2年に一度のイタリア・ブラのチーズ祭り(Cheese)に参加

Cheese(ブラのチーズ祭り)へ行ってきました!

北イタリアのピエモンテ州・ブラで行われるチーズ祭り「Cheese(チーズ)」は世界最大級のチーズのイベント。一般の人も来場オッケーと知り、チーズ大好きな私は、さっそく友人を誘って行ってまいりました。

Cheese(ブラのチーズ祭り)とは!?

おすすめのポイント
  1. 世界最大級のチーズのイベントに参加できる点
  2. イタリアの魅惑のB級グルメたちも同時に味わえる点
  3. イタリア人たちとの交流の機会がたくさん持てる点

ブラのチーズ祭りは2年に1度、奇数年に開催されます。私たちが行った年は9月下旬の週末を挟む四日間で行われ、日本からもたくさんの観光客や料理人の皆さんが来場されていました。史跡や名所巡りがメインの海外旅行だと、なかなか現地の人とたっぷり話すのは難しいもの。しかし、本イベントでは、ずらり並んだ対面販売のブースで、地元イタリア人たちとの交流がたくさん楽しめます。おまけに、美味しそうなフードトラックやワイン、ビールなどもたっくさんありました♪

Cheese(ブラのチーズ祭り)の見どころベスト5

太っ腹過ぎ!とにかくたくさんチーズの試食が出来ます

チーズ祭りは入場無料!にもかかわらず、入場ゲートをくぐった途端、ずらりと並んだテント小屋の中にはたくさんのチーズの試食があり、店員さんたちが「食べて食べて♪」と誘ってくれました。中にはトリュフやシャンパンなどの高級食材が入ったチーズも!これだけたくさんのチーズを1日で見たり食べたり出来る日は、おそらく一生でこの日だけでしょう。

ここでしか味わえない「ブラのソーセージ」を実食

会場にはもちろんチーズ以外のグルメもたくさんあります。中でも注目すべきが、ブラのご当地グルメ「サルシッチャ・ディ・ブラ(Salsiccia di bra)」です。イタリアを代表するソーセージの一つなのですが、牛肉の生肉を使っている為、日本への持ち帰りは不可!イタリアでも基本的にはここでしか食べることが出来ないため、特設会場には、たくさんの人が列をなしていました。一口サイズもあります。生肉が食べられる方は是非トライしてみてください。

世界じゅうの珍しいチーズもあわせてチェック

ブラのチーズ祭りはイタリアエリア(Mercato italiano)と世界エリア(Mercato internazionale)の大きく2つに分かれています。世界エリアのラインナップもすごい!正直「これ、チーズなの!?」と目を疑うような不思議な色形のものもたくさんありました。写真は「イディアサバル」というスペイン・バスク地方の伝統的なチーズだそう。日本のバスク風チーズケーキもこれで作ったら面白そう!こちらでも、店員さんたちとたくさん話しながらイベントを楽しむことができました。

ピザにスイーツ!チーズを使ったグルメも堪能出来ます

会場奥には主食からデザートまで!チーズを使ったグルメエリアもありました。ピザやチーズポテトなどの主食を食べた後に、デザートで食べたのがこちらの「Cannolo(カンノーロ)」。パリパリ生地の中にリコッタチーズが入った一品で、数あるデザートコーナーの中でも特に高い人気を誇っていました。その場でフレッシュなチーズを注入してくれるので、味だけでなく香りも最高!是非チーズグルメコーナーにも立ち寄ってみてください。

イタリアのストリートフードも大集結!

会場にはストリートフードを扱うワゴン(Food truck)も点在。車の上や前に掲げられたメニュー表から好きなものを選んで店員さんに注文するだけ!日本のフードトラックと同じスタイルで買うことが出来るのでとても利用しやすかったです。私たちはシチリア名物のアランチーノというライスコロッケ風メニューをセレクト!塩気のあるチーズをたくさん食べた後だったので、やさしいお米の甘みにほっこりしてしまいました。

Cheese(ブラのチーズ祭り)のとっておきグルメ

コンヴェルソ(Converso)のエスプレッソコーヒー

バー・パスティッチェリア・コンヴェルソ(Bar Pasticceria Converso)は1838年創業の老舗カフェ。朝7時からやっていて、会場奥のヴィットーリオ・エマヌエーレ二世通り(Via Vittorio Emanuele II)沿いにありました。写真の看板が目印。一見イタリアならどこにでもありそうなカフェなのですが、ここのエスプレッソがとにかくおいしい!「チーズ祭りに来る年はイベント前に、必ずここに立ち寄るんだ!」なんておじさんもいて、人気の高さが伺い知れました。

Cheese(ブラのチーズ祭り)にあったら便利なものとは

「ジップロックやジップロックコンテナー」
会場で買ったチーズを入れるのにお役立ちなのがジップロックシリーズ。残念ながらイタリアでは手に入らないので、日本から持っていくと安心です。一応、チーズを買ったら手提げビニール袋にいれてもらえるのですが、イタリアのものは、今にも破けそうなほど薄い!(笑)匂い漏れや型崩れなどが心配な方は日本の密閉容器シリーズはお役立ちかと思います。

Cheese(ブラのチーズ祭り)での注意点!

試食の時は「 ポッソ・アッサッジャーレ(Posso assaggiare?)」と尋ねましょう♪
ほとんどのブースにはつまようじが刺さったチーズが置かれており、見るから「試食用」といった雰囲気。ですが、一応「試食していいですか?」にあたる上記イタリアを店員さんに一言断っておくと親切です。その後の関係もさらに良くなりますし、街の情報を教えてもらえたり、思わぬおまけなどが付いてくることもありますよ♪

まとめ

私たちはチーズ、ストリートフード、デザート・・・といった「食」メインでイベントを楽しみましたが、会場内にはワインや地ビールのエリアもあり「ワイン×チーズ」「サルシッチャ×ビール」といったペアリングも楽しめる仕組みになっていました。子供から大人まで家族全員で楽しめるイベントかと思います。是非、奇数年の秋に北イタリアに来るご予定の方はブラまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  2. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  3. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  4. エスファハーン旅行体験記かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。そ…
  5. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  6. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  7. マーストリヒト旅行体験記マーストリヒトはオランダの最南端、リンブルグ州の州都でオランダ最古の都市…
  8. マドリード旅行体験記卒業旅行で大学の友達とスペインに行くことに!スペインの東海岸沿いを旅する…
  9. 上海旅行体験記初めての上海。なのに滞在時間はたったの半日!元々訪れる予定ではなかった上海でし…
  10. エアーズロック旅行体験記人生で一度は行ってみたい場所「エアーズロック」。初めてのオーストラリア旅…

国内旅行おすすめ

  1. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  2. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…
  3. 京丹後旅行体験記旅と言えば観光に食べ歩きなど、どちらかと言えばアクティブなものを楽しんできたこれ…
  4. 神戸旅行体験記関西旅行の中でも私はとにかく神戸がお気に入りです!今回は山側、海側どちらも堪能でき…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  6. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  7. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…
  8. 長州歴史&絶景の旅 …
  9. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  10. 鹿児島旅行体験記「レベル3くらいじゃ驚かんよ。」そう語ったのは鹿児島出身の先輩。“レベル3”…

最新記事

  1. 初めてのバンコク旅行!定番スポット巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記アジアの中でも人気の観光スポットがたくさんあるバンコク。日本からは4時間半〜6…
  2. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  3. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  4. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  5. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  6. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  7. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  8. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  9. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  10. 街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー
    年越し花火に行ってきました!新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも…

Archive



PAGE TOP