気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!| トラベルダイアリー

気の向くままにのんびりと島根県の離島、隠岐諸島を旅行!

隠岐諸島旅行体験記

中ノ島で開催されるキンニャモニャ祭りに参加するため行きました。お祭りの陽気な雰囲気と島の伝統芸能に触れることが好きです。また、親戚が隠岐諸島で暮らしているので親戚に会う目的もありました。これまで4、5回訪れた大好きな場所です。

隠岐諸島旅行について

おすすめのポイント
  1. 海!草原!自然に溢れた美しい世界が広がる!
  2. 4つの有人島はそれぞれ魅力があり全て観光すれば深く隠岐諸島を楽しめる!
  3. ほっと気持ちがほぐれる朗らかな住民たちは島の宝物!

自然豊かな隠岐諸島は、都会の喧騒を忘れさせてくれる癒しの場所です。美しい海はもちろんのこと、変化に富んだ海蝕崖やローソクに陽が灯ったように輝くローソク島、千数百年を超える樹齢といわれている玉若酢命神社の八百杉など興味深い観光名所がたくさんあります。4つの有人島を巡れば、隠岐諸島の魅力にどっぷり浸かり島が大好きになるはずです。また、現地の皆さんはとても穏やかで人間関係を大切にする印象のため温かい気持ちにさせてくれます。のんびりと気の向くままに過ごしたい方へオススメの場所です。

隠岐諸島旅行のおすすめのスポット

キンニャモニャ祭りでパレードに飛び入り参加しよう!

キンニャモニャ祭りは、中ノ島で8月第4土曜日に開催される島内最大のお祭りです。1,000人規模のパレードが目玉で、様々な衣装を着た島人が陽気な民謡と共にしゃもじを持って踊る様子は見ているだけで楽しいものです。一般の方もパレードに参加することができるので、興味のある方は旅行の思い出に是非!焼き鳥やかき氷など楽しい屋台も出ていたり、近距離から見られる美しい海上花火もあったり、充実したお祭りです。夏に訪れる際は、キンニャモニャ祭りに合わせて旅をするのもいいですね。

馬や牛と一緒に絶景を味わえる隠岐国賀海岸!

西ノ島にある隠岐国賀海岸は、海抜257メートル国内最大級の海崖として知られている「摩天崖」があるスポットです。摩天崖を望む展望所からの眺めは圧巻の美しさ。ウォーキングコースが設備されているので、軽い登山の気持ちで是非展望台まで挑んでみると最高の景色を味わえます。大自然の中、胸いっぱいに空気を吸い込みながらのウォーキングは心の垢が落ち爽やかな気持ちになりました。青く広がる海と空、そしてその間には草原。そこを馬や牛が気ままに歩いていて、神秘的な場所です。

フェリーに乗ってゆったりとした時間を楽しもう!

一番大きな島である島後には本土から飛行機で行くこともできますが、他の3つの島(島前)には本土からフェリーもしくは高速船を使わないと行くことができません。私は、本土の七類港から中ノ島(島前)へ向かうのにフェリーを使いました。所要時間は約2時間半とゆったり船旅を満喫。船内は等級により違いがあり、私は標準である絨毯敷きの大部屋2等室を選びましたが、十分居心地よく過ごせて満足です。天候に恵まれたおかげでデッキに上がることができ、潮風にあたりながら広く大きい海をぼーっと眺め至福でした。

隠岐諸島でのおすすめグルメ

幻の黒毛和牛!隠岐牛はほっぺが落ちる美味しさ!

中ノ島にある焼肉屋「島生まれ島育ち 隠岐牛店」 は、隠岐諸島名産の隠岐牛を堪能できます。あまり聞き馴染みのない隠岐牛ですが、実はもっとも美味しいといわれているA5ランクのお肉です。大地の恵みを存分に浴びた風味豊かな隠岐牛は、中ノ島を訪れた際に是非食べるべき!オススメします。スタッフさんは温かみのある対応をしてくれて、お皿に美しく盛られた隠岐牛からも優しさと愛情が伝わってきました。その他、日本海ならでは大粒の牡蠣や弾力ある歯応えのタコなど海の幸もいただくことができます。

隠岐諸島でのおすすめのショッピングスポット

承久海道キンニャモニャセンターには隠岐名物が目白押し!

中ノ島、芝浦港の玄関口には、承久海道キンニャモニャセンターがあります。ここでは特産品販売所があるので、隠岐諸島のお土産を買うのにぴったりです。ついつい大量に買ってしまうほど、興味がそそられる商品がたくさんあり時間を忘れて見入ってしまうほどでした。オススメしたいお土産は、吉村水産のうに瓶と島伝統の味が楽しめるふくぎ茶です。うに瓶は、うにのほのかな甘みと旨味が味わえるうに好きにはたまらない商品です。ふくぎ茶は、森林の香りが特徴で島の思い出が蘇るようなやさしい美味しさです。

隠岐諸島にて宿泊したホテル

日本海まで徒歩1分!元民泊の親戚宅に宿泊!

私は親戚の家に泊まりましたが、4つの有人島には30軒前後の宿泊施設があります。ホテルや旅館、そして民泊もあるので隠岐諸島の生活を体験したいのならば民泊がオススメです。現地の方々とおしゃべりを楽しんだり、自然体験をしたり交流することによって、より隠岐諸島を深く味わえます。居心地の良さから、第二の我が家になるかもしれないですね。また、民泊は、一泊2食付きでも安く泊まれる点も魅力です。

隠岐諸島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

飛行機、船、観光名所巡りなど全て個人手配しました。隠岐諸島に馴染み深い親戚がいてサポートしてくれたお陰で、問題なく手配することができました。しかし、少し手間取ってしまったのが、飛行機と船の調整です。本土と島を行き来するのに利用した船は、1日に2〜3便と本数が限られているため、それに合わせて飛行機を予約したりスケジュールを組んだりするのがちょっと大変でした。また、キンニャモニャ祭り前後は、観光客が多く混雑が予想されるため船や宿泊施設を早めに予約することをオススメします。

隠岐諸島旅行に必要な持ち物

「乗り物酔い防止薬」は、持っていた方が良いです。隠岐諸島には4つの有人島があり、その島を移動する際には船に乗らないと移動することができません。普段から車やバス酔いに不安がある方は尚更、そうでない方もきっと大丈夫だろうと安心せず念のため所持することをオススメします。私の場合、普段は乗り物酔いをしませんが、疲労が溜まっていると船酔いだけしてしまう体質なので酔い止めは必需品です。せっかくの旅行が船酔いで台無しなんてならないためにも乗り物酔い防止薬は準備しましょう。

隠岐諸島旅行での注意点

隠岐諸島旅行での注意点
  1. 船は運行頻度が少ないため時刻表をしっかりチェックしよう!
  2. クレジットカード使用不可のお店もあるため現金を所持しよう!
  3. 日焼け止め・サングラス・帽子など紫外線対策を忘れずにしよう!

隠岐諸島には、3種類の船があります。島前3島(中ノ島、西ノ島、知夫里村)を行き来する内航船は、1時間に1〜3便、本土と隠岐、または島前と島後(隠岐の島)の間を運行するフェリーと高速船は、1日に1〜3便ほどしかありません。このように、船の運行頻度が少ないため乗り損ねてしまうと予定がズレる恐れがあるので、時刻表は間違いなく確認しましょう。

まとめ

心の行くまま、自由に自然を楽しめるのが隠岐諸島の魅力です。数回訪れたことのある地ではありますが、毎回新しい発見や感動があり豊かな心を育ませてもらいました。ふるさとのような愛に包まれて、何度でも訪れたくなります。そして益々好きになっています。海の恵み、土の恵み、人の恵みを贅沢に体験でき、今回の隠岐諸島も記憶に残る旅行になりました。

tomozou.s個人ライター

投稿者の過去記事

個人ライターです。
「47都道府県制覇!」を目標に趣味で旅をしています。
日本には数多くの観光名所がたくさんあり、せっかく日本人として生まれたのならば、その地にこの足で行ってみたいと思ったのが国内旅行制覇のキッカケです。
旅行記事のほか、お出かけ記事やペット(犬)に関する記事も執筆しています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子二人旅 in アメリカ グランドゼロが切ないニューヨーク| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記旅の最後は友達と向かったニューヨークです。私も友達も初めてのニューヨーク。…
  2. セブ旅行体験記短期英語留学で英語を学びにセブ島に行ってきました。英語を学ぶ環境も素晴らし…
  3. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  4. モロッコの国鉄ONCFに乗車しカサブランカへ| トラベルダイアリー
    カサブランカ旅行体験記今回はフェズから国鉄ONCFの列車に乗りカサブランカまで移動しました。モロ…
  5. ニューヨーク旅行体験記昔から好きだった海外ドラマ、セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)の舞台…
  6. フィンランドヘルシンキ【マリメッコ社員食堂へ!】| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都ヘルシンキのマリメッコ本社へ行ってきました!以前日本でマリ…
  7. セムク・チャンペイ旅行体験記基本的にノープランだった中南米旅行。ガイドブックは持たずに、実際に行…
  8. ウユニ旅行体験記前回、ウユニ①の記事でご紹介したツアーでは、乾季と雨季それぞれ違ったウユニ塩湖を…
  9. 初めてのバンコク旅行!定番スポット巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記アジアの中でも人気の観光スポットがたくさんあるバンコク。日本からは4時間半〜6…
  10. スニオン岬旅行体験記ギリシャの首都アテネから日帰りで足を伸ばせる自然がいっぱいのスニオン岬。都市…

国内旅行おすすめ

  1. 小江戸・栃木の「蔵の街」&足利の「フラワーパーク」をめぐる旅!| トラベルダイアリー
    栃木・足利旅行体験記ドラマ「JIN-仁-」などのロケ地となった栃木市の「巴波川(うずまがわ)」と…
  2. 時間がなくても楽しめます!一日で巡る高知・兵庫・和歌山の旅! | トラベルダイアリー
    鍾乳洞・渦潮・海鮮満喫旅行体験記2018年GW以前から行きたかった四国&関西地方への旅行に出かけ…
  3. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  4. 博多グルメと糸島ドライブで身も心も満たす! | トラベルダイアリー
    博多旅行体験記最近、徐々に知名度を上げている糸島で、いろんなきれいな写真を撮りたくて福岡旅行を決…
  5. はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標…
  6. 【淡路島おすすめスポット】うずしおクルーズ・鮎屋の滝・淡路おすすめグルメを満喫してきました!| トラベルダイアリー
    うずしおクルーズ・鮎屋の滝体験記淡路島のおすすめ観光としても有名な、うずしおクルーズ。どうせなら…
  7. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  9. 気楽に無料バスで行く☆スパリゾートハワイアンズ☆ホテルハワイアンズ編| トラベルダイアリー
    ふらっとハワイアンズへ水遊びに行く首都圏から無料送迎バスが出ているハワイアンズ。 私は新宿から乗…
  10. 人吉旅行体験記JR九州の観光列車「かわせみやませみ」に乗ってみたい。その衝動だけで乗車券を購…

最新記事

  1. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  2. 田川旅行体験記福岡県の炭鉱で栄えた町、田川を走る平成筑豊鉄道は、平成元年に誕生し、令和には新しく…
  3. 3000本のモミジにうっとり♪秋の京都は【永観堂】に行くべし!| トラベルダイアリー
    永観堂旅行体験記永観堂(禅林寺)はみかえり阿弥陀様で有名なお寺ですが、それだけではなく秋の紅葉の…
  4. 歴史と自然が調和する港町☆福山市鞆の浦へ日帰りサイクリング| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記リモートワークしながら広島県の尾道に長期滞在中、週末どこかへお出かけしたくなってお…
  5. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  6. tabihituji_pavirion2
    東京美術館巡りの旅【青山・渋谷周辺】東京の青山周辺のアートイベント「パビリオン東京2021」の展…
  7. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  8. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  9. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  10. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…

Archive



PAGE TOP