週末に行ける!伊豆下田の美しい海でリフレッシュ&新鮮地魚グルメも!

下田旅行体験記

海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾートに行く長期休暇はとれないし、近くの海水浴場は人でいっぱい。 そんなとき、東京からすぐ行けるのにリゾート並みに美しいビーチを発見しました。 それは静岡県下田市の、白浜海岸。ビーチで癒され、地元の新鮮なお魚をいただき、歴史ある街並み散策して古民家カフェでまったり。週末旅でリフレッシュできました。

下田旅行について

おすすめのポイント
  1. とにかく海がきれい!リゾート並みのビーチ
  2. さくっと行ける!東京から電車で最短2時間半
  3. 新鮮なお魚がおいしい!地魚グルメがいただける

下田いちばんの魅力は、なんといっても海の美しさだと思います。 「白浜海岸」はその名前のとおり白い砂浜が広がるビーチです。海水は透明度が高く、海外リゾートのようなコバルトブルー。この景色を見るだけで、気持ちが晴れやかになりますよ。 そんなビーチに東京から電車で最短2時間半で行けるんです。この移動時間の短さも魅力のひとつ。 そして下田漁港の地魚グルメも外せません。とくに金目鯛はプリプリとして、脂がのっていて、ひとくちで鮮度の良さがわかる美味しさ!

下田旅行のおすすめのスポット

旅のはじめはココへ!道の駅 開国下田みなと

地元でとれた新鮮食材のグルメやお土産が揃う道の駅です。観光案内所も併設されています。伊豆急下田駅から徒歩10分ほど。 直売所には、ここでしか手に入らない鮮度抜群の地産品が並びます。 1階のカフェRa-maruで食べられる新名物・下田バーガーも食材の良さがわかる逸品です。バンズに挟んだ金目鯛のフライが肉厚ジュージーで、ふつうのフィッシュバーガーとは全く違いますよ!

白い砂と青い海が美しい!白浜海岸

 関東近郊とは思えない美しいビーチで、白い砂とコバルトブルーの海が約2.5キロにわたり広がります。砂浜でのんびりするのもよし、用具をレンタルしてマリンスポーツ楽しむのもよし。 ビーチの先にある縁結びのパワースポット「白浜神社」まで散歩するのもおすすめです。 白浜海水浴場へは伊豆急下田駅前または開国下田みなと前から東海バスに乗って10分ほどです。

ペリーロードで町歩き&SNS映え写真

下田といえば黒船!江戸時代に来航したペリー提督が歩いたとされる道は「ペリーロード」と呼ばれ、歴史を残しながらもカフェやアンティークショップなどかわいいお店が点在する観光スポットとなっています。 石造りの水路をはさんで、レトロな洋館や古民家が並ぶ景観は、映画のロケ地にもなったほどノスタルジック。ぜひSNS映えする写真を撮りながらゆっくり散策を楽しんでください。

下田でのおすすめグルメ

回転寿司「魚どんや」で地魚食べ比べ

「魚どんや」は道の駅 開国下田みなと2階にある回転寿司店です。 金目鯛のにぎりは一皿500円前後(時価)。一般的な下田の魚料理店では金目鯛煮つけが3~4千円するのと比べると、気軽に名産の金目鯛が食べられます。 金目鯛のほかにも、水揚げされたばかりの新鮮なお魚がネタとして並び、「地魚三昧」や「下田近海三昧」といった一皿で3種類のお魚の食べ比べができるメニューがあるのもうれしいですね。 ランチタイムには行列ができるので、早めに行くことをおすすめします。

下田でのおすすめのショッピングスポット

センスの良いお土産は下田時計台フロントで買えます

伊豆急 下田駅前のランドマークとして目を惹く白壁の時計台。その中は「下田時計台フロント」というおしゃれなショッピングスポットになっています。 オリジナルブランド「IPPIN」の商品に加え、地場産のジャム、おいしいと評判の干物、オリジナルスイーツなど充実の品ぞろえ。 2階のイベントスペースでは、不定期ながら地元作家さんたちの手作り市も開催されているそうです。きっとお気に入りのお土産が見つかりますよ。

下田にて宿泊したホテル

小さなホテル アリエッタ 朝食は海を眺めながら

下田は日帰りも可能ですが、一泊するなら海の近くに位置するホテルがおすすめです。 アリエッタは白浜海岸から約500メートルの場所にあり、お部屋は全室オーシャンビュー。さらに焼立てパンがつく評判の朝食を海が眺めながらいただけます。 太陽の動きで移り変わる海の美しさは、泊まった人だけの特典ですね。 お部屋がコンパクトですが、そのぶん白浜海岸エリアではリーズナブルに泊まれるホテルです。

下田旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

下田旅行は個人手配がおすすめ!

良かった点
  1. 思い立ったらスグ行ける!今度の週末でも大丈夫。
  2. 好きなだけ海でのんびりできる!時間に追われないありがたさ。
  3. ペリーロードを気ままに散策するのが楽しい♪
残念だった点
  1. バスの運行間隔は1時間2~3本。待ち時間に注意が必要です。
  2. 白浜海岸の周辺にはコンビニが2店だけ。食事場所に困る。
  3. 旅行の目的が海の場合、雨だと行く場所が限られる。

下田旅行は思い立ったらスグ行ける個人手配がおすすめです。 時間の縛りから解放されて、自由気ままに海を眺めて町歩きを楽しみましょう。 ただし、メインの移送手段となるバスの本数は日中でも1時間に3本前後と少なめ。発車時刻を見ておくと待ちくたびれずに済みますよ。 また白浜海岸の周辺にはレストランが少ないです。食事はホテルでお願いするか、駅周辺でいただきましょう。

下田旅行に必要な持ち物

下田旅行で海に行くときは、サンダルなど濡れてもよくて着脱しやすい履物にしましょう。ビーチの砂粒は細かくサラサラで、すぐに靴のなかに入ってしまいます。 ウエットシートもあると便利。手拭きのほか、足指についた砂をふきとって快適に過ごせます。 ビーチでのんびりしたいならレジャーシートを。自分だけのベストスポットに敷いてくつろぎましょう。 そのほか日射しや海風にそなえて、日傘、サングラス、日焼止め、羽織ものを持っていくと調整しやすいです。

下田旅行での注意点

のんびりリフレッシュ目的の旅行は、春か秋に行くことをおすすめします。 普段はゆったりとした時間が流れる下田ですが、夏の海水浴シーズンになると全国から人が集まって混雑します。 ほとんどのお店は夕方5時~6時には閉まってしまいます。都市部と同じ感覚で行動すると目的が果たせないことも。外せないお店は、明るいうちに訪れるのが良いでしょう。

まとめ

海が見たくなったら、伊豆下田の白浜海岸へ! 移動時間は短いのに、リゾートのように素晴らしいビーチが待っていますよ。 気持ちがリフレッシュしたら、おいしい金目鯛でお腹を満たし、歴史ある町並み散策を楽しみましょう。 東京方面から伊豆急下田駅へは「南伊豆フリー乗車券」が使えます。電車の往復運賃が割引になるうえ、東海バスも乗り放題のお得な切符です。

茶々屋フミ

投稿者の過去記事

好きなことは旅行と散歩。
歩いて見つけた、旅のおすすめ情報をシェアします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  2. ヴェネツィア旅行体験記フィレンツェに引き続き、イタリア旅行続編です。今回は、水の都ヴェネツィ…
  3. 一生に一度のハネムーンは、なかなか行けないモーリシャスへ| トラベルダイアリー
    モーリシャスに行ってきました! モーリシャスをハネムーンの行き先に選んだ理由…
  4. 女子一人旅 in イタリア ここもデモ!そして体調不良、ローマ| トラベルダイアリー
    ローマ旅行体験記風邪をひいたまま到着したローマ。治るどころか悪化させてしまい、体調は絶不調。それ…
  5. スイスらしさがぎゅぎゅっと詰まった街、ベルンお散歩旅♪| トラベルダイアリー
    ベルン旅行体験記春休みを利用して祖母が若き日に祖父と旅した思い出の地、スイスの首都ベルンへ、祖母…
  6. 台北旅行体験記東京から飛行機で4時間、那覇からなら1時間ちょっと、気軽に訪れることができる海外と…
  7. ブルーム旅行体験記西オーストラリアの小さな町ブルームは、月への階段やビーチでのキャメルライド、年…
  8. ロンドン「ケンジントン・ガーデンズ 」に行ってきました♪ | トラベルダイアリー
    ケンジントン・ガーデンズ 旅行体験記ロンドンっ子の憩いの場ケンジントン・ガーデンズ 。緑豊かな公…
  9. 一生に一度は行ってみたい!ケープタウンで都会と自然を楽しむ旅!| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。日本からの直行便はなく、到着にお…
  10. ホーチミン旅行体験記ベトナムの近代都市として発展中のホーチミン。今回ホーチミンを旅するにあたり、…

国内旅行おすすめ

  1. アフター6を満喫しよう!新橋・銀座で食べて楽しむプチ旅行!| トラベルダイアリー
    新橋・銀座旅行体験記仕事終わりに飲みに行くと、帰ってくるのが面倒…と思っていました。なので、…
  2. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  3. 門司港でレトロな時間を味わう| トラベルダイアリー
    門司港旅行体験記かつて国際貿易港として栄えた門司港にはレトロな建築が建ち並び、自然豊かで、歩いて…
  4. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ幸手の旅| トラベルダイアリー
    幸手旅行体験記コロナ禍であまり遠出ができないので、近場の埼玉県で子供が遊べるスポットに泊まりで遊…
  5. こんな時だからこそ行きたい。兵庫・姫路の穴場〜塩田温泉〜| トラベルダイアリー
    姫路旅行体験記兵庫県には有馬温泉、城崎温泉、赤穂温泉などたくさんの有名温泉地があります。そんな中…
  6. 4歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ舞子の旅| トラベルダイアリー
    舞子旅行体験記春スキーでも標高の高い新潟の雪山であれば、まだまだスキーが楽しめます。今回はキッズ…
  7. 不要な縁は切りたい!過去の思い出に京都の縁切り神社でさようなら| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記転職をしようと決めた。会社に今後の進退を報告する書類を出した所、引き留めるために何…
  8. ☆*マングローブ☆*疲れた時には、ひとっこひとり居ない奄美大島の海を見に行こう| トラベルダイアリー
    奄美大島ひとり旅沖縄には行った事があるものの、気になっていながら上陸していなかった奄美大島。…
  9. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  10. 宮島旅行体験記「週末、行きますか」「どこ行こうか」「…広島とか?」親しい同僚と、いつもこんな…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP