地球の歩き方にも載っていない?!グアテマラの秘境 セムク・チャンペイ

セムク・チャンペイ旅行体験記

基本的にノープランだった中南米旅行。ガイドブックは持たずに、実際に行った人の口コミを大切に旅のルートを決めていました。「行くまでがかなり大変だけど、秘境感が凄い!」とバックパッカー友達に言われて決めた、セムク・チャンペイ行きでした。

セムク・チャンペイ旅行について

おすすめのポイント
  1. 秘境感が半端ない?!グアテマラの山奥にひっそりと佇む楽園!
  2. 自然が作り出す絶景!エメラルドグリーンの川棚!
  3. 山登り、川遊び、洞窟探検!ツアー参加でアクティビティも充実!

そもそも「グアテマラ」と言う国自体、日本で暮らしていて身近に感じている人は少ないと思います。そんな知られざる国の山奥深くにセムク・チャンペイはあります。Wi-Fiどころかライフラインも十分に通っていない、マヤ文化の色濃く残る場所、まさに秘境です。まるでジャングルかのような険しい道を登って見えたものは、石灰棚を流れるエメラルドグリーンの神秘的な川でした。そこでは山登りや川遊びはもちろん、ツアーに参加すれば洞窟探検やチュービングも楽しむことができます。

セムク・チャンペイの楽しみ方

セムク・チャンペイまでの道のり

グアテマラの辺鄙な場所にあるセムク・チャンペイ、秘境と呼ばれるだけあって辿り着くまでがとても大変です。私の場合、まずは有名なマヤ遺跡のあるフローレスからバスで9時間かけてランキンという村まで移動してきました。道中、車ごと小さめのフェリーに乗り川を渡る場面もありました。山奥にある小さな村、ランキンを起点にセムク・チャンペイに行くというのがモデルルートです。ランキンの村からセムク・チャンペイへは、小さな乗り合いトラックで片道50分ほどです。オフロードのかなり険しい山道なのですが、驚くべきことに乗客はみな荷台の上に立ち乗りです!私も必至で掴めそうなところを掴みますが、結構なスピードで走るので油断するとどこかに飛ばされてしまいそう。かなりエキサイティングな移動でした。私は、目的地へ辿り着くまでの時間を楽しむことも旅の醍醐味だと思っているので、その点でもセムク・チャンペイの旅はかなり楽しいものになりました。

ジャングルトレッキング

セムク・チャンペイの公園に入るとまずは、エメラルドグリーンの川棚を見下ろす展望台を目指します。トレッキングルートは整備されているものの傾斜がかなりきつく、直角にかけられた木のはしごを登ったり、なんだか頼りない丸太を渡ったりとそれなりにハードで、公園内の景色もまさにジャングルのようです。前日の大雨で道がぬかるんでいたこともあり、何度もヒヤヒヤしながらも40分かけて展望台に着きました。そこからは、なんとも美しい鮮やかなエメラルドグリーンの川が階段状に広がっているのが見えました。自然の作り出したその景色はとても神秘的で、頑張って登ってきたかいがありました。

エメラルドグリーンの川棚で川遊び♩

展望台で休憩したあとは、登って来た道とは違う方向へ降りていきます。片道30分ほどで、展望台から見たエメラルドグリーンの川棚まで降りてきました。ほとんど流れのない穏やかな川棚のすぐ横には、荒々しい流れの川があります。川棚では自由に泳ぐこともできます。川棚の横には簡易的ではありますが鍵付きロッカーがあるので、カメラや貴重品を入れておくことができました。水中の透明度も高く、小さな魚がたくさん泳いでいるのが見えます。ドクターフィッシュもたくさんいました。トレッキングで疲れたあとの川遊びは最高です。

セムク・チャンペイでのおすすめグルメ

屋台

セムク・チャンペイの入り口には、屋台が数軒並んでいます。ツーリストプライスで値段は少し高いけれど、たくさん泳いでお腹が減ったので夫と一皿を半分にしました。グアテマラによくある屋台飯で、大きな骨付きグリルチキン、ピラフのような米、野菜をトルティージャと食べます。味はまあまあでした。野良犬たちが、私たちが食べている横でまだかまだかとせかしてくるので、落ち着いて食べられませんでした。

セムク・チャンペイ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人旅行

私は完全に個人旅行で行きましたが、泳ぎに自信がありスリリングなことが大好きな人にはツアー参加をおすすめします。というのも、セムク・チャンペイのツアーでは洞窟探検を楽しむことができるのです。その内容がかなりクレイジーで、真っ暗闇の鍾乳洞の中を、片手に持った蝋燭の火を消さないように、足のつかない深さの川を泳いでいくというもので、欧米人には大人気のようです。洞窟探検の後は、チュービングや、トレッキング、川遊びも楽しめます。泳ぎにあまり自信のない私は、ツアーに参加しなくても十分満喫できましたが、度胸のある人はぜひ参加してみてください!

セムク・チャンペイ旅行に必要な持ち物

「トレッキングシューズ」「水着」「ビーチサンダル」「虫よけスプレー」
ここまで読んでいただければ、お分かりかと思いますがトレッキングシューズは必須です。道が舗装されているとはいえ、かなりハードな道を登ります。川棚で泳ぐ人は、水着を下に着ていきましょう。また川で履き替える用にビーチサンダルも用意しましょう。山奥なので、もちろん虫もたくさんいます。強力な蚊よけスプレーは必ず用意しましょう。これらは、小さなランキンの村での現地調達はできません。日本から持っていくか、グアテマラの大きな街で揃えてからセムク・チャンペイへ向かいましょう!

セムク・チャンペイ旅行での注意点

セムク・チャンペイ旅行での注意点
  1. ネット環境はありません!情報収集は事前に!
  2. ツアーは本当にクレイジーでスリリング!だけど無理はしないように!
  3. 自然が作り出す絶景に感謝し、自然を守る行動を!

セムク・チャンペイはもちろん、起点の村となるランキンにもWi-Fiは通っていないので、下調べは事前にしておきましょう。上の項目でご紹介した洞窟ツアーは、日本ではなかなかできないかなりクレイジーなツアーです。クレイジーというだけあって危険もありますので、決して無理をしないようにしましょう。また、この秘境の地がいつまでも美しい姿を残せるよう、旅行中は自然を守る行動を心がけましょう。ポイ捨てなどは論外です。

まとめ

こうして記事を書いていても、自分でもなんだか夢の中の出来事だったかのような感覚に陥ってしまう、秘境の地の美しい絶景でした。長い年月をかけて沈積された川棚が、現在も変わらず美しい姿でジャングルの中にひっそりと佇んでいるなんて、ロマンを感じませんか?なんでも便利な世の中で、大抵の場所には苦労することなく行くことができますが、時間と労力をかけて辿り着いた先に見える景色はさらに美しく見えるものです。写真では伝えきれない、美しいエメラルドグリーンの川が流れる秘境の地をぜひ自分の目で見に行ってみませんか?

fuki22

fuki22

投稿者の過去記事

絶賛子育て中の元バックパッカーです。
世界一周1人旅、夫婦で世界一周旅、合計で52ヶ国を訪れました♩
オーストラリアとメキシコに住んでいたことがあります。
次の目標は子連れのんびり旅♡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. カンクン旅行体験記日本でも有名なリゾート地で、ハネムーンに人気のカンクン。カンクンは見所が盛り沢…
  2. コルドバ旅行体験記新婚旅行で行きました。温暖で過ごしやすい気候と、どことなく陽気な印象、どこか心…
  3. バンクーバー最大の公園【スタンレーンパーク】| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記バンクーバーは他民族都市とも言われるほど移民の多い街と言われています。20…
  4. バルセロナ旅行体験記 ヨーロッパの食事が美味しいところに行きたい…そう思ってポルトガ…
  5. バンフ旅行体験記世界21ヵ国44都市を旅をした中で、私が年間4回も訪れた事のある場所カナディアン…
  6. ちょっとリッチにタイ航空のビジネスクラスでバンコクへ♪| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記妹(短大)と私の就職祝いにと大学卒業時におばあちゃんがプレゼントしてくれました…
  7. ポンペイ旅行体験記数年前、団体ツアーで初めて訪れたポンペイ遺跡。その時は残念ながら、滞在時間が1…
  8. ピネロロ旅行体験記友人の留学がきっかけで遊びに行った北イタリアのアルプスのふもとの街ピネロロ。行…
  9. 子連れでも楽しめる、イリノイ州スターブドロック州立公園のオタワキャニオン| トラベルダイアリー
    子連れでも楽しめる、イリノイ州スターブドロック州立公園のオタワキャニオン国立公園よりももっと気軽…
  10. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…

国内旅行おすすめ

  1. 小江戸へタイムスリップしに川越へ| トラベルダイアリー
    猛暑の中のプチ川越旅行昔にタイムスリップしたような感覚が味わえるということで、ずっと気に…
  2. 何もないとは言わせない!滋賀県湖南エリアの観光スポットをご紹介| トラベルダイアリー
    湖南エリア旅行体験記滋賀県と言えば「琵琶湖」の印象が強いですが、食べ物もおいしいく自然豊かなすて…
  3. 坂のある風景にシャッターが止まらない!レトロな港町・尾道をぶらり| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記風情ある景色と街並みで多くの映画や物語の舞台にもなっている広島県尾道市。今回2週間…
  4. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  5. あゝ美しき和歌山!~自然溢れる絶景スポット巡りの旅~ | トラベルダイアリー
    那智旅行体験記2018年GW、以前から気になっていた和歌山県へ旅行に行ってきました。行きたい場所…
  6. 那覇旅行体験記沖縄が好きで今まで本島には何回も訪れたことがあるので、定番コースではなく沖縄のカフェ…
  7. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  8. 直島旅行体験記 美術館やアート作品が数多くある直島で”映える”写真を撮りたい!と思い…
  9. 名古屋旅行体験記愛・地球博が行われた際の公園に2022年にジブリパークが開園します。今はトト…
  10. 最強のパワースポット伊勢神宮へお参りする〜三重・伊勢旅行〜| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記今回1泊2日の旅行で、お伊勢さんへお参りしてきました。小学生以来の三重県・伊勢旅行…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP