広島弾丸日帰り旅!パワースポット&ご当地グルメ満喫編

宮島旅行体験記

「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」
親しい同僚と、いつもこんなノリでサクッと決まる弾丸日帰り旅。
仕事に追われる毎日をキレイさっぱり忘れるべく、
パワースポット厳島神社で心身ともにリフレッシュしてきました!

宮島旅行について

おすすめのポイント
  1. 可愛い鹿たちに癒されながら厳島神社への参道を楽しむ
  2. 日本屈指のパワースポット厳島神社でリフレッシュ
  3. 広島風お好み焼きや担担麺、絶品の広島グルメを食べつくす

フェリーが着くなり私たち観光客を迎えてくれる鹿の群れ。
海上に浮かぶように立つ荘厳な鳥居。昭和レトロを感じる商店街。
一概に「厳島神社」といっても、1日でまわりきれないほど魅力が詰まっています。
さらにソウルフードの広島風お好み焼きや担担麺など広島グルメも絶品です。
おみやげはもちろん定番のもみじ饅頭に、真っ赤な広島カープのグッズ。
街で飛び交う広島弁を楽しみながら、素敵な休日を過ごしてきました。

宮島旅行のおすすめのスポット

フェリーを出迎える“神の使い”鹿たちに誘われて


宮島口からフェリーに乗ること10分、厳島神社に着くなりたくさんの鹿たちが出迎えてくれます。
鹿たちは皆「神の使い」として厳島神社近辺に住み着き、人の往来を見守っているそう。
人懐っこい子もいれば、油断すると観光客の荷物を引っ張ってしまう子もいれば。
今回、運よく2ショットを撮らせてくれる鹿さんに出会うことができました。

この鹿さんたちに導かれるように、厳島神社への参道を歩きます。

日本屈指のパワースポット厳島神社でこころを清める


神社に着くなり、荘厳な雰囲気が漂っていました。
平安時代の寝殿造りや朱塗りの廻廊の美しさに思わず息を飲みます。
かつて修学旅行で訪れたときは潮が満ちて海に浮かんでいるような雰囲気を味わいましたが、
今回は昼過ぎの干潮の時刻に訪れたため、満潮時とはガラリと異なる姿の厳島神社を見ることができました。

干潮・満潮で姿を変える幻想的な大鳥居


潮が引いていくにつれ、人々が吸い込まれるかのように大鳥居のほうへ歩き出しました。
潮位が100cm以下であれば歩いていけるとのことで、せっかくなので大鳥居の足元まで行ってみることに。

真下から見上げる大鳥居は息をのむ迫力です。140年の歴史を、まさに「肌で感じる」ことができます。
※令和元年より大規模修繕工事中です。訪れる際は公式サイトをご確認ください。

歩き疲れた足をレモンの香りの足湯でリフレッシュ


フェリーで宮島口に戻ってくると「足湯」の文字が。まさにオアシスを見た気がしました。
というのも、厳島神社界隈はものすごく歩きます。今回大鳥居のふもとまで行ったので膝から下はくたくたでした。
せっかくなので、と のれんをくぐるとそこには驚きの光景が。
なんとレモンが浮かんでいるのです…!
肌がかゆくなってしまうのでは?と内心ちょっと疑心暗鬼でしたが、
実際に浸かってみるとやわらかいレモンの香りに包まれてとてもリラックスできました。
足湯中にレモンを使った特製レモネードをいただけたのも嬉しかったです。

宮島おすすめグルメ

地元民のおすすめ店「武蔵坊」


広島に向かう新幹線の中で、広島出身の知り合いにおすすめ店を尋ねると即答で教えてくれたのがコチラ。
汁なし担担麺のお店です。
さすが、地元の人に愛されているというお店なだけあって、
並んでいる間に本場の「~じゃけぇ」という方言を聞くことができてほっこり。
担担麺はそのまま食べると思ったよりも辛くはなかったのですが(辛さを選んで注文できます)、
卓上にある数種類の山椒をかけた途端、ピリリとけっこう刺激的な美味しさに変化しました。
中毒性がある、一度食べると忘れられない辛みです。

ひろしまお好み物語でソウルフードに舌鼓!


広島に来たからには、ソウルフードの広島風お好み焼きをいただかねば!と、ひろしまお好み物語へ。
こちらはお好み焼き店がずらりと並ぶ観光施設です。迷いに迷って「そぞ」というお店に入りました。
看板メニューの「そぞ焼き」を実食!
見た目以上にボリューム満点で、他にもいろいろ食べてみたい気持ちと裏腹、けっこうお腹にたまります。
ウニとほうれん草をあわせた新名物「ウニホーレン」もいただきました。とにかくお酒が進む味。
広島グルメ、最高です。

宮島でのおすすめのショッピングスポット

宮島表参道商店街


昭和レトロただよう古き良き商店街。お菓子処が所狭しと軒を連ねていて、食べ歩きしながら観光しました。
様々なタイプのもみじ饅頭をいただきましたが、中でも一番驚いたのは「揚げもみじ」。
味の想像がつかず、ドキドキしながらいただきましたが、とても美味しかったです。
食材は異なりますがゴマ団子のような感じがしました(餡菓子を揚げているという共通点でしょうか)。
他にも、お土産品としてしゃもじが有名で、携帯ストラップサイズのミニしゃもじから、
大きいものでは長さ7mを超える巨大しゃもじまで。見ているだけでも楽しかったです。

宮島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

良かった点
  1. 日帰りで行きたい場所だけピックアップしてフットワーク軽く観光できる

個人手配の旅行でよくあるのが「観光バスがあれば移動が楽だった」というデメリットですが、
新幹線で広島駅に到着した後は、路面電車やフェリーを使ってスムーズに移動することができました。
広島は全体的に公共交通機関が充実していると思います。
車(レンタカー)を運転できる人がいなくても十分散策を楽しめると思います。

宮島旅行に必要な持ち物

旅慣れしていると自負していたつもりでしたが、今回の私の失敗は、ヒールの靴を履いて行ったことでした。
履きなれているので普段ならあまり気にならないのですが、今回は干潮時の厳島神社を訪れたため、
大鳥居まで行くのにぬかるんだ海辺を歩かなければならなかったのです。
ヒールが何度も食い込んで靴が汚れてしまい、一歩一歩がさらに重たく感じました。
防水のスニーカーや、可能であれば長靴を持っていくとよりスムーズに観光できると思います。

宮島旅行での注意点

鹿の中に、ときどきちょっと凶暴な子がいました。
人馴れしていて賢いだけに、小さな子どもの荷物を引っ張ってしまう光景も。
もちろん、大人もですが子どもを連れていくときは特に鹿の動向に注意していたほうがいいと思います。
また、鹿の誤飲防止のためにもゴミを落としてしまうことのないよう、くれぐれも気を付けたいものです。

まとめ

私の地元福岡から広島まで新幹線で片道1時間ほど。
この旅行が楽しくて、後日 広島カープの観戦を兼ねて “ひとり修学旅行” をしてきました。
また機会を改めて、大満喫の広島旅行のエピソードをご紹介できたらと思います。

 

こさい たろフォトグラファー

投稿者の過去記事

小学生の頃フランスに住んでいました。現在、0才児の育児に追われる新米ママ。
プロ野球・プロバスケ、音楽ライブ、演劇を撮影させていただいています。
【website】 https://tarophoto.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. みんな大好きハワイオアフ島でちょっと穴場のスポットへ行ってみよう♪| トラベルダイアリー
    オアフ島旅行体験記社員旅行先がハワイのオアフ島でした。私はハワイはあまり行かないので、ハワイ大好き…
  2. ご飯が美味しいインド洋の島・スリランカの南端の町ゴールと近隣ビーチ| トラベルダイアリー
    ゴール旅行体験記 仕事に追われて見知らぬ土地でのんびり過ごしたいと思い、行ったことの…
  3. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  4. キーカーカー旅行体験記当初、私の中米旅行の予定にはなかったベリーズ、キーカーカー。しかし、メキシ…
  5. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…
  6. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  7. 西洋と東洋が交差する街・魅惑のイスタンブール| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記トルコ航空利用でジョージアに行く際に乗継ぎ地のイスタンブールでも何日か滞…
  8. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  9. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  10. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…

国内旅行おすすめ

  1. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  2. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  3. ~バラ&彫刻&富士山に癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根に1泊2日の盛りだくさんな女子ふたり旅をしてきました。アートや花鑑賞、グルメ、…
  4. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  5. 地元民と行く!沖縄南部ドライブ ~南城市 絶景&カフェ編~| トラベルダイアリー
    南城旅行体験記学生時代の仲良しグループが沖縄旅行に来るということで、沖縄在住の私も友達の旅行に同…
  6. 福岡旅行体験記仕事の疲れを癒やしたい…美味しいものを鱈腹味わいたいと思って。なんでも美味しくて、…
  7. 大人女子旅に最適‼【1人旅でも楽しめる】広島のおすすめスポット| トラベルダイアリー
    広島旅行体験記美しい瀬戸内海に魅力たっぷり広島グルメ・・・旅行雑誌で特集されていた「広島」に…
  8. お買い物天国の新宿!大都会で思いっきり楽しもう!| トラベルダイアリー
    新宿旅行体験記東京の代表的な街と言えば新宿!大ターミナル駅周辺にはところ狭しと様々なお店が立…
  9. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  10. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP