岐阜モザイクタイルミュージアム~レトロ可愛いタイルの世界~

モザイクタイルミュージアム旅行体験記

岐阜県のモザイクタイルミュージアムの存在をネットで知り、‟モザイクタイルってなんだ?…”と興味を持ち、行ってみることに!タイルで作られたアート作品を見るだけではなく体験工房もあり、思わず時間を忘れて工作してしまいました♪

モザイクタイルミュージアム旅行について

おすすめのポイント
  1. タイルで作られたアート作品がユニーク
  2. モザイクタイルの歴史を知ることが出来る
  3. 体験工房が楽しい

同一色やカラフルに並んだタイルは、よく見かけますが、タイルで作られたアート作品がずらりと並ぶ姿はなかなか見られません。タイルのレトロな雰囲気に合った作品もたくさん!のちに紹介しますがユーモア溢れる作品もあり、来場者を飽きさせません。‟モザイクタイル”というもの自体知らなかった私でしたが、訪れたことで職人さんの苦労や歴史を知ることが出来、とても興味深かったですよ♪体験工房では実際にタイルを使って、ものづくりが体験出来ます!オリジナルのタイル作品を作ってみるのも楽しいですよ。

モザイクタイルミュージアムのおすすめのスポット

まるでおとぎの国への入り口みたい♪可愛らしい外観には理由があった!


多治見市にあるモザイクタイルミュージアムは、建物が丸く山のようなユニークな形をしています。実はこれ、‟粘土山”の形を模倣してつくられたそう。粘土山とは、焼き物を作るための土を採取する山のこと。タイルも同じく粘土山の土からつくられています。つまり、モザイクタイルミュージアムの外観はタイルの生まれ故郷を表していたんですね。藤森照信さんが手がけた可愛らしい外観と芝生とのコントラストはとても美しく、訪れる人を笑顔にしてくれます。

レトロ可愛い!モザイクタイルアートの魅力♪

「タイル・カーテン」

タイルアート展示室の中でひと際目を引くのが、‟タイル・カーテン”。天井から様々な形をしたモザイクタイルがワイヤーで繋がり、一つの作品に。天井には窓がなくお日様の光がタイルを照らし、とっても綺麗♪ぽっかりと空いた天井からは青空が見えます。モザイクタイルは耐久性、耐水性に優れているため窓を作らずとも雨風雪にも強い!モザイクタイルの強みを生かした素敵な作品です。形も可愛らしく、デザインが一つ一つ違うので見ていてとても楽しいです♪

「モザイクタイル画の壁面」

壁に飾られているどこか懐かしい雰囲気のあるモザイクタイルの絵画作品。実はもともとどこかで使われていたものなんです。タイルの作品を飾っていた建物を壊してしまう時に、タイルまで壊してしまうのはもったいない!とのことで、集められたコレクション。これだけたくさんの絵が並ぶとかなり見ごたえがあります。タイルでここまで表現することが出来るものなのかと、作品を見て感心しました。

そうだったのか!モザイクタイルの歴史を知る

モザイクタイルづくりの製造工程や歴史を知ることが出来る展示室の入口には‟山内造三さん”の等身大パネルが飾ってあります。山内さんは、施釉磁器モザイクタイルを日本で一番最初に発明した方なんです。モザイクタイルミュージアムは山内さんがいなかったらなかったということですね。ありがとう山内さん。一緒に記念撮影をしました。

壁や床などの建材としてモザイクタイルを効率的に施工するためにつくられたのが(写真左側壁)「張り版」です。木枠の中にモザイクタイルが綺麗に並ぶようにつくられています。一つ一つタイルを並べなくても、木枠に入れるだけでタイルが綺麗に並ぶよう設計されているため、効率的に張り付けていくことが出来るようになりました。木枠のデザインはそれぞれ異なり、一つ一つ職人さんがデザインを考えて作り出していたそう。タイルを焼くだけでなく、型のデザインまで職人さんが手がけていたことを知り感心しました。


かつて住宅で使われていた様々な種類のモザイクタイルも展示されていました。展示室内にはかなりの数のタイルが並び、「このタイルかわいい」「これはおしゃれだね」など自然と会話も弾みます。‟こんなコースターがお家にあったら素敵だなぁ~”と、幸せ気分でそんな想像をしていました♪

楽しすぎてお値段以上!ワンコイン体験工房

施設一階には、500円で、写真立て・小物かけ、コースターの中から好きなものを選んでタイルで小物づくりが出来ます。様々な種類のタイルから好きな形、好きな色を選び、ボンドで土台に一つ一つくっつけていきます。かなりの種類のタイルがあるので人と被ったデザインになることは、まずないでしょう。世界に一つだけのオリジナルのタイル作品が出来上がります。凝ったデザインのものにしようとするとあっという間に、1時間ほど時間がたっていたり…(笑)それだけ夢中になってしまう魅力が、モザイクタイルにはあるということですね。人によって選ぶタイル、デザインが異なるので、周りの方の作品を見るのもとても楽しかったです。良い思い出&お土産になりました♪

モザイクタイルミュージアムでのおすすめのショッピングスポット

地元タイルメーカーの商品もたくさん!ミュージアムショップ


タイルを使った箸置き、アクセサリー、タイル自体の詰め放題販売、購入したタイルを型にはめて雑貨を作るキット、ペット用タイルなど様々なものが販売されており、見ているだけでもとても楽しかったです。製品として出来上がっている商品だけでなく、自分で好きなタイルを購入して、お家でも雑貨を作ることが出来るキットはお子さんにも喜ばれそうですよね♪タイルはお土産としてユニークですし、見た目も可愛らしいので喜ばれること間違いなし♪

多治見でのおすすめグルメ

可愛すぎる店内にうっとり♪「hinatabocco」

モザイクタイルミュージアムから車で16分とアクセスが良いです!入り口を入ってすぐ、可愛らしいピノキオがお出迎え♪

店内はお花や雑貨で装飾されたステキな空間が広がります♪素敵すぎるhinataboccoさん。店内がオシャレすぎてつい写真をたくさん撮りすぎてしまいます(笑)

注文したのは、フルーツミックスシェイク、自家製ジンジャーエールです。フルーツシェイクは、こんな濃厚なシェイクは飲んだことがない!とびっくりの美味しさ♪自家製ジンジャーエールは、甘さ控えめな手作りジャムをソーダ水と割っていただきます。甘さが控えめではありますがジンジャーの香りがスゴイ!甘さでごまかさない素材の美味しさが生かされていました。

モザイクタイルミュージアム旅行に必要な持ち物

モザイクタイルミュージアムでは、環境問題に配慮しお持ち帰り用のビニール袋の削減に取り組んでいます。体験工房やショップに立ち寄られる方は、マイバックを持参してください。

モザイクタイルミュージアム旅行での注意点

多治見旅行での注意点
  1. 駅からバスで来るときは乗車時間を必ずチェック!
  2. 工作好きな人は注意です!体験工房での工作は夢中になっちゃうかも!?
  3. 体験工房は事前予約が必要な場合も!

・多治見駅からモザイクタイルミュージアムまでのバスは本数がかなり少ないです。ほぼ一時間に一本しかありません。行き帰りのバス時間は予めチェックしておきましょう。
・体験工房での工作は、かなりの種類がある中から自分でタイルを選んで、一つ一つ接着して作り上げます。出来上がり時間にはかなり個人差がうまれると思います。私の場合タイルの種類と色が決まらなくて出来上がりまで(タイルの乾燥時間も含めて)1時間ほど滞在していたと思います。凝ったものを作りたいという方は時間に余裕をもって訪れることをおすすめします。
・コロナの影響で、訪れる日によっては事前予約が必要な場合や体験工房を行っていない場合があります。もし体験工房を利用したい方は事前に公式サイトを確認してから訪れることをおすすめします。

まとめ

レトロ可愛いモザイクタイルの世界を十分に満喫でき、大満足でした♪体験工房では久しぶりのものづくりに挑戦!小学生の頃の図工の授業を思い出し懐かしい気持ちになりました。美術館ではあるもののどこか親しみやすい。そんなモザイクタイルの不思議な魅力が詰まった素敵な美術館でしたよ。是非また訪れたいと思います。

はるたか

はるたかトラベルライター

投稿者の過去記事

2020年9月27日より、“さまざまな理由で旅行へ行けない方々のため”に、VRカメラで、全市町村撮影しYouTubeで無料旅行を届けるという活動をしています。
紹介している記事の中にも、VRカメラで撮影した動画を載せているのでよかったらご覧ください♪
トラベルダイアリーさんでは、全国の絶景・グルメなど、皆さんの旅に役立つ情報が発信できたらと思います。
よろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 安い!美味しい!優しい!3拍子揃った何度でも行きたい台北旅行| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記日本から3時間程で行ける台湾の首都台北。物価も安く、美味しいご飯もたくさんあります。…
  2. ロッテルダム旅行体験記オランダ第二の都市ロッテルダムは近代的な街並みで国際港としても有名です。街…
  3. プノンペン旅行体験記シェムリアップからバスに揺られてプノンペンに行ってみました。ポルポト政権の時…
  4. オアフ島旅行体験記子連れ旅行の定番かつ人気NO1のハワイ。ハワイ島&オアフ島旅行7泊9日に行って…
  5. アナハイム旅行体験記 みんな大好き夢の国。本場のディズニーへ行きたいという夢を、この…
  6. エスファハーン旅行体験記かつて、巨万の富と人が集まり交易の都市として栄えていたエスファハーン。そ…
  7. サンペドロ・ラ・ラグーナ旅行体験記日本での知名度はかなり低いサンペドロ・ラ・ラグーナですが、バッ…
  8. ロンドン旅行体験記ずっと憧れがあって行ってみたかったロンドンですが、どこを切り取っても写真になる…
  9. サンクリストバル・デ・ラス・カサス旅行体験記メキシコとグアテマラ国境にほど近い小さな町、サンクリ…
  10. ヘルシンキ旅行体験記うだるような都会の夏を抜け出して、北欧の大自然のクーラーを、体いっぱい浴びた…

国内旅行おすすめ

  1. 福岡旅行体験記仕事の疲れを癒やしたい…美味しいものを鱈腹味わいたいと思って。なんでも美味しくて、…
  2. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  3. 鹿児島旅行体験記友人と電話していて、旅行に行きたいねという話になり、予定が合ったので弾丸女子旅を…
  4. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  5. 愛媛松山の「道後温泉」と「千と千尋の神隠し」のあの名場面を! | トラベルダイアリー
    松山旅行体験記雰囲気のある道後温泉をインターネットで見つけ、日帰りで楽しめるということで行くこと…
  6. 京都駅からの景色
    京都市旅行体験記京都といえば、日本有数の観光都市。その玄関口は、新幹線も停まる「京都駅」です…
  7. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  8. 車で周る兵庫・淡路島のたっぷり充実 日帰りドライブ| トラベルダイアリー
    淡路島旅行体験記大阪からも近くてドライブにはピッタリの淡路島。インスタグラムや、雑誌などで見かけ…
  9. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  10. 軽井沢旅行体験記避暑地や別荘地としても大人気の軽井沢。車でも新幹線でも都心からアクセス抜群!gw…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP