人生で一度は見てみたいイエローナイフでのオーロラ

イエローナイフ旅行体験記

まとまった休みがとれることになり、滅多に行けない所に行こうとなりました。
いろいろな場所が案に出たのですが、秘境でオーロラを見に行くことになりました。
北欧とカナダで迷ったのですが、カナダの方が発生率が高いということで、その中でもさらに見える確率が高いイエローナイフに行くことが決まりました。
オーロラが見えるかわくわくドキドキの旅の始まりです。

イエローナイフ旅行について

おすすめのポイント
  1. 3日いれば発生率90%以上のオーロラ
  2. オーロラヴィレッジで過ごす極寒の世界
  3. 昼間は犬ぞり体験

イエローナイフにはオーロラヴィレッジという、オーロラを鑑賞する専用の場所があります。
そこで最低3日過ごせば90%以上はオーロラを見れると言われています。
夜がメインなので、昼はあまり観光する場所はありませんので、何かアクティビティを予約することをお勧めします。
もちろん深夜まで起きているのでお昼寝も大切ですが、私は犬ぞり体験を個人的に予約しました!

イエローナイフ旅行のおすすめのスポット

3日いれば発生率90%以上のオーロラ

ツアーで2日間オーロラを見れるタイミングがあったのですが、3日いると確率が増えるとのことでしたので、もう1日はオプションでつけました。
イエローナイフの空港に到着したときにはまさかの吹雪でした。
これは終わったな、と思ったのですが夜になると雪がやみ星が見えていました。
すごいラッキーです!
結果的にいうと、3日間すべてオーロラを見ることができました!!!!
オーロラが出ると周りから歓声と拍手がわきあがります。
特に2日目に見たオーロラが本当に大きくて、カーテンのように揺れていました。
思わず、ぽろっと涙が出てしまうほどキレイでした。
もしかしたら寒さのせいかもしれませんが・・・

オーロラヴィレッジで過ごす極寒の世界

オーロラヴィレッジでは、様々な大きさのティーピーと呼ばれるテントが設置されています。
その日によって使用するティーピーが指定されます。
だいたい日本人でまとまって使用するので、安心です。
中には暖炉とお茶やコーヒーなどが用意されているので、オーロラが出るまで中で待機していることもできます。
私は友人とほとんど、極寒の外で今か今かと星を眺めていました。
しかも敷地内はとても広いので、好きなところに椅子を置いて、空を眺めることができます。
嬉しいことに、記念に写真撮影をしてくれる場所でカメラのレクチャーもしてくれます。
初心者でも上手に写真をとることができます。

昼間は犬ぞり体験

オプショナルツアーは「VELTRA]で予約しました。
日本語ができるアシスタントがホテルまで送迎してくれます。
犬ぞりの説明とかをしてくれるのは英語でしたが問題はありませんでした。
1人がそりに座って、2人後ろに立ち、犬が5匹で引っ張ってくれました。
凍った湖の上を約30分間疾走します。
思ってた以上にスピードが速く、楽しかったです!
ただ顔がびっくりするぐらい寒いです。
行くときは防寒シッカリして行ってください。
終わった後はセルフで暖かいお茶を飲むことができます。

イエローナイフでのおすすめグルメ

極北ディナー「ダイニングホール」

オーロラヴィレッジ内にあるコテージで極北ディナーが食べれます。
私はツアーに含まれていました。
メニューはスープ orサラダ、バッファローのステーキ or ホワイトフィッシュのソテー、デザート、コーヒーor紅茶でした。
ボリュームもあって雰囲気のあるレストランでの食事はとても楽しかったです。
ビールも進みます!
ただ飲みすぎるとトイレが近くなってしまうので、大変です・・・

イエローナイフでのおすすめのショッピングスポット

お買い物は大型スーパー

イエローナイフの中心部には大型スーパーがあります。
ホテルの周りにも小型なお土産屋さんもたくさんあるので、昼はショッピングも楽しめます。
オーロラヴィレッジの中にもお土産屋さんはあるのですが、観光地価格になっているので、スーパーの方がお買い得です。
カナダの定番のメイプルクッキーもスーパーで安く購入できました。
イエローナイフならではですが、車のナンバープレートが白熊の形になっています。
北極圏でしか走っていないらしいので、そのナンバープレートのステッカーを買いました。
大きさも様々あるのでお土産にもぴったりです。
もちろんナンバープレートのレプリカも売っています。

イエローナイフにて宿泊したホテル

ディスカバリーイン

イエローナイフの中心街にあるホテルです。
ほぼ寝に帰ってくるだけのホテルですが、広さもあり、過ごしやすかったです。
フロント横には小さなお土産屋さんとレストランが併設しています。
スーパーまでも歩いて10分くらいで行けますし、基本的にオーロラを見に行くときはホテルまで送迎してくれます。
ホテルのWi-Fiは微弱です。しかも宿泊客が一斉に使うので、ほぼつながりません。それなのに有料!

イエローナイフ旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

ホリデー「気軽にオーロラ ナイアガラとイエローナイフ7日間」

近畿日本ツーリストのホリデーで予約しました。
現地ガイドだけでしたが、何の問題もありませんでした。
ほぼ自由行動のツアーだったので、大変だったことといえばレストランを探すことでしょうか。
しかも2月に行ったので基本的に昼でもマイナスなので、おいしさより移動距離を考えるという感じでした。
スーパーで買ってきたのをホテルで食べたり、ファストフードへ行ったり、あまりカナダらしいものは食べてないかも。

イエローナイフ旅行に必要な持ち物

・ユニクロの極暖
・ホッカイロ
・電子機器の予備バッテリー
・ジップロック
とにかく極寒です。昼で‐25度、夜になると‐35度にもなります。意味が分からない寒さです。
ホッカイロは寒すぎて夜は鉄の砂と化します。ですが昼は効果あります。
あまりに寒いので、カメラ・スマホなどのバッテリーがすぐなくなってしまいます。
予備の電池がる方はたくさん持っていった方がいいです。
せっかくオーロラ出たのに友人は電池切れてました。
ちなみにホッカイロはカメラを温めるのにも使えます。
また室内と室外の気温差が激しいので、水滴がつかないようにジップロックにいれて外気にさらさないようにした方がいいです。
カメラが壊れてしまうらしいので。

イエローナイフ旅行での注意点

イエローナイフ旅行での注意点
  1. ロストバゲッジ
  2. Wi-Fiはほぼつながらない
  3. 室内と室外の気温差が激しい

トロント→カルガリー→イエローナイフと乗り継ぎをしました。
イエローナイフの空港着くとアジア人が多く、日本人だけでも30人くらいいました。
その中の4組くらいはスーツケースがロストして届きませんでした。
エアカナダではよくあることらしく、手荷物には何日か分の着替えを入れておくことをお勧めします。
衣料品を購入できる場所はほぼありません。
ホテルのWi-Fiはほとんどつながりません。
唯一つながったのはファストフード店でしょうか。
もし日本と連絡を取りたい人はルーターを借りていったほうがいいです。
室内と室外の気温差が激しいので、たくさん厚着をするのですが、脱げるようにしておいた方がいいです。
室内は暖房がガンガンきいてて、暑いくらいです。
汗をかくと外に出て体が冷えてしまいます。

まとめ

人生で一度はオーロラを見てみたい!本当にその通りです。
あんなに神秘的な現象が見れることはなかなかありません。
自然現象をみて感動して泣いたのは初めてです。
もう一度見たいかと言われれば、見たいです。
ですがあの極寒に耐えられる自信はあまりないです…
ちなみにですが、同じ時期に会社の先輩がフィンランドにオーロラを見に行っていました。
どちらが見れるか勝負だ!と笑っていたのですが、フィンランドでは見られなかったそうです。
北欧は一度出ると光がものすごいらしいです。
自然現象ですからタイミングとしかいいようがないですが、私たちは本当にラッキーでした!
ぜひ神秘のオーロラを見に行ってみてください。

 

 

ゆーみん

投稿者の過去記事

旅行好きアラサーのゆーみんです。
旅行の他にもダイビング、ハイキングも好きです。
2019年にはピースボートで世界一周していました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 街全体が世界遺産?!カラフルな街並のグアナファトへ! | トラベルダイアリー
    グアナファト旅行体験記皆さんは、メキシコのグアナファトという街を知っていますか??グアナファトは…
  2. 優雅な建築やカフェにうっとり♪伝統感じる中欧ウィーンを街歩き| トラベルダイアリー
    ウィーン旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国というハ…
  3. ワッフルの焼ける甘~い匂い!ブリュッセル散策| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記フランスへ旅行したときにパリから赤い列車のタリスに乗ってブリュッセルまで移…
  4. ウルビーノ旅行体験記ラファエロ没後500年迄にどうしても行ってみたかったラファエロ生誕の地ウルビ…
  5. ★【カナダ】人生初一人旅 in 都会と自然の街 バンクーバー★| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記今回ご紹介するバンクーバー旅行に行ったきっかけは、前から一人で海外旅行に行…
  6. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  7. シドニー旅行体験記シドニーといえば!オペラハウスとハーバーブリッジが有名ですね!オーストラリアで…
  8. 女子一人旅 in フランス パリでついに念願の美術館巡り| トラベルダイアリー
    パリ旅行体験記 お世話になりっぱなしだった友人とお別れをして次に向かった先は、パリで…
  9. パペーテ旅行体験記ボラボラ島旅行の際は帰りの飛行機の時間の都合で必ずパペーテへ1泊しなければいけ…
  10. ブエノスアイレス旅行体験記南米の旅のスタート地点として、この街を訪れました。ヨーロッパのような街…

国内旅行おすすめ

  1. 異国情緒を感じる♪爽やかな港町・函館の元町エリアをぶらり街歩き| トラベルダイアリー
    函館旅行体験記2泊3日で夏の北海道・函館を旅行しました。函館というと五稜郭や函館山の夜景といった…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ湯沢中里の旅| トラベルダイアリー
    湯沢中里旅行体験記子供の雪遊びでゲレンデデビューさせたいと思い、キッズパークのあるスキー場ランキ…
  3. 旭川旅行体験記仕事の都合で札幌に行くことになり、どうせ行くなら観光も出来て、食事も美味しくて、遊…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  5. 青ヶ島
    青ヶ島旅行体験記元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い…
  6. 異国情緒漂う長崎市街を満喫!レンタカーで巡る長崎旅行| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記九州には何度か訪れていますが、今まで訪問する機会がなかった長崎。今回お得なツアーを…
  7. 「一度は食べたいカキ氷」と「ひまわり畑」で楽しむ夏~in益子と真岡| トラベルダイアリー
    益子と真岡旅行体験記栃木県の益子町で「ひまわり祭り」が行われていたので、元気をいただきに行ってき…
  8. 富士山旅行体験記 "♪富士は日本一の山〜" 小さい頃から馴染みのある日本のシンボル「…
  9. 北九州で異国気分☆レトロな洋風建築が建ち並ぶ門司港散策| トラベルダイアリー
    北九州旅行体験記横浜や函館、神戸など異国情緒ある港町が大好きでずっと気になっていた北九州市門司港…
  10. 高知市・いの町旅行体験記日頃の疲れを癒したい、のんびりしてリフレッシュしたい!そんな時には、高知…

最新記事

  1. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  2. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  3. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…
  4. 大人も子供も楽しめる!名古屋人気観光スポット巡り| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 「名古屋行ったことないから行ってみる?でも名古屋って何があるの?」…
  5. オープントップバスから眺めるポルトの街並み。| トラベルダイアリー
    ポルト旅行体験記ポートワインで有名なポルト。ワイナリー見学も目的のひとつですが、この町はアズレー…
  6. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…
  7. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…
  8. 【ポルトガル】アラブと西洋の融合が美しい街、シントラ。| トラベルダイアリー
    シントラ旅行体験記リスボンから車で1時間足らずで行けるシントラ。高齢の母と二人旅だったので、現地…
  9. なお、納期は自由です。 ご負担にならない範囲で、お気軽にお願いいたします。 また動画も是非ひとつアップ戴けると助かります。 どうぞよろしくお願いいたします。| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガル…
  10. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…

Archive



PAGE TOP