時間がなくても楽しめます!一日で巡る高知・兵庫・和歌山の旅! | トラベルダイアリー

時間がなくても楽しめます!一日で巡る高知・兵庫・和歌山の旅!

鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行体験記

2018年GW以前から行きたかった四国&関西地方への旅行に出かけました。しかし、行きたいところはたくさんあるのに時間が足りない!という事態に陥りました(笑)どうしても行きたいところを妥協したり、諦めたりしたくなかったので一日で、高知・兵庫・和歌山を大移動!時間がない中でも行きたいところはしっかりと抑え、観光とグルメを思い切り楽しむことができたので大満足の旅でした。

鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行について

おすすめのポイント
  1. 1億7500万年の歴史「龍河洞」で幻想的な世界を堪能
  2. 船に乗って渦潮に揺られて「鳴門の渦潮」を体験
  3. 幻の高級魚がいただけます「民宿 松林」

龍河洞では、1億7500万年もの長い年月をかけてつくられた迫力満点の鍾乳洞を見ることが出来ます。鍾乳洞の中はとても涼しく、そして幻想的な雰囲気。いつまでも見ていられる、そんな不思議な魅力がありました。船に乗って、鳴門の渦潮のとても近くまで行くことが出来る“渦潮観潮船”。大迫力な渦潮に大興奮でした!幻の高級魚、クエがいただける民宿が和歌山に!完全に食につられて車を走らせましたが、そんな長旅の苦労さえも、クエの美味しさで全て消え去りました(笑)

鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行のおすすめのスポット

龍河洞までの道のりも楽しもう


GWということで混雑回避のために、オープン30分前に到着!そのおかげで駐車場が空き空きでした。駐車場からは、美しい山が見え、鶯の声も聞こえ、とても癒されました。駐車場から龍河洞まで向かい歩いていくと、途中レトロな雰囲気が漂う“商店街”がありました。しかしオープンにはまだ早すぎてやっておらず。後で調べてみると、「ニワトリカフェ」「土佐打刃物専門店」など珍しいお店もあるようでした。商店街を抜け、龍河洞を前に長い階段が出現!思わず見上げてしまうほどの長さでした(笑)エスカレーターもあるようでしたが早朝の体を起こすため、あえて階段で頑張りました。

神秘の世界へようこそ!日本三大鍾乳洞「龍河洞」

鍾乳洞内に入ると一気に別世界に来たかのようでわくわくします!誰でも気軽に探検家気分が味わえますよ。1つ目の動画に移る“マリア様”と“お釈迦様”。有難い形をした鍾乳洞を思わず見入ってしまいました。2つ目の写真は、左“天降石”、右‟絞り幕”です。“天降石”は龍泉洞内で最大の11mの長さがあり、“絞り幕”と共にインパクトある形で私たちを驚かせてくれます。鍾乳洞は1㎝伸びるのに100年かかると言われています。これだけのものが出来上がるのにとても長い年月がかかり、そして形を変え変化をし続けていると思うと、自然の壮大さに感動でした。

想像のはるか上をゆく驚きと笑いがそこに!「鳴門の渦潮観潮船」

鳴門の渦潮は、大潮時に最大の大きさは直径20m!鳴門の渦潮は「世界三大潮流」の一つともいわれています。そんな渦潮の荒れ狂う海流に負けずに、近くまで行って見に行くことができる「うずしお観潮船」。時間により渦潮の迫力度が変わるのですが今回乗船したのは、迫力度最大レベル!乗船し、遠くに見える渦潮に少しずつ近づいていきます。「近づくと言っても、渦潮に巻き込まれないようにさすがに少しは離れて見るのだろう」とそんな私の想像のはるか上をゆく、まさかの接近戦!!渦潮にがんがん近づき、そして、近くで見るというより巻き込まれに行ってる…(笑)ぐらいの近距離で見ることが出来ました。船の揺れと渦潮の迫力に、驚きと笑い!鳴門の渦潮観潮船はとてもエンターテインメントな船でした!

和歌山にて宿泊したホテル

「民宿 松林」

同窓会や部活の合宿や家族旅行など様々な場面で活躍する民宿です。お部屋には、畳に机とテレビが置いてあり、田舎のおばあちゃんのお家に遊びに来たかのような、どこか懐かしいそんな雰囲気の民宿でした。
良かった点は、今回“リーズナブルな価格でクエを食べて宿泊したい”ということに重点を置いたので、部屋の広さはおまかせ、民宿なのでトイレとお風呂は共同のものを使用することで、クエ伊勢海老料理&朝食付きで1万円ほどの価格で泊まることが出来ました。民宿の方の接客もとても良く大満足でした。
残念な点は特にありませんが、トイレもお風呂も洗面所も共同のものを使うことに、抵抗がある方には宿泊はむいていないかなと思います。

和歌山でのおすすめグルメ

幻の高級魚クエを堪能「民宿松林~夕食編~」

宿泊部屋に着くと到着時間に合わせて、すでに料理の支度をしてくれてありました。宿について早々、ご飯を頂けるなんて本当にありがたい!早速いただきました。早速待望のクエとのご対面です♪今回は、フグより美味しいとも称される幻の魚クエを、贅沢にクエちりでいただきました。淡白ながら脂ののった味わいはもう最高!いくらでも食べられました。そして、クエだけではなく伊勢エビの船盛も付いており、甘くてプリプリの身は美味しすぎて箸が止まりません!旅も疲れも一気に吹っ飛ぶ最高の夕ご飯でした。

伊勢海老の出汁で朝から最高の一杯「民宿松林~朝食編~」


朝食はこちらが指定した時間に、食堂へ行くとご飯を提供してくれます。昨夜の伊勢海老で出汁を取ったお味噌汁、鯵のみりん干し、シラスなど海の幸の美味しさがギュッと凝縮された、とても贅沢な朝食をいただきました。こういう和食の朝食が大好きで“日本人でよかったなぁ~”なんて美味しさを噛みしめながら、最高の朝を迎えました。

鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行に必要な持ち物

タオル、カーディガンなど1枚羽織るものを持参し、歩きやすい靴訪れるとよいでしょう。龍泉洞は上から水滴が落ちてきて、地面が濡れているため滑りやすいです。服が濡れてしまった時に拭けるようにタオルと、歩きやすい靴で訪れるといいと思います。また、鍾乳洞の中の気温が年間を通して15℃なので少し肌寒いです。調節できるものを持っていくとじっくりと見て回れますよ。

鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行での注意点

鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行での注意点
  1. 龍河洞混雑します!早めの行動を!
  2. 渦潮は時間帯によって大きさが異なります!
  3. 渦潮は船酔いに気を付けて!

龍河洞人気の観光スポットです。今回のように、オープン前から駐車場で待機しているくらいの気持ちで行くことが大切!最初の観光スポットがうまくスタートして回ることが出来ると、その後の観光も不思議とうまくいくものです♪渦潮は、時間帯によって渦潮の大きさが異なります。大きい迫力のあるものを見たい方は、公式サイトやチケット売り場でチェックしてから行きましょう。船酔いしやすい方は渦潮が小さい時間帯に乗船したり、酔い止めを予め飲んでおくといいと思います。

まとめ

今回の旅行は車旅で自分の好きな時に好きな場所へ移動ができたので、離れた観光スポットでもまわることができました。朝起きるのは大変ではありますが、人気の観光スポットほど、早朝に訪れることを強くおすすめします。早朝から訪れることで、普段は混雑していて、ゆっくりと見られない場所もじっくりと見ることが出来る!1日を長く有効に使える!などいいことがたくさん!これからも早起きして観光スポットをたくさん訪れたいです。

 

はるたか

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

2020年9月27日より、“さまざまな理由で旅行へ行けない方々のため”に、VRカメラで、全市町村撮影しYouTubeで無料旅行を届けるという活動をしています。
紹介している記事の中にも、VRカメラで撮影した動画を載せているのでよかったらご覧ください♪
トラベルダイアリーさんでは、全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ハー・マジェスティーズ劇場体験記これまでロンドンに行った際は、博物館巡りやショッピングを楽しむこ…
  2. 女子一人旅 in イギリス グリニッジで念願の本初子午線をまたぐ トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記イギリスに行ったら絶対に行きたいと思っていた場所、グリニッジ天文台をついに訪…
  3. イスタンブール旅行体験記初のイスラム圏、イスタンブールは今までのどの国とも違う雰囲気をまとった街…
  4. 手つかずの自然風景に感動!夏のレイキャビク+郊外を満喫| トラベルダイアリー
    レイキャビク旅行体験記ずっと行ってみたかった北極圏の小国・アイスランドに夏休みを使って訪れました…
  5. 「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー
    アントワープ旅行体験記ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということ…
  6. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…
  7. ハワイ旅行体験記今回は、ハワイ旅行体験記「親子で行くハワイ 食べて飛んで楽しむ “オアフ” 母娘…
  8. インドの宝石!自然豊かなケララ州のティルバナンタプーラムへ♪| トラベルダイアリー
    ティルバナンタプーラム旅行体験記ティルバナンタプーラムはケララ州の南端にあります。ヤシの木に囲まれ…
  9. 香港旅行体験記インスタ映えスポットが目白押しの香港。離れて住む大好きな友人と現地集合にて弾丸女子…
  10. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…

国内旅行おすすめ

  1. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…
  2. 異国情緒漂う長崎市街を満喫!レンタカーで巡る長崎旅行| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記九州には何度か訪れていますが、今まで訪問する機会がなかった長崎。今回お得なツアーを…
  3. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  4. 水上旅行体験記 群馬県には草津や伊香保などの温泉街が有名ですが、調べると水上…
  5. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  6. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  7. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  8. 青ヶ島
    青ヶ島旅行体験記元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い…
  9. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  10. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP