食べてみてわかった!イタリアのパン、日本との違いとは!?

イタリアのパンについて徹底解説します!

パン教室に通うほどパンが大好きな私。…ですが!日本でイタリアのパンを習っている時には気付かなかった違いが、ちょこちょこありました。ここで皆さまに、イタリアのパンの日本との違いについてご紹介したいと思います♡

イタリアのパンとは、いったいどのようなもの!?

イタリア人たちにとってのパンとは
  1. 毎日の生活に欠かせない「主食」
  2. 大切なコミュニケーションツール
  3. レシピを通じて季節や故郷の香りを感じるもの

イタリア人たちにとって、パンは主食。お米やパスタを食べることもありますが、それらを食べる時ですら、一緒にパンを食べることもしばしばあります。毎日家で焼く人もいますが、たいていは特大サイズを行きつけのパンやさんで買う為、そこからコミュニケーションも生まれます。郷土色が豊かで、イベントに合わせた特別なレシピが豊富に存在する点も、見逃せません。

イタリアのパン、チェックポイント5選

イタリアのパンは4つの材料のみで仕上げます。

イタリアのパンは、基本的にはバターや牛乳の入っていない超シンプルレシピで作られています。材料は「小麦粉、水、塩、イースト菌」のみ!店によってはオリジナルでオリーブオイルをたらすところもありますが、基本的には4つの材料で仕上げます。ゆえに、日本人の私たちからすると、出来上がりはちょっと固め食感。旅行中、最初は慣れない人もいるかもしれませんが、噛むほどに香る小麦の風味は、徐々にクセになります。

イタリアパンはバターをつけません。

イタリア人の毎日の食卓に欠かせないパン。ですが、バターやクリームチーズ、ピーナッツバターなどをつけて食べる人はほとんどいません。基本はそのまま、もしくはオリーブオイルを付けて食べます。朝だけは甘いものが欠かせないので、写真でご紹介しているチョコレートスプレッドやジャムが定番。食べ方の違いから知る、異国文化も興味深いものがあります。

超巨大サイズで売られるイタリアパン。

イタリアの街で売られているパンは、とにかく超巨大!牛乳、卵などが入っていないレシピは傷みにくく保存がきく為、食べる人の数に合わせて適当なサイズのパンを買って、毎回パンナイフで切って食べすすめていくのがイタリア流です。漬物石のようなサイズのパンは見ているだけでも異国情緒がありますよね!パンやさんに行くと、カウンター奥の壁に並んでいるので、イタリア旅行中の方は、パンやさんを見つけたら、外からチラっと中を覗いてみてください。

そのまま食べるだけじゃない!魅惑のイタリアパンレシピ。

イタリアパンは料理の材料として使うこともあります。定番は、前菜で出てくるオープンサンド「ブルスケッタ(Bruschetta)」。その他、郷土料理も様々なものがあります。写真はトスカーナ地方の郷土料理、いわゆる「ひたパン」メニューの「リボッリータ(Ribollita)」。固くなったパンの消費レシピとしてもお役立ちで、日本でも簡単に作れるメニュー。気になる方は早速お家で真似っこしてみてください。

イタリアパンは郷土色が豊か。

イタリアのパンは街や州ごとに、その土地の気候風土を生かしたものが生み出され、人々にレシピが受け継がれている点も魅力です。特に形が不思議で面白いのが、ピエモンテ州に伝わるグリッシーニという細長いカリカリのパン。私は最初、レストランで出された際、食べ方がわからずびっくりしてしまいましたが、普通のパンと同じで、お料理と一緒に楽しみます。今ではこれが出てこないとちょっと残念な気持ちになってしまうほど、すっかりハマってしまいました(笑)。

イタリアのパン、見逃せないポイントとは

パンやさんで売られる魅惑のスイーツたち。

「パンやさんはケーキ屋さん!?」
パンだけを扱うパン屋さんも多いですが、パン屋さんにケーキが置いてあることも多いのがイタリアの特長。さらにはカフェやレストランなどが併設されている場合もあります。カフェやケーキ専門店、レストランより朝早くからやっており、終日営業(休憩時間なし)の店が多いので、旅行中の方は、朝ごはんスポットや休憩スポットとしてオススメです。

イタリアのパン、お役立ちグッズとは

「パンナイフ」
私は日本で一度も使ったことのなかったパンナイフ。たまにフランスパン等を買った時なども、面倒で普通のナイフを使ってカットしていました。しかし、イタリアのパンはギザギザの歯がたくさんついた、パンナイフを使うとめちゃくちゃカットしやすい!もちろん普通のナイフでも切れるのですが、毎日食べる予定の人は、パンナイフ、時短にもなるのでオススメです。

イタリアのパンで注意点するべき点とは

「値段がグラム表示」
パン屋さんのパンは美味しそうなのですが、どこも値段がグラム表示なのがイタリア。「2ユーロくらいかなぁ」なんて思って手頃なサイズのものを注文すると、倍のお値段だったり、なかなか欲しいものが買えなくて、一時はとても悩みました。語学に不安がある方は、スーパーのパンコーナーがオススメ。ここならセルフ式の量り売りなので、欲しいパンをトングで取って量りに乗せれば、あとは自動で量って、値段付きのバーコードシールが出てきて楽ちんです。

まとめ

イタリア旅行で行った際、ジップロックなどで丁寧に包めば、イタリアパンは日本に持ち帰ることも出来ますよ!日本とのお味見比べも面白いかと思いますので、是非気になるものがあれば現地で買ってみてはいかがでしょうか?イタリアは、パン屋さん自体もヨーロッパ調の可愛らしい店が多いので、立ち寄るだけでも旅情が高まるので是非チェックしてみてください。

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. オルヴィエート旅行体験記イタリア有数の美しさを誇る大聖堂があると聞いて以来、ずっと気になっていた…
  2. ミラノからの日帰り旅行に 古都モンツァ| トラベルダイアリー
    モンツァ旅行体験記ミラノ郊外の街。ピンクやイエローのパステルカラーの建物が並ぶポップでキュートな…
  3. ボツワナ・チョベ国立公園にて初めてのサファリ体験! 間近でゾウの水浴びを観察| トラベルダイアリー
    チョベ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。チョベ国立公園では動物たちがのんびり…
  4. 世界遺産がある街エルジェムを経由してスファックスへ| トラベルダイアリー
    エルジェム旅行体験記エルジェムにはローマのコロッセオと並ぶ素晴らしい円形闘技場があります。この立…
  5. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  6. モロッコ人も迷う迷路のような街・世界遺産フェズを散策| トラベルダイアリー
    フェズ旅行体験記モロッコ雑貨に興味がありフェズを訪れました。フェズでは主要な観光スポット、レスト…
  7. マドリード旅行体験記マドリードではアートやグルメな旅が堪能できます。スポーツの印象が強いと思いま…
  8. サマルカンド旅行体験記私にとってイスラム圏のウズベキスタンは未知の世界でした。ビザはいるし(当時…
  9. 黒い大地!ハワイのビッグアイランド ハワイ島| トラベルダイアリー
    ハワイ・ハワイ島 旅行体験記ハワイと言えばオアフ島ホノルルがメジャーです。しかしハワイで一番大き…
  10. 女子二人旅 in アメリカ グランドゼロが切ないニューヨーク| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記旅の最後は友達と向かったニューヨークです。私も友達も初めてのニューヨーク。…

国内旅行おすすめ

  1. すみだ水族館で「桜とクラゲ」を鑑賞&浅草で社寺をめぐる大人旅!| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記浅草に行きたい!東京スカイツリーに行きたい!水族館に行きたい!3人それぞれの意見を…
  2. KAWAGOE
    プチ旅行気分でレトロを味わう小江戸川越・女子日帰り旅 京都や石川などで古い街…
  3. 日光旅行体験記今回は栃木旅行・日光編です。栃木は関西在住の私からすれば、なかなか訪れにくい場所で…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ軽井沢の旅| トラベルダイアリー
    軽井沢旅行体験記秋の紅葉を楽しめて、買い物もグルメも充実、そして子供の遊び場も豊富な観光エリアは…
  5. 宮島旅行体験記「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」親しい同僚と、いつもこんな…
  6. 箱根旅行体験記箱根は神奈川県南西に位置しており、関東方面から週末のリフレッシュに最適な場所です!…
  7. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  8. 白壁の街並みが続く美観地区でのんびり街歩き♪倉敷日帰り旅行| トラベルダイアリー
    倉敷旅行体験記岡山県倉敷市へ旅行してきました!歴史ある街並みの美観地区やアウトレット、児島デニム…
  9. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  10. あまり知られていない名所!兵庫のおすすめ自然スポット巡り| トラベルダイアリー
    猿尾滝 玄武洞公園旅行体験記兵庫県といえば、神戸の夜景や姫路城が有名どころですが、今回は知る人ぞ知…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP