はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた

はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた

毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標を考えるのですが、今年は【一人旅】をする!!と意気込み、どうせなら海が綺麗な島に行こうと決めました。携帯も使わないような自然あふれるところがいいと思い「ヨロン島」に行ってきました。

与論島旅行体験記

おすすめのポイント
  1. ヨロンブルーが広がる綺麗すぎる海で日常を忘れられる時間
  2. 優しすぎるヨロンの島人と一人旅同士の素敵な出会いがあるかも?
  3. 格安で、もろもろ楽しめちゃうのも魅力のひとつ

鹿児島の最南端の島の与論島なので、10月でもとても暖かくて半袖で過ごせる陽気です。珊瑚礁に囲まれた海は絵に書いたようなブルーで砂浜で海を眺めているだけで幸せ気分になります。島自体も島一周が約24キロなので島に1泊すればほぼ周れます。携帯を開かずともお店にふらっと入ると、店の方や常連の方がどこに行っても優しく声を掛けてくれました。そしてなにより、マリンスポーツも充実していて楽しい思い出も沢山できます。民宿も多くあるのでかなりお得に滞在できます。

与論島旅行のおすすめのスポット

ヨロンブルーの海と百合が浜



時期が合えば沖あいに真っ白な砂浜の百合が浜がでてきて本当に綺麗。手を砂浜に押すつけると星の形の砂がたくさん付いていて小さな袋にたくさん詰めていきました。グラスボートのツアーはウミガメの休憩場にも連れて頂き、大きなウミガメに会うこともできますよ。透明の海に感動しにいきましょう。百合が浜の出る時期をめがけて旅行の計画を立てるのがオススメ

朝日を見ながらの【SUPよろん】で体も心も


【SUPよろん】を前日に予約をしたのですが、とても親切に対応してくださり、当日早朝に宿泊していた宿に迎えに来てくれました。一人旅の女性とたまたま一緒でした。暗闇の中から空が白けていく様子を眺めながらサップの練習をしました。初めて挑戦したサップも楽しく漕ぐことができ、朝日を海の中からみた感動は忘れられません。ウミガメにも遭遇して、身体も心もほぐれます。写真も送ってくれるサービスも嬉いポイントです!

趣味のマラソンも楽しめちゃうコースまで


趣味でランニングをしているので、島のガイドブックにマラソンコースの文字を見て、「ランニングシューズ持ってきてよかったー」と思いました。坂道が多いのですが海風がとても気持ちよくランニングできます。ヨロンマラソンと書かれた紙も看板もそこら中でみかけ、次回はマラソン大会に参加する旅もいいかもと考えながら、島を散策ついでに汗を流しました。ランニング好きにはたまらない場所です。

与論島でのおすすめグルメ

【居酒屋ひょうきん】のカウンターはみんなが仲間!?


地元のお酒と食べ物をカウンターで飲みたいので【居酒屋ひょうきん】にお邪魔しました。カウンターに案内されると気さくな店員さんがオススメを教えてくださり、そうめんもずくやお刺身、天ぷら出るもの全部美味しい!隣の常連さんもまた隣の一人旅のお客様とも島の若いお客様もみんなでお酒を飲みながら楽しいひと時を過ごせるのも魅力的。中でも私のお気に入りは地元のお酒【島有泉】!自己紹介をしながら飲むのが島流らしく、男女年齢様々な方と話しながらおいしものも食べることが出来ました。オススメです!

与論島でのおすすめのショッピングスポット

回る時間があまりなく、空港にて、、、


私が行った最終日が台風の影響で飛行機が飛ばなくなり、予定を前倒しにしたため、あまりお土産屋さんに回れなかったのですが島のものなら与論空港でほぼ揃っていました。地酒からハンドメイドアクセサリー、クッキーやそうめんもこちらで購入。バタバタとしてましたがだいたいの人がここで買うのか、周りを見るとカゴいっぱいに買っていました。買うのを忘れた!と思っても空港で帰るので安心です。

与論島にて宿泊したホテル

民宿海水館にて爆睡の日々


空港からはとても離れているが民宿の人が空港にお迎えに来てくれます。百合が浜が現れる大金久海岸にもすぐに行けました。素泊まりだったので寝に帰るような感じでしたが、水着が干せたのはありがたかったです。畳も綺麗で布団もドライヤーもテレビもあるので不自由無く過ごせました。帰りも空港まで送ってもらいました。隣の部屋の音は多少聞こえますが、旅の疲れもあったので布団に入れば爆睡で聞こえなく、トイレとお風呂は共同なのでなんだか修学旅行の気分になりました。

与論島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

オリオンツアー

良かった点
  1. なによりリーズナブルで自分好みにスケジュールが組める
  2. 長い期間でえらべるツアーがあるのも魅力的
残念だった点
  1. アクシデントがあった時に電話対応がなかなか繋がらない

与論島旅行に必要な持ち物

海で楽しむことを考え、水着やビーチサンダル、日焼け止めは必須ですね。そして現金。クレジットカードがあまり普及していない様子でした。その代わりにPayPayはほとんどの店で利用できます。現金とPayPayを使うなら携帯、充電器といったところでしょうか。星の砂を持って帰るように小さな袋もあると便利。

与論島旅行での注意点

やはり、クレジットカードが使えないこと。空港のお土産もクレジットは使えないのでPayPayで支払いました。ATMも2ヶ所くらいだと思います。現金かPayPayをスマートフォンに入れておくのがいいと思います。そして、島の移動手段ですが、天気が良ければ原付や電動自転車を借りるのがいいかもしれません。空港から宿までは基本的に宿の人が送迎をしてくれるので安心ですが、坂道も多いので車も便利ですが、細い道もあるのでバイクなどもオススメです。

まとめ

旅行後半に台風が接近したため、予定を前倒ししながらでしたが、本当に最高の一人旅になりました。人に会うたびに声をかけてくださり、旅行に訪れている方同士も仲良くなれる与論島です。普段は携帯と開いてはアプリで時間を潰していましたが、充実しすぎて携帯を写真を撮るだけに使い、自然にふれ、綺麗な景色をみて、時間の流れをゆったりと感じることが出来ました。はじめての一人旅に与論島を選んで本当によかったと思える旅でした。もし一人旅をするなら与論島で人の優しさと自然に触れてはいかがでしょうか?

かえで

かえでヘアデザイナー

投稿者の過去記事

休みは思いっきり出かける美容師
景色の綺麗な場所、美味しい食べ物、お酒が好きです
最近は走ることにハマっており、スポーツは分野を問わず応援するのが好きです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  2. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  3. 「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー
    アントワープ旅行体験記ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということ…
  4. シャウエン旅行体験記いつか何かの本で見たシャウエンの青い街。なんて素敵なのだろう、いつか絶対に訪…
  5. 女子一人旅 in イギリス 友人を訪ねてバーミンガムへ| トラベルダイアリー
    バーミンガム旅行体験記いよいよヨーロッパ最後の国、イギリスへ。まずは留学中の友人を訪ねてバーミン…
  6. セビリア旅行体験記夫婦でスペインを1か月間かけて周遊し、様々な都市を訪れました。その中でもセビリ…
  7. ローザンヌ旅行記日本でのオリンピック開催をきっかけに、行きたい気持ちが強烈に高まった「オリンピッ…
  8. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  9. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  10. サンクトペテルブルク旅行体験記世界三大美術館の1つ、エルミタージュ美術館に行ってみたくて足を伸ば…

国内旅行おすすめ

  1. 横浜旅行体験記東京からのアクセスが大変よく、お洒落なイメージのある横浜!今回は、週末にふらっと気…
  2. 伊勢旅行体験記お伊勢さんとして人気の観光地、伊勢志摩に一泊してきました!一生に一度はお伊勢参り、…
  3. Dlofre's Campus日帰り旅体験記休日にカフェを新規開拓するべく訪れた「Dlofre'…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  5. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  6. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  7. 松山旅行体験記 愛媛県の新居浜市への出張3日間を終え、移動日まるまる使って松山に観光…
  8. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…
  9. 国境の長いトンネルを抜けると…?雪国【湯沢町】は温泉・スキー天国!| トラベルダイアリー
    湯沢旅行体験記2020年冬、大好きなスキーと大好きな温泉を満喫しに、湯沢町に行ってきました。サラ…
  10. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP