世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー

世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在

ワディ・ラム旅行体験記

会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたので私の頭にもインプットされ、今回のヨルダン旅行にも組み込まれました。岩砂漠広がる荒野で、ベドウィンキャンプに泊まれるそうな。砂漠でキャンプなんて楽しそうだなー、非日常でリフレッシュできるんだろうなーという軽い気持ちでいざワディ・ラムへ!

ワディ・ラム旅行について

おすすめのポイント
  1. 広大な岩砂漠…。「アラビアのロレンス」の撮影も行われたそうです。
  2. キャンプは三食観光つき!至れり尽くせりの贅沢ステイ。
  3. ディナーは皆で焚火を囲み、楽しく歓談。まさにキャンプです。

あたり一面に広がる広大な岩砂漠。ビジターセンターでベドウィン・キャンプの管理者と待ち合わせて、彼の運転するピックアップトラックの荷台でキャンプへ向かいました。砂と岩のほか何もないので、もちろん三食付きです。食事の会場となるメインテントにはいつも焚火があって、お茶や軽食が用意されており、ロビー替わりとなっています。日中はラクダに乗ったり、トラックに乗せてもらってトレッキングに出かけたり。夜はいろんな国からの旅行者と焚火を囲み、思い思いに過ごします。スタッフの方々が生音楽演奏で盛り上げてくれ、宴もたけなわとなったころ自然と解散。夜はとても静かで久々にぐっすりノンストップで眠りました。

ワディ・ラム旅行のおすすめのスポット

壮大な岩砂漠の風景の中、トラックでかっ飛ばす!

ラクダ以外の移動手段はもちろん車。自分たちのレンタカーはビジターセンターに停めて、キャンプのトラックに乗せてもらって移動開始。乗ったのは荷台。なかなか乗るチャンスないですよね。ちゃんとお客さん用に荷台にもベンチが設けられ、壮大な景色の中を風を切って走る爽快さ。とても景色がいいんです。荷台に乗ったらもう車内には戻れないほど(笑)。

砂漠に来たからには乗ってみたい、ラクダの背にゆられてトレッキング。

ラクダトレッキング。寒い!

今回のプランに組み込んでもらったラクダトレッキング。到着日の午後から2時間ほど、ライドを楽しみました。2頭のラクダと、ラクダ使い⁉のおじさんがキャンプまで迎えに来てくれ、晴れてラクダの背に。ラクダの名前はアルファンとアリアン。旦那と一緒に、「うわ~高い~!揺れる~!」と楽しんでいたのもつかの間。真冬の装備で挑んだのですが、極寒の砂漠の夕暮れに全身が氷のように冷えてしまい、だんだん無口に。写真を撮ろうにも指が凍ってしまって…。終了後はメインテントの焚火の前から離れられませんでした(笑)。

壮大な砂漠の中でトレッキングしたりはしゃいだり。

きのこ岩にて。

ロック・ブリッジ(小)。

トレッキング中。皆でお尻で滑り降りる。

砂の上を歩くのは大変。

トレッキング中。足場が悪いところも多いです。

砂漠にて。

キャンプの裏山から眺めた日の出。

2日目の日中は、「きのこ岩」や「ロック・ブリッジ」など、変わった形の岩を見に行きました。またトレッキングは、適当なところで車を下ろされて、「あそこで待ってるから~」みたいな感じで強制自力到達。砂まみれで必死に歩き、岩をよじのぼりの結構ハードな道のりでしたが、なかなか楽しい道中でした。最終日の朝には早起きして、キャンプ裏の岩山に上り朝日を鑑賞。非日常体験を味わいました。

ワディ・ラムでのおすすめグルメ

キャンプでの食事について

ある日の朝食。ヨーグルト味のクリームが美味しかった。

ある日のランチ。トマト系が多い印象です。

ある日の夕食メニュー。ビュッフェなので自分で取る。

地中に埋めて蒸したお料理。

飲み物はフリードリンク(もちろんアルコールフリー)。

食事は全てスタッフの方が用意してくれます。お客は、会場となるメイン・テントで座って待っているだけ!朝・昼・夜ともにビュッフェです。平たいクレープみたいなのは毎食出ていました。ハムや卵やサラダなどなど、ヨーグルトっぽいソースやトマト味のソースなど、エスニックな味付けで楽しめます。ここが砂漠の真ん中であることを考えると、かなりバラエティに富んだメニューでした。メインとなるのはディナー時に供される、大なべを地中で蒸した料理。野菜やお肉がたくさん入っていて美味しそう。これをつまみに、みんなでワイワイやりながら楽しむわけです。お酒がないのが本当に残念!

ワディ・ラムにて宿泊したホテル

Wadi Rum Green Desert

キャンプの外観。

マイテント。ベッド2台の広さです。

メインテントには焚火?がありヤカンから暖かいお茶が飲めます。

見よう見まねで太鼓。

ワディ・ラムにはいくつかベドウィンキャンプができるところがあり、こちらもTrip Advisorで見つけました。どのキャンプも内容的には似ているので雰囲気や口コミ、料金でこちらに決定。予約するとすぐにオーナーのナドジャーさんからメールが返って来て、チェックイン日の待ち合わせ場所から滞在中のアクティビティプラン、その他希望の有無など詳細を詰めていき、安心して出発できました。回答が早かったので助かりました。テント内にはベッドがありますが、それ以外の設備はなく本当に荷物を置いて寝るだけです。冬は暖房がないのでかなり寒いです。ロビー兼レストランのメインテントで暖を取ってベッドにもぐりこみました。シャワーもありますが、日中でも寒いので滞在中は断念。スタッフの方は、みんな気さくで良い人ばかりでホームステイに近いアットホームな滞在ができました。

ワディ・ラム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ベドウィンキャンプに宿泊する場合は、キャンプのスタッフの方が至れり尽くせりでケアしてくれるので、当日の待ち合わせ場所(ビジターセンターなど)に到着さえできればあとは任せっきりでとても楽でした。言い方を変えれば、キャンプ選びに全てがかかっていると言っても過言ではありません。どのキャンプも口コミがいいのではずれではないと思いますが、直観に従って選ばれるのがいいと思います!

ワディ・ラム旅行に必要な持ち物

砂漠をトレッキングするので、スニーカーやリュックは必須です。冬場のテントは本当に寒いので、厚着はもちろん、ホッカイロがあると安心かもしれません。ラクダトレッキングをする場合は、座ってるだけで動かないので本当に寒いでです。手がかじかむので厚手の手袋はマストですし、ジーンズにスニーカーだと足の感覚もなくなるくらい寒かったので、裏起毛の暴風パンツがベストだと思いました。

ワディ・ラム旅行での注意点

ワディ・ラム旅行での注意点
  1. 冬に行く場合は十分な防寒対策を。そしてお風呂なしの覚悟を。
  2. キャンプでは英語が必須となります。ある程度しゃべれると楽しいです。
  3. トレッキング中はスタッフの方の指示に従いましょう。

スタッフの方は英語は大抵話せますが、日本語は難しいと思われます。それに、他のお客さんもいろんな国からの旅行者なので、英語ができるとコミュニケーションの幅が広がってとても楽しい滞在になります。人と関わるのが好きな方、英語ができる方にはキャンプはお勧めです。

まとめ

砂漠でキャンプ、大丈夫かな…と少し不安を抱えてやってきましたが、スタッフの方がフレンドリーで何かとお世話をしてくれたので、とても快適でした。夕食時に他のお客さんたちとお料理を囲んでその日のアクティビティがどうだったか、とかどこから来たのか、等他愛無い会話をしたり、ベドウィンミュージックの生演奏を聴きながら、音楽に合わせて太鼓をたたいてみたり…など他では体験できないことばかりで、とても充実した滞在となりました。いつか機会があれば子連れで行ってみるのも楽しいかなと思っています。

 

白と黒のパンキチ一人旅から家族旅へ

投稿者の過去記事

海外旅行を専門としています。独身時代は一人旅、結婚してからは夫と娘と3人での旅行スタイルです。
一人旅時代はなかなか人がいかないようなマイナーな町を、家族では子供メインのリゾート地を旅してきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  2. 幻想的なランタンにうっとり!世界遺産ホイアンを楽しむ旅| トラベルダイアリー
    ホイアン旅行体験記南北に長いベトナムのほぼ中央に位置する港町ホイアン。ここはランタンで有名で、柔…
  3. ソウル旅行体験記急遽3日間の休暇がとれる事になったため、海外に行こう!と思い決めた場所は韓国!♡…
  4. 白い岩壁【セブンシスターズ】ロンドンから日帰りの旅| トラベルダイアリー
    イギリス【セブンシスターズ】旅行体験記真っ白な崖【セブンシスターズ】は、ハリーポッターの映画の撮…
  5. サンフランシスコ 旅行体験記友人がサンフランシスコの近くに住んでおり、以前から行ってみたいと思っ…
  6. 冬のグリンデルワルドにて大迫力のアイガーを望む| トラベルダイアリー
    グリンデルワルド旅行体験記スイスの名峰として知られるアイガーの北側の絶壁とヴェッターホルンを眼前…
  7. スファックスからガベス経由で砂漠の街ドゥーズへ| トラベルダイアリー
    ガベス旅行体験記今回はスファックスからドゥーズへの中間地点としてガベス立ち寄りました。ここでは昼…
  8. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  9. ケアンズ旅行体験記オーストラリアは南半球に位置するため日本とは季節が逆になります。冬が厳しい日本…
  10. ウズベキスタンの世界遺産ヒヴァ「イチャン・カラ」の魅力 !| トラベルダイアリー
    ヒヴァ旅行体験記ウズベキスタンのヒヴァ近郊にある村のウズベク人と結婚し移住しました。ヒヴァには「…

国内旅行おすすめ

  1. 海と島と橋の景色に感動☆しまなみ海道を渡って今治サイクリング!| トラベルダイアリー
    今治旅行体験記広島県尾道市から自転車でしまなみ海道の島々を渡り、愛媛県・今治市を訪れました!サイ…
  2. 美味しいものが盛りだくさん!名古屋めしを楽しむ“名古屋”旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記東京、大阪から新幹線ですぐ。どちらからもアクセスのいい愛知県名古屋。今回は、…
  3. はじめての一人旅・与論島で癒しの時間を過ごしてきた毎年10月の誕生日が近くなると、その年齢の目標…
  4. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  5. 浜松・天竜日帰り旅行体験記以前から気になっていた、立須峰・白倉挟へ絶景を求めて行ってきました。登…
  6. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  7. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  8. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  9. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  10. 【日本最北端】北海道・宗谷岬へ感動の絶景に出会う旅に出よう‼| トラベルダイアリー
    稚内旅行体験記【宗谷岬】は稚内市にある日本最北端といわれる場所です。海沿いを走って向かうので…

最新記事

  1. 宮古島沖縄旅行体験記子連れリゾート旅行で人気NO1の沖縄。本島には多くのファミリーが訪れています…
  2. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  3. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  4. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  5. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  6. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  7. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  8. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  9. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  10. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…

Archive

スカイツアーズ

PAGE TOP