友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。| トラベルダイアリー

友人に会いにイランの中でも聖地といわれている都市、ゴムへ。

ゴム旅行体験記

イランで結婚して生活している友人に会いに未知の世界イランへ。今まで海外17カ国行きましたが、その中では一番日本と文化が異なる国でした。世界がイメージしているイスラム教の国とはかけ離れていて、人々は親切でむしろ日本よりも平和な国でした(^^)

ゴム旅行について

おすすめのポイント
  1. 見るもの全てが日本とは異なるので新鮮です。
  2. イラン人は日本人に興味がある?イラン人からしても新鮮です。
  3. タクシー(Uber)の料金は比べ物にならない程安すぎます!

1、生活・食べ物・言葉・文化が全く異なる場所でした。全てが新鮮に感じました。2、見た目でイラン人でない事は一目瞭然でよく話しかけられました。日本人である事を伝えると興味があるのか、好かれているのか非常に優しくして頂きました。3、友人は車を所有していない為、常にUberを利用していました。Uberという点もあるかもしれませんが、大袈裟に言いますと6日間程乗りまわし、日本では1日で使ってしまう程の料金で済んだ事には驚きでした・・・!

ゴム旅行のおすすめのスポット

ヘズラテマァースメ聖廟

ペルシャ語読みで「ハラム ヘズラテ マァースメ」 ゴムで有名なモスクです。シーア派8代目のイマームレザー様の妹のお墓です。夜に連れて行ってもらいましたが、多くの人で賑わいライトアップがされていてとても綺麗でした。入り口では男女別れて身体検査があり、チェックもしっかりとしていました。一人の女性の方にあまり外国人が来られないようで珍しいのか話しかけられ、顔がきくので内部に案内して頂けました。とても貴重な体験となりました。

クヘルズ山

友人のおすすめで連れて行ってもらいました。山の上にモスクがあり、そこから町並みを見下ろす景色が綺麗でおすすめという事でした。実際、山の斜面でピクニック感覚でシートを引いてお茶をされている方もたくさんいらっしゃいました。夕方から夜にかけて行きましたが、日があるときの景色と、暗くなってからの景色が全然違った事、また気温も大きく変わっていました。

ナルゲス公園

イランでは旦那さん以外の男性の前で肌や髪の毛、ボディラインを見せてはいけません。その為、女性だけしか入れない公園があります。この公園の中ではヒジャブをとったり肌や体のラインが見えても大丈夫です。家族の中の女性だけや友達同士でおしゃべりをしたり、遊具で遊んだりしていました。私はファミリーと出会い、一緒にお話しをしながらイランで有名なザクロのフルーツを頂きました。こちらでも日本人というとすごく興味を持って頂けました(^^)

ゴムでのおすすめグルメ

レストラン 太陽の街

友人宅の近くにあるレストランです。エントランスをくぐったら、小屋が何個もあり1家族に1小屋の中で食事ができます。家族水入らずで食事ができるというようなイメージです。敷地内ではありますが外を通ってウエイトレスのかたは料理を運ばれるので雨の日は大変だろうなと思います。食事の際は絨毯の敷かれている地べたにシートを引いて食事をします。ピクニックの屋内バージョンのようなイメージです。こちらでは、親切にイラン式の食べ方を教えて頂き食べる事ができ貴重な経験でした。

ゴムでのおすすめのショッピングスポット

オファク

少し大きめのスーパーです。日用品から食品までイランの地元のかたが買われるようなものが売っていました。私はいつも旅行のお土産を購入する時、ザお土産というものより地元の人に親しみのあるものが好きです。こちらのスーパーではイランで有名なザクロジュースやはちみつ、ハンドメイドのポーチとアイスクリームなどを購入しました。スーパー内部は一見全世界でみるものと同じ雰囲気です。

ゴムにて宿泊したホテル

友人宅

大通りから奥に奥に入って門をくぐってからも、5分程度車で走ったところにありました。外国人の方々が主に住まれている、集合住宅のようになっていました。良かった点は、学校から無料で貸して頂いている家であるという事でしたが、不自由なく生活できるスペース(2LDK程)になっていて広々としていた点です。悪かった点は、徒歩へはこの住宅街を抜ける事は難しい程、大通りから離れた立地であった点です。

ゴム旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

友人が空港で待ってくれていた為、個人手配であっても特に苦労した点はありません。関西国際空港からドバイを経由して、イランへ入国しました。行きは乗り継ぎが5時間以内だったのでドバイに入国できず、帰りは10時間以上乗り継ぎ時間がありましたが、夜中だったので仕方なく空港で時間を潰しました。大変というより、時間を潰すのに疲れてしまった印象です(>_<)

ゴム旅行に必要な持ち物

最重要だと感じたのは、文字です。日本語はもちろん英語も満足に通じませんでした。会話ならばジェスチャーでなんとか通じますが、一番は数字です。数字までもがペルシア語でした。海外旅行の際、日本円だといくらか。という計算のみでよいですが、イランでは数字が読めないので値段がわかりません。数字のガイドブックか、暗記されていく事をおすすめ、いや是非必要な持ち物として挙げさせて頂きます!!

ゴム旅行での注意点

ゴム旅行での注意点
  1. コムでは観光客であっても女性は肌を見せてはいけません。
  2. 肌を隠していたとしても、体のラインも見せてはいけません。
  3. 機械類は注意。エレベーターなど急に落ちる。止まる。

1・2に関しまして、宗教上の理由で女性は旦那さん以外の男性の前で肌を見せてはいけない事は友人より聞いておりましたので肌が見えない服装で行こうとしていたら、直前に肌が隠れていても体のラインがわかるものもダメだという事でした。以前ドバイで購入したアバヤがありましたのでそちらを使用しました。

まとめ

英語表記無し、数字さえもペルシア語、イスラム教。という場所に友人がいなければ一生くる事なかっただろうな。と思います。生活様式、食事、文化、大きく日本と異なりました。周りには危険というイメージがあり止められましたが、むしろ日本よりも平和で人々は明るくフレンドリーで・・・私達が日頃ニュースをみてイメージしているものとは異なりました。事実イラン人はシリアへ旅行に行かれる人も多いようです。危険な場所がある事は事実ですがニュースで見ている物だけを鵜呑みにはしたくないと改めて感じました。

yuyu

yuyu

投稿者の過去記事

こんにちは(^^)
今まで仕事やプライベートで訪れたり旅行をした経験を活かして、国や地域の魅力を発信していけたらと思ってます。
2月から台湾へ移住予定です。よろしくお願いします!
instagram  onda.yuka

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ウビン旅行体験記シンガポールは人気の目的地ですが、ウビン島という名前は聞いたことがないのでは?実…
  2. シンガポール旅行体験記華やかな金融街、憧れのマリーナベイサンズホテル、高級ホテルでのアフタヌーン…
  3. ノスタルジックでカワイイ街!クロアチアの首都サグレブ| トラベルダイアリー
    ザグレブ旅行体験記ヨーロッパと言えばフランスやイギリス、イタリアなど観光客に人気の国がたくさんあ…
  4. モントリオール旅行体験記モントリオールはカナダの東部ケベック州にある都市。ケベック州はフランス系…
  5. 白い岩壁【セブンシスターズ】ロンドンから日帰りの旅| トラベルダイアリー
    イギリス【セブンシスターズ】旅行体験記真っ白な崖【セブンシスターズ】は、ハリーポッターの映画の撮…
  6. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  7. アムステルダム旅行体験記歴史の授業で何度も登場した国、オランダ。念願叶ってついに首都アムステルダ…
  8. 女子一人旅 in イタリア ついに寝込んだフィレンツェ| トラベルダイアリー
    フィレンツェ旅行体験記ローマの次に訪れたフィレンツェ。まぁ、2日間の滞在で1日は完全にダウンして…
  9. 真夏に広がる銀世界!スイス、グレイシャー・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    グレイシャ―・パラダイス旅行体験記ヨーロッパで最も標高の高い展望台、スイスのグレイシャー・パラダ…
  10. カプリ島旅行体験記カプリ島といえば、青の洞窟が世界的に有名です。私たちも青の洞窟目当てで、このた…

国内旅行おすすめ

  1. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ湯沢中里の旅| トラベルダイアリー
    湯沢中里旅行体験記子供の雪遊びでゲレンデデビューさせたいと思い、キッズパークのあるスキー場ランキ…
  3. 旭川~美瑛~富良野周遊旅行体験記北海道旅行でバスツアーを利用して、旭山動物園に青い池、四季の丘、…
  4. 金沢旅行体験記北陸新幹線の開通により、数年前から少しずつ人気上昇中の石川県の県庁所在地、金沢へ……
  5. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  6. イルミネーションと自然を満喫するハウステンボスでの休日| トラベルダイアリー
    ハウステンボス旅行体験記会社の同僚と長崎のハウステンボスへ遊びに行きました。子供の頃から何度か訪…
  7. 坂のある風景にシャッターが止まらない!レトロな港町・尾道をぶらり| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記風情ある景色と街並みで多くの映画や物語の舞台にもなっている広島県尾道市。今回2週間…
  8. 横浜旅行体験記ハワイで最もラグジュアリーな名門ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が、この度2…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ岩原の旅| トラベルダイアリー
    岩原スキー旅行体験記すっかりゲレンデの雪遊びにハマった娘に、キッズパークが人気の「岩原スキー場」へ…
  10. 佐久島旅行体験記アートの島として有名な佐久島に仲の良い友達3人で行ってきました。とても手軽に離島へ…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP