イスラム教徒の神聖な月ラマダンをエジプト・カイロで過ごす| トラベルダイアリー

イスラム教徒の神聖な月ラマダンをエジプト・カイロで過ごす

ラマダンに行ってきました!

本来、旅行期間を選ぶことが出来るならラマダン期間中は避けます。なぜなら、ラマダン中はどこも通常営業ではなく、どうしても観光客にも制限が出てくる為です。そのため、旅行期間としてはあまりお勧めされません。ですが私は休暇の都合上、ラマダン期間のエジプト・カイロへ行きました。それが意外にも貴重な機会となり良い思い出となったのです。

ラマダン期間中に旅行をするメリット

おすすめのポイント
  1. ラマダンはまるでお祭り!皆が神聖な月を楽しんでいる
  2. いつもとは違うエジプト人の様子をみられる
  3. 国全体で盛り上がっており、イスラム教に興味が湧く

ラマダンの月は1ヶ月まるまる断食するので“大変そう”、“辛そう”というイメージが先行していました。しかし実際にカイロで人々の生活をみていると皆が断食を楽しんで行っていることが分かりました。彼らにとってラマダンはとても大切で神聖な行事なのです。北アフリカの中でもエジプトには敬虔なイスラム教徒が多いように思います。エジプトでは国全体がラマダンのお祝いムード一色という感じでした。

ラマダンの見どころ

エジプトのラマダンの風物詩・ファヌース

ラマダン期間中、ホテルのレセプションや各家庭の入口には「ファヌース」と呼ばれる
ランタンが灯され、夜の街を彩っています。このファヌースはエジプト発祥とされ、色ガラスやブリキを加工して作られています。これには“道しるべ”や“希望”といった意味が込められているそうで、実に1000年以上もの歴史があるといいます。市場にも様々なものが売られており、見ているだけで楽しくなります。私も欲しくなったのでガイドさんに探してもらい、小さいものを1つ購入しました。

敬虔なイスラム教徒たちの断食に感心

ラマダンはイスラム歴の9月に行われる行事です。イスラム歴は1年を354日とする太陰暦に基づいているので、ラマダンの期間は太陽暦にすると毎年同じ日にはなりません。毎年11日ずつ前倒しになっていきます。33年で季節が一巡し、イスラム教徒は生涯で同じ季節のラマダンを平均2回ずつ過ごすと言われています。たとえそれが真夏であろうと、敬虔な方々はどんなに暑くても少しの水も飲みません。ホテルで冷えたマンゴージュースがウエルカムドリンクとして出されましたが、ガイドさんは飲みません。目の前で飲むのは申し訳なくなりますが、笑顔で「大丈夫!気にしないで」と言ってくれました。

断食明けの食事・イフタールを楽しむ

ラマダン期間中、日中の大変な断食を終え、日が沈んでから最初に食べる食事のことを「イフタール」といいます。日本語に訳すと“朝食”の意味で、断食を破る食事のことです。日没30分前になるとホテルのスタッフやレストラン、ショッピングモールのフードコードは慌ただしい空気が漂います。みんな食事を買って目の前に置き、日没を今か今かと待っています。私は滞在中見ることはなかったのですが、街中で道路や通りにテーブルとイスを並べて、無料のイフタールが提供される場所もあるようです。

ナイル川ディナークルーズでカイロの夜を過ごそう

カイロの主要観光の1つであるナイル川ディナークルーズ。たしか約2時間のクルージングだったと思います。ディナークルーズでは男性が大きなスカートのような衣装を着て、
くるくると回りながら踊るエジプト伝統の旋回舞踏・タンヌーラとベリーダンスがクルーズ中の出し物として有名です。国によってはラマダン期間中はベリーダンスの提供が無いところもありますが、エジプトではラマダン期間中も見られます。ただ、衣装が露出度が低めになります。お腹を出さない、ワンピースの衣装になっていましたね。カイロの夜景を見ながら過ごす夜は旅の素晴らしい思い出になること間違いなしです。

様々なものがラマダン仕様のデザインに!

ラマダン期間中はホテルの壁にも“ラマダン・カリーム”(意味は恵み多い月ラマダン、おめでとう!)という文字が照らし出されます。本当にどこもお祭りのような賑わいを見せます。ショッピングモールの飾りつけもラマダン用になっていました。街を歩いている際にも、ラマダン・カリーム!と明るい声がそこかしこで聞こえます。私が見つけたのはペプシコーラのラマダン仕様のデザインです。いち観光客としてはこんなものにもテンションが上がってしまいました。

ラマダンで見つけたグルメ

真夏のカイロで食べると美味しい!激甘スイーツ・コナーファ

コナーファとは小麦粉と水を混ぜて作った生地を細かい網目状にし、丸めたものを揚げたエジプトの伝統菓子です。中にはナッツ類やクリームなどを包み、たっぷりのシロップがかけられています。日本人からすると驚くほど甘いので、通常は小さいのに1つ食べるのが精一杯なお菓子です。ですが、日中の観光を終えて、ミントティーと共に食べると不思議と身体にその甘さが染みわたり、みるみるうちにエネルギーが湧いてくるのを感じます。ムスリムの方もラマダン中はコナーファをはじめ、たくさんの甘いお菓子を食べますが、断食をしている彼らの気持ちが少し分かった気がしました。

ラマダンに必要なアイテム・服装・その他

ラマダン期間中を問わず、イスラム教の国を観光する際の注意事項ですが、露出の多い恰好は避けたほうが良いでしょう。中にはノースリーブに短パンで観光をしている人もいますが、やはり目を引きますので、現地の人への敬意を持って観光するよう心がけたほうがいいですね。あとは非ムスリムではない観光客はラマダン期間中でもレストランで普通に食事が出来ます。ですが、レストラン以外の場所、特に公共の場での食事は控えたほうが良いですね。

ラマダンでの注意点

ラマダン期間中もイスラム教徒ではない観光客は通常通りに各遺跡の観光が出来ますし、一部の場所を除き、レストランでアルコールも飲めます。但し、ラマダン期間中は観光地の営業時間が変わるので注意が必要です。一般的には閉館時間が早まります。観光客向けのレストランも通常通りの営業をしているので、食事がとれなくて困るといった事はないので安心です。ですが、夕方にホテルのチェックインをする場合にはスタッフがイフタールを取っている場合があるので、通常よりも時間がかかる場合があります。

まとめ

ラマダンはもっと観光客にも様々な制限が出て、観光にも支障がでるものかと思っていました。エジプト人たちも断食をしているのだから、あまり元気がないのでは?とはじめは思っていました。しかし、実際に行ってみると、彼らの表情は明るく、国全体が大事なお祭りをしている感じで、彼らムスリムにとって、いかにラマダンが重要な行事かというが分かりました。特にエジプトにはファヌースがあるため、移動中の車窓から各家庭のそれを見るのはなかなか面白かったです。貴重な経験が出来ました。

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 買い物だけじゃない!色んな顔を持つ街バンクーバー| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記友人が留学していた事があり、バンクーバー良いよと聞いていたのでずっと行って…
  2. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  3. アテネ旅行体験記ヨーロッパ第1ヵ国目はギリシャでした。初のヨーロッパにうきうきしていたのです…
  4. スニオン岬旅行体験記ギリシャの首都アテネから日帰りで足を伸ばせる自然がいっぱいのスニオン岬。都市…
  5. ドブロクニク旅行体験記魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画…
  6. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  7. ウィーンorミュンヘンから日帰り観光に!世界遺産の街ザルツブルク| トラベルダイアリー
    ザルツブルク旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国とい…
  8. 香港旅行体験記 日本から僅か4時間程、気軽に訪れることのできるのに世界でも有数の観光…
  9. 観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー
    ビクトリアフォールズ旅行体験記世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、…
  10. コルドバ旅行体験記新婚旅行で行きました。温暖で過ごしやすい気候と、どことなく陽気な印象、どこか心…

国内旅行おすすめ

  1. 京丹後旅行体験記旅と言えば観光に食べ歩きなど、どちらかと言えばアクティブなものを楽しんできたこれ…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  3. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  4. 福岡旅行体験記仕事の疲れを癒やしたい…美味しいものを鱈腹味わいたいと思って。なんでも美味しくて、…
  5. 尾花沢旅行体験記一度訪れてみたかった大正の情緒溢れる温泉街。1泊2日でゆっくりできる旅先を探して…
  6. 天橋立・伊根旅行体験記京都といえば寺社仏閣や四季折々の風景ですよね。実は皆さんが想像する「京都」…
  7. 下関旅行体験記 私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。関東の友…
  8. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  9. 大自然に飛び込もう!奄美大島マングローブカヌーツアー| トラベルダイアリー
    マングローブカヌーツアー体験記人生初のマングローブカヌーツアー。初心者の私でもカヌーを漕いでマン…
  10. 宇治旅行体験記 京都らしい街並みや風光明媚な景色を楽しみ有名な社寺仏閣を巡り、歴…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP