【ガイドおすすめ】死ぬまでに見たい!加計呂麻島で絶景スポット巡り| トラベルダイアリー

【ガイドおすすめ】死ぬまでに見たい!加計呂麻島で絶景スポット巡り

加計呂麻島旅行体験記

今回は、奄美在住のガイドさんと一緒に“この世の楽園”と称される加計呂麻島へ行ってきました。ガイドブックにも載っていない真のおすすめスポットを巡り、とっても充実した1日となったのでご紹介させていただきます。

加計呂麻島旅行について

おすすめのポイント
  1. 海が綺麗すぎる
  2. 手付かずの自然がそのまま残っている
  3. 1日では遊び尽くせないほど魅力的スポットが多数

楽園に欠かせないのが“海”!加計呂麻島の海はエメラルドブルーで吸い込まれそうなほど綺麗なんです。ただ見ているだけでもとても贅沢な気持ちになりますよ。加計呂麻島は離島ということもあり、奄美大島同様に手付かずの自然がそのまま残されているので、パワーチャージスポットでもあります!誰もいないような人里離れたところでリフレッシュしたい!なんて方にもおすすめです。加計呂麻島は一つ一つのスポットがとても魅力的なので1日では時間が足りなくなります。しかし、今回はガイドさんのおすすめスポットを効率よく巡ってきたので、1日しか時間が取れないという方に是非見ていただきたいです♪

加計呂麻島旅行のおすすめのスポット

加計呂麻島のアクセス方法について

加計呂麻島へは、奄美大島の古仁屋港から直通の会場タクシーが出ています。片道360円〜400円、所要時間は15分ほどで到着します。潮風を受けながら進んでいくこの船旅もまたとっても気持ちが良いんです。加計呂麻島へ着くと、大きな貝殻のオブジェがお出迎えしてくれました。加計呂麻島はかなり広く、アップダウンが激しい地形をしているので、観光には車があると便利です。加計呂麻島への車の輸送費はおよそ6000円。現地でレンタカーは1日3000円。1日の滞在でしたら確実に借りたほうが安いので、現地レンタルをおすすめします。私も現地で1日レンタルをしました。ガソリン代も1日いろんな箇所を巡っても500円前後だったのでとてもリーズナブルで助かりました。それではここからはガイドさんのおすすめスポットを紹介していきたいと思います。

寅さんもこの景色を見ていた 於斉のガジュマル

ここは1995年に公開された「男はつらいよ〜寅次郎 紅の花〜」の映画のロケ地としても使われた場所です。こんな複雑に幹と枝が入り組んでいる木、見たことない!パンチのある見た目にかなり衝撃でした(笑)樹齢700年ともいわれています。このガジュマルにはターザンロープが設置されており海を眺めながらのびのびと遊びこともできます。何だか小さな頃にタイムスリップしたような気持ちになりますよね。お子さんもお喜び間違いなしですよ。

並木のトンネルの散歩が気持ちいい 諸鈍のでいご並木

諸鈍長浜に沿って続くでいごの並木で、樹齢は300年以上とも言われています。深緑色のでいごがとても綺麗ですよね。右を見れば、エメラルドブルーの海が広がり、まさに最高のロケーション!いつまでも歩いていたくなりますよね。この日はホットサンドを持参していたので、海を眺めながらここでお昼ご飯をいただきました。景色が綺麗なところで食べるご飯は美味しいですね。せっかく奄美大島へ来たのなら絶景を満喫していただきたいのでピクニックもおすすめです。ちなみにこのでいご並木の近くに「男はつらいよ〜寅次郎 紅の花〜」で寅さんとマドンナリリーが一緒に暮らした家があります。今ではその家は「リリーの家」と名付けられ、宿泊施設になっており泊まることもできるんですよ。こんなビーチのすぐ前に家があるなんてとても素敵ですよね。今回は日帰りだったので今度訪れた際には泊まってみたいと思いました。

自然が造り出した造形美 徳浜

ここも「男はつらいよ」のロケ地に使われた名スポット、徳浜です。海の透明度がすごいんです。ちなみに、ガイドさんの話によると沖縄本島よりも奄美諸島の方が透明度が高く海が澄んでいることが多いそうですよ。確かに奄美大島の海はどこへ行っても本当に綺麗でした。さぁこの徳浜に来たのはある動物を探しにきたからなんです。その動物とは・・・ライオンです!!どこからどう見てもライオンにしか見えないですよね。この岩は「ライオン岩」と呼ばれているそうです。このライオン、徳浜に行けばすぐに会えるものではないんです。会うためには少しコツが入ります。ちなみにガイドさんは1回ではライオンが見つけられず、再来した時にやっと見つけたそうです。ライオンを見つけるためには、徳浜ビーチに入ったら、とにかく右へ歩いていきます。自然に造られたものなので、ライオンとしての形で見るためには角度と距離が重要なんです。絶妙な角度を見つけられるようによーく岩を観察しながら歩いてみてください。ひょっこりライオンが顔を出してくれますよ。

森は生きている 武名のガジュマル

次のスポットはガイドブックにも載っていないガイドさんの一押し!それはなんとこの先にある集落を抜けたにあります。これはガイドさんがいなかったら絶対に訪れることのないスポットですよね。集落を抜けるとその先には森への入り口がありました。この辺りはハブも出るので要注意です。森を抜けた先にあったのは・・・。「おおお!!でっかいガジュマル!!!」さっきの於斉のガジュマルより大きい!すごい!と感動していると、実はガイドさんのおすすめはこれではなかったのです。その奥を見てみると・・・
もっと大きなガジュマルが!どこからどこまでが木なのかが分からないくらい大きくて立派です。本当に森の主のような、神々しい雰囲気が漂っているこの木が、武名ガジュマル。樹齢は400年以上ともいわれています。写真ではお伝えしにくいのですが、この森一体がガジュマルの木々で囲まれており、もののけ姫のこだまが宿って居そうなそんな神秘的な雰囲気があります。後ほど紹介する加計呂麻島の360°動画ではあたり一面ぐるりと見え渡せるので、是非ご覧ください。

加計呂麻島 透明度No.1!実久ビーチ

加計呂麻島でシュノーケリングを楽しむなら実久ビーチがおすすめです。透明度が高く、サンゴテーブルもたくさんあるのでたくさんのお魚と出会えちゃいます♡また、ビーチの近くにシュノーケリンググッツのレンタル店があり、道具を持っていなくても安心!さらに、シャワールームも完備されているので、泳いだ後はさっぱりして帰ることができますよ。海に潜ってみると透明度が本当に高く、たくさんのお魚たちと出会えました!海の中ってこんなに綺麗な世界なのだととても感動。人生初のシュノーケリングでしたが夢中になりすぎて気づいたら5km近く泳いでいました(笑)

加計呂麻島の絶景スポットをVR動画で楽しんで見ませんか?

(360°動画のためyoutubeアプリでの視聴をおすすめします)

写真ではお伝えしきれなかった立派なガジュマルを見上げてみたり、でいご並木を散歩してみたり、海の中へ潜ってみたり、360°思いのままに好きな景色を楽しめます♡ぜひご覧ください♪

加計呂麻島旅行に必要な持ち物

・紫外線が気になる方は日焼け止め→奄美大島は10月でも30度越えとかなり暑く真夏のようでした。夏を想定した服装や持ち物で行かれるといいと思います。
・水着→シュノーケリングをやる方用です。着用していくとかなり楽でした。
・着替え→軽装でもあると何かと便利です。
・虫除けスプレー→武名のガジュマルにかなりの数の蚊がいたのであると便利です。

加計呂麻島旅行での注意点

加計呂麻島旅行での注意点
  1. シュノーケリング時の日焼け止め選びに注意
  2. ハブが出ます
  3. 船の出港時間は観光前にチェック

・シュノーケリングをされる方で日焼け止めを塗る際に、海の生き物たちに害のない成分がどうかを確認してからつけていただきたいです。成分によって珊瑚が大量死してしまうのでご確認をお願いします。
・自然豊かな奄美大島では、ハブが出没することがあります。噛まれると大変なので草木がある場所に行くときは十分気をつけてください。
・船の出港時間を逃してしまい帰れない…なんてことになってしまわないように、出港時間チェックは必ず行いましょう。

まとめ

この世の楽園の名にふさわしいほどの美しい島の自然に驚き、そして感動した1日となりました。地元のガイドさんと一緒に加計呂麻島を巡ったことで、普通だったら絶対に辿り着けないような場所へ行くことができ本当によかったです。まだまだ回りきれていないスポットもあるので、また訪れたいと思います。

 

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 夏のノルウェー ソグネフィヨルドクルーズと山岳鉄道で大自然を満喫| トラベルダイアリー
    ソグネフィヨルド旅行体験記夏のノルウェー観光として有名なのが、フィヨルド観光。その中でも、ヨーロ…
  2. ゴールドコーストで念願のコアラ抱っこ| トラベルダイアリー
    ゴールドコースト旅行体験記友達の5人家族(中学生と小学生)といつか一緒に旅行したいねと言っており…
  3. モスタル旅行体験記中東から西へ移動するように東欧の国々を旅していると、多くの国や都市でユーゴスラ…
  4. MALTA_VALETTA_EYE_CITY
    マルタ共和国【ヴァレッタ】旅行体験記街が丸ごと世界遺産の【ヴァレッタ】、ヨーロッパではとても人気の…
  5. 福岡旅行体験記今回は開業40周年を迎えた福岡市地下鉄の1日乗車券、「ファミちかきっぷ」を使って市…
  6. ロサンゼルス旅行体験記アメリカは昔から行ってみたかった国のひとつ。夢のつまった国でした。私た…
  7. スプリット旅行体験記クロアチアのアドリア海に面した街、スプリットをご存じでしょうか。クロアチア旅…
  8. パペーテ旅行体験記ボラボラ島旅行の際は帰りの飛行機の時間の都合で必ずパペーテへ1泊しなければいけ…
  9. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  10. 青の洞門
    マルタ島旅行体験記前回は首都:バレッタ周辺の情報お届けしました。さてさて、今…

国内旅行おすすめ

  1. 座間味島旅行体験記沖縄本島から日帰りでも行けるアクセスの良さ、透明度抜群の海などが魅力の、慶良間…
  2. 3ヶ月滞在して穴場〜人気スポットまで石垣島を味わい尽くす♪| トラベルダイアリー
    石垣島旅行体験記石垣島には仕事で3ヶ月間くらいいました。観光客に人気のスポットから穴場スポットま…
  3. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  4. 京都旅行体験記京都はこれまで2回旅行をしたことがありましたが、何度でも訪れたくなるのが京都です♪…
  5. 舞鶴赤れんが
    舞鶴旅行体験記舞鶴は、親戚がそばに住んでいたので時折訪れていた場所。ここ数年、舞鶴で大きなサ…
  6. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  7. 小野川湖カヌー
    裏磐梯旅行体験記家族で、どこか自然の美しい場所でアウトドアを楽しみたいということで、福島の裏磐梯、…
  8. 湯布院旅行体験記 「温泉入りに行きません?」残業続きでクタクタの金曜深夜に、ふと…
  9. ハイカラな街!横浜でゆる〜くハマ歩きをして気分爽快!| トラベルダイアリー
    横浜旅行体験記何度も訪れたことのある横浜ですが、異国情緒溢れる街を散策して気分をリフレッシュしたい…
  10. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…

最新記事

  1. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  2. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  3. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  4. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  5. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  6. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  7. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  8. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  9. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  10. 情緒あふれる渋温泉と爽やかな初夏の北信州の町めぐり| トラベルダイアリー
    渋温泉旅行体験記 疲れた身体を温泉と大自然で癒したいと思っていた所、思いついたのが以…

Archive



PAGE TOP