大西洋に面するモロッコのリゾート地!かわいい街「エッサウィラ」

目次

エッサウィラ旅行体験記

モロッコといえば、一般的には砂漠やラクダのイメージですよね。今回は、パリに住んでいる友人を訪ねに行った際に思い切ってパリから2泊3日で訪れたモロッコ小旅行のマラケシュからの日帰り編!大西洋に面するモロッコのリゾート地「エッサウィラ」をご紹介します♪

エッサウィラ旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産にも登録されている旧市街(メディナ)を散策
  2. スカラ通りでかわいい雑貨や素敵なアートとの出会い
  3. 大西洋を眺めながら、ゆったりシーフード料理を堪能!

エッサウィラはモロッコの北西、大西洋に位置する街。ヨーロッパからの観光客が多く、知る人ぞ知るリゾート地なんです。マラケシュから車で3時間ほどで行けるエッサウィラ。旧市街(メディナ)自体はこじんまりしているので日帰りでも十分満喫できます。大西洋の景色と港で飛び交うカモメ、そして白い壁と青のコントラストがとても絵になる街です。そんな街でかわいい雑貨やアートを楽しみながら、シーフード料理を堪能してみては?!

エッサウィラ旅行のおすすめのスポット

世界遺産にも登録されているエッサウィラの旧市街(メディナ)

1765年から現在の町並みが作られ、そのまま維持されています。エッサウィラの旧市街(メディナ)は、2001年に世界遺産に登録されています。カフェやレストラン、食料品や雑貨などさまざまなお店が並んでいます。青空の下、白い壁の旧市街(メディナ)と港で飛び交うカモメの絵は、アフリカ大陸よりもヨーロッパの印象を与えてくれます。

世界でもここが生産地!稀少なアルガンオイルの工房

美容・食品業界から注目を浴びているアルガンオイル。このアルガンは世界でもモロッコの南西部にしか育たない木だそうです。そして採取方法がとてもユニーク!ヤギが木に?!このヤギが実を食べて吐き出した種から芯を取り出すそうです。その芯から抽出されたのがアルガンオイル。この工房では、今でも伝統的な手作業でオイルを作っています。1粒からわずか3%しか採ることができないとても稀少なオイル。ビタミンEが豊富で、肌の老化予防に効果があるといわれています。オイルや石鹸など美容品類が販売されています。

ポルトガル人が作った大砲が並ぶ陵堡(りょうほ)

大西洋に面した陵堡。陵堡(りょうほ)とは見張り台を意味します。この陵堡は、16世紀頃エッサウィラを支配していたポルトガル人によって作られたようです。よ~くみると等間隔で大砲が並んでいます。ここから敵を監視して、街を守っていたのでしょうね。今では、大西洋を眺めながら、ゆったりできる観光客にとっての見晴台になっています。

エッサウィラでのおすすめグルメ

大西洋の景色を眺めながら、港のレストランでシーフード料理を堪能!

エッサウィラは知る人ぞ知るモロッコのリゾート地。ヨーロッパからの観光客が多く、大西洋の景色と露出度が高い服装の観光客、港で飛び交うカモメの絵は、モロッコにいることを忘れてしまうような錯覚に・・・大西洋に面した港近くのレストランでビールやワインと一緒にシーフード料理を堪能するとますます錯覚に陥ります。

エッサウィラでのおすすめのショッピングスポット

かわいい雑貨とアートな通り” スカラ通り ”

” スカラ ”とは城壁を意味します。城壁下の通りなので、スカラ通り。通りもお店もおしゃれがいっぱいのスカラ通り。女性には嬉しいアルガンオイルなどのコスメ用品や、モロッコ雑貨がたくさんです!アートな作品も多いので目が離せません。のんびりした雰囲気の中で、ゆっくりお気に入りの品を見つけてみては?!エッサウィラでお土産を購入するなら、おすすめの場所です ♪

エッサウィラにて宿泊したホテル

マラケシュの旧市街(メディナ)内にある ” リヤド アルワチュマ ”

エッサウィラにはマラケシュから日帰りで行ったので、宿泊はマラケシュのホテル。ジャマエル・フナ広場から徒歩10分ほどのマラケシュ旧市街(メディナ)内にあるリヤド(ホテル)に2泊しました。ホテルでのタジン料理をはじめとするモロッコ料理も絶品!スタッフもとても親切でゆったり出来るホテルです。アトラス山脈とクトゥーピヤ・モスクを眺めながらの屋上テラスでの朝食が、ゆったりと心地良くておすすめです ♪

エッサウィラ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

エッサウィラもマラケシュ同様、アラビア語がわからなくても比較的フランス語や英語が通じるのでガイドブック片手に時間にとらわれず、気楽に旅をするには良いでしょう。今回のエッサウィラへの日帰り旅行は、ホテルのスタッフと相談してタクシーを手配しました。エッサウィラへの道なりでベルベル人の夫婦や家族が作っているモロッコラグの工房へも案内していただいたりととても親切で良かったです。エッサウィラでもユーロが使える場所が多いので、モロッコ紙幣への両替は少額からでも良いでしょう。

エッサウィラ旅行に必要な持ち物

モロッコは日差しが強いので、日焼け・日差し対策グッズ(日焼け止め・帽子・サングラス等)は必須です。ウエットティッシュ、虫よけスプレー、エコバック、歩きやすい靴(スニーカーなどがベスト)、胃腸薬、夏でもパーカーなど(朝晩の寒暖差が激しいため夜は肌寒いことも)。また、イスラム教の国なので、できるだけ肌の露出を避けた服装がベストです。

エッサウィラ旅行での注意点

エッサウィラ旅行での注意点
  1. 旧市街(メディナ)など通りが狭いので散策は日中に!
  2. イスラム教の国なので、肌の露出は控えめの服装を心掛けて!
  3. 生野菜や果物は控えめに!ミネラルウォーターを常時して!

エッサウィラの旧市街(メディナ)も道幅が狭いので、一人歩きには要注意!人の通りは多いですが、散策は明るい日中にしましょう。ヨーロッパからの観光客も多く、露出度の高い服装の人も見かけますが、イスラム教の国なので、できるだけ肌の露出を控えたほうが無難です。また、生野菜や果物はお腹の調子を崩しやすいので、控えめにするのがベスト。常にミネラルウォーターを持参して、こまめに水分補給を!

まとめ

今回はマラケシュから日帰りでのエッサウィラの旅をご紹介しましたが、リゾート地エッサウィラをもっとゆっくり堪能したい人にはぜひ、宿泊もおすすめします。夕暮れ時の大西洋とエッサウィラの旧市街(メディナ)やスカラ通りのアートとのコントラストは絶景となることでしょう!日本からはとても遠くて時間も費用も必要なモロッコ旅行ですが、ぜひ時間を作って一度は訪れて見て欲しい場所の1つです。

 

N.mikako日本語通訳・ガイド 

投稿者の過去記事

ウズベキスタンのホラズム州トルクメニスタンとの国境沿いの村に住んでいるウズベク人と結婚し、現在中央アジアで最初に登録された世界遺産「イチャン・カラ」で日本語通訳・ガイドの仕事をしています。
「ヒヴァについて」「ウズベキスタンについて」「村の生活」などにご興味のある方はこちらからお気軽にご連絡ください。https://sehrlixiva.wordpress.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. おもしろ楽しい!アイルランドの街、ブラーニーでお城探訪★| トラベルダイアリー
    ブラーニー城観光体験記テレビで見て以来気になっていたアイルランドにある一風変わったお城「ブラーニ…
  2. 観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー
    ビクトリアフォールズ旅行体験記世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、…
  3. チェコの首都プラハ「市民会館(スメタナホール)」で音楽鑑賞ツアー | トラベルダイアリー
    プラハ市民会館 (スメタナホール)体験記音楽の都としても名高いチェコの首都、プラハでやりたかった…
  4. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…
  5. リスボン旅行体験記美味しいシーフードとお酒を楽しみたい方は是非ポルトガル・リスボンへ!今回はポル…
  6. バコロド旅行体験記以前、フィリピン・ネグロス島のバコロドで行われる「マスカラフェスティバル」につ…
  7. 台湾旅行体験記休みの都合上、3日しか休みが取れない!だけど海外旅行に行きたい!そこで選んだのが、…
  8. サンクトペテルブルグ弾丸観光と夜行列車で行ったキジー島| トラベルダイアリー
    サンクトペテルブルク旅行体験記実は今回の旅はキジー島がメインで、サンクトペテルブルクはそのついで…
  9. 一体どうやって?!断崖絶壁岩の頂に建つギリシャのメテオラ修道院群| トラベルダイアリー
    メテオラ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  10. 日本と深い歴史がある親日国ウズベキスタンの首都 「タシケント 」| トラベルダイアリー
    タシケント旅行体験記中央アジアの玄関口ともいわれるウズベキスタンの首都 ” タシケント ”。日本…

国内旅行おすすめ

  1. 味を占めた一人旅第二弾!キレイな水が見たいぞ忍野八海| トラベルダイアリー
    忍野八海旅行体験記 第一弾の三重旅行からしばらく経ち、桜の季節が少し過ぎた頃『どこか…
  2. 刺激が欲しい人必見‼世界遺産「知床」で大自然を大冒険しよう| トラベルダイアリー
    知床旅行体験記北海道といえば「新千歳空港」に行く私ですが普段とは違う旅がしたい‼と思い、今回…
  3. ポップカルチャーも織り交ぜて、大人の原宿&表参道で遊ぶ!| トラベルダイアリー
    原宿・表参道旅行体験記原宿ってガチャガチャしてるからなんだかとっつきにくい…と思っていたのですが…
  4. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  5. 気楽に無料バスで行く☆スパリゾートハワイアンズ☆ホテルハワイアンズ編| トラベルダイアリー
    ふらっとハワイアンズへ水遊びに行く首都圏から無料送迎バスが出ているハワイアンズ。 私は新宿から乗…
  6. 国営ひたち海浜公園で青の絶景を楽しむ旅~in 茨城・ひたちなか~| トラベルダイアリー
    ひたちなか旅行体験記ネモフィラとチューリップどちらも観賞できる日に「国営ひたち海浜公園」へ行って…
  7. 奄美大島 ゴジラがいた森!?ガイド付きじゃないと入れない!金作原原生林とは?| トラベルダイアリー
    金作原原生林体験記奄美大島で行きたい場所のひとつでもあった、金作原原生林!自然保護のため認定ガイ…
  8. 雄大な自然風景と街並みに癒される♪秋の湯布院日帰り観光| トラベルダイアリー
    湯布院旅行体験記大分県・湯布院に紅葉を見に行きました!今回は別府から日帰りで訪れたので、バスターミ…
  9. 名古屋旅行体験記新幹線でアクセス便利な名古屋!今回は日本で唯一のミュージアム、フライトオブドリー…
  10. すみだ水族館で「桜とクラゲ」を鑑賞&浅草で社寺をめぐる大人旅!| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記浅草に行きたい!東京スカイツリーに行きたい!水族館に行きたい!3人それぞれの意見を…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP