イスラム教徒の神聖な月ラマダンをエジプト・カイロで過ごす| トラベルダイアリー

イスラム教徒の神聖な月ラマダンをエジプト・カイロで過ごす

ラマダンに行ってきました!

本来、旅行期間を選ぶことが出来るならラマダン期間中は避けます。なぜなら、ラマダン中はどこも通常営業ではなく、どうしても観光客にも制限が出てくる為です。そのため、旅行期間としてはあまりお勧めされません。ですが私は休暇の都合上、ラマダン期間のエジプト・カイロへ行きました。それが意外にも貴重な機会となり良い思い出となったのです。

ラマダン期間中に旅行をするメリット

おすすめのポイント
  1. ラマダンはまるでお祭り!皆が神聖な月を楽しんでいる
  2. いつもとは違うエジプト人の様子をみられる
  3. 国全体で盛り上がっており、イスラム教に興味が湧く

ラマダンの月は1ヶ月まるまる断食するので“大変そう”、“辛そう”というイメージが先行していました。しかし実際にカイロで人々の生活をみていると皆が断食を楽しんで行っていることが分かりました。彼らにとってラマダンはとても大切で神聖な行事なのです。北アフリカの中でもエジプトには敬虔なイスラム教徒が多いように思います。エジプトでは国全体がラマダンのお祝いムード一色という感じでした。

ラマダンの見どころ

エジプトのラマダンの風物詩・ファヌース

ラマダン期間中、ホテルのレセプションや各家庭の入口には「ファヌース」と呼ばれる
ランタンが灯され、夜の街を彩っています。このファヌースはエジプト発祥とされ、色ガラスやブリキを加工して作られています。これには“道しるべ”や“希望”といった意味が込められているそうで、実に1000年以上もの歴史があるといいます。市場にも様々なものが売られており、見ているだけで楽しくなります。私も欲しくなったのでガイドさんに探してもらい、小さいものを1つ購入しました。

敬虔なイスラム教徒たちの断食に感心

ラマダンはイスラム歴の9月に行われる行事です。イスラム歴は1年を354日とする太陰暦に基づいているので、ラマダンの期間は太陽暦にすると毎年同じ日にはなりません。毎年11日ずつ前倒しになっていきます。33年で季節が一巡し、イスラム教徒は生涯で同じ季節のラマダンを平均2回ずつ過ごすと言われています。たとえそれが真夏であろうと、敬虔な方々はどんなに暑くても少しの水も飲みません。ホテルで冷えたマンゴージュースがウエルカムドリンクとして出されましたが、ガイドさんは飲みません。目の前で飲むのは申し訳なくなりますが、笑顔で「大丈夫!気にしないで」と言ってくれました。

断食明けの食事・イフタールを楽しむ

ラマダン期間中、日中の大変な断食を終え、日が沈んでから最初に食べる食事のことを「イフタール」といいます。日本語に訳すと“朝食”の意味で、断食を破る食事のことです。日没30分前になるとホテルのスタッフやレストラン、ショッピングモールのフードコードは慌ただしい空気が漂います。みんな食事を買って目の前に置き、日没を今か今かと待っています。私は滞在中見ることはなかったのですが、街中で道路や通りにテーブルとイスを並べて、無料のイフタールが提供される場所もあるようです。

ナイル川ディナークルーズでカイロの夜を過ごそう

カイロの主要観光の1つであるナイル川ディナークルーズ。たしか約2時間のクルージングだったと思います。ディナークルーズでは男性が大きなスカートのような衣装を着て、
くるくると回りながら踊るエジプト伝統の旋回舞踏・タンヌーラとベリーダンスがクルーズ中の出し物として有名です。国によってはラマダン期間中はベリーダンスの提供が無いところもありますが、エジプトではラマダン期間中も見られます。ただ、衣装が露出度が低めになります。お腹を出さない、ワンピースの衣装になっていましたね。カイロの夜景を見ながら過ごす夜は旅の素晴らしい思い出になること間違いなしです。

様々なものがラマダン仕様のデザインに!

ラマダン期間中はホテルの壁にも“ラマダン・カリーム”(意味は恵み多い月ラマダン、おめでとう!)という文字が照らし出されます。本当にどこもお祭りのような賑わいを見せます。ショッピングモールの飾りつけもラマダン用になっていました。街を歩いている際にも、ラマダン・カリーム!と明るい声がそこかしこで聞こえます。私が見つけたのはペプシコーラのラマダン仕様のデザインです。いち観光客としてはこんなものにもテンションが上がってしまいました。

ラマダンで見つけたグルメ

真夏のカイロで食べると美味しい!激甘スイーツ・コナーファ

コナーファとは小麦粉と水を混ぜて作った生地を細かい網目状にし、丸めたものを揚げたエジプトの伝統菓子です。中にはナッツ類やクリームなどを包み、たっぷりのシロップがかけられています。日本人からすると驚くほど甘いので、通常は小さいのに1つ食べるのが精一杯なお菓子です。ですが、日中の観光を終えて、ミントティーと共に食べると不思議と身体にその甘さが染みわたり、みるみるうちにエネルギーが湧いてくるのを感じます。ムスリムの方もラマダン中はコナーファをはじめ、たくさんの甘いお菓子を食べますが、断食をしている彼らの気持ちが少し分かった気がしました。

ラマダンに必要なアイテム・服装・その他

ラマダン期間中を問わず、イスラム教の国を観光する際の注意事項ですが、露出の多い恰好は避けたほうが良いでしょう。中にはノースリーブに短パンで観光をしている人もいますが、やはり目を引きますので、現地の人への敬意を持って観光するよう心がけたほうがいいですね。あとは非ムスリムではない観光客はラマダン期間中でもレストランで普通に食事が出来ます。ですが、レストラン以外の場所、特に公共の場での食事は控えたほうが良いですね。

ラマダンでの注意点

ラマダン期間中もイスラム教徒ではない観光客は通常通りに各遺跡の観光が出来ますし、一部の場所を除き、レストランでアルコールも飲めます。但し、ラマダン期間中は観光地の営業時間が変わるので注意が必要です。一般的には閉館時間が早まります。観光客向けのレストランも通常通りの営業をしているので、食事がとれなくて困るといった事はないので安心です。ですが、夕方にホテルのチェックインをする場合にはスタッフがイフタールを取っている場合があるので、通常よりも時間がかかる場合があります。

まとめ

ラマダンはもっと観光客にも様々な制限が出て、観光にも支障がでるものかと思っていました。エジプト人たちも断食をしているのだから、あまり元気がないのでは?とはじめは思っていました。しかし、実際に行ってみると、彼らの表情は明るく、国全体が大事なお祭りをしている感じで、彼らムスリムにとって、いかにラマダンが重要な行事かというが分かりました。特にエジプトにはファヌースがあるため、移動中の車窓から各家庭のそれを見るのはなかなか面白かったです。貴重な経験が出来ました。

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ロンドン「ケンジントン・ガーデンズ 」に行ってきました♪ | トラベルダイアリー
    ケンジントン・ガーデンズ 旅行体験記ロンドンっ子の憩いの場ケンジントン・ガーデンズ 。緑豊かな公…
  2. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  3. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  4. ボラボラ島旅行体験記モルディブのブルーラグーンに感動し、それ以上のきれいな海を見たい!!と思い念…
  5. バリ旅行体験記子連れで行ける海外旅行を探し見つけたのがバリ島。日本から直行便で約7時間程度。…
  6. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  7. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  8. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  9. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  10. 寧波旅行体験記友人に遊びにおいでよと誘われ、どこに住んでいるかもよくわからないまま二つ返事で行く…

国内旅行おすすめ

  1. 下関旅行体験記 私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。関東の友…
  2. 大分・由布院で外せない!絶品人気スイーツと温泉を満喫する旅| トラベルダイアリー
    由布市湯布院町旅行体験記北海道在住の人にとってはなかなか行きづらい九州旅行。関西に在住することに…
  3. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  4. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  5. 四国初上陸!高知で本場のかつおのたたきを食らう| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記何度も申し上げてきました。私は海育ちなのに生ものが食べられないと…。しかし大人にな…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  7. 日本の美しさを。北陸 石川県「金沢」を感じる癒しの旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記日本庭園が好きで、日本三名園である金沢の兼六園に以前から行ってみたいと思っていたの…
  8. 日光旅行体験記今回は栃木旅行・日光編です。栃木は関西在住の私からすれば、なかなか訪れにくい場所で…
  9. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  10. 海に入れなくても楽しい!3世代で満喫♪冬の沖縄名護_トラベルダイアリー
    名護旅行体験記沖縄県内に住む私達の定番旅行は、ホテル代もお手頃になるオフシーズンの冬に、少しリッ…

最新記事

  1. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  2. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  3. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  4. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  5. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  6. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  9. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  10. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…

Archive



PAGE TOP