都心から約1時間半【南房総】はこんなにアツいスポットだった‼| トラベルダイアリー

都心から約1時間半【南房総】はこんなにアツいスポットだった‼

目次

南房総旅行体験記

新型コロナウィルスの流行により、なかなか遠出が出来なくなりましたね。
「近場でもリフレッシュしたい‼」
そんな方におすすめなのが「千葉県南房総」
都心からたった1時間半のとっておきのスポットをご紹介します。

南房総旅行について

おすすめのポイント
  1. 千葉といえば「海鮮」美味しい魚料理を満喫しよう
  2. 車で行けちゃう無人島⁉「沖ノ島」でプチ探検
  3. のんびり気ままに。海を見ながらピクニックを楽しもう‼

南房総は海に隣接しているため「海鮮」がとっても美味しい‼
海鮮丼やアジのなめろうなんかも最高ですね。
沖ノ島は南房総にある無人島です。車で近くまで行き、歩いて島に行くことができます。小さい島ですが、手つかずの自然が残されており、ちょっとした冒険気分で行くのも楽しいです。飲食もできるのでお弁当やテイクアウトしたものを持っていっても◎

南房総旅行のおすすめのスポット

沖ノ島でプチ冒険♪緑と海を堪能しよう

沖ノ島は南房総にある唯一の無人島。沖ノ島に行くまでの道は海水浴場にもなっています。
沖ノ島海水浴場は昔、陸から500メートルも隔てられ四方が海でしたが、関東大震災等により半島と陸続きになりました。
シーズンには首都圏はじめ他県からも多くの家族連れなどが訪れ賑わいます。
とても水が綺麗で、周辺にはサンゴが生息しています。浅瀬にも生息しているので、素潜りやシュノーケリングでも見ることができます。

魚以外も魅力たっぷり‼南房総グルメを食べつくそう

房総半島先端部に位置する千葉県の館山・南房総エリアは、太平洋と山に囲まれ、海の幸や山の幸が豊富。
館山・南房総エリアのグルメと言えば、富浦町の「房州びわ」や南房総市の「くじら料理」が有名。
千葉に来たら海鮮は欠かせません。それ以外にもおしゃれカフェやおいしいフルーツも多くあります。

海を堪能したいならオーシャンビューのホテルに泊まろう

海の恵みたっぷりの南房総。
せっかくならオーシャンビューのホテルに泊まるのはいかがですか?
交通費がそんなにかからない分、ホテルで贅沢もできちゃいます。
南房総の海は色も綺麗ですし、お部屋からいつでも海が見えるなんて贅沢ですね。
海の見えるお部屋で読書をするのが私のおすすめな過ごし方です。

南房総でのおすすめグルメ

あじのなめろうが絶品‼お食事処「さざなみ」

目の前に穏やかな海が広がるお店。
中は食堂のような感じでどこか懐かしい。
捕れたての富津産海の幸を盛り付けた丼ぶり物が名物。
東京湾で捕れる食材をふんだんに使用しているそうです。
週末は地元の方だけでは無く、県外から来るお客さんでにぎわうらしい・・・
新鮮なアジのなめろうはごはんに合う味付けでとってもおいしかったです。

南房総でのおすすめのショッピングスポット

カフェえどもんずでオリジナルコーヒーをいただく

ショッピングスポットとはまた違いますが・・・
コーヒーがお好きな方にぜひ訪れていただきたいのが「カフェえどもんず」
なんといってもお店の中のかわいさ。ジブリの世界に出てきそうです。
店主のお人柄もとてもいい。そんな店主のこだわりのコーヒーは何を頼んでもおいしい。
本格的な味わいと、居心地の良さにリピート間違いなしのお店です。

南房総にて宿泊したホテル

ホテル&リゾーツ南房総

自然公園の中にあるホテル。海が一望できるお部屋もあるため、せっかく泊まるならオーシャンビューの部屋がおすすめ。
部屋の広さも問題なし。清潔感も◎
夕食はバイキングでしたが、伊勢海老がとてもおいしかったです。
レストランからも海が見えて、絶景です。
気になる点は特にありませんでした。
お子様連れの家族も多くいて、親子ともに楽しめるホテルです。

南房総旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

個人手配の苦労は自分で調べて探さなくてはならないこと。
でも個人手配の良いところは「何をしてもいい」「自由」なこと。
行きたいお店を自分で調べていくのも楽しみ方の1つではないでしょうか。
都心に近いこともあり、レンタカーを借りていけばそんなに時間に追われることもないのではないでしょうか。
電車より車の方が自由度が高くおすすめです。

南房総旅行に必要な持ち物

・旅日数分の下着・洋服
・車などの移動手段
・食事に使うお金
コンビニなどもいたるところにあるため何か忘れても基本は大丈夫。
海水浴を楽しみたい方は水着や着替えを持って行ってくださいね。

南房総旅行での注意点

南房総旅行での注意点
  1. 海水浴に行く際は自分のためにもマナーを守る
  2. 楽しくてはしゃぎすぎないように。住民の生活に配慮する
  3. 夜間の海や外出には十分気を付ける。

美しい海と自分を守るためにも、海水浴の際はマナーをしっかり守りましょう。
水の事故は毎年増えています。危険を感じたら速やかに海から出てください。
また、近隣住民の迷惑にならないように騒音にも注意が必要です。
どんな場所にいっても夜間の外出には十分に注意してください。いくら近場の日本でも必ず安全ということはありません。

まとめ

南房総は都心から約1時間半で行けるアクセスの便利なスポットです。
海鮮だけでなく、カフェなども充実していて何度でも行きたくなること間違いなし‼
無人島「沖ノ島」へ行けば、ちょっとした冒険気分で日々のストレスを解消することができるでしょう。
交通費があまりかからない分、ちょっと贅沢してオーシャンビューのホテルに泊まってみるのもいいですね。

AKWEBライター

投稿者の過去記事

【美+食+旅】は人をいつまでも輝かせると信じて
女性のための美容と旅と食の記事を中心に
自身の悩みや経験をもとに「悩み」を解決します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. メルボルン旅行体験記世界一住みやすいと言われているメルボルン!今回はワイナリーやビール工場などお…
  2. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  3. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…
  4. サーファーズパラダイス旅行体験記いつか奇麗な海沿いに住んでみたいという夢がある私。一年中温暖…
  5. イスタンブール旅行体験記初のイスラム圏、イスタンブールは今までのどの国とも違う雰囲気をまとった街…
  6. 初の中東でカルチャーショック!ドーハは衝撃の連続!| トラベルダイアリー
    ドーハ旅行体験記初の中東はカタールの首都ドーハでした。ドーハは「世界一退屈な街」なんて言われてい…
  7. brighton_pabirion2
    イギリス【ブライトン】旅行体験記ブライトンはイギリスの南東に位置する、ロンドンから日帰りで訪れる…
  8. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  9. プナカ旅行体験記近年は「世界一幸せな国」としても有名になった国、ブータン。そんな風に言われるもっ…
  10. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…

国内旅行おすすめ

  1. 【東洋のガラパゴス】美しい海に囲まれた奄美で絶対外せないスポット| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記 九州南方にある奄美大島は、別名「東洋のガラパゴス」ともいいます。…
  2. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  3. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…
  4. 兵庫県のおすすめ観光【竹田城跡】中から見るか?外から見るか?| トラベルダイアリー
    竹田城跡旅行体験記兵庫県の観光スポットとして人気がある竹田城跡に行ってきました。竹田城跡は城自体…
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  6. ~ガラス&星の王子さまに癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記今回の箱根旅行は女性ふたり旅でしたので、カフェやガラスの森美術館などを中心に巡り、…
  7. 鹿児島旅行体験記九州地方の最南端となる鹿児島県!沖縄までは飛行機を利用するとフライト時間も長…
  8. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  9. 温泉リゾート・箱根~温泉&美術館&ツツジ~和を楽しむ母娘2人旅!_トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根は温泉施設や美術館が多く、四季によっても景色が違い何度行っても楽しめます。今回…
  10. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…

最新記事

  1. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  2. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  3. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  4. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  5. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  6. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  7. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  8. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  9. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  10. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…

Archive



PAGE TOP