西洋と東洋が交差する街・魅惑のイスタンブール| トラベルダイアリー

西洋と東洋が交差する街・魅惑のイスタンブール

イスタンブール旅行体験記

トルコ航空利用でジョージアに行く際に乗継ぎ地のイスタンブールでも何日か滞在しようと思ったのがきっかけです。2泊しましたが、結果的に全然足りませんでした!見どころが多く、買い物天国で、街をぶらぶら歩くだけでも楽しくて。予めリストアップしていた場所は全部回り切れず。またいつか来れるといいな。

イスタンブール旅行について

おすすめのポイント
  1. 市内は観光名所がたくさん!飽きることなく観光できます。
  2. 定番のエキゾチックなラグからスパイスまで、お買い物天国です。
  3. 羊肉がメイン?味付けが巧みでごはんがとにかく美味しい!

今回はイスタンブールのヨーロッパ側しか行っていませんが、こちらは新市街と旧市街に大別されます。旧市街は観光のメインとなるブルーモスクやアヤソフィアがありますが、街並み自体は歴史漂う静かで落ち着いた雰囲気。一方で新市街はオフィスとショップ、レストランが混在しており、トラムヴァイが走る中を観光客とビジネスマン含む地元の人たちが行きかう、とてもにぎやかな雰囲気です。新市街も旧市街もどちらも観光客に寛容で、違和感なく街に溶け込める、見て歩いて楽しい都市なのです。

イスタンブール旅行のおすすめのスポット

かつてのギリシャ正教の大本山、屋根のドームが美しいアヤソフィア。

アヤソフィアの内部。ドームの装飾が美しい。

アヤソフィアに住んでいるネコ。観光客のアイドルです。

かつてのギリシャ正教の大本山で、その後はイスラム教のモスクとなり、現在は無宗教の博物館として公開されているアヤソフィア。まず中に入ると、広い吹き抜けの空間とその厳粛な雰囲気に圧倒されます。天井からは豪華なシャンデリアが吊るされ、きれいに装飾された壁がキリスト教の雰囲気を醸し出す中、アラビア文字の装飾もあり、このモスクの複雑な歴史を体現しています。なんとこちらの内部には猫が住み着いているそうで、私が訪れた時も観光客をものともせず、我が物顔で歩き回っていました。

外せない定番スポットスルタンアフメト・ジャミイ(ブルー モスク)

ブルーモスクの内部。現役のモスクとしてお祈りに使われています。

通称ブルーモスクは、とんがった6本の尖塔が目印のイスタンブールを代表するモスクです。現役のモスクとして今でもイスラム教の方々のお祈りの場として使われていますが、お祈りの時間以外には観光客が中に入って見学することもできるので、是非中に入ってみてください。こちらも内部は吹き抜けでかなり広い空間となっており、足元にはお祈りのための絨毯が敷き詰められています。美しいステンドグラスの入った窓とそのデザインに圧倒されます。

そぞろ歩きで楽しみたい、トラムヴァイが通るイスタンブール新市街の街並み

新市街を走るトラムヴァイ。

イスタンブールの街のヨーロッパ側は大きく旧市街と新市街に分かれており、アヤソフィアやブルーモスクがあるのは旧市街、ガラタ橋を渡った先が新市街となります。新市街の街歩きのメインとなるのはイスティクラル通りを中心としたガラタサライ地区です。トラムヴァイが走る道の両脇にオフィスやショップ、レストランが立ち並び、観光客だけでなくビジネスマンや地元民たちが行きかう、非常に活気あふれる地域です。

イスタンブールでのおすすめグルメ

お肉は羊がメイン?スパイス香るイスラム圏ならではのトルコ料理。

お肉は羊肉が多い。味付けはサイコーに美味しい!

あまりイスラム圏を実感する機会のないイスタンブールですが、出てくるお肉の多くが羊なので「あ、イスラムの国だった」と再認識できます。普段羊を食べ慣れていない私は羊肉には抵抗がありましたが、スパイスで上手に味付けされているのであまり抵抗なく食べられました。そして付け合わせの野菜炒めがおいしかったこと!日本に帰って再現しようと試行錯誤した結果、酢が入っていたのではないかという結論に達しました。アジアともイスラムともヨーロッパとも違う味付けがトルコ料理ならではだと思いました。

イスタンブールでのおすすめのショッピングスポット

バザールの雰囲気を楽しむだけでも行く価値あり・グランドバザール。

美しいランプに目を奪われる。見ていて飽きません。

スパイスとドライフルーツのお店。全部ほしい!

買い物好きでもそうでなくても、是非訪れてみてください。屋根付きなので天候関係なく行けます。2畳~6畳程の小さなお店がぎっしり立ち並び、ランプやラグ、モザイク模様のお皿からスパイスまで、ありとあらゆるトルコ名物が売られています。市内のお店と違ってこちらは値段交渉OK。私はトルコ石のブレスレットとエスプレッソ用のカップ、ドライフルーツを購入しました。買い物目当てでなくても、この雑多な雰囲気はバザールならでは!通りのお店とは全く違った雰囲気が味わえます。

イスタンブールにて宿泊したホテル

名所にも近い旧市街の静かなホテル、ユスフパサ・コナギ

周りがとても静かな旧市街にあるホテルです。

こじんまりしていますがきれいなお部屋でした。

旧市街の静かな場所にひっそりとあるホテルです。ブルーモスクやアヤソフィアへは徒歩でアクセスでき、早朝にちょっと行ってみよう、ということも可能な距離です。お値段も確か100ユーロしなかったと思いますが、お部屋も水回りもきれいでアメニティもあり。WIFIも使えたので快適に過ごせました。朝食もついており文句なしの滞在でした。周りには観光客向けのお店はあまりないですが、地元の人向け?の商店がいくつかありお水や軽食はこちらで調達可能です。

イスタンブール旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

今回は乗継ぎのついでに2泊したのですが、2泊では全く時間が足りませんでした。私の場合は賞味40時間くらいの滞在でしたが、新市街でもっと時間を使いたかったのと、海峡の橋を渡ってアジア側へ行く時間が足りなかったので、最低3泊は必要かと思いました。時間がない場合は現地発着ツアーで見どころをコンパクトに回ってくれるものがあると思うので、そちらで周られるのがおすすめです。

イスタンブール旅行に必要な持ち物

イスラム圏なので、モスクに入る際は女性は髪と肌の露出禁止です。長袖、長ズボン(スカート)とスカーフはお忘れなく。スカーフやショールは空港でも市内でも至る所で手に入るので、トルコっぽい柄のものを現地購入してもいいと思います!観光客が多いところのお土産屋さんはしつこいこともあるので、いらない場合はしっかり「NO!」という勇気も必要です(笑)。向こうも慣れているのでそれで気を悪くしたりはしませんよ。

イスタンブール旅行での注意点

イスタンブール旅行での注意点
  1. 空港からのタクシーは大行列なので、できればホテルの送迎を頼みましょう
  2. しつこいお土産屋さんもあります。興味なければ断りましょう。
  3. 観光地化されていてもモスクは神聖な場所。静かにしましょう。

市内やバザールのお土産屋さんはフレンドリーな態度で言葉巧みに購入を勧めてきます。断っても次の品を進めてくるので、買う意思がなければ早いうちに立ち去りましょう。ブルーモスクは今もお祈りの場として使われています。お祈り中は節度ある態度で静かに待ちましょう。

まとめ

賞味2日間の滞在でしたが全然足りませんでした。次に行くことがあれば、美味しいお店を開拓して通い詰めたり、グランドバザールで掘り出し物を探したり、アジア側に渡って美味しいサバサンドを食べたりしてみたいです。アヤソフィアやブルーモスクも再訪して、駆け足でなくじっくり説明を聞きたいです。それほど楽しみの尽きない魅力的な街で、観光客に対してもウェルカムで居心地がよい場所でした。

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  2. インドの宝石!自然豊かなケララ州のティルバナンタプーラムへ♪| トラベルダイアリー
    ティルバナンタプーラム旅行体験記ティルバナンタプーラムはケララ州の南端にあります。ヤシの木に囲まれ…
  3. サンペドロ・ラ・ラグーナ旅行体験記日本での知名度はかなり低いサンペドロ・ラ・ラグーナですが、バッ…
  4. 一人旅・女子旅にもおすすめ!台北の魅力!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記初めて海外旅行に行く友人と台湾に行ってきました。安くて美味しい料理がたくさんで、1…
  5. バイロンベイ旅行体験記バイロンベイといえばオーストラリア最東端の街で、おしゃれで素敵な街!ヒ…
  6. サンクトペテルブルグ弾丸観光と夜行列車で行ったキジー島| トラベルダイアリー
    サンクトペテルブルク旅行体験記実は今回の旅はキジー島がメインで、サンクトペテルブルクはそのついで…
  7. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  8. 台北旅行体験記東京から飛行機で4時間、那覇からなら1時間ちょっと、気軽に訪れることができる海外と…
  9. ヨーロッパでも雰囲気が違う⁈やっぱりすごいロシア!ウラジオストク| トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記私の初めての海外旅行がウラジオストクでした。韓国やタイなどよりマイナーだ…
  10. 中欧の美しき街!ハンガリーの首都ブダペストの魅力たっぷり旅行記| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記映画やミュージカルが好きな私は物語の舞台として度々登場するブダペストを旅行先…

国内旅行おすすめ

  1. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  2. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  3. 白壁の街並みが続く美観地区でのんびり街歩き♪倉敷日帰り旅行| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記岡山県倉敷市へ旅行してきました!歴史ある街並みの美観地区やアウトレット、児島デニム…
  4. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  5. 美味しいものもいっぱい!家族でも楽しめる穴場スポット長野・駒ヶ根| トラベルダイアリー
    駒ヶ根旅行体験記青年海外協力隊で派遣前の研修生活で約3カ月間過ごした長野県の南部に位置する駒ヶ根…
  6. ♪インスタ映えスポット♪友達と日帰りぶらり旅 in 京都| トラベルダイアリー
    京都市内旅行体験記こんにちは!今回は、京都市内にあるインスタでよく見かけるあの有名スポットやレス…
  7. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  8. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…
  9. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…
  10. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP