日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー

日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力

ウラジオストク旅行体験記

年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナス15度の世界はとても寒かった!
ウラジオストクは日本から飛行機で片道約2時間半、LCCだと5万円台と格安に行けちゃうとっても身近でお手軽な海外なんです!

ウラジオストク旅行について

おすすめのポイント
  1. 日本から激近なのにヨーロッパ気分が味わえる雰囲気の街並み
  2. とにかく料理はどれもおいしくて種類も豊富
  3. ロシア人は美男美女が多く、目の保養になる

ウラジオストクのおすすめポイントは、国内か!?と思うほど近いのに着けばそこはヨーロッパの街並み。建物も景色も日本とは違う風情のある文化と出会うことができるのがおすすめポイントです。また、ロシアの料理はヨーロッパとアジアの食文化がミックスされた様な料理も多く日本人の口にも合うやさしいものが多いです。近郊でとれたシーフードも格別なので、訪れる際はぜひ食べてみてくださいね。そして何と言ってもロシア人は皆色白で鼻が高く美男美女ぞろい!ですので、疲れた心の癒やしと目の保養には良いかもしれません。

ウラジオストク旅行のおすすめのスポット

鷲の巣展望台

ウラジオストクの港が一望できる鷲の巣展望台から、金角湾大橋やルースキー島などすてきな名所が一望できるおすすめスポットです。急な坂の上にあるのでケーブルカーで行くのがおすすめですが、お散歩がてらに景色を楽しみながら歩いて行ってみるのも良いかも♪朝や夕方はライトアップもされていて、街の灯りや車のライトも合わさりとても幻想的です。私は朝に散歩しながら行きました、と言っても写真は朝の9時!
冬のロシアは日の出が遅いのも特徴です。

アドミラーラ・フォーキナ通り

ウラジオストクの街並みを堪能するには欠かせないのがこの通り!各所に噴水があることから「噴水通り」とも呼ばれています。ヨーロッパ調の建物が並び、異国感あふれる雰囲気に浸りながら散策できます。通りには雑貨屋さんやお土産屋さんをはじめとし、おしゃれなカフェやレストランもたくさん!
観光客だけでなく、多くの地元民もこの通りを利用しています。

スポーツ湾

市街の西側に位置する湾が、このスポーツ湾です。長く続く海岸線沿いでは、食事を楽しむことやゆっくり散歩を楽しむことができます。夏は海水浴でにぎわう場としても注目されています。真冬に訪れると、分厚い氷が水面を覆うので、凍った水面上を歩くことができたり、釣りを楽しむこともできます。日本では体験できない貴重な経験にぜひチャレンジしてみては!(※安全には十分注意をしてください)

ウラジオストクでのおすすめグルメ

スボイフェーテ

アドミラーラ・フォーキナー通りに面してある、ヨーロッパ調の落ち着いた雰囲気のお店です。私はここでランチにボルシチをいただきましたが、あっさりとしていてとても美味しかったです!数人で楽しむ場合はシーフード料理も種類が豊富なので皆でシェアして食べると良いかもしれません。ロシアンティーも本格的なので、散策の合間にほっと一息つくにもおすすめです。写真のついている英語メニューもあるので観光客にも親切なお店でした。

ウラジオストクでのおすすめのショッピングスポット

プリモールスキー・コンヂーチェル

ウラジオストク生まれのチョコレートメーカーの直販店です。板チョコから箱入りチョコ、量り売りもできて種類も豊富。ウラジオストク土産に、甘いチョコレートを買うならまずここ!年末休暇でどこの露店も落ち着いているのに対し、地元民を中心に店内はにぎわっていました。チョコでコーディングされた「鳥のミルク」は特に人気の商品で、濃厚で甘党にはたまらない逸品でした!

ウラジオストクにて宿泊したホテル

Seal hostel

Seal hostelは数人部屋のユースホステルで、近隣にある通常のホテルよりも格安で泊まることができました。清潔感もあり、予約サイト上でも評価の高いホステルです。
レーニン広場、ウラジオストク駅からも近くアクセスのいい位置にあります。私は飛行機の遅延で夜中の0時過ぎに着いてしまいましたが、きちんと受付で対応していただき、おまけに次の日に市街観光をする際にはチェックアウト後にも関わらず荷物を預かってくださいました。とても紳士的にスタッフの方々には対応いただけて、安心して過ごすことができました。

ウラジオストク旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

私は旅行に行く時は、観光スケジュールや目的に合わせて、ホテルや交通をカスタマイズすることが多いです。メリットとしては何と言っても格安!という点で、私のような貧乏な旅行好きOLには個人手配がおすすめです。
しかし、ロシア旅行となると言葉も分からないし何よりビザ申請が複雑…(ビザの窓口申請は訪問予約がいるうえ、空いている時間も限られている!)ビザの申請は代理店に依頼することをおすすめします。

ウラジオストク旅行に必要な持ち物

冬限定の話になってしまいますが、冬のロシアはとにかく寒い!日本では考えられないほどの寒さなので、ヒートテックにダウンジャケット、靴下は重ね履き、マフラーと手袋、耳も感覚がなくなってしまうので耳まで隠れる帽子を用意することをおすすめします。カイロもいくつか持っていた方がよいでしょう。また、基本的に路面が凍結しているので滑りにくく防水の靴やブーツで行く方が安全です。寒さ対策をしっかり行い、体調管理に気を付けて楽しい旅にしましょう!

ウラジオストク旅行での注意点

ウラジオストク旅行での注意点
  1. タクシーにメーターがついてなくその場で価格交渉
  2. 思ったよりも英語が伝わらない
  3. 暗い通りも多いので夜間は一人で出歩かない

ウラジオストクのタクシーは特徴的で、メーターはついておらず、事前に行き先を伝えて価格交渉をする形式なので日本のタクシーとは異なっています。有名どころの移動であれば大体の相場は決まっているようです。ただ、英語が伝わらないことが多いので、行き先を伝える際はガイドブックや地図を提示して伝え、きっちり運転手と話をしたうえで目的地に向かいましょう。

まとめ

ロシアのウラジオストクは、日本からも近く、格安で行けるだけではなく、異文化情緒を楽しめる魅力がいっぱい詰まっています。今後、日本からの飛行機も増便するとの話もあるので、ロシアブームが日本でも巻き起こるかもしれませんね!
長期休みが取りづらい人、ふらっと気分転換で一人旅に出かけたい人にはおすすめです。夏と冬でまた違った顔を持つウラジオストクに、ぜひ足を運んでみてください。

はぎゆかライター

投稿者の過去記事

海外一人旅バックパッカー好き女子です!海外留学、海外ボランティア、海外マラソン出走など、働きながらも海外渡航17カ国突破!目標は世界一周すること。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. カトマンズ旅行体験記インドと国境を接するネパール。最初はインド旅行のついでに訪れたネパールでした…
  2. シェーンブルン宮殿旅行体験記親友の海外フォトウェディングの応援・お手伝いも兼ねて向かった、オース…
  3. ロサンゼルス旅行体験記アメリカは昔から行ってみたかった国のひとつ。夢のつまった国でした。私た…
  4. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  5. モロッコの青い宝石箱 シャウエンの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    シャウエン旅行体験記シャウエンの青い街並みが日本でも有名になり、一度どんなところか行ってみたかっ…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. アムステルダム旅行体験記歴史の授業で何度も登場した国、オランダ。念願叶ってついに首都アムステルダ…
  8. 一人旅・女子旅にもおすすめ!台北の魅力!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記初めて海外旅行に行く友人と台湾に行ってきました。安くて美味しい料理がたくさんで、1…
  9. バルセロナ旅行体験記「世界各国でお酒を飲むこと」を何よりも楽しみに旅をしている私たち夫婦にとって…
  10. デン・ハーグ旅行体験記母も私も大好きな名画、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。本物を見るため…

国内旅行おすすめ

  1. 佐賀バルーンフェスタ旅行体験記幼いころ母がよく連れて行ってくれた佐賀バルーンフェスタ。もう一度行…
  2. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  3. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  4. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  5. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ ~南城市 絶景&カフェ編~| トラベルダイアリー
    南城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄旅行に来るということで、沖縄在住の私も友達の旅行に同…
  6. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  7. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  8. 石垣島旅行体験記今回はじめて石垣島に行って、美しい海に感動しました。ここって日本だよね?と確…
  9. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  10. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP