おとぎ話の世界にタイムスリップ!南イタリアのアルベロベッロ| トラベルダイアリー

おとぎ話の世界にタイムスリップ!南イタリアのアルベロベッロ

アルベロベッロ旅行体験記

丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字は全く読めず、英語が通じるかも不安ということで友人と一緒にギリシャと南イタリア周遊の団体ツアーに参加しました。ギリシャのイグメニツァからクルーズ船で南イタリアのバーリ港へ到着!そこには、おとぎ話の世界のようなかわいい家屋と街並みが待っていました!ここでは、世界遺産アルベロベッロをご紹介します!

アルベロベッロ旅行について

おすすめのポイント
  1. 白い壁と円錐形の石積み屋根の家屋「トゥルッリ」の景観に感激!
  2. 「トゥルッリ」の町並みを散策
  3. 美味しいイタリア料理を堪能!

アルベロベッロは、イタリアのプーリア州バーリ県にある基礎自治体(コムーネ)です。「トゥルッリ」とは、プーリア州のイトリア渓谷周辺に残る伝統的な家屋のことをいいます。1996年には「アルベロベッロのトゥルッリ」として世界遺産にも登録されています。そんなアルベロベッロに一歩足を踏み入れるとおとぎ話の世界にタイムスリップ!!してしまいました!

アルベロベッロ旅行のおすすめのスポット

トゥルッリの屋根のかわいいシンボルマーク

アルベロベッロといえば、良く撮影などで使われているスポット「モンテぺルティカ通り」の5つのトゥルッリです。白い壁に円錐形の石積みの屋根、それぞれの屋根にかわいいシンボルが描かれています。このそれぞれのシンボルマークは、先祖代々続く家紋のようなもので、宗教的なものや呪術的なものまであり、それぞれに意味があるそうです。1枚目の写真の太陽の図柄はキリスト、2枚目の写真の十字架は魔除け、他にもハートはキリストやマリアの心臓といわれているそうです。

かわいいアルベロベッロ「トゥルッリ」家屋の謎

アルベロベッロにトゥルッリが建てられるようになったのは、まだイタリアがいくつかの王国にわかれていた15世紀の頃だそうです。当時南イタリアにはナポリ王国という国があり、アクアヴィーヴァ伯爵はナポリ王に無断でアルベロベッロの街を作り、住民から重い税金を徴収し、自身がナポリ王国に支払うための住民税を免れようと考えました。そのため、税金の取り立てを行う監察使が来た際にすぐに家を取り壊せるようにとトゥルッリ以外の家を建てることを禁止したそうです。当時は屋根の数によって税金が決められていたようで、石を重ねただけの屋根を崩してしまえば税金はかからないとの考えだったそうです。今では、世界遺産にもなっているかわいいおとぎ話の世界アルベロベッロのトゥルッリには、そんな現実的な夢が壊されるストーリーがあったとは・・・ですね。

「アイア・ピッコラ地区」の展望台のトゥルッリの合い間から見える景観

観光客で賑わう「モンティ地区」とは対照的に、静かな時間が流れる「アイア・ピッコラ地区」。ここのエリアには、今でもトゥルッリに住んでいる人々が多いエリアになります。そんなエリアの中、ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ通りにある展望台のトゥルツリの合い間から見える「モンティ地区」の景観がイチオシです。

アルベロベッロでのおすすめグルメ

アルベロベッロの郷土料理「オレッキエッテ」

団体ツアーに参加し、早朝にバーリ港に到着後アルベロベッロ観光。その後は移動して昼食のプランだったので残念ながらアルベロベッロではお料理を堪能できませんでした。アルベロベッロの「モンティ地区」内にはトゥルッリのカフェやレストランがたくさんありました。おすすめの郷土料理は「オレッキエッテ」という耳たぶの形をしたパスタ料理だそうです。ワインと一緒にぜひ、訪れた際にはご賞味してみてくださいね。

アルベロベッロでのおすすめのショッピングスポット

アルベロベッロのお土産物屋さんやレストランが並ぶ「モンティ地区」

アルベロベッロに行くと観光客で賑わっている「モンティ地区」では、「トゥルッリ」の家々が雑貨やワインなどを販売しているお店、いわゆるお土産物屋さんでいっぱいです。ゆっくり時間があるなら、一軒一軒「トゥルッリ」のお店を覗いて散策してみましょう!また、周辺にはぶどう畑がたくさんあり、入り口にワイン樽が飾られているお店では、無料で試飲ができました。ここアルベロベッロで飲んだ「黒ワイン」が今でも忘れられません!お気に入りの1本を見つけてみてくださいね。

アルベロベッロにて宿泊したホテル

ナポリのホテルに宿泊

団体ツアーに参加だったため、アルベロベッロには宿泊できず、ナポリでの宿泊でした。アルベロベッロには、1500軒の「トゥルッリ」があり、宿泊もできるそうです。トゥルッリは構造上、一つの建物の中にいくつもの部屋を作ることができないので、ひとつのトゥルッリを客室として貸し出しているようです。世界遺産なので、高額なのでは?と思いがちですが、イタリアの三つ星ホテルと同じくらいの料金のようです。フリーで訪れた際は、ぜひ宿泊してみたいです。

アルベロベッロ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

阪急交通社 ギリシャ&南イタリア9日間

ギリシャと南イタリアの旅行は、ギリシャ文字は読めないし、英語が通じるかも不安ということで思い切って友人と2人で団体ツアーに参加しました。深夜に到着し、早朝から動くというハードスケジュールでしたが、ギリシャでの1日エーゲ海クルーズやギリシャの世界遺産などの観光、南イタリアへはクルーズ船に宿泊しながら移動後、南イタリアの世界遺産を満喫というプランで充実した旅となりました。欲をいえば、各地域でもう少しゆっくりできる時間があれば・・・でした。

アルベロベッロ旅行に必要な持ち物

団体ツアーでアルベロベッロに訪れたのは1月末だったので、日差しもそれほど強くなく、寒さもそれほど厳しくなく、お天気も比較的良くて観光しやすかったです。アルベロベッロでは、日差しを妨げる木々などが少ないため、冬の時期でも日焼け対策は必須でしょう。ゆるやかな登坂や下り坂の連続、石畳は滑りやすいので履きなれた靴やスニーカーも必須です。

アルベロベッロ旅行での注意点

アルベロベッロ旅行での注意点
  1. 登り坂と下り坂の連続、石畳を歩くので歩きやすい靴がベスト!
  2. 「トゥルッリ」に居住している地区の人々もいるため、十分な配慮を!
  3. 夏は日差しが強くなるため、日焼け対策を忘れずに!

アルベロベッロは、登り坂と下り坂の連続、かわいい町並みに夢中になって気づけば結構歩いて足がクタクタに・・・なんてこともあるので、履きなれた靴やスニーカーは必須です。観光客で賑わう「モンティ地区」とは対照的に、「アイア・ピッコラ地区」では現在も「トゥルッリ」に住んでいる人が多いエリアです。あまり騒がしくせずに配慮して散策しましょう。

まとめ

南イタリアのアルベロベッロについてご紹介しましたが、かわいいおとぎ話のような街並みの魅力が伝わったでしょうか?アルベロベッロの「トゥルッリ」について主に紹介させていただきましたが、博物館や教会など見どころはたくさんあります。イタリアは北から南まで有名な観光地がたくさんですが、ぜひ南イタリアへ訪れた際はここアルベロベッロにも立ち寄ってみてくださいね。インスタ映えすること間違いなしのおとぎ話の世界!きっとあなたのお気に入りの場所になるでしょう。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シェムリアップ旅行体験記今度の旅行は東南アジアに行きたいと何となく選んだカンボジア、シェムリアッ…
  2. レモンの香る街、フランス・マントンでビタミンチャージ旅行♪ | トラベルダイアリー
    マントン旅行体験記大好きなレモンケーキを食べるたびに目にする「マントン産レモン」の文字。小さい頃…
  3. オックスフォードに行ってきました!語学留学をして以来、アカデミックな雰囲気と過ごしやすさがとても…
  4. 兵庫県明石公園の楽しみ方〜幸せスポット巡りをしてきました〜| トラベルダイアリー
    明石公園巡り体験記明石公園は日本百名城である明石城がある公園。景観もよく多くの人が訪れる憩いの場…
  5. アムリトサル旅行体験記アムリトサルは、インド北部に位置する街です。パキスタンに陸路で入国するため…
  6. 眠らない街タイ・バンコク〜朝から夜まで楽しめるおすすめスポット〜| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記一度足を踏み入れるとハマってしまい、何度も訪れるようになる人が多いというタイ。…
  7. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  8. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  9. ローザンヌ旅行記日本でのオリンピック開催をきっかけに、行きたい気持ちが強烈に高まった「オリンピッ…
  10. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…

国内旅行おすすめ

  1. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  2. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  3. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  4. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…
  5. 気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!| トラベルダイアリー
    隠岐諸島旅行体験記中ノ島で開催されるキンニャモニャ祭りに参加するため行きました。お祭りの陽気な雰囲…
  6. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  7. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…
  8. ~ガラス&星の王子さまに癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記今回の箱根旅行は女性ふたり旅でしたので、カフェやガラスの森美術館などを中心に巡り、…
  9. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  10. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…

最新記事

  1. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  2. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  3. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  4. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  5. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  6. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  7. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  8. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  9. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…
  10. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…

Archive



PAGE TOP