奄美大島の郷土料理、『鶏飯』を食べ尽くせ!

目次

奄美大島旅行体験記

新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々と違い、あまり観光地としての知名度はまだあまりありません。なので食べ物のイメージもあまりわかない奄美大島ですが、一度食べたら忘れられない絶品郷土料理がありました!

奄美大島旅行について

おすすめのポイント
  1. 郷土料理
  2. 鶏飯
  3. 鶏さし

旅行の楽しみのひとつ、郷土料理。同じ日本でも、地域によって様々な特色があります。せっかく旅行したからにはその土地ならではの食を楽しみたいもの。奄美大島には、鶏飯と鶏さしという郷土料理がありました。鶏飯とは、ほぐした鶏肉、錦糸卵、干ししいたけ、みかんの皮などを好きなようにご飯に盛り、鶏出汁のスープをかけて食べる、お茶漬けのようなものです。おもてなし料理のようですが、島内様々なレストランで食べることができるのでたくさん回ってみました!鶏肉のお刺身である、鶏さしも美味しかったので一緒にご紹介いたします。

奄美大島旅行のおすすめのスポット

鶏飯といえばここ!『けいはん ひさ倉』


奄美大島で鶏飯を食べるなら、真っ先に名前があがるのがここ、ひさ倉。お店は広く、様々な年代の人に人気があるようで色んな方がいました。ここの鶏飯はお肉がふわふわでスープはすっきり。ですがしっかりと鶏肉の旨味を感じる、とても美味しいものでした。一緒に食べた鶏さしも絶品!「生の鶏肉なんて、、、」とはじめは思っていましたが、すっかりトリコになりました(笑)駐車場も広いので車も止めやすいですよ。

幻の元祖鶏飯のお店『鶏飯 みなとや』

行けるか行けないかは運次第。そんな幻の鶏飯のお店がこちらです。昔は炊き込みご飯スタイルだった鶏飯を、現在のようなスープをかける形にしたのがここのお店なんだとか。なぜこのお店が幻なのかというと、、、お店の方が1人で回しているようで、営業日も営業時間も当日決定な上に、予約不可なんです!※筆者の旅行当時  当日行って、入店目安時間の書かれた順番待ち受付用紙に名前を書くことができれば絶品鶏飯にありつける、そんなお店です。こちらは少し大きめに割かれたお肉と、味がしっかりしているもののコッテリではないスープが食べ応えがあって美味しかったです。

最高のロケーションで最高の思い出『AMAネシア』


こちらは、「ばしゃ山村」というリゾートホテルにあるレストランです。と言ってもレストランだけの入り口があるので宿泊者ではなくても入りやすいですよ。こちらは鶏飯専門のお店ではないのですが、何が素晴らしいかってこのロケーション!海に面したレストランで、海側には大きな大きな窓ガラスがあるので奄美大島の綺麗な海を見ながらお食事ができます。テラス席もあるので心地良い気温の時はテラス席も素敵ですね。空港から車で10分程度と近いので、2日後のフライト前にも寄れますよ◎ ホテルのレストランということもあってか、クセのない万人受けのするようなとっても美味しい鶏飯でした。

奄美大島でのおすすめグルメ

暑い夏にぴったり!絶品ジェラート『La Fonte』

きっとどの季節も素敵だと思いますが、やっぱり夏に行きたいと思うのが南の島。筆者ももちろん夏に行きました。ちょうど梅雨が明けた直後で暑い暑い夏の盛りです。鶏飯ももちろん美味しいですが、そんな時に食べたくなるのがひんやり冷たいデザートですよね。こちらは季節のフルーツや素材を使った美味しいジェラートが人気な、農園直営のジェラート屋さんです。とっても人気なお店のようで、いつ前を通っても車がたくさん停まっていました、、、!満車で入れないこともあるかもしれないですが、旅行したらぜひ訪れていただきたいお店のひとつです。

奄美大島でのおすすめのショッピングスポット

奄美大島のフルーツを求めて『奥商店』

ショッピングスポットというのでしょうか、、、しかし確実におすすめなのが、こちら奥商店です。こちらには島バナナやパッションフルーツなど島名産の季節のフルーツがたくさん並んでいる人気のお店です。少しずつはもちろん、配送も行っているので箱などで大量に買ってお店から自宅に送ることも可能です!筆者はこちらで大量のパッションフルーツを購入して関東の家に送りました。そのパッションフルーツの美味しいこと、、、。すっかりそれからパッションフルーツの魅力にハマってしまいました。

奄美大島にて宿泊したホテル

レスト&ロッジ翔

こちらは奄美空港から車で5分程度、土盛海岸というビーチの近くにある宿泊施設です。こちらの宿泊施設の素敵なところは、ビーチまで歩いて行けること!土盛海岸というとても綺麗なビーチまで徒歩で行くことができるので、荷物の心配も帰りの心配もいりません。また、お部屋によるのかもしれませんがお部屋のテラスの窓から海が見えているのもとっても素敵でした。新しくはないですがバスルーム等も綺麗に管理されており、木の温もりを感じるお部屋で1日動き回って疲れた体を癒す落ち着いた時間を過ごすことがきました。

奄美大島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

筆者は旅行する時は基本的に個人手配で旅行しています。魅力はその安さと自由度。ツアーだと航空券やホテルなども旅行会社が手配してくれて旅行初心者の方でも簡単に旅行ができますが、どうしても少し高くついたり選べる宿が限られていたりすることも、、、。今回は、LCCのPeachがセールをするタイミングに合わせて航空券をとって、色んな比較サイト等を利用して宿を予約しました。自分で全て調べなくてはならない分リサーチに時間がかかりますが、それも含めて楽しいのが旅行のいいところだと私は思っています。

奄美大島旅行に必要な持ち物

晴雨兼用の折り畳み傘は忘れないようにしましょう。島の天気は変わりやすく、ピカピカに晴れていると思ったら急に雨が降るなんてことも。急な雨に対応できることももちろんですが、強い日差しと暑さから身を守るためにもどちらでも使える折り畳み傘は必要です。筆者は小雨だとささないくらい、かさばるので基本的に傘は嫌いなのですが、天気の変わりやすい土地での折りたたみ傘は必須だと思っています。あとは虫対策グッズ!虫除けと虫刺されどちらも持っていた方が良いでしょう。海だけでなく山の自然も素晴らしい奄美大島。色んな虫がいます。筆者も滞在中に何かの虫に刺されてとっても痒い思いをし、塗り薬を持って行って良かったと強く思ったので持っていくことをおすすめします。

奄美大島旅行での注意点

奄美大島旅行での注意点
  1. レンタカーの予約は余裕を持って!
  2. お店の営業時間をきちんと調べること!
  3. 様々な生き物に注意!

奄美大島には電車がなく、バスはありますが観光には適していません。レンタカーの確保は確実に!いい意味で観光地化がまだそこまで進んでいない奄美大島。早めに閉まるお店などももちろんあります。定休日や営業時間を調べて移動時間もしっかり考慮しないと行きたいお店に行けなかったなんてことも。気ままな旅も楽しいですが、リサーチは大切に。また、島には普段出会わない生き物がたくさんいます。保護の意味でもそうですが、自分の身を守るためにも注意して過ごしましょう!

まとめ

今回は奄美大島の『食』にフォーカスして紹介いたしました。綺麗な海や外国のような山の景色ももちろんですが、『食』のためにも何度でも訪れたいと思えるような素敵な食文化を持っている島です。今回紹介したお店以外にも、宿の人に聞いた地元の居酒屋さんで食べた『油そうめん』というものもとても美味しくて、また作り手によって特徴がいろいろあるようなので次回は油そうめんの食べ比べなどもしてみたいなと思っている筆者です。皆さんもぜひお気に入りの島料理を探しに奄美大島に旅行してみてはいかがでしょうか。

skittles

投稿者の過去記事

旅行とダイビング と登山と映画を趣味とする20代歯科衛生士。
ギョロギョロのiPhoneとGo Pro、そしてコンデジを振り回し、旅で出会った風景や食べ物などを記録しています。
たくさん溜め込んでましたが、様々な体験や綺麗な景色等を独り占めするのはもったいない!いろんな人に知って欲しい!という思いから副業でライターを始めました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in ペルー ついに南米へ!インカ帝国を感じるクスコ| トラベルダイアリー
    クスコ旅行体験記キレイで快適なヨーロッパを後にして次に向かったのは南米、ペルー。もちろんメインは…
  2. ミュンヘン旅行体験記「バイエルン」や「ミュンヘン」といった文字を見ると、優雅な景色や、美味しいも…
  3. 福岡旅行体験記今回は開業40周年を迎えた福岡市地下鉄の1日乗車券、「ファミちかきっぷ」を使って市…
  4. モロッコの国鉄ONCFに乗車しカサブランカへ| トラベルダイアリー
    カサブランカ旅行体験記今回はフェズから国鉄ONCFの列車に乗りカサブランカまで移動しました。モロ…
  5. チェンマイ旅行体験記タイの古都チェンマイは美しいお寺や自然が豊かで、 田舎町のような雰囲気があり…
  6. サハリン
    ユジノサハリンスク旅行体験記樺太(サハリン)という、現在でも帰属が決まっておらず、日本に最も近い…
  7. モロッコの青い宝石箱 シャウエンの旧市街を散策| トラベルダイアリー
    シャウエン旅行体験記シャウエンの青い街並みが日本でも有名になり、一度どんなところか行ってみたかっ…
  8. モロッコ・ワルザザート近郊の観光スポットを訪れる| トラベルダイアリー
    ワルザザート旅行体験記メルズーガからマラケシュへ移動する途中の街、ワルザザートに立ち寄りました。…
  9. ウユニ塩湖旅行体験記SNSや旅行誌でも見かけることの多い、ウユニ塩湖。実際にその地に立ち自分の目…
  10. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れグアムの旅② ~グルメ編~ | トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…

国内旅行おすすめ

  1. 【日本最北端】北海道・宗谷岬へ感動の絶景に出会う旅に出よう‼| トラベルダイアリー
    稚内旅行体験記【宗谷岬】は稚内市にある日本最北端といわれる場所です。海沿いを走って向かうので…
  2. 宮島旅行体験記「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」親しい同僚と、いつもこんな…
  3. ~ガンガラーの谷&海カフェ&青い海~沖縄の那覇・北谷で女子2人旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記今回の沖縄旅行は「ガンガラーの谷」のガイドツアーが一番の目的でした。「ガンガラーの…
  4. 大自然 奄美大島で海ガメと泳ぐ| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記まだあまり観光地化されておらず、素朴な自然が楽しめると聞いたので行ってみました…
  5. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  6. 【東洋のガラパゴス】美しい海に囲まれた奄美で絶対外せないスポット| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記 九州南方にある奄美大島は、別名「東洋のガラパゴス」ともいいます。…
  7. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  8. 河口湖温泉で富士山を満喫| トラベルダイアリー
    富士河口湖町旅行体験記天気が良い日は地元からも遠くに望める富士山ですが、実際に近くで見た事がなかっ…
  9. こんぴらさん旅行体験記香川県にはこんぴらさんと呼ばれ親しまれる神社があります。このこんぴらさんに…
  10. 青森旅行体験記青森といえばねぶた!弘前城!海産物!と思い浮かびますが、実際行ったことがなかっ…

最新記事

  1. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  2. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  3. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  4. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  5. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  6. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  7. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  8. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  9. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  10. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…

Archive



PAGE TOP