スタイリッシュなデザインが溢れるヘルシンキとタリン日帰り旅行| トラベルダイアリー

スタイリッシュなデザインが溢れるヘルシンキとタリン日帰り旅行

ヘルシンキ旅行体験記

お隣ロシアのサンクトからたったの2時間で着けるなら、ついでに行ってみようか、と訪問することに。お目当ては北欧テイスト漂うかわいい雑貨探しと、一度行ってみたかったお向かいの国・エストニアのタリンの日帰り観光です。

ヘルシンキ旅行について

おすすめのポイント
  1. 見どころが街の中心部に集まっているので、短い日数でも楽しめる。
  2. 北欧デザインが溢れる洗練された街並みが楽しめる。
  3. 他都市へのゲートウェイとしても活用できる。

マリメッコ前にて。

ガイドブックに出ている見どころは街の中心部に集まっており、徒歩や地下鉄利用で1日あれば回ることができます。飛行機の乗継の際に1日だけ滞在して観光、なども十分可能です。
教会などのデザインも個性的で、建造物が好きな人には堪らないかも。スタイリッシュな街並みの中におしゃれな家具屋や雑貨屋を見つけ、ただ街歩きするだけでも楽しかったです!
ヘルシンキからは他の北欧諸国やバルト三国へのフェリーが出ており、滞在中に足を延ばすことも可能です。日程を組むのが楽しくなるような北欧諸国巡りができます!

ヘルシンキ旅行のおすすめのスポット

これが教会⁉パート1 テンペリアウキオ教会(ロックチャーチ)

ロックチャーチへの入口。半地下です。

あの狭い入口からは想像がつかない、広い内部。この日はコンサートの練習会をしていました。

パイプオルガンもあります。

壁の周りには燭台も。

外から見るとまず、果たしてこれは建物なのか?と疑問に思い、そして次に入り口はどこ?と迷います。そんな変わった教会なのです!もともとあった巨大岩をくりぬいて作られそうで、外観は建物というより地面の一部。しかし中に入ると広い空間が開けていて、そのギャップが面白いです。内部の壁はむき出しの岩になっているので、ああ、本当に岩だったんだなと。上の方からは自然光が差し込む明るいデザインとなっており、教会までもスタイリッシュなのです。この日はオーケストラの練習があり、イベントの場としても活用されているようです。

これが教会⁉パート2 カンピ礼拝堂(沈黙の教会)

外から見ると何か分かりません。

とてもシンプルな内装の礼拝堂です。

本当に静かです…。

こちらの外見も変わっています。建物というより木製の船に近いですが、まさか中に教会があるとは、言われなければ想像できないでしょう。中はミニマムを目指したかのようなシンプルな作りになっています。ウッドベースで自然光が差し込み、何もないけど落ち着く空間でもあります。特筆すべきは中の静けさです。音が何もしないので、スーパーの袋が「カサッ」というだけで騒音に感じるほど。都会の喧騒から逃れるにはもってこいの場所だと思いました。

中世の街、エストニア・タリンへの日帰り観光

尖塔からの街の眺め。

石畳のカラフルな家。

こんな街並みがずっと続くのです。

フェリーで2時間、高速船なら1時間半ほどで到着します。城壁に囲まれたタリンの旧市街はまさに「おとぎ話に出てくる中世の世界」。石畳の道とか、岩壁とレンガのパステル調の家とか、とんがり屋根の塔とか、とにかくかわいいんです。街並みの写真ばっかり取って、なかなか前に進めませんでした。聖オレフ教会は尖塔の上に登れます(徒歩で大変ですが)。ここから眺める街は絶景なので、是非行ってみてください!

ヘルシンキでのおすすめグルメ

エビ料理専門店のRakan

旦那のエビスープ。

私のエビサラダ。

フリーマーケットの近くの建物の中に入っていました。たまたま近くを通って、入り易そうなカフェ風のお店だなと思って入ったのですが、あまりの美味しさにびっくりです。朝ごはんをたくさん食べたので、ランチは軽めにと旦那はエビスープ、私はエビサラダだけだったのですが、スープは絶妙な塩加減、サラダはプリッとしたエビの食感が最高で、思わぬ儲けものでした。最終日だったのでまた来るチャンスもなく、他のものも食べてみたかったです。

ヘルシンキでのおすすめのショッピングスポット

お土産を買うならスーパーがおすすめ。

ストックマンの食品売り場で見つけたタラコペースト。

今回のお土産の一部。ロシアのものもありますが…。

駅近くのデパート、ストックマンの地下にあるスーパーに入り浸っていました。いろんなナッツの入ったグラノーラや、変わったフレーバーのチョコレートを自分用のお土産に。会社のバラマキ用にはムーミンキャラのついた個包装になったウェハース。友達にはムーミンキャラの歯磨き粉。そして今回是非ゲットしたかったものは、タラコ(なのかな⁉)のペーストです。前に来た時に買って気に入ったのでリピートしたくて。チューブ入りでパンに塗りやすく、重宝するのです。まだ売られているのを発見し、即購入しました!

ヘルシンキにて宿泊したホテル

HOTEL GLO ART

可愛い外観のホテルです。

刺客が・・・。

朝食はビュッフェで大満足。

外見がシックで気に入りました。駅からゆっくり歩いて15分くらいです。部屋は正直狭めなのですが、朝食ビュッフェの品数が多く、朝ごはんをしっかり食べたい私たちにはピッタリでした。近くにはフリーマーケット会場があるので時間があれば是非。
特筆すべきは、このホテルの各部屋には「刺客」がいること。この可愛いトラのぬいぐるみです。売り物なので気に入ったら購入することも可能。その手には乗らないぞと思っていましたが、3日間過ごすうちに愛着が出て、まんまと購入してしまいました。23ユーロでした。

ヘルシンキ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

9日間の夏休みに合わせてロシア3都市+ヘルシンキ+タリンを回る計画だったので、スケジュールを立てるのが大変でした。飛行機の時間を調べ、列車やフェリーの時間を調べ、その間に観光を詰め込み…。インターネット時代で本当に良かったです。列車やフェリーもオンラインで予約できるので、乗れるかどうかハラハラして現地入りしなくてもいいですし、期間の限られた旅行者には便利な世の中になりました。

ヘルシンキ旅行に必要な持ち物

ヘルシンキはインフラが整っていますし、必要なものは現地でも調達できるので、持参が必要!というものはないですが、強いていうなれば持っていく着替えに注意だと思いました。訪れたのは9月の1週目でしたが、半袖の出番はなく、長袖・ジャケットは必須でした。現地の人たちも普通にレザージャケットを着ていました。また、雨が降りそうな日が多かったので、折り畳み傘もあったほうがいいと思います。

ヘルシンキ旅行での注意点

ヘルシンキ旅行での注意点
  1. これぞ北欧⁉物価が高めなので買いすぎ注意です。
  2. タリン行きのフェリーターミナルが2か所あります。発着地点を要確認。
  3. 鉄道の駅には改札がないので、戸惑うかも⁉

シリヤライン

リンダライン

タリンへ行く船には大型クルーズ船のタリンク&シリヤライン(片道2時間)と高速船のリンダライン(片道1時間半)の2種類があります。方や免税店付の豪華大型客船、方や普通の高速ボートです(笑)。値段も10ユーロくらいしか違わないので、時間に余裕がある方はタリンクの方をお勧めします。発着地点はヘルシンキ側・タリン側ともこの2社で違う港を使いますので、要注意です。

まとめ

ヘルシンキは17年ぶり2回目(と言っても前は半日滞在で大半をプールで泳いで過ごした)でしたが、当時の一国の首都でありながらゆったりとした印象とほとんど変わっていなくてビックリでした。今回は、前は行けなかった教会やマーケットを回ることができて、スーパーでたくさん買い物もできて満足です。スタイリッシュで可愛いモノが溢れており、デザインに興味がある方にはおすすめの街だと思います。今度はもっと北の小さな町にも滞在してみたいです。

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ゲント旅行体験記ベルギーはEUの中心でありながら小さな国。アクセスが良くて他の国との周遊の際にも…
  2. フランクフルト旅行体験記ドイツきっての経済都市フランクフルト。学生時代、家族旅行をした思い出の地…
  3. ヴィース教会&お城観光に便利!ロマンティック街道の町フュッセン| トラベルダイアリー
    フュッセン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  4. チボリ公園体験記デンマークの首都コペンハーゲンにある世界最古の遊園地「チボリ公園(Tivoli)…
  5. バンコク旅行体験記大学生の頃に初めてバンコクを訪れてからというもの、どっぷりバンコクの魅力にハマっ…
  6. デルフト旅行体験記今回ご紹介するデルフトは、伝統的なオランダの街並みが楽しめる小さい古都です。青…
  7. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  8. 誰もが憧れるエジプト!ラマダン(断食)中のカイロを満喫| トラベルダイアリー
    カイロ旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン(…
  9. バラナシ旅行体験記「臭い、汚い、けたたましい」頭文字のKをとって、インドの3Kと旅人の間では言わ…
  10. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…

国内旅行おすすめ

  1. 宇治旅行体験記 京都らしい街並みや風光明媚な景色を楽しみ有名な社寺仏閣を巡り、歴…
  2. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…
  3. 青ヶ島
    青ヶ島旅行体験記元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い…
  4. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  5. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  6. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  7. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  8. 奄美在住のガイドさんに聞いた!自然溢れる♪真の穴場スポット巡りの旅| トラベルダイアリー
    奄美市穴場スポット巡りの旅奄美在住のガイドさんおすすめのモダマ自生地とフナンギョの滝へ行ってきま…
  9. 【一人旅】鎌倉で非日常を味わい、美食を堪能し、御朱印をいただく| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記つれづれに御朱印について調べていたところ、鎌倉・江之島にある江島神社の御朱印に惹か…
  10. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP