青ヶ島

たどり着けるのは50%!東京の秘境青ヶ島へ行ってみた

青ヶ島旅行体験記

元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い海の写真を見たことから、いくことを決めました。

本当にアクセスが大変だったのが逆に面白かったし、こんな離島が日本に存在しているんだ、とびっくりしました。普段、街中に住んでいると、離島の考え方が新鮮でした。
景色の雄大さと人の暖かさに触れることができ、行ってきてよかったと心から思える場所でした。また是非行きたい旅行先の一つです。

青ヶ島旅行について

おすすめのポイント
  1. 実は東京都内でありながらなかなか行けない秘境である
  2. 世界の星空にも選ばれたほど絶景が見れる島
  3. 青ヶ島独特の景観「二層火山」や特有植生が見れる

東京都に属する島でありながら、めったに訪れる人のいない島、それが青ヶ島。アクセスがとても難しく、船で行ったときに、陸地を踏める確率は50%~60%と言われています。「秘境」という言葉に弱い人にはたまりません。
絶海の孤島なので、夜は街の明かりが少なく、星空観測にはもってこいです。
島の形は「二層火山」という、世界でも珍しい地形。青ヶ島特有の植物も生えています。

青ヶ島旅行のおすすめのスポット

二重火山を見下ろせる「 大凸部」

大凸部
青ヶ島大凸部は、青ヶ島最高地点。
青ヶ島の名所である二層火山火口を上から眺めることができます。
また、青ヶ島の風景を一望することができるほか、護岸工事が行われている崖なども臨めます。晴れている日の夜中などは満天の星空が仰げます(草深い山道を登らないといけませんが)。青ヶ島の中でも、人気のスポットです。
道はあまりしっかりとした道ではないので、運動靴がおすすめです。”

自然の蒸気で調理する「地熱釜」

地熱窯

青ヶ島に存在する名所の一つ、地熱釜。
地熱の力を利用し、野菜やソーセージをふかして食べることができるので、ワイルドな食事を楽しめるスポットです。
青ヶ島は絶海の孤島でレストランなどはありません。そのため、宿では1泊3食つきが基本なのですが、お願いをすれば地熱釜用の食材も買わせてもらうことができます。
また、十一屋酒店で購入した野菜などを持って行ってふかして食べることもできます。
同じく酒店で購入した青ヶ島の名産「ひんぎゃの塩」をちょっとつけて食べると、絶品でした。
とっても美味しいので是非体験してみてくださいね。

ふれあいサウナ

サウナ

ふれあいサウナは青ヶ島のちょうど中間のあたりに位置するサウナで、青ヶ島という火山島の地熱を利用したサウナとなります。
そのため、地面から湯気の出ているエリアに囲まれています。
大変に気持ちいいサウナ施設となっていて、地元のおじさんや工事作業員の人たちが和気あいあいと話してます。
ですがとても暑いのです。地熱の雰囲気をしっかりと味わうことが出来るともいえますね。
旅の疲れを取るのにもおすすめですよ。

青ヶ島でのおすすめグルメ

居酒屋 もんじ

もんじ
居酒屋もんじは青ヶ島にある居酒屋の一つ。といっても青ヶ島にはレストランやカフェなどといった飲食店がなくて、たった2つある居酒屋のうちの一つだったりします。
こちらの居酒屋では青ヶ島や八丈島で取れた魚をはじめ、青ヶ島特産の「青酎」などを飲むこともできます。
のんびりと旅行したついでに立ち寄ってみるのも楽しいかもしれませんね。

お店の人もしゃべり好きだし、現地の人と交流することが出来る数少ないスペースの一つとなっています。

青ヶ島でのおすすめのショッピングスポット

十一屋酒店


十一屋酒店は青ヶ島に存在する唯一無二のお店です。
名前こそ酒店ですが、基本的な生活雑貨、食料、お土産、なんでもこの店で売っています。といいますか、この店以外での購入ができません。
こちらでは青ヶ島のお祭りの際に販売されるTシャツ、また青ヶ島の名産品である青酎、ひんぎゃの塩なども購入することが可能です。
島の生活の一端を味わうこともできて、楽しいお店でした。

青ヶ島にて宿泊したホテル

青ヶ島村キャンプ場

青ヶ島キャンプ場
青ヶ島にはいくつかホテルが存在します。基本的に1泊3食つき、また離島での経営となるので、東京都23区内の安ホテルと比較すると、値段の設定が高め。
現地での現場工事滞在者向けにホテルが経営されてという節もあって、旅行者にとってはあまり空きがありません。なので、ホテルを取る際には、かなり前もって電話をする事も大切になってきます。
一方、青ヶ島キャンプ場は、使用料金は無料。
長くても1週間までの滞在しかできない点、あまり日当たりのいい場所にない点は欠点といえますが、水道やトイレはありますし、地熱釜が近いので野菜と塩さえ持っていれば料理ができます。
利用するために役所まで行く手間はいりますが、旅費を節約したい旅行者にはおすすめです。
ちなみに、役所のある中心地までは徒歩で1時間かかります。

青ヶ島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

良かった点
1.自分で自由に動ける
青ヶ島旅行を個人で行った事の最大のメリットはこの点です。自由に動くことが出来るというのが非常に大きかったと感じています。
2.行きたいところにたくさん行けた
また、行きたかった場所は滞在中にすべて巡ることができたのも良い点であると言えるでしょう。
3.自力で行ったからこその出会いがあった
ヒッチハイクで車に乗せてもらったり、地熱釜で野菜を作っていたら色々な人に話しかけてもらったりと、様々な出会いを楽しむことができました。

残念だった点
1.車の手配ができなかった
青ヶ島のレンタカーサービスは、ホテルに宿泊していない人には貸してくれません。島を自由に動くためにはレンタカーかなり重要なんですけどね。
2.歩きはかなりきつい
港とキャンプ場はちょうど火山の底の部分、もしくは最も海に近い部分にあり、集落まで坂道を登ります。その坂がかなりきつい上、港から集落までは1時間半近く歩くこととなります。
3.基本的にツアーがない……
また、東京の離島には基本的にツアーがありません。
なので、個人旅行に慣れてから行くのがおすすめです。基本的には自己完結が基本となります。

青ヶ島旅行に必要な持ち物

キャンプ場で生活するのであれば、ソロキャン装備とスキルがいります。トイレットペーパーは持参するのがいいかと思われます。
高温多湿の島となるので、着替えなどは、キャンプであってもホテル泊であっても多めに持参するのがよいです。
ただ、晴れている日などは、その辺につるしておけばすぐに乾いてくれるので、その点も含めて荷物プランを練るのがいいかもしれませんね。

青ヶ島旅行での注意点

青ヶ島旅行での注意点
  1. 滑走路がないため交通手段が極端にすくない
  2. 船を利用しても良いがたどり着ける率が極端に低い
  3. ヘリコプターの座席が少ないため予約は争奪戦

青ヶ島は、小さく、滑走路がありません。
ヘリポートがありますので、住民や工事関係者の多くがヘリコプターを利用しています。
ただし、座席数9、持ち込める荷物は膝に乗せられる分という狭さ。日常的に利用している人たちが優先されるので、予約は争奪戦が必至です。
船もあるのですが、海と港の形的に接岸が難しく、少し海が荒れると就航しなかったり、島が見えるところまで行ってから引き返すことも。
余裕のある日程を組み、行きは船にしたとしても、帰りは決まった日に帰れるようにヘリコプターを予約するという方法が安全です。

まとめ

青ヶ島は全国にある離島の中でもアクセスが抜群にしにくい離島としても知られています。
しかしそういった場所でも生活している人、人の営みが存在しました。人口170人ほどですが、保育園もありました。
また雄大な自然が残っていることが素敵な点でもあるといえます。
現実の中にある非日常を味わいたい方は是非訪れてみてくださいね!

うなお地球の人

投稿者の過去記事

地球のすみずみまで行きたすぎて、人生が足りないくらいの旅好きです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. バルセロナ旅行体験記 ヨーロッパの食事が美味しいところに行きたい…そう思ってポルトガ…
  2. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  3. 香港旅行体験記 日本から僅か4時間程、気軽に訪れることのできるのに世界でも有数の観光…
  4. ベルギー旅行の拠点にオススメ!美味しい物いっぱいのブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記ベルギーの首都ブリュッセル。ベルギーはフランスやオランダ、ドイツと隣接する…
  5. イースタン&オリエンタルに宿泊・のんびり過ごしたペナン| トラベルダイアリー
    ペナン旅行体験記沢木耕太郎の「深夜特急」を13年ぶりに読み返してみて、初めて読んだときは何とも思…
  6. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  7. モロッコ 赤い街‣マラケシュの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    マラケシュ・メディナ旅行体験記今回はマラケシュのメディナにある観光スポットを巡りました。こちらの…
  8. 逆さマッターホルンを求めて…。スイス・リッフェル湖への旅| トラベルダイアリー
    リッフェル湖旅行「逆さ富士」ならぬ「逆さマッターホルン」が見られるといわれる、スイスの景勝地「リ…
  9. モナコ公国についてモナコ公国といえば世界各国の富裕に人気で、治安が良い国として知られていますよね!も…
  10. 【台湾・高雄】愛河クルーズと龍虎塔 グルメだけじゃない瑞豊夜市の楽しさ☆*。| トラベルダイアリー
    台湾・高雄へ旅立つ台湾の高雄は、まず 高雄空港自体がデザイン性が高くて、とても綺麗 です。ヘ…

国内旅行おすすめ

  1. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  2. 静岡 自然が美しい寺社巡り~週末にほっと一息リフレッシュ旅~ | トラベルダイアリー
    寺社巡り旅行体験記新緑の美しい季節に、寺社巡りをしたいと思い立ち出かけました。森町の小國神社と磐…
  3. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  4. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  5. 旭川~美瑛~富良野周遊旅行体験記北海道旅行でバスツアーを利用して、旭山動物園に青い池、四季の丘、…
  6. 伊勢旅行体験記 名古屋から日帰り旅行で行ける場所を…と思い探していたら、お伊勢さんが…
  7. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  8. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. ~バラ&彫刻&富士山に癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根に1泊2日の盛りだくさんな女子ふたり旅をしてきました。アートや花鑑賞、グルメ、…

最新記事

  1. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  2. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  3. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  4. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  5. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  6. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  7. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  8. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  9. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  10. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…

Archive



PAGE TOP