舞鶴赤れんが

赤れんがの美しい舞鶴旅行でグルメと歴史を満喫!

舞鶴旅行体験記

舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。
ここ数年、舞鶴で大きなサブカルイベント(艦隊これくしょんの同人イベント)があったこと、そして、もともと関心があり、艦これの影響でさらに興味を持った海上自衛隊の基地を見に行ってみたいなどの理由があり、舞鶴旅行を決意しました。

舞鶴旅行について

おすすめのポイント
  1. 海の幸にとても恵まれていておいしいグルメが盛りだくさん
  2. 山と海が近いので山頂からの見晴らしがよく港や夕日も美しい
  3. 旧軍港が海上自衛隊基地となっていて歴史を堪能出来る

福井県に近く、また若狭湾に面しているので、海の幸が豊富。かに、牡蠣、あわびなどの海産物がとれ、ホテル居酒屋でかなり美味しい料理が堪能できます。海岸沿いには牡蠣小屋もあって、冬場には大変美味しい焼き牡蠣をいただけます。
山頂にある五老タワーからは周りの海が一望できます。
昔には舞鶴鎮守府という軍港があり、当時の風情のある建物が保管されています。舞鶴赤れんがパーク、東郷邸などはその遺構の一つ。また、引き揚げ記念館や赤れんがパークには当時の資料が数多く残されています。

舞鶴旅行のおすすめのスポット

舞鶴赤れんがパーク

舞鶴赤れんが
以前は旧日本帝国海軍の建物として使われていたこちらの赤れんがの建物群。
現在では誰でも見学できる綺麗な建物に生まれ変わりました。
おしゃれなカフェ、お土産スペース、そしてレストラン、戦時中の貴重な資料を展示しているコーナーなどが並んでいます。
建物群のいくつかはレンタルスペースとして貸し出されており、コンサートや市民のグルメ祭、サブカルイベントなども開催されていて、特に艦これイベントの際は日本中から5,000人以上の人々が訪れています。

舞鶴を見下ろせる五老スカイタワー

五老タワーからの景色
五老スカイタワーは舞鶴の五老ヶ岳の頂上近くにある観光施設です。
アクセス方法は麓から歩いていく、もしくは車でのアクセスのみ。
タワーからの景色は抜群に良く、舞鶴の山々、入り組んだ入江、そして海を見渡す事ができます。 スカイタワーの中では舞鶴のお土産などを購入する事もできますよ。

護衛艦を見学できる海上自衛隊舞鶴基地(自衛隊桟橋、北吸)


海上自衛隊舞鶴基地は、平日は入場することができませんが、週末などの公開日には中に入ることができます。ありがたいことに、無料です。
公開日には、実際に使われている護衛艦の船内を散策したりしながら、写真撮影をしたり、現役の自衛官の方々から説明を聞く事も可能です。基地内にはショップもあり、そちらで自衛隊グッズなどを購入することも出来ます。

舞鶴でのおすすめグルメ

舞鶴とれとれセンター


舞鶴とれとれセンターは、舞鶴市に存在する道の駅。市街地からは少し離れていますが、道の駅の横に大きな海産市場があって人気のグルメスポットです。新鮮な海産物のお店や海鮮丼屋さん、お寿司屋さんが多く並んでいて、市場の中で食べられます。 また、地元のお酒なども購入することができ、いついっても賑やかなお店となっております。
夏場などは野外でバーベキューができるコーナーもありました。

舞鶴でのおすすめのショッピングスポット

八島商店街のお土産屋さん

八島商店街

舞鶴市街地にある八島商店街は、東舞鶴駅から徒歩5分ほどのアーケード商店街。お土産屋さんや日用品、ご飯屋さんなどが軒を連ねる場所です。
舞鶴名物の肉じゃがを提供するお店や、自衛隊関係のお土産屋さん、子ども向けのおもちゃを昔ながらの雰囲気で売るお店にあるどことなく懐かしい雰囲気。大きなお店はないのですが、市民に愛されている商店街です。

舞鶴にて宿泊したホテル

ホテル ベルマーレ

ベルマーレのダブルルーム

家族4人で泊まらせてもらったホテル。2人部屋に乳幼児2人と大人2人でしたが、十分広くてくつろげました。
朝食付き7,000円くらいだったので、とても安くて助かりました。
ビュッフェ形式の朝ご飯が気に入って、ホテルに泊まらない時もモーニングを食べに行ったこともあります。
海の見えるレストランにはベビーカーやベビーベッドが置かれてあり、家族でゆっくりと食べることができました。

舞鶴旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配で家族旅行

メリット
1.好きな所だけをチョイスして自由に動ける
2.タイムスケジュールを好きに設定できる
3.交通手段や宿泊先を家族に合わせて決められる
デメリット
1.交通手段を逃した場合の責任はすべて自分にある
2.予約やチケット購入などの手配はすべて自分で行わなければならない
3.電車を逃したりもめごとに巻き込まれても自分で対応しなくてはならない

舞鶴旅行に必要な持ち物

冬なら衣類を多めに持参してください。 北近畿の冬の天気はかなり悪い日が多く、警報が出ることも多々あります。
衣類の他にもカイロや手袋を持つなど防寒対策を徹底しましょう。
逆に夏はかなり暑くなります。
2020年現在、東舞鶴駅はICカードに対応していません。現金を多めに持っていくのが大切です。例えば京都駅からICカードで乗車した場合、東舞鶴駅で降りると、京都駅でカードをタッチした履歴が削除され、すべて現金で払うことになります。

舞鶴旅行での注意点

舞鶴旅行での注意点
  1. 電車は有料特急優先でダイヤが組まれている
  2. 冬場は雪が多いため車の場合は準備が必要
  3. 西舞鶴と東舞鶴は交通機関が少ない

特急優先ダイヤのため、普通列車で京都駅から舞鶴へ行く場合、乗り継ぎの際の待ち時間がかなり多いです。
車で行く場合は、冬場は雪が多く、路面状況がかなり悪くなります。チェーン、もしくはスタッドレスタイヤが必須です。
西舞鶴駅と東舞鶴駅間は、電車もバスも本数が少なめ。公共交通機関を利用する際には、必ずあらかじめ時刻表を確認しておきましょう。

まとめ

舞鶴旅行についてまとめました。
乳幼児を連れての旅行はいつも気を遣うのですが、舞鶴の街は子連れでも十分楽しめる場所でした。
道の駅や赤れんがパークにはおしめ交換台もありましたし、ホテルも子連れで不便を感じませんでした。ビーベッドのあるレストランは珍しくてとてもありがたいですよね。
グルメでは、牡蠣やアワビ、イカの串焼きを食べることが多いんですがめちゃくちゃ口が幸せになるのでおすすめです!

うなお地球の人

投稿者の過去記事

地球のすみずみまで行きたすぎて、人生が足りないくらいの旅好きです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 今や観光大国に!?猛スピードで進化し続けるモスクワが熱い!| トラベルダイアリー
    モスクワ旅行体験記モスクワといえば、カラフルなネギ坊主の聖ワシーリー寺院。名前は知らなくてもテレ…
  2. 逆さマッターホルンを求めて…。スイス・リッフェル湖への旅| トラベルダイアリー
    リッフェル湖旅行「逆さ富士」ならぬ「逆さマッターホルン」が見られるといわれる、スイスの景勝地「リ…
  3. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  4. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  5. リエージュ旅行体験記海外旅行が大好きな弟に勧められて以来、ずっと行ってみたかったベルギーの都市「…
  6. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  7. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  8. 友人に会いにサンフランシスコへ・・・観光客より観光しました②| トラベルダイアリー
    サンフランシスコ郊外旅行体験記①に引き続きサンフランシスコの紹介をさせて頂きます。①ではサンフラ…
  9. モロッコ・サハラ砂漠にある街メルズーガで静かなひと時を過ごす| トラベルダイアリー
    メルズーガ旅行体験記憧れのサハラ砂漠に訪れることが出来ました。私達がイメージするような細かい砂の…
  10. ウルビーノ旅行体験記ラファエロ没後500年迄にどうしても行ってみたかったラファエロ生誕の地ウルビ…

国内旅行おすすめ

  1. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  2. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  3. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  4. 訪れる価値あり!現代アートと大自然を体感できる街・十和田市!| トラベルダイアリー
    十和田旅行体験記一度行ってみたかった青森県十和田市。あまり知らない人も多いかもしれませんが、ここ…
  5. こんぴらさん参拝旅行体験記「一度はこんぴらさんにお参りしてみたい!」母からのリクエストを受け…
  6. 大自然に飛び込もう!奄美大島マングローブカヌーツアー| トラベルダイアリー
    マングローブカヌーツアー体験記人生初のマングローブカヌーツアー。初心者の私でもカヌーを漕いでマン…
  7. サミットが開かれ海外からも注目された三重・志摩の魅力に迫る旅| トラベルダイアリー
    志摩旅行体験記いつか一度は行ってみたいと憧れていた伊勢志摩へ、日頃の感謝の意味も込めて両親を招待…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  9. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  10. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP