マルタ マルサシュロックの港風景

息をのむ絶景とグルメ:マルタ共和国 (1.初回編)

首都:バレッタ近郊旅行体験記

マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。
親友と私は底なしのフードファイター女子!
旅行先に悩んでいましたが、マルタ共和国のグルメの写真を見てグルメの話で盛上がり、マルタへの渡航が決定!
渡航費は往復12万円程。アルバイトで貯めた貯金をフル活用して、私と親友の卒業グルメ旅行がスタートしました。

首都:バレッタ近郊旅行について

おすすめのポイント
  1. 心躍る、フォトジェニックな絶景の数々
  2. 陽気で美しい多文化国家
  3. 小回りの利く国土面積

マルタにはフォトジェニックなロケーションがたっぷり!
目を疑うほどの美しい海。歴史を感じる様々な大きさや形の教会。カラフルな街並み。
今でも旅行の時の写真を見返してうっとりしてしまいます…。
様々な文化が混ざり合うマルタは街を歩く人々も人種や言葉は様々!
しかしマルタ人の多くはマルタ語と英語のバイリンガルの為、こちらから英語で話しかけると首都圏ではほとんどの人が英語で返してくれます。
マルタ人は陽気な人柄が多く、旅行にはもってこいの国民性。道を聞くと優しく答えてくれる人がほとんどです。
また、マルタの国土面積は東京都のおよそ半分。
地下鉄や電車が無いため、移動は基本的にバスになります。シーズンによってはお得なパスもあるので空港に到着後ぜひゲットしてみてくださいね!

首都:バレッタ近郊旅行のおすすめのスポット

首都:バレッタ (Valletta)

バレッタの街並み

首都バレッタは、マルタのルア空港からバスで15分ほど。
なんとこの首都、丸ごとがユネスコの世界遺産なんです!
バレッタの美しい街並みにはカフェやレストランはもちろん、歴史ある教会、ホテル、さらにはマルタ人が生活する住宅などがあります。
マルタ旅行をする際には絶対に訪れてほしい町、バレッタ。
バレッタに行くときのポイントは、行くタイミング!
バレッタには様々なお土産屋さんや雑貨屋さん、食料品店がたくさん。
到着してそのままバレッタへ行ってしまうとお土産とスーツケース等で荷物がたくさん…!
1週間以上の滞在の場合、1度目:観光がてらお土産の下見→2度目:身軽な時にまとめて購入!といった流れがおすすめです。(マイバックをお忘れなく)

青の洞門 (Blue Grotto)

青の洞門 マルタ共和国

マルタの絶景スポット「青の洞門」は皆さんも一度は聞いたことがあるのでは?
到着したらまずはバスで上から見た美しい洞門を見てみましょう!
バス停付近には青の洞門を見るためのフォトスポットがたくさん設けられています。
足元に気を付けて丘の下へ降ると、青の洞門の中をボートで探検できるツアーもあります。
(詳しくは続編で)
青の洞門を楽しく観光するポイントは気候!
風が強かったり、波が高すぎたりすると洞門ツアーのボートが出ない場合があるとのこと。事前に天気や風量は調べておくと良いでしょう。

マルサシュロックの日曜市 (Marsaxlokk Fish Market)

マルサシュロックの日曜市

マルタの旅行日程に日曜日が入っている場合はマルサシュロックにある日曜市もおすすめ。
海辺にはお魚やお野菜、はちみつ、ハーブ、手芸品など様々なマーケットがずらりと並んでいます。
マルサシュロックの日曜市へ行く際のポイントは出発時間!
というのもこのマーケット、午前中で終わってしまうんです…。
日曜市に訪れる際には朝早めのバスで出発するのがおすすめです。
日曜日にしか開催されないマーケットなので、早起きが苦手な方は前日のアラームをお忘れなく!

首都:バレッタ近郊でのおすすめグルメ

お食事もスイーツも!マルタグルメを堪能しよう!

マルタのパスタ

現地の料理は、海外旅行の醍醐味ですよね!
イタリアの文化が根強く残るマルタのレストランにある多くのメニューは、スパゲッティ、リゾット、シーフード、ワインなど。
私たち日本人にもゆかりのあるお食事がたくさんあるんです!
さらにお値段も日本国内でのお食事と同程度なので、様々なメニューを選んでシェアするのがおすすめ。
またマルタのおすすめスイーツはジェラート!
マルタの町を歩いていると、日本のコンビニのように点々とジェラート屋さんがあります。
お店によってフレーバーやサイズもそれぞれで、スイーツ好きにはたまらないマルタグルメです。

首都:バレッタ近郊でのおすすめのショッピングスポット

お土産はやっぱり首都バレッタがおすすめ!

日曜市で並ぶマルタレース

1.マルタレース
マルタではレースが特産品!なんともヨーロッパらしいですよね。
ホワイトレース、オフホワイト、カラフルな刺繍が入ったものなど色も形も様々!そんな素敵なマルタレースをゲットするおすすめの場所はマルサシュロックの日曜市。日曜市にはマルタレースをつくるおばあさんたちもマーケットを開いています。マルサシュロックの日曜市に訪れた際にはぜひチェックしてみてください。

2.はちみつリキュール
マルタでは養蜂も盛んなので、はちみつも特産品の一つです。はちみつ自体を買っていくのも素敵、でももう一捻りほしい…?そんなときは、はちみつのリキュールがおすすめです!小さな瓶はお土産にも最適です。お好みでソーダやトニックウォーターで割って飲むのがおすすめです。

首都:バレッタ近郊にて宿泊したホテル

「ホテル・バレンティーナ」 (Hotel Valentina)

ホテルバレンティーナの朝食

今回、宿泊したのはマルタのセント・ジュリアンにある『ホテル・バレンティーナ』
エントランスにはバーも併設されており、室内や敷地内も非常に清潔感がありました。従業員の皆さんも非常に丁寧な対応でした。
今回は、旅行中に同行した友人の誕生日があったので事前にホテルへメールで依頼をして、チェックイン時にルームサプライズを用意していただきました!*
そしてこのホテルで最もおすすめだったのは朝食!様々な種類のサラミやハム、チーズ、フルーツが並び毎朝とっても楽しみに朝食会場へ向かっていました。朝食をしっかり食べると観光中の体調も非常に良くなるので一石二鳥なホテルでした!
*ルームサプライズは有料・英語のメールで依頼が必要です。

首都:バレッタ近郊旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

『DeNAトラベル』サイトで予約! (現在の『エアトリ』)

今回のマルタ旅行でフライトとホテルの予約で使用したのは「DeNAトラベル」(現在のエアトリ)。
DeNAトラベルのメリットは比較的日本人向けになっているサイトの為、フライトの予約や搭乗、ホテルのチェックインまで非常にスムーズに行うことができました。一方、世界展開している格安サイトに比べると価格は少々劣っているように感じました。外資系の格安サイトを使用するのもお得ですが、サポート面や日本語サイトの見やすさで選ぶのも快適な旅のポイントかもしれません。
【今回使用したフライト】
[行き] 羽田空港 出発

↓ ANA(全日空)

フランクフルト国際空港 到着

↓エアーマルタ (共同運航:ルフトハンザドイツ航空)

マルタ国際空港 到着

[帰り] マルタ国際空港 出発

↓エアーマルタ (共同運航:ルフトハンザドイツ航空)

ミュンヘン国際空港

↓ ANA(全日空)

東京国際空港 到着

首都:バレッタ近郊旅行に必要な持ち物

マルタへ旅行でおすすめの持ち物は2つ!
①クレジットカード
海外旅行の基本ともいえるクレジットカード。
マルタでは基本的に現金とクレジットどちらも、使用することができます。
しかし現在は日本からマルタまでの直行便が無い為、トランジットの国でお買い物をする際には、両替屋さんでのロスタイムもなく非常に便利です。
(個人的にブランドはVISAがおすすめ)

②紙のバスマップ
マルタでの移動は基本的にバスが多かった為、私は紙のバスマップを常に持っていました。
Google Map等も非常に便利になっていますがネットが不安定な場所での検索が難しくなってしまうことも…!
紙のバスマップは1つ持っていて損はしないと思いますよ。
(マップは空港や大きなバス停で入手できます)

首都:バレッタ近郊旅行での注意点

首都:バレッタ近郊旅行での注意点
  1. 荷物にシャンプー類は不要!
  2. 水道水は飲めません
  3. 少し厚手のアウター類が必要

まずは持ち物チェック!私は日本で買ったシャンプーを持って行きました。
ところがマルタの水質は日本と大きく異なるため泡立たず…。シャンプーは現地で購入するのがおすすめです!
あと、現地の水道から出る水は基本的に飲めません!
こちらも現地のお店でミネラルウォーターを購入するのがおすすめ。
旅行は体調管理もとても大切!私が旅行をしたのは2月上旬。
海辺では冷たい風が吹く日が多いので、日中バッグから出し入れできる軽めのアウターがあるとより快適な旅ができると思います。

まとめ

初めて行く国ってワクワクする反面、不安や心配事もつきものですよね!
マルタは比較的治安も良好で、食べ物も皆さんに馴染みのあるイタリア料理が多いので準備さえ整えておけば、快適な旅行ができると思います。
また海外旅行は素敵なロケーションやグルメはもちろん、現地での健康管理も非常に大切です。

海外旅行を検討しているあなた!
ぜひマルタ共和国はいかがでしょうか?

― 続編へつづく ―

Hanaske翻訳とライター

投稿者の過去記事

Hello Hello✈

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. バルセロナ旅行体験記建築好きは必見のアントニ・ガウディの作品が街のあちらこちらにあるバルセロナ。…
  2. 女子一人旅 in アメリカ 最先端なのに穏やかな街シアトル| トラベルダイアリー
    シアトル旅行体験記バンクーバーから友達と一緒にシアトルに来ました。シアトルと言えばイチローのいた…
  3. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  4. アムリトサル旅行体験記アムリトサルは、インド北部に位置する街です。パキスタンに陸路で入国するため…
  5. 地上の楽園!タヒチボラボラ島で過ごした夢の様な日々| トラベルダイアリー
    ボラボラ島旅行体験記モルディブかタヒチの青い海をぜひ見てみたい!と昔から思っていて、今回機会があ…
  6. 古代オリンピック発祥の地!神話の世界そのもののアテネ| トラベルダイアリー
    アテネ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字は…
  7. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…
  8. 散策しながら歴史と文化を感じてみる in ミュンヘン| トラベルダイアリー
    ミュンヘン旅行体験記ドイツのミュンヘンに行ってきました!友人がミュンヘンに住んでいたので、彼女に…
  9. ハンピ旅行体験記1986年に世界遺産になった南インドの秘境、ハンピ。巨石でできたこの街は、まるで違…
  10. 幼児連れでも楽しめた!2歳児との海外旅行はグアムで正解!| トラベルダイアリー
    グアム旅行体験記子連れ海外に関しては2歳になってすぐハワイに行き惨敗。ロングフライトと時差がきつ…

国内旅行おすすめ

  1. 徳島・東かがわ・さぬき旅行体験記夏には夏らしい旅がしたい!と関西女子3人で計画。以前から行っ…
  2. 横浜旅行体験記東京からのアクセスが大変よく、お洒落なイメージのある横浜!今回は、週末にふらっと気…
  3. 1泊2日をエキサイティングに楽しむには淡路島で決まり!| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記淡路島は山の自然と海の自然の両方が楽しめる、観光には非常におすすめのスポットです…
  4. ハイカラな街!横浜でゆる〜くハマ歩きをして気分爽快!| トラベルダイアリー
    横浜旅行体験記何度も訪れたことのある横浜ですが、異国情緒溢れる街を散策して気分をリフレッシュしたい…
  5. ~バラ&彫刻&富士山に癒された~アートリゾート・箱根で女子たび| トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根に1泊2日の盛りだくさんな女子ふたり旅をしてきました。アートや花鑑賞、グルメ、…
  6. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  7. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  8. 【一人旅】鎌倉で非日常を味わい、美食を堪能し、御朱印をいただく| トラベルダイアリー
    鎌倉旅行体験記つれづれに御朱印について調べていたところ、鎌倉・江之島にある江島神社の御朱印に惹か…
  9. 尾道旅行体験記広島の尾道は瀬戸内海に面した港町です。広島の小京都とも呼ばれ、古い町並みが残り、お寺…
  10. 週末の1泊2日で金沢へ!金箔盛りだくさんな女子2人旅!| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記美味しいものが食べたい!という思いから、東京から約2時間30分で着く金沢に1泊2日…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP