毎年約1週間の期間限定!北海道の「さっぽろ雪まつり」| トラベルダイアリー

毎年約1週間の期間限定!北海道の「さっぽろ雪まつり」

さっぽろ雪まつりに行ってきました!

毎年2月上旬に北海道札幌市の大通公園やすすきので開催される「さっぽろ雪まつり」。世界三大雪まつりの1つでもあり、毎年国内のみではなく海外からも注目されているイベントです。大小さまざまな雪像や氷像が大通公園やすすきのを美しく飾ってくれます。そんな「さっぽろ雪まつり」の見どころを現地に10年在住歴がある私がご紹介します。

さっぽろ雪まつりとは

おすすめのポイント
  1. 大小さまざまなデザインの雪像や氷像の景観に感動!
  2. 子供も一緒に楽しめるスケートやスキーの参加型コンテンツもあり
  3. 雪まつりを鑑賞しながら、北海道の冬の名物料理も堪能!

「さっぽろ雪まつり」は、北海道のみならず、日本全国や海外から毎年約200万人もの人が訪れる北海道で最大といっても良いイベントです。2月上旬の約1週間のみ開催される「さっぽろ雪まつり」の雪像や氷像の制作は、ほぼ1ヵ月かけて行われ、開催中も係員が会場に常駐し、とけたり傷んだりした場合はその都度メンテナンスが行われ、美しさを保っています。そんな「さっぽろ雪まつり」は、ただ雪像や氷像を鑑賞するだけではなく、子供も一緒に楽しめるスケートやスキーなどの参加型コンテンツや北海道の冬の名物料理を堪能できるグルメ屋台も多く、冬の北海道を一度に満喫できる格好の場となっています。

さっぽろ雪まつりの見どころ

目の前で迫力のあるスキー・スノーボートジャンプを鑑賞

大通公園の西1~3丁目には、会場の下に地下街や地下駐車場があるため、大雪像は設置されず、スケート場やスキー・スノーボードジャンプ台がメインとされています。子供連れの方は、お子さんと一緒にスケートを体験することも可能です。また、スキー・スノーボードジャンプ台では、目の前で迫力のあるスキー・スノーボードジャンプを見ることができます。

大小さまざまな雪像や氷像の美しさを鑑賞

大通公園の西4~11丁目には、大小さまざまな雪像が展示されます。11丁目の国際会場では、国際雪像コンクールが開催されます。札幌市の姉妹都市であるアメリカのポートランド市をはじめ、各国から参加して技を競い合っています。すすきのでは、「すすきのアイスワールド」と呼ばれ、氷像の展示が中心となっています。料理の飾り付けとして氷や野菜を彫刻する技を生かした、周辺のホテルの料理人たちの作品がみられます。夜には雪像や氷像がライトアップされ、また一段と幻想的な景観が見られます。

さっぽろテレビ塔から大通公園のさっぽろ雪まつり会場を鑑賞

大通公園西1丁目にあるさっぽろのランドマークともいわれる「さっぽろテレビ塔」。入場料が大人800円かかりますが、地上約90mの展望台から大通公園のイルミネーションや雪まつりの景観を見渡すことができます。テレビ塔内には、テレビ塔のマスコットである「テレビ父さん」グッズをはじめ、北海道や札幌のお土産類も販売されています。雪まつり観光で冷えた身体をゆっくり温める場所としても最適です。

SAPPORO YUKI TERRACEも見ごたえあり

2014年から開催されている「SAPPORO YUKI TERRACE」は、札幌の都心に憩いとにぎわいを創出している” 札幌市北3条広場アカプラ ”を舞台として、雪と光をモチーフにした幻想的な札幌の冬の魅力を発信しています。建築家がデザインした雪の美術館” スノーミュージアム ”の中に国内外で活躍するアーティストの作品が展示されています。

ライトアップと雪化粧された時計台や北海道庁も徒歩圏内で観光

大通公園のさっぽろ雪まつり会場から徒歩圏内で観光できる場所にある「札幌時計台」や「北海道庁赤れんが庁舎(旧本庁舎)」。「札幌時計台」の正式名称は「旧札幌農学校演武場」、創建130年余りの歴史があり、北海道大学の前身で北海道開拓の指導者を育成する目的で1876年に開校されました。また、「北海道庁赤れんが庁舎」は、1888年に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築で、館内には北海道の歴史をたどることができる資料等が展示されています。雪が積もった建物にライトアップされた冬の幻想的な景観はまた見ごたえがあります。

さっぽろ雪まつりで見つけたグルメ

大通公園西6丁目に設置される北海道の冬の名物料理屋台グルメ

大通公園西6丁目には、北海道の冬の名物料理を気軽に堪能できる屋台グルメが設置されます。他にも西4丁目会場、西7丁目会場にも屋台が設置されています。雪像を鑑賞しながら、小腹が空いたら屋台グルメで北海道の冬の名物を堪能できるという楽しみもあります。また、大通公園から札幌時計台や北海道庁への道なりでも” ICE BAR ”など北海道のお酒を楽しめるBARなどもあります。寒い中で食べる北海道グルメはまた格別です。

その他

デパ地下で北海道銘菓のチョコレートを一度に堪能することも!

さっぽろ雪まつりが開催される2月上旬は、2月14日のバレンタインデーが近いため大通公園のデパ地下ではバレンタインフェアが開催されます。この時期にしか出会えないとっておきの美味しいショコラが大通に集結します。札幌の美味しいショコラ専門店の商品もデパ地下に集結するので、わざわざお店に足を運ぶ手間も省けます!外で冷えた身体を温めるにもデパ地下巡りをおすすめします♪

さっぽろ雪まつりに必要なアイテム・服装・その他

北海道でも2月は一番寒い時期といわれるほど、とにかく寒いです。上下インナーにヒートテックの重ね着や完全防寒の服装で足元も滑りやすいので滑り止め付きのブーツは必須です。また、寒い中でも写真を撮影しながら観光となるのでスマホ対応の手袋がおすすめです。カイロも背中や腰、足元にもあったら良いでしょう。タンブラーなどで温かい飲み物を携帯することもおすすめします。

さっぽろ雪まつりでの注意点

2月上旬に開催される「さっぽろ雪まつり」はとにかく外は寒いです。防寒は必須ですが、札幌の地下街を含め一歩建物の中に入ると暖房が効いているため、逆に暑いです。厚着のまま地下街や建物内を歩き、汗をかいたあと外に出ると冷えて風邪をひいてしまう原因にもなります。防寒は必須ですが、場所によって着脱のしやすい服装がベストです。また、北海道の人は雪道の歩き方に慣れていますが、北海道以外から観光に来られる方にとってはとにかく滑りやすい道です。滑り止め付きのブーツは必須ですが、歩き方も重要になってきます。歩幅は小さめ、やや前かがみ、重心を気持ち低め、かかとから踏み込まない、路面が光っている部分は避けて歩きましょう。万が一、転んだ時には手がつけるように両手に物は持たないようにしましょう。

まとめ

「さっぽろ雪まつり」についてご紹介しましたが、魅力が伝わったでしょうか?日本国内からのみではなく、海外からも観光客が多いため、やや異国感も体験できます。2021年は新型コロナウィルスのため、オンライン開催となってしまいましたが2022年には開催されることを祈っています。ぜひ、コロナが落ち着いたあとは、北海道の最大イベントでもある「さっぽろ雪まつり」で冬の北海道札幌を堪能してみてください。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

    • t&k
    • 2021年 9月 11日 2:11pm

    Good

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 香港旅行体験記 日本から僅か4時間程、気軽に訪れることのできるのに世界でも有数の観光…
  2. 美しい湖の数々に癒される、プリトヴィッツェ湖群国立公園| トラベルダイアリー
    プリトヴィッツェ旅行体験記世界遺産を紹介するテレビ番組で見た、「女王の涙」と呼ばれるプリトヴィッ…
  3. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  4. 大聖堂、公園、ローカルなお店が魅力のカンタベリー| トラベルダイアリー
    カンタベリーに行ってきました!個人経営からチェーン店までたくさんのお店が揃いながら、中世の雰囲気…
  5. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  6. 観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー
    ビクトリアフォールズ旅行体験記世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、…
  7. 東京23区で唯一の渓谷【等々力渓谷】| トラベルダイアリー
    東京【等々力渓谷】旅行体験記東京23区にある唯一の渓谷【等々力渓谷】へ日帰りで行ってきました!渋…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れグアムの旅② ~グルメ編~ | トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  9. ツェルマットにて感動のマッターホルンを望む!大自然に癒される| トラベルダイアリー
    ツェルマット旅行体験記スイスで最も有名な山と言えばマッターホルンを挙げる方が多いのではないでしょ…
  10. 帰省のついでに、黒部市近辺のお出かけスポット巡り| トラベルダイアリー
    黒部旅行体験記コロナ禍で帰省の頻度が限られる中、人込みを避けてちょっと早めの夏休みで実家のある富山…

国内旅行おすすめ

  1. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  2. 美味しいものがたくさん〜食倒れの旅!in 三重県伊勢市| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記 2019年12月、伊勢神宮の参拝を目的に、恋人と伊勢旅行に行きました…
  3. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  4. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  6. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  7. 名古屋旅行体験記新幹線でアクセス便利な名古屋!今回は日本で唯一のミュージアム、フライトオブドリー…
  8. 「一度は食べたいカキ氷」と「ひまわり畑」で楽しむ夏~in益子と真岡| トラベルダイアリー
    益子と真岡旅行体験記栃木県の益子町で「ひまわり祭り」が行われていたので、元気をいただきに行ってき…
  9. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP