地元民と行く!沖縄南部ドライブ~豊見城 ビーチ&ショッピング編~| トラベルダイアリー

地元民と行く!沖縄南部ドライブ~豊見城 ビーチ&ショッピング編~

豊見城旅行体験記

学生時代の仲良しグループが沖縄に来るということで、沖縄在住の私も旅行に同行させてもらいました。普段は素通りしてしまいそうな空港近くの豊見城エリアですが、ゆっくり観光してみれば魅力ある場所がたくさん!実際に友達を案内し、喜んでもらったスポットを紹介します。

豊見城旅行について

おすすめのポイント
  1. 空港からすぐ近く!沖縄旅行初日や最終日でもゆっくり遊べる。
  2. 海の見える広い公園で、リゾート気分を味わえる。
  3. 豊見城は「マンゴーの里」!本場の味を味わえる。

豊見城市は那覇空港のある那覇市のすぐ南で、空港からも車で15分程とアクセスは抜群!那覇空港が那覇市の南に位置するので、実は国際通りなどの那覇の中心地に出るのと移動時間は変わらないのです。それでいて綺麗なビーチや商業施設もあり、十分にリゾート気分を味わえます。飛行機の時間に制限される旅行初日や最終日に訪れるにはおすすめのエリアです。
また、豊見城は南国フルーツの代表格、マンゴーの生産が盛んで、「マンゴーの里」とも称されています。豊見城を訪れた際は、本場の甘いマンゴーをぜひ味わっていただきたいです。

豊見城旅行のおすすめのスポット

空港すぐ近くのリゾート♪豊崎美らSUN(ちゅらさん)ビーチ


空港からすぐ近くでありながら、リゾート気分を思いっきり感じることができるビーチです。青い海、白い砂浜、緑の芝生コントラストが本当に美しく、これぞ沖縄!と感じさせてくれる風景です。晴れていればビーチから慶良間諸島を望むことができ、夕方には水平線に沈む夕日を見ることもできます。潮風を感じながらゆったりと海辺で過ごしたり、充実したウォーターアクティビティで思いっきり海水浴を満喫したり、海を見ながら手ぶらでOKのバーベキューを楽しんだり、お好みの過ごし方をすることができます。

飛行機が間近で見られる!豊崎海浜公園

豊崎美らSUNビーチに隣接する、豊崎海浜公園。広大な芝生の広場や、海沿いの遊歩道があり、地元の人々もよく訪れる公園です。この公園は那覇空港にも近いため、離着陸する飛行機を間近で見られるのです。大きなエンジン音を響かせながら頭上を飛ぶ飛行機は迫力満点!中でも、自衛隊那覇基地のF15戦闘機が飛行した時は、その迫力あるエンジン音とアクロバットのような飛行に驚かされます。日本でも民間機と自衛隊機が共用している空港は少ないので、一度に両方の機体を見られるのはなかなか貴重です。

白亜のリゾート 瀬長島ウミカジテラス

車で渡れる離島、瀬長島にある商業施設です。真っ白に統一された外観のお店が立ち並ぶ様子は、まるでヨーロッパのリゾート地に来たかのように感じさせてくれます。海を望むテラス席があるレストランやスイーツのお店、沖縄をモチーフにしたクラフトショップなど、お洒落なお店がたくさん!どの風景もSNS映えすること間違いなしです。

ウミカジテラスすぐ近くの海岸には「子宝岩」と言われるパワースポットがあります。上下2つの穴があり、穴に向かって小石を投げ、上に入れば男の子を、下は女の子を授かるとの言い伝えがあるそうです。

豊見城でのおすすめグルメ

海を見ながらイタリアンを堪能「POSILLIPO」

瀬長島ウミカジテラスの高台の頂上にある、本格南イタリアンのレストラン「POSILLIPO」。店内の大きな窓からはどの席からでも美しい海が見渡せますが、私のおすすめはなんと言ってもテラス席。エメラルドグリーンの海が一面に広がるその風景は息を呑む美しさです。
料理は、シンプルな味付けながらも、どれも素材そのものの味を十分に楽しむことがでます。特に魚介を使った料理は、素材の旨味がソースにもたっぷりと絡み、大満足のお味でした。

豊見城でのおすすめのショッピングスポット

とれたての南国フルーツや野菜が揃う「うまんちゅ市場」

美らSUNビーチのある豊崎から橋を1本渡ってすぐの糸満市にある「うまんちゅ市場」。こちらは「道の駅いとまん」内にあり、地元の人達も利用するファーマーズマーケット。地元でとれた新鮮なフルーツや野菜が並びます。私達が訪れた夏のシーズンは、マンゴーやパイナップル、ドラゴンフルーツと、南国フルーツが勢ぞろい!中でも驚いたのが、贈答用に出荷できない見栄えが劣るマンゴーが、家庭用にと驚くようなお手頃価格で販売されていたこと。私もお土産に買って帰りましたが、とろけるような甘さはさすが本場の味。見栄えが少々悪くても、このお味ならコスパ抜群です!

ファーマーズマーケットならではのお土産品も置いていました。

新鮮な魚介を食べ比べ♪「お魚センター」

「お魚センター」は、多くの鮮魚店が集まっている魚市場。こちらも「道の駅いとまん」内にあり、うまんちゅ市場に隣接しています。新鮮な刺身をはじめ、沖縄名物の「グルクンの唐揚げ」などの惣菜、沖縄らしいカラフルな色のな魚を丸ごと1匹売っている店舗もあります。
食べ比べ用の刺身は1杯200円~500円程で売られており、珍しいものでは沖縄の高級魚「ミーバイ」の刺身もありました。もちろんどれも新鮮でプリップリ!買った刺身や惣菜は、外のイートスペースで食べることができるので、お好みの物を少しずつ買って、食べ比べてみるのも楽しいです。

豊見城のおすすめホテル

琉球温泉 瀬長島ホテル

沖縄では珍しく天然温泉があるホテルです。お部屋や露天風呂からは、澄んだ青い海と空港に離着陸する飛行機が見えるというなんとも贅沢な眺め。夕方は水平線に沈む夕日、夜はライトアップされた空港と、時間帯によって違う景色を楽しむことができます。ウミカジテラスからも歩いてすぐなので、ショッピングの後に疲れた体をすぐに休められるのも良いです。私は日帰り温泉でしか利用したことがありませんが、ぜひゆっくりと泊まってみたいホテルです。

豊見城旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

友達は、飛行機・ホテル・レンタカー、全て個人手配でした。レンタカーは自由に動き回れるので便利ですが、今回紹介したエリアは全て「ウミカジライナー」というバスで移動することもできます。バスは那覇市内の国際通りや空港も通るので、免許がない方や、那覇周辺だけを観光するという目的の方は、レンタカーなしでも十分に楽しむことができます。

豊見城旅行に必要な持ち物

今回紹介したエリアは全て海から近いので、風が強いことが多いです。夏はその風が心地よく感じることができますが、11月~2月頃は北風が強いので、天気予報の気温よりも体感温度がかなり低く感じることも。11月~2月頃に訪れる方は1枚羽織れる物があると重宝します。
お魚センターを訪れて、刺身など生物をホテルに持ち帰る予定のある方は、保冷バッグがあると安心です。刺身を買うと殆どのお店で氷を付けてくれるので、あまり長時間でなければ保冷バッグに入れて持ち歩くことが出来ます。

豊見城旅行での注意点

豊見城旅行での注意点
  1. 紅芋は県外への持ち出しが出来ません。
  2. 風が強い日は瀬長島へ渡る橋が通行止めになることがあります。

うまんちゅ市場では、沖縄県外であまりお目にかからない生の状態の紅芋が売られています。珍しいので友達も買いたがっていましたが、害虫の県外でのまん延を防止するため、沖縄県外への持ち出しは規制されています。紅芋をお土産にしたい方は加工品を買いましょう。
台風時など強風の時は、瀬長島へ渡る橋が通行止めになることがあります。運悪く瀬長島に向かう日が悪天候の場合は、事前に交通情報をチェックしておくことをおすすめします。

まとめ

沖縄旅行と言えば、レンタカーで空港から北に進むイメージがある方も多いと思いますが、空港近くの豊見城にはこんなにたくさんの楽しめる場所があります。特に豊崎や瀬長島エリアはここ数年で商業施設の開発が盛んで、今回紹介した以外にも大型ショッピングモールや水族館など、ファミリーで楽しめる施設もたくさん。あまり時間がないという方でも、豊見城と那覇で1泊2日の弾丸旅行も楽しめると思います。リゾートもショッピングも一度に楽しめる豊見城。私も大好きな街です。

 

saranoahmama

投稿者の過去記事

若い頃から旅好きで、大好きで何度も訪れた沖縄に移住してしまいました。
今は母になり、2匹のワンコも飼っていますが、子連れ・ワンコ連れと、独身時代とはまた違った旅のスタイルを楽しんでいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. パリ旅行体験記 観光大国のフランス。みどころがいっぱいなので、何度か訪れて定番の観光…
  2. ウェールズの首都、カーディフのんびり旅行記| トラベルダイアリー
    カーディフ旅行体験記イギリスを構成する4つの国の1つである、ウェールズ。豊かな自然と美しい古城の…
  3. 【台湾】♪定番の観光スポット巡り♪ 2泊3日 in台北_トラベルダイアリー
    台北旅行体験記今回は2020年1月に行った台湾旅行についてご紹介します!(まだのコロナが流行する…
  4. サンマリノ旅行体験記F1が大好きで若い頃からサンマリノグランプリの聖地、サンマリノ共和国に行くこ…
  5. 女子一人旅 in フランス パリでついに念願の美術館巡り| トラベルダイアリー
    パリ旅行体験記 お世話になりっぱなしだった友人とお別れをして次に向かった先は、パリで…
  6. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  7. ロサンゼルス旅行体験記アメリカは昔から行ってみたかった国のひとつ。夢のつまった国でした。私た…
  8. シドニー旅行体験記シドニーといえば!オペラハウスとハーバーブリッジが有名ですね!オーストラリアで…
  9. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  10. インドネシア島旅行体験記インドネシア=バリ島やウブドなどのイメージがありますが、世界最多の島数が…

国内旅行おすすめ

  1. 道後旅行体験記はじめての四国旅行でどこに行こうかと考えた時に一番に思い浮かべたのが道後温泉でした…
  2. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  3. [すごいよ高松]庭園&倉庫街&鬼も楽しめる| トラベルダイアリー
    高松旅行体験記皆さん、こんにちは!今回は、香川県高松市をご紹介します。2019年秋に訪れた際には…
  4. 淡路島旅行体験記小さい頃何度か訪れた淡路島。あれから時は流れ、また新たな観光スポットがたくさ…
  5. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…
  6. 広島旅行体験記2018年11月。ホークス対カープの日本一決定戦を見届けるべく、大慌てで新幹線…
  7. 兵庫県のおすすめ観光【竹田城跡】中から見るか?外から見るか?| トラベルダイアリー
    竹田城跡旅行体験記兵庫県の観光スポットとして人気がある竹田城跡に行ってきました。竹田城跡は城自体…
  8. 美味しいものもいっぱい!家族でも楽しめる穴場スポット長野・駒ヶ根| トラベルダイアリー
    駒ヶ根旅行体験記青年海外協力隊で派遣前の研修生活で約3カ月間過ごした長野県の南部に位置する駒ヶ根…
  9. 時の鐘と蔵づくりの街 小江戸川越で食べ歩き| トラベルダイアリー
    川越旅行体験記時折テレビの特集で見かけていて一度行ってみたかったので。東京からも割とアクセスがよく…
  10. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…

最新記事

  1. 初めての子連れ海外♡ハワイを楽しみ尽くす!~ノースショア編~| トラベルダイアリー
    ノースショア旅行体験記結婚10周年記念に海外旅行に行こう!と計画し、当時6歳の息子を連れて初めて…
  2. tabihituji_pavirion2
    東京美術館巡りの旅【青山・渋谷周辺】東京の青山周辺のアートイベント「パビリオン東京2021」の展…
  3. 温泉天国・山形県で、東根温泉と銀山温泉をはしごする旅| トラベルダイアリー
    東根旅行体験記もともとは、同じ山形県にある銀山温泉のノスタルジックな街並みに憧れて、泊まる旅館を探…
  4. 一度は行ってみたいと憧れる!日本三景の1つ広島・宮島の旅| トラベルダイアリー
    宮島旅行体験記関西在住中に岡山と広島の県境に住んでいる友人を訪ねながら、せっかくなので周辺の観光…
  5. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  6. 小豆島で暮らすような旅!豊かな食材と穏やかな自然に癒された| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記リモートワークしながら香川県小豆島の古民家に10日間滞在しました!仕事の始まりと…
  7. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  8. ダンサーが集結!ウズベキスタンのヒヴァでダンスフェスティバル| トラベルダイアリー
    ダンスフェスティバルに行ってきました!ウズベキスタンの人々はみんな踊りが大好き!結婚式をはじめ、さ…
  9. 女子一人旅 in トルコ② イスタンブールのローカルを体験| トラベルダイアリー
    イスタンブール旅行体験記前回トルコを訪れてから1年、恋しくなり再びイスタンブールへ。今回は時間が…
  10. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…

Archive



PAGE TOP