青ヶ島

たどり着けるのは50%!東京の秘境青ヶ島へ行ってみた

青ヶ島旅行体験記

元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い海の写真を見たことから、いくことを決めました。

本当にアクセスが大変だったのが逆に面白かったし、こんな離島が日本に存在しているんだ、とびっくりしました。普段、街中に住んでいると、離島の考え方が新鮮でした。
景色の雄大さと人の暖かさに触れることができ、行ってきてよかったと心から思える場所でした。また是非行きたい旅行先の一つです。

青ヶ島旅行について

おすすめのポイント
  1. 実は東京都内でありながらなかなか行けない秘境である
  2. 世界の星空にも選ばれたほど絶景が見れる島
  3. 青ヶ島独特の景観「二層火山」や特有植生が見れる

東京都に属する島でありながら、めったに訪れる人のいない島、それが青ヶ島。アクセスがとても難しく、船で行ったときに、陸地を踏める確率は50%~60%と言われています。「秘境」という言葉に弱い人にはたまりません。
絶海の孤島なので、夜は街の明かりが少なく、星空観測にはもってこいです。
島の形は「二層火山」という、世界でも珍しい地形。青ヶ島特有の植物も生えています。

青ヶ島旅行のおすすめのスポット

二重火山を見下ろせる「 大凸部」

大凸部
青ヶ島大凸部は、青ヶ島最高地点。
青ヶ島の名所である二層火山火口を上から眺めることができます。
また、青ヶ島の風景を一望することができるほか、護岸工事が行われている崖なども臨めます。晴れている日の夜中などは満天の星空が仰げます(草深い山道を登らないといけませんが)。青ヶ島の中でも、人気のスポットです。
道はあまりしっかりとした道ではないので、運動靴がおすすめです。”

自然の蒸気で調理する「地熱釜」

地熱窯

青ヶ島に存在する名所の一つ、地熱釜。
地熱の力を利用し、野菜やソーセージをふかして食べることができるので、ワイルドな食事を楽しめるスポットです。
青ヶ島は絶海の孤島でレストランなどはありません。そのため、宿では1泊3食つきが基本なのですが、お願いをすれば地熱釜用の食材も買わせてもらうことができます。
また、十一屋酒店で購入した野菜などを持って行ってふかして食べることもできます。
同じく酒店で購入した青ヶ島の名産「ひんぎゃの塩」をちょっとつけて食べると、絶品でした。
とっても美味しいので是非体験してみてくださいね。

ふれあいサウナ

サウナ

ふれあいサウナは青ヶ島のちょうど中間のあたりに位置するサウナで、青ヶ島という火山島の地熱を利用したサウナとなります。
そのため、地面から湯気の出ているエリアに囲まれています。
大変に気持ちいいサウナ施設となっていて、地元のおじさんや工事作業員の人たちが和気あいあいと話してます。
ですがとても暑いのです。地熱の雰囲気をしっかりと味わうことが出来るともいえますね。
旅の疲れを取るのにもおすすめですよ。

青ヶ島でのおすすめグルメ

居酒屋 もんじ

もんじ
居酒屋もんじは青ヶ島にある居酒屋の一つ。といっても青ヶ島にはレストランやカフェなどといった飲食店がなくて、たった2つある居酒屋のうちの一つだったりします。
こちらの居酒屋では青ヶ島や八丈島で取れた魚をはじめ、青ヶ島特産の「青酎」などを飲むこともできます。
のんびりと旅行したついでに立ち寄ってみるのも楽しいかもしれませんね。

お店の人もしゃべり好きだし、現地の人と交流することが出来る数少ないスペースの一つとなっています。

青ヶ島でのおすすめのショッピングスポット

十一屋酒店


十一屋酒店は青ヶ島に存在する唯一無二のお店です。
名前こそ酒店ですが、基本的な生活雑貨、食料、お土産、なんでもこの店で売っています。といいますか、この店以外での購入ができません。
こちらでは青ヶ島のお祭りの際に販売されるTシャツ、また青ヶ島の名産品である青酎、ひんぎゃの塩なども購入することが可能です。
島の生活の一端を味わうこともできて、楽しいお店でした。

青ヶ島にて宿泊したホテル

青ヶ島村キャンプ場

青ヶ島キャンプ場
青ヶ島にはいくつかホテルが存在します。基本的に1泊3食つき、また離島での経営となるので、東京都23区内の安ホテルと比較すると、値段の設定が高め。
現地での現場工事滞在者向けにホテルが経営されてという節もあって、旅行者にとってはあまり空きがありません。なので、ホテルを取る際には、かなり前もって電話をする事も大切になってきます。
一方、青ヶ島キャンプ場は、使用料金は無料。
長くても1週間までの滞在しかできない点、あまり日当たりのいい場所にない点は欠点といえますが、水道やトイレはありますし、地熱釜が近いので野菜と塩さえ持っていれば料理ができます。
利用するために役所まで行く手間はいりますが、旅費を節約したい旅行者にはおすすめです。
ちなみに、役所のある中心地までは徒歩で1時間かかります。

青ヶ島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

良かった点
1.自分で自由に動ける
青ヶ島旅行を個人で行った事の最大のメリットはこの点です。自由に動くことが出来るというのが非常に大きかったと感じています。
2.行きたいところにたくさん行けた
また、行きたかった場所は滞在中にすべて巡ることができたのも良い点であると言えるでしょう。
3.自力で行ったからこその出会いがあった
ヒッチハイクで車に乗せてもらったり、地熱釜で野菜を作っていたら色々な人に話しかけてもらったりと、様々な出会いを楽しむことができました。

残念だった点
1.車の手配ができなかった
青ヶ島のレンタカーサービスは、ホテルに宿泊していない人には貸してくれません。島を自由に動くためにはレンタカーかなり重要なんですけどね。
2.歩きはかなりきつい
港とキャンプ場はちょうど火山の底の部分、もしくは最も海に近い部分にあり、集落まで坂道を登ります。その坂がかなりきつい上、港から集落までは1時間半近く歩くこととなります。
3.基本的にツアーがない……
また、東京の離島には基本的にツアーがありません。
なので、個人旅行に慣れてから行くのがおすすめです。基本的には自己完結が基本となります。

青ヶ島旅行に必要な持ち物

キャンプ場で生活するのであれば、ソロキャン装備とスキルがいります。トイレットペーパーは持参するのがいいかと思われます。
高温多湿の島となるので、着替えなどは、キャンプであってもホテル泊であっても多めに持参するのがよいです。
ただ、晴れている日などは、その辺につるしておけばすぐに乾いてくれるので、その点も含めて荷物プランを練るのがいいかもしれませんね。

青ヶ島旅行での注意点

青ヶ島旅行での注意点
  1. 滑走路がないため交通手段が極端にすくない
  2. 船を利用しても良いがたどり着ける率が極端に低い
  3. ヘリコプターの座席が少ないため予約は争奪戦

青ヶ島は、小さく、滑走路がありません。
ヘリポートがありますので、住民や工事関係者の多くがヘリコプターを利用しています。
ただし、座席数9、持ち込める荷物は膝に乗せられる分という狭さ。日常的に利用している人たちが優先されるので、予約は争奪戦が必至です。
船もあるのですが、海と港の形的に接岸が難しく、少し海が荒れると就航しなかったり、島が見えるところまで行ってから引き返すことも。
余裕のある日程を組み、行きは船にしたとしても、帰りは決まった日に帰れるようにヘリコプターを予約するという方法が安全です。

まとめ

青ヶ島は全国にある離島の中でもアクセスが抜群にしにくい離島としても知られています。
しかしそういった場所でも生活している人、人の営みが存在しました。人口170人ほどですが、保育園もありました。
また雄大な自然が残っていることが素敵な点でもあるといえます。
現実の中にある非日常を味わいたい方は是非訪れてみてくださいね!

うなお地球の人

投稿者の過去記事

地球のすみずみまで行きたすぎて、人生が足りないくらいの旅好きです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. フェズブー・ジュルード門 | トラベルダイアリー
    モロッコ【フェズ】旅行体験記モロッコ北部に位置する【フェズ】ですが、ここではフェズブルーが用いら…
  2. 真夏に広がる銀世界!スイス、グレイシャー・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    グレイシャ―・パラダイス旅行体験記ヨーロッパで最も標高の高い展望台、スイスのグレイシャー・パラダ…
  3. フィンランドヘルシンキ【マリメッコ社員食堂へ!】| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都ヘルシンキのマリメッコ本社へ行ってきました!以前日本でマリ…
  4. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  5. モロッコ・ワルザザート近郊の観光スポットを訪れる| トラベルダイアリー
    ワルザザート旅行体験記メルズーガからマラケシュへ移動する途中の街、ワルザザートに立ち寄りました。…
  6. ジェノヴァ旅行体験記青い海、降り注ぐ太陽。横浜や神戸にも似た雰囲気を持つ港町ジェノヴァは、なんと…
  7. ラップランドのリゾート地サーリセルカで雪遊びを楽しみつくす!| トラベルダイアリー
    サーリセルカ旅行体験記サーリセルカはラップランドと呼ばれ、フィンランド北部地方の中でも最も北に位…
  8. チュニジアの古都ケロアンで歴史を感じる| トラベルダイアリー
    ケロアン旅行体験記 ケロアンはチュニスから南に約3時間ほどいった場所にある町です。こ…
  9. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  10. サンペドロ・ラ・ラグーナ旅行体験記日本での知名度はかなり低いサンペドロ・ラ・ラグーナですが、バッ…

国内旅行おすすめ

  1. 富士山旅行体験記 "♪富士は日本一の山〜" 小さい頃から馴染みのある日本のシンボル「…
  2. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  3. フォトジェニックだけじゃない!真の貴船神社の魅力に迫る| トラベルダイアリー
    貴船神社旅行体験記SNSで見つけた美しい灯籠が一目見たくて、貴船神社へ行ってきました!訪れてみる…
  4. ~美瑛の青い池&パワースポット&花めぐり~北海道での夏休み!| トラベルダイアリー
    美瑛旅行体験記夏の北海道なら美瑛の花畑が見たい!と思い1泊2日で美瑛に行くことになりました。花畑…
  5. 与那国島旅行体験記日本の東西南北の端、これはすべて離島になるのですが、一般人が訪れることができる…
  6. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  7. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  8. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  9. 松山旅行体験記 愛媛県の新居浜市への出張3日間を終え、移動日まるまる使って松山に観光…
  10. 名古屋旅行体験記愛・地球博が行われた際の公園に2022年にジブリパークが開園します。今はトト…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP