奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー

奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?

金作原原生林体験記

奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイド付きじゃないと入れないというベールに包まれた森へ、ついに行くことが出来ました!!手つかずの自然に大興奮の一日でした♪

金作原原生林について

おすすめのポイント
  1. 初心者でも歩きやすい道のり
  2. ここでしか会えない!動物・植物との貴重な出会いがある
  3. ガイドさんから直接詳しい話が聞ける

今まで一時間を超える登山・ハイキングをしたことがなかったため「私でも大丈夫かな?」と心配でしたが、ほとんど平坦な道のりだったため、安心して進むことが出来ました。行き帰りゆっくり歩いて3時間ほどの道のりだったので初心者の方でも大丈夫だと思います!

金作原原生林の中へ一歩足を踏み入れると、様々な動植物との出会いや発見があります!今回、ジュラ紀から生き続ける生きた化石や、国指定天然記念物との出会いも果たせました。また、道中はガイドさんから奄美大島の自然について様々なことを教えてもらえたので、とても勉強になりました。

金作原原生林で出会える動植物をご紹介

まるでタイムスリップ!?ありのままの自然が残される森へ行こう!

金作原原生林は、自然保護と利用者の安全の観点から、認定ガイドと一緒でないと入ることが出来ません。金作原原生林の入り口まで、車で訪れるのですが、その道のりもスゴイ!例えるのならディズニーシーのインディ・ジョーンズを彷彿をさせるような道のりです(笑)車に乗りながらあのBGMが頭の中を駆け巡りました(笑)道が悪いだけでなく、狭いため観光客には厳しい!そんな道のりも認定ガイドさんの車で連れて行ってくれるので安心です。
ここが入口です。すでに木々が生い茂っており、スゴイ…!早速入って行きましょう!!

はじめまして!金作原原生林の動植物たち!

森の中は手つかずの自然が広がり、まるで太古の森へタイムスリップしたかのよう!それもそのはず、金作原原生林では亜熱帯地域でしか見られない、ジュラ紀から今もなお生き残る貴重な植物が生い茂っています!それがこの「ヒカリへゴ」!どこかで見覚えありませんか?実はこの金作原原生林には、ジュラ紀から今もなお生き残る、ヒカゲヘゴのような生きた化石が残されているのです。その生きた化石たちの存在を生かして、過去にゴジラシリーズのロケ地としても使われました。ガイドさんからその話を伺った時に「たしかに恐竜といえばこのヒカリへゴのイメージがあるなぁ」ととても納得しました。ちなみにこのヒカリへゴ10mを超える大きなものもあり、恐竜の餌だったそう。幹のこの独特な模様は木の成長とともに枝が落ちた跡。ひっくり返すと漢数字の「八」に見えることから別名「オガサワラマルハチ」とも呼ばれています。そして、ヒカリへゴが台風などで枯れるとこのような姿に!なかなか見られない姿ですよね。この表皮は柔らかいので、昔は西表島の人が食べていましたが、現在はもっと美味しい食べ物がたくさんあるので食べる習慣がなくなっていったとのこと。木の皮が食べられるなんてびっくりです。
木の陰にじっと隠れていた可愛らしいトカゲを発見!こちらは、国指定天然記念物の「キノボリトカゲ」です。今回は木には登らず葉っぱの上でちょこんと休憩。こんな希少生物とも出会えてしまうのがスゴイ!!
続いて、こちらの葉っぱ!見たことある方が多いのではないでしょうか?あの有名作品「となりのトトロ」で傘代わりになっていた葉っぱです!根の方が芋になっていますが、毒があって食べられないため名前は「クワズイモ」といいます。食べちゃいけないお芋だったとは知らずびっくり!ちなみにガイドさんは幼少期、実際にクワズイモの葉を傘代わりにしてよく歩いていたそうですよ♪本当に傘として使えるなんてスゴイですね!
森の中で意外と発見しやすいのがキノコ!中でも今回かなり印象的だったのがこの「アンズタケ」。実はこのキノコ食べられるんです!いやぁキノコは見た目によらないんですね(笑)知らなかったら絶対に毒キノコだと思いますよね。ガイドさんから聞いてびっくりでした!
森の中頃まで歩いてくると、オススメのフォトスポットが!よくパンフレットにも使用されるのがこの場所の景色!ヒカゲヘゴが大きく天に向かって伸び、壮大な金作原の様子がうかがえますよね!

ついに金作原の一番奥へ潜入!森の主とご対面!

金作原原生林は行き帰り同じ道を往復し散策します。その終着点にいた主をご紹介します。それがこちら、「オキナワウラジロガシ」です!大きく立派なこの木は奄美大島最大級の木!根っこが板のように飛び出ており、とても特徴的な形をしています。これは「板根(ばんこん)」といい、台風が多い奄美大島で倒れずに生きていくために成長した姿!植物ってその地の気候に合わせて生きていく術を身につけてすごいですね。
ちなみに先ほど紹介した「ヒカゲヘゴ」の板根がこちら!こちらは根っこではなく木の幹が板根化していました。この場所で生きてゆくために必要な変化だったのでしょう。植物の力強さにただただ感動です。

見るだけじゃない!音で分かる奄美大島の自然

金作原原生林に入ると様々な聞いたことがない鳴き声がたくさん聞こえてきます。
まずは奄美大島を代表する鳥「ルリカケス」。青とピンクの綺麗な見た目とは裏腹に、「ギャアー」と可愛らしくない声で鳴きます(笑)最初これが鳥の鳴き声だと知ったときかなり衝撃的でした(笑)
「ヒン!ヒン!」と鳥のように鳴くのが「オオシマゼミ」。奄美大島では12月までセミが鳴くとのことでびっくりです!!森全体にオオシマゼミの声が反響していて、奄美の自然をより身近に感じられますよ!
VR動画ではこのオオシマゼミの姿と声を撮影できましたのでよかったら見てみてください。

金作原原生林近くのおすすめグルメ

古仁屋直送 さしみや

金作原原生林から車で30分弱!古仁屋の港から直送でやってくる美味しいお魚をリーズナブルな価格でいただけます。
今回ランチでいただいたのが「マグロ丼」甘たれと黄身がマグロにかかっておりそれがマグロによく合う!!マグロも新鮮で全く臭みがなくとっても肉厚に切られており食べ応えがあります!おみそ汁までついて600円!衝撃の破格ですよね。この他の定食や丼もかなりリーズナブルな価格なので是非行って奄美の新鮮なお魚を堪能してください♪

金作原原生林に必要な持ち物

・雨具→突然天気が変わることもあるので持っていくと安心です。
・着替え→汗や雨のことを考え持っていると安心です。
・帽子→奄美大島は一年を通して気温が高いです。往復3時間の道のりなのであると安心です。
・飲み物→ありのままの自然を楽しむスポットなので自販機がありません。飲み物を持っていかれることをおすすめします。
・カメラ→金作原原生林の自然を是非思い出に残してください♪

金作原原生林での注意点

奄美旅行での注意点
  1. 動植物は大切に
  2. ハブに気を付けて
  3. 服装に注意

・金作原原生林の自然はありのまま保存されており、これからも守っていかなければならない大切な自然です。動植物をとることは禁止です。
・奄美大島にはハブが生息しています。むやみやたらに茂みへと入って行くと噛まれてしまうこともあるので、ガイドさんと一緒に散策路を歩きましょう。
・ハブが出ることもあるので、長袖長ズボンは必須です。持ち物に雨具と書きましたが荷物を減らしたい方はゴアテックなど機能性上着を着ていくと便利です。実際に私も着ていきましたが荷物が減って助かりました。

まとめ

金作原原生林では、奄美大島などの亜熱帯地域でしか見られない動物や植物との出会いがあります。ガイドさんとともに金作原原生林を巡ったことで、とても詳しいお話を聞くことが出来たので、本当に行ってよかったと思いました。「どうしてこんな姿で植物が生えているのか?」そのような疑問をツアーに参加するまでは抱くことがありませんでした。しかし、今回奄美大島の自然について詳しいお話が聞けたことで自然について見方が変わり、現在も様々なことに気付くきっかけへと繋がりました。もともと自然が詳しい方もそうでない方も、訪れただけで世界の見方が変わりますよ!奄美大島へ行かれる際には、是非ツアーに組み込まれることをおすすめします!

 

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

2020年9月27日より、“さまざまな理由で旅行へ行けない方々のため”に、VRカメラで、全市町村撮影しYouTubeで無料旅行を届けるという活動をしています。
紹介している記事の中にも、VRカメラで撮影した動画を載せているのでよかったらご覧ください♪
トラベルダイアリーさんでは、全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子二人旅 in アメリカ グランドゼロが切ないニューヨーク| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記旅の最後は友達と向かったニューヨークです。私も友達も初めてのニューヨーク。…
  2. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  3. チャイティーヨ山旅行体験記首都のヤンゴンから入り、特に予定も旅の期限もなくスタートしたミャンマー…
  4. 乗り継ぎ時間でちょこっと楽しめる、ドバイのデザートサファリツアー| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記中東エリアのみならず、ヨーロッパやアフリカへ行く場合、エミレーツ航空は重要な選択…
  5. モントリオール旅行体験記モントリオールはカナダの東部ケベック州にある都市。ケベック州はフランス系…
  6. 【台湾・台北】博物院で学び!夜市で遊び!マッサージで癒される~充実の旅~_トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台北は歴史的な建造物や建物もあり、近代的なビルもあり、美味しい食事に可愛い雑貨もあ…
  7. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  8. 安い!美味しい!優しい!3拍子揃った何度でも行きたい台北旅行| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記日本から3時間程で行ける台湾の首都台北。物価も安く、美味しいご飯もたくさんあります。…
  9. ブルーム旅行体験記西オーストラリアの小さな町ブルームは、月への階段やビーチでのキャメルライド、年…
  10. パペーテ旅行体験記ボラボラ島旅行の際は帰りの飛行機の時間の都合で必ずパペーテへ1泊しなければいけ…

国内旅行おすすめ

  1. お寺も自然も近代遺産も!京都の哲学の道~南禅寺・蹴上を観光| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記紅葉前の京都を旅行してきました!一言に京都といっても広く見どころが多いので、この記…
  2. 大自然 奄美大島で海ガメと泳ぐ| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記まだあまり観光地化されておらず、素朴な自然が楽しめると聞いたので行ってみました…
  3. 異国情緒を感じる♪爽やかな港町・函館の元町エリアをぶらり街歩き| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記2泊3日で夏の北海道・函館を旅行しました。函館というと五稜郭や函館山の夜景といった…
  4. 水上旅行体験記 群馬県には草津や伊香保などの温泉街が有名ですが、調べると水上…
  5. 都心から約1時間半【南房総】はこんなにアツいスポットだった‼| トラベルダイアリー
    南房総旅行体験記 新型コロナウィルスの流行により、なかなか遠出が出来なくなりましたね…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原スキー旅行体験記すっかりゲレンデの雪遊びにハマった娘に、キッズパークが人気の「岩原スキー場」…
  7. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  8. 奄美大島 断崖絶壁!宮古崎で絶景散歩を楽しもう♪| トラベルダイアリー
    宮古崎旅行体験記鹿児島県奄美市にある宮古崎へ行ってきました!道のりは少し険しかったのですが、たど…
  9. 東京といえば!誰もが一度は訪れる定番の観光スポットを巡る旅| トラベルダイアリー
    東京旅行体験記仕事関連やプライベートで何度も訪れた東京。日本の首都である東京はみなさんもご存知の…
  10. モザイクタイルミュージアム旅行体験記岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザ…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP