「アドリア海の真珠」クロアチア・ドブロブニクで魔女の宅急便の世界に浸る

ドブロクニク旅行体験記

魔女の宅急便の舞台とも言われている、ドブロブニクの旧市街。昔からジブリ映画の中で魔女の宅急便が一番のお気に入りだった私にとっては、まさに憧れの地でした。その物価の高さから、当初はサクッと観光して次の街へと移動する予定が、気持ちの良いアドリア海の雰囲気に魅了されてしまい、予定外の3日間の滞在となりました。

ドブロクニク旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産に登録されている、城壁に囲まれた美しい旧市街!
  2. 魔女の宅急便?!紅の豚?!ファンにはたまらないジブリの世界!
  3. 色々な角度からの眺望が楽しめる!

堅固な城壁に囲まれた旧市街の中には、まるで中世ヨーロッパにタイムスリップしてしまったかのような美しい街並みが広がります。ドブロブニクはジブリ映画「魔女の宅急便」と「紅の豚」のモデルになったと言われています。空を見上げれば今にもキキがほうきに乗って飛んでいるのが見えそうな、ポルコが乗る真っ赤な飛行艇が見えそうな、映画の世界そのままの景色が広がっています!そんなドブロブニクの楽しみ方は、旧市街の中を歩き回るだけではなく城壁や山に登って、様々な角度からの眺望を楽しむこともできるのです!

ドブロクニク旅行のおすすめのスポット

美しい旧市街内を散策しよう!

ドブロブニクの見所は、美しい街並みが広がる旧市街です。日本でも人気の観光地として知られており、テレビや雑誌などで誰もが一度はその街並みを目にしたことがあるのではないでしょうか。
13世紀ごろから、地中海貿易の拠点として繁栄を続けてきたドブロブニク。地震や自然災害、ユーゴスラビア紛争での攻撃によって、一時は壊滅的な状況まで追い込まれました。1998年まで続いた紛争が終戦した後に、市民自らの手によって今の美しい街並みへと復興を遂げました。 メインゲートであるピレ門をくぐって、旧市街に入ります。 12km離れた源泉から天然水を引いているというオノフリオの噴水は、古くから市民の喉を潤、憩いの場として市民に親しまれてきました。 メイン通りのプラツァ通りにはカフェやお土産屋さんが立ち並び、世界中から訪れた多くの観光客で賑わいます。 細い裏路地を入るとそこで暮らす人たちの様子を垣間見ることもできます。歩いていて飽きることのないドブロブニクの街は、ぜひ時間をとってのんびり周ってみてください。

城壁の上をぐるっと一周 空中散歩を楽しもう!

旧市街を囲む城壁は遊歩道になっており、全長2kmほどの城壁の上をぐるっと一周することができるのです。オノフリオの噴水正面にある城壁の登口から上へ登り、写真を撮りながらのんびり歩いて40分ほどかけて城壁を一周しました。城壁の上から見下ろす旧市街は、石畳を歩いて見た景色とはまた違った雰囲気で新鮮です。テラコッタ色の瓦屋根とアドリア海を一望することができます。角度によって見える景色が変わってくるので、約2kmの空中散歩も決して飽きることはありませんでした。

スルジ山から旧市街を一望しよう!

旧市街の背後にあるスルジ山へ登って、旧市街の眺望を楽しみましょう!山頂の展望台までは10~15分おきにケーブルカーが出ており、ケーブルカーからの景色も楽しむことができます。スルジ山は412mの小さな山なので、体力に自信のある人は徒歩で登ることもできます。私は上りはケーブルカー、下りは歩いて旧市街まで戻りました。展望台からのパノラマはまさに絶景。「アドリア海の真珠」と称賛されるのも強く頷けます。青く輝くアドリア海とテラコッタ色の屋根のコントラストがなんとも美しいです。

ドブロクニクにて宿泊したホテル

クロアチアの民泊 SOBE

ドブロブニクのバス停に到着時、SOBEの勧誘に来ていたおばちゃんと交渉し決めた宿です。SOBEとは簡単に言えば民泊で、クロアチアでは空き部屋になっている一室を観光客に貸している家が多くあります。ホステルに泊るよりも低価格で、当たりはずれはあるものの環境も決して悪くありません。私が泊った民家は、風呂トイレは家族と共同。朝食は家族と一緒にテーブルを囲んで食べました。お互い言葉はほとんど通じませんでしたが、まるでホームステイをしているような感じで、とても良い経験ができました。個人旅行でクロアチアを訪れる人には、SOBEの利用をぜひおすすめしたいです。

ドブロクニク旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人ツアー

旧市街はかなりコンパクトで歩きやすく、ひとり旅の私も充分に楽しめました。日中のドブロブニクは世界中から訪れる観光客で溢れて返っていますが、観光客の少ない早朝や夕方の時間を狙って観光することができるのは、個人旅行の大きなメリットです。
修道院や博物館、大聖堂、教会、旧総督邸など多くの見所がある旧市街。私は携帯で事前に調べた情報を頼りに巡りましたが、その点ではツアーガイドの説明がよりドブロブニクの街への理解を深めることができるとは思います。

ドブロクニク旅行に必要な持ち物

「日焼け止め」「サングラス」「動きやすい服装、靴」
日差しの強いドブロブニクの街ではサングラスは必須です。日焼け対策はいつもより入念に、スキンケアもしっかりしましょう。スルジ山を徒歩で登る人は、動きやすい服装と履きなれた靴を着用しましょう。412mのそう高くない山ではありますが、道は意外と険しいです。

ドブロクニク旅行での注意点

ドブロクニク旅行での注意点
  1. 旧市街はかなり物価が高い!予算は十分に!
  2. 日差しが強いです!日焼け対策は入念に!

さすがは世界中から観光客が訪れる人気観光地だけあって、旧市街内の物価はかなり高いです。城壁を登るチケットも日本円にして2400円ほどでした。節約しながら長期旅行をしていた私にとっては、かなりお財布の痛い状況でした。でもせっかく訪れるのならば、素敵な雰囲気の旧市街でランチを楽しみたいですよね。ドブロブニクは1日あれば十分回れてしまうので、長期滞在することはまずないものの、それでもドブロブニク滞在の予算は多めにとりましょう。
ただでさえ日差しが強いドブロブニク、城壁に登ると遮るものがなにもなく紫外線が強く当たります。日焼け対策はしっかりしましょう!

まとめ

子供のころから、何十回と観てきた大好きな魔女の宅急便。魔女の宅急便に限らず「映画のモデルになった場所」と言われる街は世界中にあり、実際に行ってみると「言われてみれば雰囲気は似てるかも…?」といった経験を多くしてきました。しかしドブロブニクには、まさに魔女の宅急便の世界がそのまま広がっていました。そんな素敵な街並みに心を躍らせ、まるで少女のように胸をときめかせながら街を歩き、頭の中ではユーミンの曲がエンドレスで再生されていました。ジブリファンの方にも、そうでない方にも全力でおすすめしたい街です。きっと一生忘れられない絶景に出会えることでしょう。

fuki22

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 韓国・済州島の芸術とカフェでヒーリングタイム!| トラベルダイアリー
    済州島旅行体験記済州島にある展示会を見に行きたくて、2泊3日で行きました。済州島には電車がありま…
  2. 女子一人旅 in イギリス グリニッジで念願の本初子午線をまたぐ トラベルダイアリー
    グリニッジ旅行体験記イギリスに行ったら絶対に行きたいと思っていた場所、グリニッジ天文台をついに訪…
  3. シェーンブルン宮殿旅行体験記親友の海外フォトウェディングの応援・お手伝いも兼ねて向かった、オース…
  4. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  5. バルセロナ旅行体験記「世界各国でお酒を飲むこと」を何よりも楽しみに旅をしている私たち夫婦にとって…
  6. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  7. ルアンパバーン旅行体験記ラオスについて聞いたことはあるものの、日本人にはあまり馴染みのない国なの…
  8. エレバン旅行体験記 アルメニアは、世界で初めてキリスト教を国教と定めた国です。旅に出…
  9. サクラ・ディ・サン・ミケーレ旅行体験記フランスの有名観光地、モン・サン=ミッシェルがイタリアにも…
  10. 女子一人旅 in イギリス 伝統とオシャレが混在するロンドン| トラベルダイアリー
    ロンドン旅行体験記バーミンガムの次はいよいよロンドンをうろうろします。ここロンドンでも友人の…

国内旅行おすすめ

  1. 京都旅行体験記お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」。関西では初詣スポットとして有名ですが、近年では…
  2. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  3. トマム旅行体験記予てより憧れであった星野リゾートでの宿泊。星野リゾートについていろいろと検索してい…
  4. 白壁の街並みが続く美観地区でのんびり街歩き♪倉敷日帰り旅行| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記岡山県倉敷市へ旅行してきました!歴史ある街並みの美観地区やアウトレット、児島デニム…
  5. 石垣島旅行体験記日本の果てに行ってみたい…それが石垣島に行こうと思ったきっかけです。石垣島は沖縄…
  6. 舞鶴赤れんが
    舞鶴旅行体験記舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。ここ数年、舞鶴で大きなサ…
  7. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  8. 静岡 掛川花鳥園 可愛い鳥たち大集合♡~癒しの楽園へようこそ~| トラベルダイアリー
    掛川花鳥園体験記静岡の掛川花鳥園へ鳥と戯れに行ってきました。実際に鳥たちに触れながら観察が出来た…
  9. 名古屋旅行体験記新幹線でアクセス便利な名古屋!今回は日本で唯一のミュージアム、フライトオブドリー…
  10. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP