内帯)であることを伝えて、番号を教えてもらいましょう。伝わらなければメモ帳に「内帯」と書いてアピールすれば察してくれます。
電光掲示板に番号が出たら席に呼ばれます。店内はドリンクと小皿はセルフサービスです。小籠包は注文用紙が配られますので、数を記載して店員さんに渡しましょう。
鼎泰豊よりも庶民的な雰囲気で値段はかなり安価です。味は負けず劣らずの美味しさですので、鼎泰豊以外の小籠包も楽しんでみてはいかがでしょうか?

アイスモンスター

台北101近くにある微風松高というデパートの中にある人気かき氷屋さんです。MRTなら市政府駅が最寄りです。
一番人気はマンゴーかき氷ですが、とにかくサイズが大きいので二人でシェアするのがオススメです。
「最低消費○○元」という看板が出ていることもありますが、いわゆるミニマムチャージです。かき氷一つを4人や5人でシェアすると注意されることもありますが、二人で一つならあまり言われることもないと思います。
もし、白い目で見られそうでしたら、ドリンクを頼むのも一つのテですよ!美味しいのですが旅先で冷たいものを食べすぎるのはやはり危険ですので、一人で食べるのは半分くらいまでが日本人の適量だと思います。(現地の台湾人もそんな感じです)
このデパート内には他にもいろいろなお菓子屋さんがあり、よく見ると日本のブランドもあったりしますので、見物を楽しんでみてください♪ちなみに隣にあるデパートは「三越」です。

台北にて宿泊したホテル

コスモスホテル

台北駅に隣接(地下街でつながっている)するホテルで、どこに移動するにも便利です。日本人観光客も多いのでフロントに簡単な日本語がわかる人もいます。
とても親切に対応してくださるので、なにか困ったことがあれば相談してみてください。

台北旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

台湾に行くときはいつもLCCで行くことが多いです。週末弾丸で行く場合は早朝5:00台に羽田を出る便がありますので、これを使うと9時くらいには現地で活動ができます。弾丸旅にはうってつけです。
台湾の空港は日本の羽田に似た松山空港と、成田的位置づけの桃園空港があります。後者のほうが安く、便も多いです。
桃園空港から台北市街地までは桃園メトロもしくはバスがおすすめです。メトロは深夜〜早朝は走っていないので、この時間帯に移動が必要な場合はバス利用になります。どちらも看板を見て移動すればたどり着けますので安心してください。

台北旅行に必要な持ち物

台湾に行くときは現地で使えるSIMカードを持っていくと便利です。
日本国内で通販で買う、成田空港で買う、現地空港で買う、など入手方法は色々です。
私は事前に設定しておきたいので日本国内で買ってからいくことが多いです。SIMカードですと充電の心配もないですし、Google Mapを国内旅行のように自由に使えて便利です。
また、現地でメトロに乗る前にはヨーヨーカーを買うことをオススメします。運賃も割引になりますし、移動がかなりスムーズになります。これ一つで地下鉄も台湾鉄道も乗れます!(新幹線にあたる高速鉄道は不可)
リピーターの方は自宅に保管しているカードを忘れずに持ってきてくださいね!

台北旅行での注意点

台北旅行での注意点
  1. 生水や氷、ナマモノに注意!異国であることを忘れずに
  2. 飛び出すバイクにご用心、日本よりは交通マナーは荒い!
  3. ここは沖縄よりも南、水分補給を忘れずに!

海外の中で比較的過ごしやすい台湾ですが、それでも日本と同じように過ごすのは危険です。
海外に行くときは常に「日本より安全で清潔な国はない」という意識を忘れないことが大切です。
また、台湾は沖縄よりも南に位置しますので冬でもそれなりに暖かいです。飲み物のボトルを必ず持ち歩くようにし、喉がカラカラになる前に水分補給をするようにしましょう。(ただしMRTでの飲食は厳禁、普通の道を歩きながらなら平気です)

まとめ

多くの日本人にとって台湾は過ごしやすい国だと思います。
困っていたらすぐに声をかけてくれる人が多いですし、順番飛ばしや横取りなんてしません。
(タピオカ屋さんで番号を呼ばれているのに気が付かずボケっとしていたら、隣の方が気がついてカウンターに連れて行ってくれました)
ただし、これは台湾だけでなく海外旅行全体に言えることですが日本人に台湾人が優しくしてくれるのは、かつての日本人観光客がマナーよく接していたからです。
これからも心地よく観光できるよう、海外に出たときは自分が日本人代表だという意識を持って行動することが、快適な旅に繋がります。

 

mutukiy

mutukiy旅するOL

投稿者の過去記事

旅行が好きなOLです。平日は働いて有給をとっていろんなところに出かけるのが大好きです。野球観戦も好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. クアラルンプール 旅行体験記アジアな雰囲気と英国統治時代の歴史を感じられるクアラルンプール。…
  2. ハワイ
    ハワイ旅行体験記母とのふたり旅で国内旅行へは行くこともあったのですが、「今度は海外行きたいね…
  3. バリ島旅行体験記以前からバリ島に行きたいと思っており、連休が確保できたので行きました。リゾート地…
  4. 台北旅行体験記千と千尋の神隠しの舞台にもなったとも言われる九份へ行ってみたいと思い、台北へ旅行し…
  5. バリ旅行体験記子連れで行ける海外旅行を探し見つけたのがバリ島。日本から直行便で約7時間程度。…
  6. ハンピ旅行体験記1986年に世界遺産になった南インドの秘境、ハンピ。巨石でできたこの街は、まるで違…
  7. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…
  8. アオスタ旅行体験記イタリアのスイス、フランスとの国境付近に位置するヴァッレ・ダオスタ州。ガイドブ…
  9. ロンドン旅行体験記昔からハリーポッターが好きで、いつかロンドンに行ってみたいと思っていた夢が叶い…
  10. アントワープ旅行体験記小さい頃、母に読んでもらったおはなし・フランダースの犬。いつか見たいと思っ…

国内旅行おすすめ

  1. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  2. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  3. 静岡・山梨旅行体験記静岡県と山梨県と言えば、世界文化遺産である富士山と思い浮かびますね。…
  4. 静岡浜名湖ガーデンパークへ行こう~そこは花の楽園でした~ | トラベルダイアリー
    浜名湖ガーデンパーク体験記4月に知人から浜名湖ガーデンパークのネモフィラが見頃との情報を得たので…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  6. 癒し旅♪【大自然・歴史・温泉】はじめての松本観光!| トラベルダイアリー
    松本旅行体験記姉が住んでいる松本へ初めて行ってきました。松本と言えば、最初は松本城しか思いつかなか…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  8. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  9. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  10. お買い物天国の新宿!大都会で思いっきり楽しもう!| トラベルダイアリー
    新宿旅行体験記東京の代表的な街と言えば新宿!大ターミナル駅周辺にはところ狭しと様々なお店が立…

最新記事

  1. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  2. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  3. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  4. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  5. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  6. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  7. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  8. 街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー
    年越し花火に行ってきました!新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも…
  9. 京都紅葉✖︎鍬山神社!〜絶景ビュースポット巡りしませんか?〜| トラベルダイアリー
    鍬山神社旅行体験記11月に見頃を迎えた鍬山神社へ行ってきました。京都市外ということもあり、京都の…
  10. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れ…

Archive



PAGE TOP