平成筑豊鉄道でゆく炭鉱の町、田川を楽しむ子連れ日帰り旅

田川旅行体験記

福岡県の炭鉱で栄えた町、田川を走る平成筑豊鉄道は、平成元年に誕生し、令和には新しく「令和コスタ行橋駅」が設置され、時代をネーミングに取り入れている魅力的な鉄道会社です。車内で購入できる1日フリー乗車券「ちくまるキップ」を使って旅のスタートです。

田川旅行について

おすすめのポイント
  1. 水戸岡鋭治さんデザインの「ことこと列車」で食事と鉄道旅を楽しめる
  2. 1日フリー乗車券「ちくまるキップ」は温泉チケット付き、温泉でのんびりできる
  3. JR九州と接続しているため乗り換えがスムーズに出来る

今回の田川旅行は、平成筑豊鉄道の1日フリー乗車券「ちくまるキップ」を使っての鉄道旅。ちくまるキップは1,000円で全線乗り放題に加え、沿線にある温泉施設の無料入場券付きの切符になります。車窓から見える季節ごとにカラフルに色づく田畑や山々の様子と特典の温泉に浸かることが魅力です。 石灰岩の香春岳が採掘で平らになっている様子や秋は黄金に色づく稲刈り前の田んぼの様子はとても印象的です。

田川旅行のおすすめのスポット

九州最古の木造駅舎、「油須原駅」で貴重な鉄道設備を堪能する

田川伊田駅から行橋駅までの田川線にある油須原駅は、1895年(明治28年)豊州鉄道の駅として開業しました。120年を超える歴史ある建物です。駅舎の待合室からホームへ抜ける通路には駅員さんが切符に鋏を入れていた改札口が残っていまず。駅員さんが立っていた場所に立つと明治時代にタイムスリップしたようです。広く長いホームは貨物輸送時代の名残で、他にも駅長室やタブレット受けなど貴重な設備を堪能できます。

車両基地がある「金田駅」で珍しい車両に出会えるかも!?

平成筑豊鉄道の車両基地は、直方駅から田川伊田駅間の伊田線の途中駅、金田駅にあります。水戸岡鋭治さんデザインのレストラン列車「ことこと列車」やひたちなか海浜鉄道からクラウドファンディングを経て平成筑豊鉄道に運ばれた旧国鉄車両キハ2004号」、写真のカラフルにデザインされた「スーパーハッピートレイン」など歴史ある車両から今年の 4月に投入された車両などを走行中でなく、こちらに停車していれば見ることができます。窓口ではキャラクターのちくまるくんぬいぐるみやカレンダーなどのグッズ、鉄印を購入できます。

源じいの森温泉で旅の疲れを流し、自然に癒されよう

源じいの森駅から歩いて10分程で到着。露天風呂や和室付きの家族風呂が魅力です。男湯と女湯は日ごとに入れ替え制なので、複数回通うとどちらのお風呂も楽しむことができます。露天風呂には季節ごとに色づく木々が植樹されており、心地良い風を感じながらゆっくり過ごすことができます。フロントに声かけると授乳室を案内してもらえ、更衣室にはベビーベッドが置いてあるので乳幼児連れでも安心です。

田川でのおすすめグルメ

田川伊田駅 いたんこ

JR九州の日田彦山線との乗換駅の田川伊田駅の駅舎に入っているうどんやさんです。田川弁でうどんをいたんこというそうです。ごぼう天うどんやぶっかけうどんが人気です。子連れから年配の方まで楽しめる優しいお味になっています。とろろ昆布が小鉢でついてくるので好みでうどんと一緒に楽しむことができます。店内の一角には地元の名産品や新鮮な野菜を販売するコーナーがあり、お土産品の購入にもおススメです。

田川でのおすすめのショッピングスポット

平成筑豊鉄道金田駅の窓口

車両基地もある金田駅の窓口では平成筑豊鉄道のグッズを購入することができます。写真がマスコットキャラクターのちくまるくんです。ぬいぐるみ、駅名標キーホルダーなどを売っています。年末が近くなると発売されるカレンダーがおすすめです。お買い上げ1,000円につき、非売品の鉄カードをもらえます。平成筑豊鉄道の鉄カードは2020年6月現在、「400形なのはな号」の1種類のみとなっています。鉄印帳をお持ちの方はこちらで受け取ることができます。

田川旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

今回は日帰り旅行を計画しましたので、個人手配で現地に向かいました。自宅から乗車をスタートしたい駅まで車で向かい、完備されている駐車場に駐車。全ての駅に駐車場が完備されていますので、子連れの場合、現地までは車で行き、目的の鉄道会社を狙って乗車するという乗り方もおすすめです。おススメの金田駅と油須原駅は無料の駐車場となっています。

田川旅行におススメのレストラン列車 ゆっくり・おいしい・楽しい列車 ことこと列車

JR九州の豪華列車ななつ星をデザインしたことで有名な水戸岡鋭治さんデザインのレストラン列車が「ことこと列車」です。赤いボディの車体は田川の田園風景を走るととても輝いて目立ちます。世界一ゆっくりことことと走ります。フレンチコースの料理は6品。ミシュランガイドで1つ星を獲得した福山剛シェフが手掛ける地元の食材をふんだんに使った料理は見た目も美しく1品1品が印象に残るお味とリピーターとなって何度も乗車する方がいる程、とてもおいしいお味となっています。

田川旅行に必要な持ち物

列車をおりると買い物は可能なので困りませんが、駅近くに店舗がない場合もあるので水分と軽い食事やおやつは常備してください。沿線近くの観光スポットへ徒歩で行く場合は、歩く距離が長くなることもありますので履き慣れた靴と季節に合わせた装いでお越しください。急な天気の変化もありますので傘やレインコートなどのご準備も忘れずにお願いします。

田川旅行での注意点

田川旅行での注意点
  1. 平成筑豊鉄道の本数は少ないのでダイヤを事前確認
  2. 駅舎で食事をとれるところが限られているので事前確認
  3. 子連れは授乳施設が限られているので要注意

時間帯によっては1時間に1本のダイヤになりますので、乗り過ごした場合、待つ時間が長くなります。ローカル線の弱点でもあり、のんびり旅の魅力でもあるダイヤの少なさや食事処は事前準備でカバーできるので調べておきましょう。

まとめ

平成筑豊鉄道の鉄道旅は、田舎を走る車窓がとても美しく、季節の移り変わりを楽しめるところが魅力です。春は桜と列車、夏は蝉の音、秋は黄金の田んぼ、服は雪景色とそれぞれの季節で魅力ポイントがありますので一度で満足ではなく何回も利用することで違いを感じてほしいです。マスコットキャラクターの「ちくまるくん」は子どもたちに大人気です。ブルーの車体の「ちくまる号」のロングシートにはたくさんのちくまるくんが描かれています。LINEカラーの 車体の「LINEスタンプ号」はちくまるくんのLINEスタンプが描かれており、車体のラッピングをみているだけでも楽しいです。

 

かけみな鉄道ライター

投稿者の過去記事

現在は三人の子どもたちに囲まれ、子育てに忙しい毎日です。
独身時代は旅行が好きで思い立ったらすぐに出発していました。
今は子連れ旅行なので行動範囲は制限されますが、子どもたちの楽しむ顔を見るためいろいろと出かけています。

長男が鉄道好きなので鉄道中心の生活です。

よろしくお願いします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. シェーンブルン宮殿旅行体験記親友の海外フォトウェディングの応援・お手伝いも兼ねて向かった、オース…
  2. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  3. ハノイ旅行体験記初めての一人旅、最初の地はベトナム、ハノイでした。一人旅のスタートはハラハラドキ…
  4. ロンドン「ケンジントン・ガーデンズ 」に行ってきました♪ | トラベルダイアリー
    ケンジントン・ガーデンズ 旅行体験記ロンドンっ子の憩いの場ケンジントン・ガーデンズ 。緑豊かな公…
  5. ツェルマットにて感動のマッターホルンを望む!大自然に癒される| トラベルダイアリー
    ツェルマット旅行体験記スイスで最も有名な山と言えばマッターホルンを挙げる方が多いのではないでしょ…
  6. サーファーズパラダイス旅行体験記いつか奇麗な海沿いに住んでみたいという夢がある私。一年中温暖…
  7. ★【カナダ】人生初一人旅 in 都会と自然の街 バンクーバー★| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記今回ご紹介するバンクーバー旅行に行ったきっかけは、前から一人で海外旅行に行…
  8. ナツメヤシが実る砂漠のオアシス・トズール観光| トラベルダイアリー
    トズ―ル旅行体験記チュニジア南部に位置するトズールは砂漠ツアーの玄関口です。小さな町ですが、程よ…
  9. チャイティーヨ山旅行体験記首都のヤンゴンから入り、特に予定も旅の期限もなくスタートしたミャンマー…
  10. グアム旅行体験記長女が1歳半を迎えたのを期に、ずっと我慢していた大好きな海外旅行を解禁しようと旅…

国内旅行おすすめ

  1. 兵庫「城崎温泉」の源泉で作る、最高の温泉たまごを。| トラベルダイアリー
    城崎旅行体験記本格的に寒くなる前に、城崎の温泉街で外湯巡りを楽しみたかったため、冬になるまえに旅…
  2. 【一人旅】偽物の集合が本物の価値を生み出す「大塚国際美術館」| トラベルダイアリー
    鳴門旅行体験記週末を挟み時間が取れたので、3泊4日の旅行をすることに。そこで、前から行きたかった…
  3. ~ガンガラーの谷&海カフェ&青い海~沖縄の那覇・北谷で女子2人旅| トラベルダイアリー
    那覇旅行体験記今回の沖縄旅行は「ガンガラーの谷」のガイドツアーが一番の目的でした。「ガンガラーの…
  4. 鹿児島旅行体験記「レベル3くらいじゃ驚かんよ。」そう語ったのは鹿児島出身の先輩。“レベル3”…
  5. 美味しいものがたくさん〜食倒れの旅!in 三重県伊勢市| トラベルダイアリー
    伊勢旅行体験記 2019年12月、伊勢神宮の参拝を目的に、恋人と伊勢旅行に行きました…
  6. 新宮旅行体験記青春18きっぷ初の旅!日本の真ん中岐阜県から、電車を乗り継ぎどこまで行けるか試…
  7. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  8. すみだ水族館で「桜とクラゲ」を鑑賞&浅草で社寺をめぐる大人旅!| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記浅草に行きたい!東京スカイツリーに行きたい!水族館に行きたい!3人それぞれの意見を…
  9. 【風景美術館】絶景・日本平ホテルに泊まる静岡旅行| トラベルダイアリー
    静岡旅行体験記今回は、日本観光地百選第一位にも輝いたことのある名勝地・日本平へ行ってきました。…
  10. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP