☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー

☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう

奄美大島ひとり旅

沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。

職場で同僚や上司がやたら入れ替わり疲れ切っていた時期に、ふと思い立ってオフシーズンの奄美大島へ行ってきました。
奄美大島は年間を通して雨や曇りの日が多く、台風被害などの気象災害も多いのですが、
私が行った時はありがたいことに快晴続きのとても良い旅になりました。
※奄美へ行くなら、お天気情報(外れるかもですが…)を入念に確認しておくといいかもです。

とにかく、見渡す限り山や木や海しかない。
見たことの無い蝶々や鳥にも、ふらふら歩いてたらウッカリ出会ってしまう。
綺麗な海岸まで歩いても、道中ひとっこひとり居ません。
というか、海岸に到着しても、ホントに誰も居ないという素晴らしさ。
さすがオフシーズンです。LCCも超安い。

無言で綺麗な自然の中を歩き回り、海をじーっと見続けただけで、ものすごく癒されました。
混雑した観光スポットに辟易している方は、是非オフシーズンの奄美大島への旅行をオススメします!
着いた初日で心身ともに回復したので、2日目はマングローブが見れるカヌーも、ちゃっかり体験してきました。
いろいろご紹介いたします(*^-^*)

奄美大島について

おすすめのポイント
  1. 土森海岸の美しさ 透き通ったライトブルー&ライトグリーンの海 砂まで美しい
  2. [黒潮の森 マングローブパーク] 初めてでもすぐにカヌーに乗れる
  3. あやまる岬の絶景!!! 小さな可愛いカフェの塩豚バーガー

奄美空港を出てすぐ右に歩いて行くと、サイクリング&ハイキングコースがあります。
この道をしばらく歩いているだけで、土森海岸に到着します。
透き通った綺麗な海を独り占めして、ひらすらぼーっと眺めていると、……涙すら出て来るほど美しい海です。
マングローブパークは緑いっぱいの大きな施設で、食堂やお土産屋さんも入っています。
カヌー体験は、出発時刻にその場にいらっしゃる方達と一緒に、いきなりカヌーを漕ぎ出すことになります。笑
あやまる岬から見る海は、深い深い群青のような色と薄いプルーと白が、マーブル模様のようでとても美しかったです。

奄美大島のおすすめのスポット

土森海岸

こちらが、ひとっこひとり居なかった土森海岸です。奄美大島に着いて、可愛いハイキングコースをてくてく歩いていたら、こんなに綺麗な海にすぐに到着しました。晴れていて波もとても静かでしたので、寄せては返す波をじーっと見て。
もうこれだけで、奄美に来て良かった!!とテンションがダダ上がり状態でした。
ハイキングコースはあやまる岬の方へ続いていて、その間にも渋い海岸がたくさんありますので、是非このハイキングコース(勝手にそう呼んでいるが、ホントに空港出て右に歩いて行くとあるんです)をご活用くださいませ。

↓↓ このハイキングコースの入口はこんな感じ。わくわくです。

黒潮の森 マングローブパーク

【黒潮の森 マングローブパーク】のカヌー体験の時の様子です。
こちらは10:00~最終16:00まで、1時間程度の間隔でカヌー体験をやっています。
団体20名以上だと少し安くなるようですが、私のような一般ひとり、は1回2,000円です。
渡されるライフジャケットを洋服の上から来て、コーチと一緒に柔軟体操と簡単な漕ぎ方を教わり、
スカートだろうが何だろうがいきなりカヌーに乗り込みます。
有無を言わさずスタートしますが、意外とこういう状況になると、人間、漕げるものです。
一緒の時刻に集まった方々も、お互い明後日の方向へ流されつつも声を掛けてくれたりして。
写真のようにマングローブの中を漕いで、かなり遠くまで行きますので、実際にやってみるととても良い運動になります。
カヌーの上からの景色も絶景です!! でも余裕が無くてあんまり写真撮ってない(後悔)!

あやまる岬の絶景

奄美大島に行く時に、少しだけ下調べをしたんですが、その時にこの『あやまる岬』には必ず行こうと思って。
奄美空港から、北に向かって海岸沿いを延々歩いて行くとあるので、最初は海岸沿いを歩いておりました。
思ったより遠くて、夕方になってしまいそうだったので道路に慌てて出てみたら、
「しまバス」という可愛い停留所があって、ちょうどバスが来たので、バスに乗って岬まで行きました。
この「しまバス」は本数が少なく、私はたまたま良い時間だったから良かったものの、1時間半待ちとかも有り得ます。
私のような無計画派でなく、計画的に観光したい方は、レンタカーを借りて島を回った方が良いかもです!

奄美大島でのおすすめグルメ

あやまる岬 みしょらんcafe 絶品塩豚バーガー

あやまる岬にある『みしょらんcafe』の塩豚バーガー。
ちょうど発売開始の頃だったようで、甘いマッシュポテトとジューシーな塩豚の組み合わせが絶品でした。
バンズも丁寧に作ってあります。お茶は「くび木茶」。グミの木の仲間でデトックス効果もあるとか。
せっかくなので、普段飲んだ事のないお茶を選びました。木が微かに香るようで、味はあっさりとして美味しかったです。

奄美大島でのおすすめのショッピングスポット

黒潮の森 マングローブパーク

マングローブパーク内のお土産屋さんで、奄美大島で作られたお菓子を買って帰りました。
謎のかっぱえびせんもありますが。笑
左から、奄美みそピーナツ、ちんすこうチーズ味、喜界島黒糖、おからかりんとう、です。
旅先で買ってきたお菓子を、日常に戻ってからもちびちびと少しずつ思い出しながら食べるのが好きです。

奄美大島にて宿泊したホテル

奄美サンプラザホテル

こちらは横浜ベイスターズがキャンプで泊まるホテルのようで、
ホテル内にも近くの居酒屋さんにも選手の方のサインボールやベイスターズの可愛いぬいぐるみが置いてありました。
写真はロビーなんですが、普通のビジネスホテルと思ってもらえればOKです。
繁華街の名瀬に近く、港に面しているため、景色が良くて出歩きやすいです。
◆場合によってはオーシャンビューのお部屋になるかも! 私の部屋からは港がちゃんと見えました。
お部屋もお風呂も清潔で、広めの印象です。アメニティ等もひと通り揃っております。
◆受付の方がとっても親切で、近くの居酒屋さんのお薦めなど教えてくれました。
◆地元のものを食べるために素泊まりプランだったので、朝食や夕食などはわからずです。すみません。

奄美大島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

格安航空のpeachがバーゲンをやっていたので、往復の飛行機を取りました。
成田から往復1万円弱だったかと。かなり安かったです。
初めての奄美大島なので、一応繁華街近くの無難そうなホテルを自分で予約しました。

奄美大島旅行に必要な持ち物

軽くて歩きやすいサンダルが1足あると、森や海岸で砂まみれになってもすぐに汚れを落とせていいかと思います!
あとは身ひとつでふらっと乗り込んでも、コンビニもスーパーもありますので全然大丈夫です。

奄美大島旅行での注意点

奄美大島旅行での注意点
  1. 気候によっては厳しい旅になるかもなので、天気予報を出来るだけ確認しましょう。
  2. バスの本数が超少ないので、色んな所を回りたいならレンタカーを借りるのがオススメです。
  3. 虫よけスプレー・UVスプレー・絆創膏などちょっとしたケア用品があると尚良しです。

天気予報を出来るだけ確認して晴れた綺麗な奄美大島を見て欲しい気持ちがありますが、外れる可能性もありますしね。
最終日は雨で、雨の奄美もしっとりして素敵でしたので、気にならない方は大丈夫かと。
本州より暖かいと勝手に思ってましたが、2月初旬は普通に寒かったです。笑 軽いコートやジャケットが役立ちます。
自然の中に入っていくので、虫よけスプレーUVスプレーもあるといいかな?と思いますが、
荷物になるので現地で買ってもいいですね。

まとめ

人生初の奄美大島旅行は、特に何をするでもなく海をぼーっと見たり、カヌーで漕ぎまくったりしただけなのに、
初日から満足度の高過ぎるとても良い旅となりました。
コロナで騒がしくなる前に行ったきりなので、未だにしょっちゅう思い出してしまいます。。
オフシーズンということで交通費や宿泊費も抑える事が出来たし、
たまに街の人が歩いていると嬉しくなるぐらいの人気の無さを味わう事が出来ました。
那覇などリゾート慣れしているタイプの方は、” 奄美は何もなくてつまらない ” なんて思う方もいるようですが、
私にとっては月1ペースで訪れたい、恋しい島となりました。グッタリ疲れ果てた方、奄美はオススメでございます。
ちなみにトップ画像は、「謎のハイキングコースから突然見えた海」です。
コロナが落ち着いたら……ですが、また奄美に行きたいと思っていますので、別の良い所を発掘して来ますね ♪

まるまるめふらっと貧乏旅行に旅立つ者

投稿者の過去記事

お探しの土地に私がたまたま行っていたら、何らかのお役に立てればいいなぁと思っています。面白いものが好きなので、若干フォーカスする所がおかしい可能性もあります。変なものや可愛いものやお得に楽しめる方法などがあれば積極的にご紹介していきます!

ごく稀にお金のかかる旅行もしています……。
どうぞごゆるりとお楽しみください(^_^)/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 日本と深い歴史がある親日国ウズベキスタンの首都 「タシケント 」| トラベルダイアリー
    タシケント旅行体験記中央アジアの玄関口ともいわれるウズベキスタンの首都 ” タシケント ”。日本…
  2. グアム旅行体験記長女が1歳半を迎えたのを期に、ずっと我慢していた大好きな海外旅行を解禁しようと旅…
  3. 台北旅行体験記東京から飛行機で4時間、那覇からなら1時間ちょっと、気軽に訪れることができる海外と…
  4. シェーンブルン宮殿旅行体験記親友の海外フォトウェディングの応援・お手伝いも兼ねて向かった、オース…
  5. 首都チュニス散策&世界遺産ドゥッガ遺跡へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    チュニス旅行体験記地中海に面したチュニスは北アフリカでありながらもどこかヨーロッパのような雰囲気…
  6. カプリ島旅行体験記カプリ島といえば、青の洞窟が世界的に有名です。私たちも青の洞窟目当てで、このた…
  7. パリ旅行体験記 観光大国のフランス。みどころがいっぱいなので、何度か訪れて定番の観光…
  8. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…
  9. イヴレア旅行体験記2018年に世界遺産に登録されたイヴレア。人気番組「世界の果てまでイッテQ!」…
  10. バンコク旅行体験記大学生の頃に初めてバンコクを訪れてからというもの、どっぷりバンコクの魅力にハマっ…

国内旅行おすすめ

  1. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  2. お城から映えスポットまで。今行きたい〜愛知・犬山〜| トラベルダイアリー
    犬山旅行体験記以前もご紹介した名古屋。東京、大阪からすぐに行ける場所にありますが、今回は、そんな…
  3. 友ヶ島旅行体験記2018年GWに友ヶ島へ旅行に行ってきました。そこはまるでジブリの世界に迷い込ん…
  4. 波照間島旅行体験記初めての一人旅は「きれいな海があるところ」に行きたい。そう決めた時に、私が選ん…
  5. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  6. 指宿旅行体験記圧巻の自然といい絶品のグルメといい、桜島を訪れた際、すっかり鹿児島に魅了されてしま…
  7. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…
  8. 札幌旅行体験記数年に1回程度、学会発表に参加しなくてはならないため、どうせ行くなら空いている時間…
  9. 伊東日帰り旅行体験記5年前に見た城ケ崎海岸からの景色が忘れられず、日帰り旅行へ行ってきました。伊…
  10. 静岡 自然が美しい寺社巡り~週末にほっと一息リフレッシュ旅~ | トラベルダイアリー
    寺社巡り旅行体験記新緑の美しい季節に、寺社巡りをしたいと思い立ち出かけました。森町の小國神社と磐…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP