女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー

女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム

アムステルダム旅行体験記

ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人宅に泊めてもらうことになっていたので楽しみにていました。実際、とても楽しかったのですが、戦争について考えさせられてしまう旅になってしまいました。

アムステルダム旅行について

おすすめのポイント
  1. 自転車の多いゆったりとした街
  2. 運河と街並みがかわいらしいフォトジェニックな街
  3. オランダ人は背が高い!!自分が小柄だと錯覚

運河沿いに街が広がっているので橋がたくさんあり、のどかな街並みは写真を撮りながらお散歩するのにピッタリのゆったりとした街です。自動車の代わりに自転車に乗る人が多いので空気もきれいだし、食べ物もおいしいし言うことありません。
また、オランダは男女ともに身長が高い人だらけです。みんなモデルかバレーボール、バスケットボールの選手なんじゃないかと思うくらい。日本では割と高身長の私が小柄なんだと錯覚してしまう嬉しい国でした。

アムステルダム旅行のおすすめのスポット

悲しい気持ちでいっぱいになったアンネの家

あの有名な「アンネの日記」のアンネが隠れていた家が博物館になっています。本棚の裏にある隠し扉、急な階段、実際にそこを通ってアンネたちが2年間潜伏していた居住スペースに行くと、何とも言えない恐怖と、悲しさとで胸がいっぱいになりました。何となくユダヤ人のこと、アンネのことは知っていましたが、実際に訪れると改めて、言いようのない苦しさでしばらくは戦争について考えてしまいました。
内部は一切の撮影が許されていませんでしたが、もし撮影できたとしても切なさから写真を撮ることはできなかったんじゃないかと思います。

2代巨匠の絵画がたくさん、国立美術館

オランダと言えばフェルメールとレンブラント。彼らの絵画がたくさんあるとあっては行かない理由がありません。明るいタッチでやわらかく描くフェルメールと対照的に暗くて重厚感のあるタッチのレンブラント、2人の絵画を堪能しました。
有名な真珠の絵画は残念ながらこちらの美術館所蔵ではありませんでしたが、大満足でした。

番外編 ドキドキしながら飾り窓の通りを歩く

日本でいう風俗街です。通ったのは昼間でしたがいくつものガラス張りの店内からとってもきれいな裸のお姉さんたちが女の私にもにこやかに手を振ってくれました。
友人曰く、この通りはとても治安が悪いのでカメラ、財布、ケータイはカバンに入れてしっかり閉めて体の前に抱えるようにとのこと。というわけで、残念ながら写真を撮ることはかないませんでした。通る時もささっと早歩きで通り過ぎた感じで、在住歴の長い友人でもめちゃくちゃ警戒しているのが伝わってきました。
ちなみに、夜はピンクのネオンで輝くそうです。

アムステルダムでのおすすめグルメ

ファストフードもスーパーも全部おいしい

友人にオランダの名物は何か聞いたところ、自動販売機でかうスナック(コロッケ類)だというので挑戦したところ本当においしくてびっくりしました。ほかにも、南米のスリナムからの移住者が多いのでスリナム料理のお店などがたくさんあります。
レストランでなくてもスーパーで買うパンやハム、チーズ、お惣菜やお菓子すらびっくりするほどクオリティが高くとにかくはずれがありませんでした。
ちなみに、ここオランダでもニシン祭りをしていて何匹も食べてしまいました。
画像は、自分たちで自転車をこぎながらビールを飲める移動パブです。

アムステルダムでのおすすめのショッピングスポット

定期的に開催される市で激安ショッピング

この日は木曜日でした。定期的に位置が開催されるそうで野菜などの食料品から日用品、おみやげに至るまで何でも売っている大きな市で、たくさんの地元の人でごった返しています。たくさんのお店の中にぽつぽつとおみやげにちょうどいい木靴などが激安で売られています。おみやげ屋さんよりはるかに安いので運よくこの市に遭遇したら必ず行くべきです。
食べ物の屋台も多く、飽きずにここでもニシンを何匹も堪能しながらぶらぶらしていました。

アムステルダムにて宿泊したホテル

友人宅

アムスには日本人の友人(この時点では友人の友人でしたが)が住んでいて、泊めてもらいました。
友人の住むアパートは築100年以上はあるらしいのですがキレイにリフォームされていて快適でした。アムスをはじめヨーロッパの建物はこのように築年数の古いものが多いのだそうです。日本のワンルームマンションと同じような感じの間取りでした。ただ、古いのでエレベーターが無く、重い荷物を持って上の階へ登るのがとってもつらかったです。

アムステルダム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ブリュッセルからは電車で2時間ほど、乗り換えもなくサクッと移動できます。
駅から友人宅までは歩いていける距離とのことだったのですが、20kgの荷物を背負って歩くのは過酷過ぎました。
そのほかは友人があちこち連れて行ってくれたり、1人でぶらっと街を散策したりと自由に過ごしました。久しぶりに数日間日本語で会話できたことが本当に嬉しくて毎日遅くまで話し込んでしまいました。

アムステルダム旅行に必要な持ち物

特にありません。
オランダ人はほとんどの人が英語を話すので困ることもありませんし、穏やかで平和な街なのでのんびりと観光できます。

アムステルダム旅行での注意点

アムステルダム旅行での注意点
  1. 大麻が合法なので、怪しい路地には気を付けましょう。
  2. 食べ物のクオリティが高いので食べすぎてしまいます。
  3. オランダ名物の風車は街にはありません。

穏やかで安全な街ですが、オランダは大麻が合法です。街を歩いているといたるところで大麻のにおいを感じます。だからと言って怖いことはないのですが、あまり踏み入れるべきではない路地が存在しますので気を付けましょう。
そして、風車は街にはありません。オランダらしい風車の景色はアムステルダムにはないそうです。

まとめ

アムステルダムは、きれいで穏やかな街並みを堪能できる一方、戦争のやるせなさを感じる街でした。友人の住んでいたアパートも、その戦争を経て今もあるんだと思うと違った風に見えてきます。思いがけず、改めて平和について考えさせられるいい機会になりました。
とはいえ、友人と一緒に過ごせる安心感、日本語をずっと話せる嬉しさから、もっとずっとここにいたいと思ってしまいました。

jamon身も心も彷徨い中

投稿者の過去記事

ふと世界一周がしたいと思い立ち、数年かけてお金を貯めたのち半年間のバックパッカーをしました。
外に飛び出す楽しさを知ってしまったらもうじっとしていられず、長期休みのたびに海外旅行をする生活に。
今はコロナでどこにも行くことができないのでここに文章を書くことでいろいろ思い出して次への夢を見ています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 観光シーズン到来のビクトリアフォールズを満喫| トラベルダイアリー
    ビクトリアフォールズ旅行体験記世界三大瀑布であるビクトリアフォールズに一度は訪れてみたかったので、…
  2. ビエッラ旅行体験記織物の街として古くから栄え、多くの有名ブランドを輩出してきたイタリア・ビエモン…
  3. マカオ旅行体験記「香港行くならもちろんマカオも行きたいよね!」ということで決まったマカオ日帰り旅…
  4. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  5. 女子一人旅 in オランダ のどかな街と戦争と。アムステルダム| トラベルダイアリー
    アムステルダム旅行体験記ベルギーの次はお隣の国、オランダに向かいました。オランダでは日本人の友人…
  6. 一人旅・女子旅にもおすすめ!台北の魅力!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記初めて海外旅行に行く友人と台湾に行ってきました。安くて美味しい料理がたくさんで、1…
  7. チュニジア・サヘルの真珠【スース】で旧市街観光| トラベルダイアリー
    スース旅行体験記スースは首都チュニスから南へ約140km、車で約2時間の距離にある都市です。ビー…
  8. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  9. ハンガリー・ブダペストを2泊3日で楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ブダペスト旅行体験記ハンガリーの首都ブダペストは、その街の美しさから「ドナウの真珠」と称されてい…
  10. ハワイ島旅行体験記子連れ旅行の定番かつ人気NO1のハワイ。ハワイ島のダイナミックな自然と、オアフ…

国内旅行おすすめ

  1. 【日本最北端】北海道・宗谷岬へ感動の絶景に出会う旅に出よう‼| トラベルダイアリー
    稚内旅行体験記【宗谷岬】は稚内市にある日本最北端といわれる場所です。海沿いを走って向かうので…
  2. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  3. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  4. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  5. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  6. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ沖縄の旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記夏のピークで混みあう前に、沖縄へ三世代で旅行へ行ってきました。今回は海開きはしてい…
  7. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  8. 長州歴史&絶景の旅 …
  9. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  10. 海に入れなくても楽しい!3世代で満喫♪冬の沖縄名護_トラベルダイアリー
    名護旅行体験記沖縄県内に住む私達の定番旅行は、ホテル代もお手頃になるオフシーズンの冬に、少しリッ…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP