魔女の宅急便ごっこをしよう!小豆島で女子旅

小豆島旅行体験記

小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。
最近インスタグラムでも人気の場所なので、若い女の子がいっぱいいました。
その中に混じってアラサーがキキになりきる!!
ジブリ好きに年齢は関係ありません!
もちろん他にも見どころはたくさんあります。

小豆島旅行について

おすすめのポイント
  1. 魔女の宅急便ごっこができる「オリーブ公園」
  2. エンジェルロード
  3. マルキン醤油記念館

小豆島は高松港からフェリーで1時間のところにあります。
想像より大きい島だったので日帰りだと全部の観光地は回り切れません…
今回の旅行のメインはオリーブ公園ですが、エンジェルロードやマルキン醤油記念館など見どころはたくさんあります。
おいしいものも、かわいいものもたくさんあるので女子旅にもってこいです。

小豆島旅行のおすすめのスポット

魔女の宅急便ごっこができる「オリーブ公園」

オリーブ公園内に「魔法のほうき」を無料で貸し出してくれます。
ただ数には限りがあるので、まず最初に借りに行くことをお勧めします。
私が行ったときはぎりぎり2本置いてありました!ラッキーでした。
それからオリーブ畑の奥に風車があるのでそこでジャンプします。
はじめは恥ずかしいですけど皆キキになりきって、ほうきにまたがってジャンプしてます!
ここはなりきって思いっきりはしゃぐことがベストです。
アラサーでも関係ないです。童心に返ってはしゃぐとめちゃめちゃ楽しかったです。

エンジェルロード

エンジェルロードは土庄港から自転車で5分くらいの場所にあります。
潮の満ち引きによって道が現れるのでエンジェルロードと呼ばれるようになったそうです。
恋人と手をつないで歩くと幸せになれるという話がありますが、今回は女の子と行ったので恋人と行った時のためにシミュレーションしてきました…!
このエンジェルロードですが出現する時は引き潮の時なので、時間を調べていかないとタイミングが合いません。
私が行った3月は8:30までと15:00以降の2回でした。
迷った結果6:30高松発のフェリーに乗って朝一番で見に行きました。
人もまばらですし、これからの時間を有効活用できるのでお勧めです。

マルキン醤油記念館

100年以上前に建てられた歴史的な蔵で、醤油の作り方を学ぶことができます。
私が行ったときはたまたま無料開放日でしたが、通常入場料金は大人210円かかります。
ここで有名なお醤油ソフトクリームをいただきました。
見た目もそうですが、本当にお醤油の味がして美味しかったです。
この周辺一帯は色々なお醤油屋さんがあります。
メーカーによって色々なお醤油を作っているので、見ていると面白いです。
私は金両醤油で醤油とオリーブオイルのドレッシングを購入しました。
小豆島はオリーブオイルも有名なのでとても美味しかったです。

小豆島でのおすすめグルメ

瀬戸よ志

佃煮屋さんの二階がお食事処になっています。
ここでそーめんとおにぎりのセットをいただきました。
友人は名物の「ひしお丼」を頼んでいました。
ひしお丼は野菜と魚のフライに特性もろみソースをかけたどんぶりです。
佃煮屋さんということもあって、「佃煮バー」の佃煮は食べ放題でした!
一階で販売している佃煮が食べ放題なので、遠慮なく全種類いただきました。

小豆島でのおすすめのショッピングスポット

雑貨コリコ

オリーブ公園内にあるかわいらしいハンドメイドの雑貨が置いてあるお店です。
カラフルなピアスや髪留め、紅茶などがおいてありました。
私はクルミ材でできた髪留めを購入しました。
実は同じブランドの髪留めを持っていて気に入っていたので、ここで出会えたのが嬉しかったです。
一つ一つが可愛らしいので見ていて楽しいお店です。
こちらのお店は実写版の「魔女の宅急便」の撮影で使われたそうです。

道の駅

道の駅では特産品を使ったお土産を買うことができます。
やっぱりオリーブを使った商品が多く見られます。
オリーブ公園内にある道の駅はとてもきれいで品物もたくさんありました。
ですが池田港近くの「小豆島ふるさと村」という道の駅の方が小さいですが少し安かったです。
そうめんポリポリというお菓子を買ったのですが、まとめて買うとお値引きしてくれました。
さらにここでオリーブサイダーを購入して飲みました!
オリーブ感はあまりありませんでしたが、爽やかな味でおいしかったです。
自転車こいで行ったので、すごくのど乾いていました…(笑)

小豆島にて宿泊したホテル

高松東急REIホテル

今回は小豆島では宿泊をしていません。高松にて宿泊しました。
空港からリムジンバスに乗って「兵庫町」というバス停で降りれば目の前がホテルで、さらに高松駅から徒歩7分という好立地にあるホテルです。
きれいなホテルで、ロビーにはシャンプーバーがあり、女性には化粧水などのアメニティも受付で選ばせてくれました。
隣にはコンビニがあり、目の前の通りは商店街なので、居酒屋やスーパーも歩いて行けます。
小豆島へ行くフェリー乗り場へも徒歩15分くらいで行けます。
スタッフの対応もよく、気持ちよく滞在できました。

小豆島旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

ANAビッグホリデーで予約しました。
ホテル1泊と航空券がセットになっており、空港も好きな所を選択できます。
空港と飛行機の時間帯によっては追加料金必要になります。
料金は安いのですが、ホテルの選択肢はあまりありません。
私は高松行きの朝早い飛行機に変更したので追加料金800円払いました。
ANAですのでマイルがたまります。
本当はレンタカーを予約しようと考えていたのですが、高松は交通の便がいいので、車がなくてもまったく問題はありませんでした。

小豆島旅行に必要な持ち物

オリーブ公園内でほうきに乗った写真を撮る時に三脚があった方が上手にとれます。
友達と一緒に撮りたいならなおさらです。
他にも写真をとっているグループもいるので交代でお互いを写真を撮ってもいいのですが、なかなかジャンプのタイミングが合わないので、何回も写真を頼むことになってしまいます…。
最近は100円ショップでも簡易的な三脚があるので、小さいのでも1つ持っていくと役に立ちます。

小豆島旅行での注意点

小豆島旅行での注意点
  1. フェリー乗り場
  2. レンタサイクル
  3. 移動手段

片道のフェリーチケットより往復チケットを買った方が少し安いです。
ただ注意しなければいけないのが、往復チケットは同じ港を使用しなければいけません。
小豆島には港がたくさんあるので、片道チケットの方が便利な場合があります。
今回はレンタサイクルで移動したので、片道の方が都合がよかったです。
レンタサイクルは返却場所がたくさんあるので、便利です。
ただ小豆島は坂がとても多いです。
電動自転車だったのですが、されど自転車です。
自分でこがないと前には進みません!

ちなみにですが、小豆島の移動手段は色々あります。
①レンタサイクル②バス③レンタルバイク④レンタカー
時間と労力をお金で買っているので、どれが一概にいいとは言えませんが、原付バイクにすればよかったなと今なら思います。
ただ島内は細い道が多いので、慣れいないと原付バイクを貸してくれない場所もあるそうです。
私は普段から乗っているので問題なしです。

まとめ

今回は日帰りでしたので、小豆島の魅力に少し触れただけという感じでしたが、とても素敵な島でした!
自転車で颯爽と走っていると風が気持ちよくて、海がきれいで、とても穏やかな気持ちになれます。
おしゃれなカフェもたくさん見つけたのですが、今回は時間の関係で断念しました。
次回行くときは泊まりで、のんびり過ごしたいですね。
また寒霞渓という空・海・渓谷を一望できる場所が島の内陸にあります。
今回は行けなかったので、紅葉がキレイなときを狙って計画立てたいと思います。

ゆーみん

投稿者の過去記事

旅行好きアラサーのゆーみんです。
旅行の他にもダイビング、ハイキングも好きです。
2019年にはピースボートで世界一周していました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ポートディクソン旅行体験記クアラルンプールを訪れた際、近郊のリゾート地、ポートディクソンへも行っ…
  2. ティンプー旅行体験記プナカから峠を超えてついに首都ティンプーにやってきました。首都だけあり、…
  3. ポルトガル人に聞いた!絶対に行ってほしい港町ポルト!ポルトガルの友人達にオススメの旅行先を聞いた…
  4. 【台湾・高雄】愛河クルーズと龍虎塔 グルメだけじゃない瑞豊夜市の楽しさ☆*。| トラベルダイアリー
    台湾・高雄へ旅立つ台湾の高雄は、まず 高雄空港自体がデザイン性が高くて、とても綺麗 です。ヘ…
  5. パルナッソス山と遺跡が描き出す絶景!古代ギリシャ最高の聖地デルフィ| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  6. グリンデルワルドからベルン・ヌーシャテル・グリュイエールへ弾丸日帰り観光| トラベルダイアリー
    グリュイエール旅行体験記グリンデルワルドから日帰りでベルン、ヌーシャテル、グリュイエールへ日帰り…
  7. フィレンツェ旅行体験記天井のない美術館と称されるイタリア・フィレンツェ。私がイタリアの中でも特に…
  8. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  9. スミニャック地区のプールヴィラをメインにしたバリ旅行♪| トラベルダイアリー
    バリ旅行体験記リゾート地でも一度ヴィラに泊まりたいという思いがありました。バリだとわりとリーズナ…
  10. メルズーガ旅行体験記中学生のころにサン・テグジュペリの「星の王子様」を読んでから、ずっと砂漠の世…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記三世代旅行で熱海へ行ってきました。以前熱海駅前の観光案内所で子連れにオススメのスポ…
  2. 一人旅ファイナル②!桃太郎伝説残る岡山/デニムの街児島を散策| トラベルダイアリー
    岡山/児島旅行体験記一人で行く旅行も今回で最後。旅収めの場所として選んだのはまだ行ったこともない…
  3. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  4. 【淡路島おすすめスポット】うずしおクルーズ・鮎屋の滝・淡路おすすめグルメを満喫してきました!| トラベルダイアリー
    うずしおクルーズ・鮎屋の滝体験記淡路島のおすすめ観光としても有名な、うずしおクルーズ。どうせなら…
  5. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  6. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  7. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  8. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  9. 2泊3日♪【昔の風情ある町並み・グルメの宝庫】石川県・金沢の旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記テレビで金沢特集を見て、気になっていた金沢へ家族と行ってきました!金沢城公園、日本…
  10. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…

最新記事

  1. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  3. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  4. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  5. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  6. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  7. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  8. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  9. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  10. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…

Archive



PAGE TOP