歴史と情緒を感じさせる、ゆったりとしたスペインの古都「コルドバ」

コルドバ旅行体験記

新婚旅行で行きました。温暖で過ごしやすい気候と、どことなく陽気な印象、どこか心休まるリゾート地のような雰囲気は、南スペインのコルドバならではです!歴史的にも様々な文化が入り混じった土地なので、あまり見られない建造物も楽しむことができますよ。

コルドバ旅行について

おすすめのポイント
  1. ゆったりとした時間を過ごしながら、観光できる
  2. 街の人たちは真面目で陽気、そして治安も良い!
  3. 彫像アートがスポットスポットにあって面白い!

多くの観光地が集結しているわけではないので、自分の行きたい場所を選びながら、マイペースに観光できると思います。そして、雰囲気もとてもゆったりしているので、その空気に紛れて、カフェや広場でまったり過ごすことができますよ。昼間もそうですが、夜も人が多く、治安も全然悪くありません。また、コルドバの各所にはアートな彫像がちらほら!観光と散歩がてら各スポットに足を運んでみてください。アートな気分に浸れますよ。

コルドバ旅行のおすすめのスポット

イスラム教とキリスト教の融合が楽しめるのが魅力的、メスキータ!

メスキータは、世界遺産に登録されたスペインに現存する唯一のモスクです。イスラム王朝が建てたモスクですが、その後にはカトリック教徒によって、聖堂が加えられました。そのため、この建物内では二つの文化を感じ、触れることができます。建物内部は礼拝の間と呼ばれるアーチ状の無数の円柱が、特徴的で圧巻です。聖堂やミフラーブなど全体を通して見ごたえがあります。朝の8時半から9時半までは無料で入場できるので、朝に強い方はぜひその時間帯に訪問してみてください。パイプオルガンの荘厳なミサ曲も聞くことができます。

白壁に映えるカラフルな花があふれた旧ユダヤ人街

メスキータの裏手には、お土産売り場とともに旧ユダヤ人街があります。ユダヤ人が居住地としていたこの街もまた、世界遺産です。花々が白壁にかけてあって、とても可愛らしいです。観光客の写真映えするスポットとなっています。中でも「花の小道」と呼ばれる場所は、花々と建物の間からメスキータの塔が見えるので、一際にぎわっています。私が行ったのは2月だったので、そこまで観光客はいませんでしたが、5月になるとパティオ祭りと言って、中庭に花を飾ったそれぞれの美しく飾られた家々を見られるため、大変混雑するようです。

コルドバ市民の憩いの場、サンミゲル広場

サンミゲル広場はコルドバ市民が集まるところ。レストランやカフェ、ショッピングモールなどのある場所の中心地となっています。真ん中には噴水があり、そこで座っていると市民の日常が伺えます。スペインでは仕事の合間にも最大3時間ほどの休憩ができるシエスタが有名で、平日でも正午以降に周りを見渡すとかカフェで、くつろぐ市民たちの姿を垣間見ることができますよ。日本とは違う一文化に触れて、楽しんでみてください。

コルドバでのおすすめグルメ

コルドバの郷土料理が楽しめる、『カサ・エル・ピスト』

先ほどのメスキータやユダヤ人街より北にある、サンミゲル広場の近くにあるパブのようなレストランです。カフェやパブを抜けて奥まったところにあります。コルドバの伝統的な暑さにぴったりのお料理、サルモレホを味わうことができます。サルモレホはベースがトマト味の冷製スープで、なんとも濃厚で癖になる味です。店員さんも気さくでオススメを聞くとたくさん勧めてくれるので、ぜひ聞いてみてください。

コルドバでのおすすめのショッピングスポット

コルドバ産オリーブオイル専門店、ボトルも可愛い『1490』

自分にも大切な人にもお土産として買って帰りたいのが、『1490 Deco&Deli』のオリーブオイル。その名の通りなんと1490年から長くオリーブオイルを製造していた家族経営のお店なのだそう。店内で試食させてもらえて、風味や香りが豊かなのを楽しむことができますが、なんといっても注目すべきなのは、容器です。白磁に施されたオリジナルの可愛らしい花の模様はとても素敵です。どれも手作り・手描きになっていて、同じものはないのだそうですよ。旧ユダヤ人街にあるので、観光帰りにぜひ訪れてみてください。

コルドバにて宿泊したホテル

マシア・アルファロス

落ち着いていて良い雰囲気のホテルでした。建物は黄色と白が基調で、南国のような感じもありながら、土地柄なのかイスラムのデザイン要素も感じさせ、素敵な装いです。中庭にはオレンジの木があって、朝食の席で見られます。朝食も他の団体客や滞在者とあまりかぶらないようにしてくれたのか、静かに食べることができました。スタッフの方も速やかに対応してくださり、いやな感じがまったくありません。部屋も中庭もとてもきれいで、騒音もなくゆっくりできます。おすすめのホテルです。

コルドバ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

HIS マドリード・コルドバ・バルセロナ3都市をまわるフリープラン

海外旅行へ行く際は、いつも旅行代理店で航空券のみをお願いしており、ツアーは今回が初でした。新婚旅行ということもあり、送迎付きにしたので、移動は非常に楽でした。3都市も難なく回れたので、満足しています。コルドバのホテルについては大変満足していますが、ほかの都市のホテルはグレードを上げた割には、主要都市から少し遠かったり、隣の音が聞こえたりするなどで、あまり良い印象ではありませんでした。

コルドバ旅行に必要な持ち物

海外旅行で必要な基本的な持ち物を持っていけば問題ないですが、特に必要だと思うのは、パスポート、ホテル予約確認書、クレジットカード、現金、スニーカー、薄い上着、現地のガイドブックです。最初の3つは旅行で特に必要ですが、コルドバはカードが使えないこともあるので、現金はあったほうがいいです。スニーカーは道ががたがたしているので、あると便利ですし、薄い上着は後で注意点に理由を書きました。また、観光前に入手してほしいのが、現地のガイドブック。営業時間や入館料について、日本語で書かれたものがあります。営業時間は割とばらばらなので、一覧があるといいですよ。

コルドバ旅行での注意点

コルドバ旅行での注意点
  1. 曜日によって、やっていない施設やレストランがあり、事前に要チェック
  2. 日中と朝晩の気温差に注意。暖かくても羽織るものをもっていくべし
  3. 交通機関について事前に調べる必要あり

それぞれ営業時間がだいぶ異なるので、調べないで行くと開いていないなんてこともしばしば。注意が必要です。歩いても回れますが、距離が結構あるので、時間がない時は交通機関を有効に活用してください。晴れの日は、2月でも日中は20度と暖かいですが、朝晩は10度以上違うこともあって、旅中で風邪をひくなんてことにもなりかねませんので、羽織るものは持っているといいですよ。

まとめ

コルドバ旅行はもう一度行きたいと思うくらい、満足でした。上記で述べたように営業時間が異なり、時間に限りがあり、訪問できないところもあったので、次回は行けるように調整したいと思います。そこまで観光地は多くないですが、街並みや雰囲気を感じるだけでも楽しめる街です。ゆっくりしたい、一人旅で自分の時間に浸りたいなんていう方には、治安も良いですし、落ち着いたところでゆっくりできるので、持って来いの場所だと思います。歴史も味わえる場所なので、歴史好きにもたまらないかもしれませんね。あとは、時期を選んで自分の旅行を楽しんでください。

 

Irisライター

投稿者の過去記事

自然やアートを愛する旅好きなライターです。
国内外問わず旅行するのは大好き!
今までにヨーロッパやアメリカ、南米まで、いろいろと行っています。
海外へ行くたびに、日本の精神や文化、食の美しさを改めて思い起こすことが多いので、最近は主に国内を巡って、日本の良さを体感しているところ。
変わり者なので、みなさんがあまり行かないようなところに行くことが多いと思います。
記事をご覧いただきまして、ありがとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 田川旅行体験記福岡県の炭鉱で栄えた町、田川を走る平成筑豊鉄道は、平成元年に誕生し、令和には新しく…
  2. 寧波旅行体験記友人に遊びにおいでよと誘われ、どこに住んでいるかもよくわからないまま二つ返事で行く…
  3. ワッフルの焼ける甘~い匂い!ブリュッセル散策| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記フランスへ旅行したときにパリから赤い列車のタリスに乗ってブリュッセルまで移…
  4. 魅惑のモロッコ!かつての北アフリカ最大の交易都市「マラケシュ」| トラベルダイアリー
    マラケシュ旅行体験記誰もが一度は訪れてみたいと憧れる国の1つモロッコ。今回は、パリに住んでいる友…
  5. 「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー
    アントワープ旅行体験記ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということ…
  6. 優しい笑顔と色彩の街!クロアチアの首都ザグレブ旅行★| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記旅行好きの祖母のススメで、生まれて初めてクロアチア周遊旅行へ行ってきました!数…
  7. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  8. 女子一人旅 in ベルギー ちょっと寄り道、ブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記 パリの次はオランダへ行く予定にしていましたが、ふと地図を見て…
  9. エッサウィラ旅行体験記モロッコといえば、一般的には砂漠やラクダのイメージですよね。今回は、パリに…
  10. ノスタルジックでカワイイ街!クロアチアの首都サグレブ| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記ヨーロッパと言えばフランスやイギリス、イタリアなど観光客に人気の国がたくさんあ…

国内旅行おすすめ

  1. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  2. 車なしでも観光できる!高知 1泊2日〜充実のひとり旅〜| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記四国旅行の際に訪れたことはあっても、泊まってゆっくり観光したことのなかった高知。…
  3. 1泊2日ですべておさえる!仙台観光スポットをギュッと詰めて巡る旅| トラベルダイアリー
    仙台旅行体験記 好きなアーティストのライブが仙台で開催されたため、あわせて観光もしよ…
  4. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  5. 【一人旅】アジアの玄関口、福岡・太宰府で、歴史を学ぶお勉強気分に浸る| トラベルダイアリー
    太宰府旅行体験記土日に時間ができたため、1泊旅行に行こうとしたものの、季節は梅雨。なるべくなら雨…
  6. はじめての香川・小豆島!王道コースで島のいろはを知る旅| トラベルダイアリー
    小豆島旅行体験記関西に在住することになったのをキッカケにせっかくなので関西から行きやすいスポット…
  7. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  8. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  9. 南阿蘇鉄道でトロッコ列車を満喫する日帰り南阿蘇の旅| トラベルダイアリー
    南阿蘇旅行体験記熊本地震で崩落した阿蘇大橋、5年の年月をかけて24時間体制で復旧工事が進められま…
  10. 温泉リゾート・箱根~温泉&美術館&ツツジ~和を楽しむ母娘2人旅!_トラベルダイアリー
    箱根旅行体験記箱根は温泉施設や美術館が多く、四季によっても景色が違い何度行っても楽しめます。今回…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP