舞鶴赤れんが

赤れんがの美しい舞鶴旅行でグルメと歴史を満喫!

舞鶴旅行体験記

舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。
ここ数年、舞鶴で大きなサブカルイベント(艦隊これくしょんの同人イベント)があったこと、そして、もともと関心があり、艦これの影響でさらに興味を持った海上自衛隊の基地を見に行ってみたいなどの理由があり、舞鶴旅行を決意しました。

舞鶴旅行について

おすすめのポイント
  1. 海の幸にとても恵まれていておいしいグルメが盛りだくさん
  2. 山と海が近いので山頂からの見晴らしがよく港や夕日も美しい
  3. 旧軍港が海上自衛隊基地となっていて歴史を堪能出来る

福井県に近く、また若狭湾に面しているので、海の幸が豊富。かに、牡蠣、あわびなどの海産物がとれ、ホテル居酒屋でかなり美味しい料理が堪能できます。海岸沿いには牡蠣小屋もあって、冬場には大変美味しい焼き牡蠣をいただけます。
山頂にある五老タワーからは周りの海が一望できます。
昔には舞鶴鎮守府という軍港があり、当時の風情のある建物が保管されています。舞鶴赤れんがパーク、東郷邸などはその遺構の一つ。また、引き揚げ記念館や赤れんがパークには当時の資料が数多く残されています。

舞鶴旅行のおすすめのスポット

舞鶴赤れんがパーク

舞鶴赤れんが
以前は旧日本帝国海軍の建物として使われていたこちらの赤れんがの建物群。
現在では誰でも見学できる綺麗な建物に生まれ変わりました。
おしゃれなカフェ、お土産スペース、そしてレストラン、戦時中の貴重な資料を展示しているコーナーなどが並んでいます。
建物群のいくつかはレンタルスペースとして貸し出されており、コンサートや市民のグルメ祭、サブカルイベントなども開催されていて、特に艦これイベントの際は日本中から5,000人以上の人々が訪れています。

舞鶴を見下ろせる五老スカイタワー

五老タワーからの景色
五老スカイタワーは舞鶴の五老ヶ岳の頂上近くにある観光施設です。
アクセス方法は麓から歩いていく、もしくは車でのアクセスのみ。
タワーからの景色は抜群に良く、舞鶴の山々、入り組んだ入江、そして海を見渡す事ができます。 スカイタワーの中では舞鶴のお土産などを購入する事もできますよ。

護衛艦を見学できる海上自衛隊舞鶴基地(自衛隊桟橋、北吸)


海上自衛隊舞鶴基地は、平日は入場することができませんが、週末などの公開日には中に入ることができます。ありがたいことに、無料です。
公開日には、実際に使われている護衛艦の船内を散策したりしながら、写真撮影をしたり、現役の自衛官の方々から説明を聞く事も可能です。基地内にはショップもあり、そちらで自衛隊グッズなどを購入することも出来ます。

舞鶴でのおすすめグルメ

舞鶴とれとれセンター


舞鶴とれとれセンターは、舞鶴市に存在する道の駅。市街地からは少し離れていますが、道の駅の横に大きな海産市場があって人気のグルメスポットです。新鮮な海産物のお店や海鮮丼屋さん、お寿司屋さんが多く並んでいて、市場の中で食べられます。 また、地元のお酒なども購入することができ、いついっても賑やかなお店となっております。
夏場などは野外でバーベキューができるコーナーもありました。

舞鶴でのおすすめのショッピングスポット

八島商店街のお土産屋さん

八島商店街

舞鶴市街地にある八島商店街は、東舞鶴駅から徒歩5分ほどのアーケード商店街。お土産屋さんや日用品、ご飯屋さんなどが軒を連ねる場所です。
舞鶴名物の肉じゃがを提供するお店や、自衛隊関係のお土産屋さん、子ども向けのおもちゃを昔ながらの雰囲気で売るお店にあるどことなく懐かしい雰囲気。大きなお店はないのですが、市民に愛されている商店街です。

舞鶴にて宿泊したホテル

ホテル ベルマーレ

ベルマーレのダブルルーム

家族4人で泊まらせてもらったホテル。2人部屋に乳幼児2人と大人2人でしたが、十分広くてくつろげました。
朝食付き7,000円くらいだったので、とても安くて助かりました。
ビュッフェ形式の朝ご飯が気に入って、ホテルに泊まらない時もモーニングを食べに行ったこともあります。
海の見えるレストランにはベビーカーやベビーベッドが置かれてあり、家族でゆっくりと食べることができました。

舞鶴旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配で家族旅行

メリット
1.好きな所だけをチョイスして自由に動ける
2.タイムスケジュールを好きに設定できる
3.交通手段や宿泊先を家族に合わせて決められる
デメリット
1.交通手段を逃した場合の責任はすべて自分にある
2.予約やチケット購入などの手配はすべて自分で行わなければならない
3.電車を逃したりもめごとに巻き込まれても自分で対応しなくてはならない

舞鶴旅行に必要な持ち物

冬なら衣類を多めに持参してください。 北近畿の冬の天気はかなり悪い日が多く、警報が出ることも多々あります。
衣類の他にもカイロや手袋を持つなど防寒対策を徹底しましょう。
逆に夏はかなり暑くなります。
2020年現在、東舞鶴駅はICカードに対応していません。現金を多めに持っていくのが大切です。例えば京都駅からICカードで乗車した場合、東舞鶴駅で降りると、京都駅でカードをタッチした履歴が削除され、すべて現金で払うことになります。

舞鶴旅行での注意点

舞鶴旅行での注意点
  1. 電車は有料特急優先でダイヤが組まれている
  2. 冬場は雪が多いため車の場合は準備が必要
  3. 西舞鶴と東舞鶴は交通機関が少ない

特急優先ダイヤのため、普通列車で京都駅から舞鶴へ行く場合、乗り継ぎの際の待ち時間がかなり多いです。
車で行く場合は、冬場は雪が多く、路面状況がかなり悪くなります。チェーン、もしくはスタッドレスタイヤが必須です。
西舞鶴駅と東舞鶴駅間は、電車もバスも本数が少なめ。公共交通機関を利用する際には、必ずあらかじめ時刻表を確認しておきましょう。

まとめ

舞鶴旅行についてまとめました。
乳幼児を連れての旅行はいつも気を遣うのですが、舞鶴の街は子連れでも十分楽しめる場所でした。
道の駅や赤れんがパークにはおしめ交換台もありましたし、ホテルも子連れで不便を感じませんでした。ビーベッドのあるレストランは珍しくてとてもありがたいですよね。
グルメでは、牡蠣やアワビ、イカの串焼きを食べることが多いんですがめちゃくちゃ口が幸せになるのでおすすめです!

うなお地球の人

投稿者の過去記事

地球のすみずみまで行きたすぎて、人生が足りないくらいの旅好きです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 女子一人旅 in イギリス 友人を訪ねてバーミンガムへ| トラベルダイアリー
    バーミンガム旅行体験記いよいよヨーロッパ最後の国、イギリスへ。まずは留学中の友人を訪ねてバーミン…
  2. オルヴィエート旅行体験記イタリア有数の美しさを誇る大聖堂があると聞いて以来、ずっと気になっていた…
  3. ヘルシンキ旅行体験記ヨーロッパへの旅行と聞くと移動に時間もかかり、時差もあり大変と思う方も多いで…
  4. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  5. ボローニャ旅行体験記ボロネーゼ、ラザニア、魅惑のメニューはぜーんぶココ、ボローニャで誕生しました…
  6. ローマ旅行体験記イタリアの首都「ローマ」とローマ市内にある世界最小の国「バチカン市国」へ行ってき…
  7. 興味ありから大好きになりました・・・!!UAE・ドバイ編| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記もともと中東の文字や小物が好きだったので興味がありました。その中でも中東感を味わ…
  8. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  9. カメラ好きなら行くっきゃない!フランス南西部の街、トゥールーズ| トラベルダイアリー
    トゥールーズ体験記フランス東部の街トゥールーズ。行ってみたら女性らしい一面や男の子っぽい一面。様…
  10. ハワイウェディングで海とグルメを満喫| トラ
    ハワイ旅行体験記友人の結婚式参列のためにハワイへ行って来ました。お城のような素敵なウェディングチ…

国内旅行おすすめ

  1. 坂のある風景にシャッターが止まらない!レトロな港町・尾道をぶらり| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記風情ある景色と街並みで多くの映画や物語の舞台にもなっている広島県尾道市。今回2週間…
  2. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  3. 京都旅行体験記お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」。関西では初詣スポットとして有名ですが、近年では…
  4. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…
  5. 「一度は食べたいカキ氷」と「ひまわり畑」で楽しむ夏~in益子と真岡| トラベルダイアリー
    益子と真岡旅行体験記栃木県の益子町で「ひまわり祭り」が行われていたので、元気をいただきに行ってき…
  6. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  7. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…
  8. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  9. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  10. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…

最新記事

  1. 沖縄の大自然に触れる!愛犬と一緒に楽む「やんばる」の旅| トラベルダイアリー
    沖縄やんばる旅行体験記沖縄本島の北部「やんばる」と呼ばれるエリアは、那覇空港のある南部から車で約…
  2. 70年代の熱気を感じる!衝撃!太陽の塔内部見学と大阪アート旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 あの、岡本太郎の太陽の塔の内部を見ることができる!それを聞いたとき、…
  3. [一人旅 オスロ]お得に&楽しんで観光できます!| トラベルダイアリー
    オスロ旅行体験記 2019年、スウェーデン滞在中にオスロへ一人旅に出かけました。物価…
  4. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  5. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  6. 夜景と温泉に癒される♪ハンガリーの首都ブダペストを観光| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国という…
  7. [妖怪だらけ 境港市]水木しげるロードで楽しもう!| トラベルダイアリー
    境港旅行体験記鳥取県に友人と二人旅に行ってきました!一泊二日の旅程で、1日目は鳥取の北西部にある…
  8. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  9. [食の都 大阪]安くて旨いを探すぶらり旅!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 大阪旅行に行ってきました!これまで国内旅行や海外旅行にはよく行ってい…
  10. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…

Archive



PAGE TOP