一生に一度のハネムーンは、なかなか行けないモーリシャスへ| トラベルダイアリー

一生に一度のハネムーンは、なかなか行けないモーリシャスへ

モーリシャスに行ってきました!

モーリシャスをハネムーンの行き先に選んだ理由は、暖かい・安全・なかなか行けない・アクティビティが充実、という条件を全て満たしていたから。ハワイかモルジブかモーリシャスかの3択で、「なかなか行けない」条件ででモーリシャスに軍配が。モルジブに行ったというのはよく聞くけど、モーリシャスってあんまり聞かないし。実際モーリシャスは行こうと思ったらバンコクや香港から週1,2回運航しているモーリシャス航空に乗るか、ドバイ経由エミレーツかの2択しかありません。利便性を考えるとエミレーツしか現実的な選択肢はないのです。モーリシャスでのんびりして、帰りにドバイでちょっと遊んで帰れるのも、モーリシャスを選んだポイントでした。モーリシャスで5泊6日滞在するプランで出発です。

モーリシャスはホテル選びが全てと言っても過言ではありません

おすすめのポイント
  1. 高級リゾート地なので、リラックスしてゆったり過ごせる
  2. アクティビティがたくさん用意されており、飽きない
  3. 朝晩のビュッフェも内容が毎日変わるので、飽きない

目的がハネムーン(のんびり遊んですごす)ことなので、ホテル選びを重視しました。ビーチがキレイか、アクティビティが充実しているか、ハネムーン特典があるか、など。オールインクルーシブのホテルもあったので最後まで悩みましたが、最終的に選んだホテルは、4泊の値段で5泊でき、ハネムーン特典として、シャンパンのサービスと滞在中の1回のディナーをロマンチック・ディナーに変更できるもの。オールインクルーシブでなくても朝・夕の食事がついているので、5泊ならそこまで大した出費ではないだろう、と思ったからです。選んだLUX*Grand Gaubeの場所は島の北東で、空港からは1時間半ほど離れている場所でした。実際に行ってみると、到着した翌朝に、ホテルの案内ツアーから始まり各種アクティビティの紹介までしてもらえました。おかげで要領よく滞在中のプランが組めたと思います。欧米からのお客さんが多いようで、みんな2週間くらい滞在するらしいです。そのためか、飽きないような工夫が色々凝らされており、比較的ショートステイの私たちには滞在中こなしきれないほどのアクティビティや、日替わりのビュッフェメニューで、十分満足できました。

5泊6日のモーリシャス滞在中の過ごし方(ハネムーンの思い出)

陸で!海で!充実のホテルアクティビティを満喫。

初カヤックです

足漕ぎボートに挑戦。

朝一でイス取り!

アイスクリームワゴン。10種類くらいのフレーバーがあります。

ワゴンは何と!MINIでした。

初日から貪欲にアクティビティに繰り出した私たち。まずはテニス!二人とも初心者のため、サーブレシーブがやっとですが、炎天下でほかの利用者もいなかったので、人の目を気にせずに初心者テニスを満喫しました。あまりにも暑かったので次は夕方以降にまた対戦することを決意。ホテルにはジムやサウナもあるので、テニスの後はジムでストレッチと筋トレして、サウナへ。まるでスポーツクラブに来たみたい(笑)。そして海のアクティビティとしては、初挑戦になるスタンドアップパドルを真っ先に試してみました。戻れなくなったらどうしよう、と思いながらびくびくしていましたが、意外と何とかなるものですね。かなり遠くまで流されてしまいましたが、無事帰還できました。そのほか、カヤックや足漕ぎボートにも挑戦し、合間にビーチで遊んだりするうちに、あっという間に1日が終わってしまいました。2日目以降は余裕が出てきて、朝は朝食前にビーチのデッキチェアを陣取って、本を読みながらドリンクやアイスを楽しんで、暑くなったらチャプチャプして…と絵にかいたようなリゾートライフを楽しみました。

無人島へのオプショナルツアーに参加。海がキレイ☆

ボートに乗り込み、無人島へ!

あれが無人島です。

無人島のビーチ

海がキレイ!

滞在中に、無人島へのオプショナルツアーに参加しました。場所は島の南東にある国際空港の近くに浮かぶ、Ilot Des Deux Cocos(ココ島)という島です。この日の参加者は10名ほどで、専用のバスで1時間半かけて空港近くへ移動。そこからボートで約10分。無人島に到着です。無人島と言ってもツアーのために整備されており、トイレももちろんバーやレストランやビーチ用のデッキチェアもちゃんとあります(ただ誰も住んでいないというだけ)。海がとてもきれいで、ここで私たちはハネムーンならではの写真を撮りまくりました。そして驚いたのがお昼のシーフードBBQの美味しいこと!屋外だったから?BBQで焼きたてだったから?それだけではないはず。今まで食べたシーフードの中で一番おいしかったです。ここで丸1日遊び、満足してホテルに帰ったのでした。

飛行機好きなら堪らない!?A380を真下から眺める

A380の機影が見えてきました。

Emiratesって書いてある!

無事着陸。あの飛行機で帰ります。

ホテルをチェックアウトしてレンタカーで空港に向かっているときに、空港近くのサトウキビ畑で人が集まっているのが見えました。そこは滑走路の端っこ。飛行機を見る人たちのビューポイントとなっているようです。折しも時刻は17時近くで、ドバイ→モーリシャスにエミレーツ航空が到着する時刻です。当時この区間はもはや製造中止になってしまった総二階建てのA380が運航しており、間近で巨大旅客機を見られるとあって、私たちも車を降りて見学することに。待つこと30分。それまで降りて来ていたA320よりもはるかに大きな機影が雲の間から見えて、あっという間に着陸していきました。お腹の底にはちゃんとEmiratesって書いてましたよー!私たちは折り返しのあの飛行機に乗ります。まだ出発まで3時間ほどあるので、のんびり空港に向かったのでした。

【番外編】エミレーツ航空の機内でのサプライズプレゼント☆

サプライズのハネムーンケーキ。

シャンパンと記念写真。

飛行機を予約した際に、知り合いのエミレーツ航空の営業さんに「ハネムーンなんです、なんか出ませんか?」とずうずうしくもお願いしたところ、東京→ドバイの機内でホールケーキとシャンパンのプレゼントが!ありがとうございます!更に写真を撮ってプレゼントしてもらっちゃいました。深夜の1時過ぎにケーキを食べる私たち。しかもホールなので、二人では食べきれず、残った分は機内の冷蔵庫で保管してもらい、ドバイで降りたときに渡してもらいました。残ったケーキは空港での待ち時間に朝ごはん代わりに食べましたとさ。フォークがなかったのでなぜか持っていた割りばしで。これも良い思い出です。

モーリシャスで見つけたグルメ

さすが島国モーリシャス!シーフードが美味しい!

最高においしかったシーフードBBQ

ロブスターディナーです

デザート取り放題!

上述のシーフードBBQで実感しましたが、海が近いからかシーフードがとにかく美味しいです。ロマンチックディナーのメインディッシュではロブスターを選択しましたが、プリッとして磯の香りがほのかに漂う、これまた美味しい一品でした。ロブスターはなかなか食べる機会がないので、食べられてよかったです。ちなみにホテルのレストランでは、何を食べても美味しく、南国ならではの多種多様なカットフルーツや、欧米人が喜びそうなよりどりみどりな一口スイーツがたくさんあって、食に関してはかなり楽しませてもらいました。

モーリシャスでのおすすめのショッピングスポット

ポート・ルイスで訪れたショッピングモールとクラフトセンター

ポートルイスへの道はサトウキビ畑が広がります。

ポートルイスのマリーナエリア。

ショッピングセンターにて。カラフルな傘がキレイ!

入国スタンプにもドードー鳥が!

空港からホテルまでの移動にレンタカーをしていたので、その車を使ってモーリシャスの首都のポート・ルイスまで行ってみました。所要1時間ほど。道中はサトウキビ畑が広がるのどかな雰囲気です。首都・ポートルイスは港で、ウォーターフロントエリアにショッピングモールが点在しています。今回訪れたのはCaudan Waterfrontというショッピングセンターとすぐ近くにあるクラフトマーケットの2か所。クラフトマーケットでは、モーリシャス土産を物色。バラマキ用に買ったものは、砂糖・石鹸・ドードー鳥のマグネットや栞や置物など。(モーリシャスは滅んでしまったドードー鳥の生息地で、入国スタンプにもドードー鳥が描かれています)ショッピングセンターは普通にブランドショップが並んでおり、ウィンドウショッピングを楽しみました。スーパーでもお土産を物色したところ、チョコレートなどは南アやヨーロッパからの輸入がほとんど。あまり手に入らない南ア産のチョコを会社用に購入しました。お土産も買えたので、残りの滞在を心置きなく楽しめます!

モーリシャスで滞在したホテル

LUX* Grand Gaube(ラックス グラン・ゴーブ)

ホテルのロビーはこんな感じ

ホテルのお部屋はこんな感じ

洗面台が2つあるのはうれしいですね

お部屋の前にもデッキチェアがあります。

選んだ理由は上述の通り、4泊分のお値段で5泊泊まれたことと、ハネムーン特典があること。1泊4万円位はしていたので、ある程度の年齢のカップルやファミリーしか滞在しておらず、静かに滞在できました。充実のアクティビティやビュッフェは先に書いた通りですが、その他に庭の至る所に無料のドリンクが取れるようなクーラーボックスが置かれていたり、アイスクリームワゴンが出ていたり、と気配り上手。毎朝メッセジーが入った瓶がいくつか隠されており、それを見つけた人には特典があるというゲームも開催されており、暇つぶしにはもってこいでした(見つけられませんでしたが)。スタッフの方もフレンドリーで、コストパフォーマンスは非常に良かったと思います。日本にLUXの予約事務所があったので、そこを通して予約。ハネムーン特典を受けるために証明書(結婚式の招待状など何でも良い)を送り、無事予約できました。

モーリシャスに必要なアイテム・服装・その他

モーリシャスに行く人の目的のほとんどがビーチで楽しむことがメインだと思いますので、隙間時間やビーチライフに飽きた時に楽しめるものを持っていくのが良いと思います。例えば読書本とか、ボードゲームとか…。リゾートなので、これがなければ困る!というものはありませんし、大抵の必需品はホテルのショップでの入手も可能です。

モーリシャスでの注意点

同じホテルにずっと滞在することになるので、ホテル選びは納得いくまで考えると後悔することはないのかな、と思います。リゾートホテルは敷地内で完結できるよう設備もサービスも整っているので、ホテルの立地は正直どこでも関係ないと思いました。また、エミレーツ利用は出発が夜なので、ホテルのレイトチェックアウトを予め頼んだ方が良いです。私たちは前日ぐらいに頼みましたが、満員で不可でした。

まとめ

モーリシャス、すごく楽しかったです。リゾートもいいものですね。今までの旅行で5連泊なんてしたことなかったので、毎日どうやって時間を潰そうか心配したくらいでしたが、行ってみたらあっという間でした。あれもやりたい、これもやりたい、あそこにも行きたい、これも食べたい、で時間が全然足りませんでした。こういうリゾートはやっぱり2週間単位で行くものです。定年退職したらまたこんなリゾート旅がしたいですね。お金貯めないと…。

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  2. モントリオール旅行体験記モントリオールはカナダの東部ケベック州にある都市。ケベック州はフランス系…
  3. ハマメットとナブール経由で古代のフェニキア都市ケルクアンへ| トラベルダイアリー
    ケルクアン旅行体験記ケルクアンはボン岬に位置するフェニキア人がつくったカルタゴ時代の遺跡です。こ…
  4. 人生に一度じゃ勿体ない!もう一度行きたくなるニューヨークの街| トラベルダイアリー
    ニューヨーク旅行体験記「一度は行ってみたい!」と旅だった先は、大都市ニューヨーク。一度行けば満足…
  5. 優雅な建築やカフェにうっとり♪伝統感じる中欧ウィーンを街歩き| トラベルダイアリー
    ウィーン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  6. 白夜の季節にぜひ訪れて!ヘルシンキで暮らすように旅する| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記この都市を訪れる人の大半が映画「かもめ食堂」にあこがれて、ではないでしょうか…
  7. 大聖堂、公園、ローカルなお店が魅力のカンタベリー| トラベルダイアリー
    カンタベリーに行ってきました!個人経営からチェーン店までたくさんのお店が揃いながら、中世の雰囲気…
  8. シェーンブルン宮殿旅行体験記親友の海外フォトウェディングの応援・お手伝いも兼ねて向かった、オース…
  9. ゴールドコースト旅行体験記ゴールドコーストと言えば、一年中温暖な気候で365日中300日晴れ…
  10. ロンドン旅行体験記昔からハリーポッターが好きで、いつかロンドンに行ってみたいと思っていた夢が叶い…

国内旅行おすすめ

  1. 京都旅行体験記そうだ!京都へ行こう!と、突然あの和を感じたくなる瞬間になりドライブを兼ねて行って…
  2. 伊東日帰り旅行体験記5年前に見た城ケ崎海岸からの景色が忘れられず、日帰り旅行へ行ってきました。伊…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ河口湖の旅| トラベルダイアリー
    河口湖旅行体験記国の名勝地「富士五湖」の一つである河口湖は、最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点…
  4. 大自然 奄美大島で海ガメと泳ぐ| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記まだあまり観光地化されておらず、素朴な自然が楽しめると聞いたので行ってみました…
  5. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  6. 小樽旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  7. 美味しいものがたくさん〜食倒れの旅!in 三重県伊勢市| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記 2019年12月、伊勢神宮の参拝を目的に、恋人と伊勢旅行に行きました…
  8. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。これまでも何度か沖縄には行ったことがありまし…
  9. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  10. 宇治旅行体験記 京都らしい街並みや風光明媚な景色を楽しみ有名な社寺仏閣を巡り、歴…

最新記事

  1. リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガルと…
  2. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  3. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  4. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  5. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  6. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  9. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  10. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…

Archive



PAGE TOP