世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー

世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅

目次

田辺旅行体験記

コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペーンを実施。田辺市民が市内にある宿泊施設にお得に泊まれるキャンペーンです。4人家族で熊野古道沿いの宿に一泊して、翌日は白浜アドベンチャーワールドで1日楽しみました。

田辺旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産「熊野古道中辺路」高原から見る悠久の熊野の山々
  2. 子連れ旅行にも安心。1日2家族限定「旅籠屋まさら」
  3. 大人も子供も1日楽しめる白浜アドベンチャーワールド

子連れで世界遺産を訪れるのはハードルが高いと思われがちですが、高原にある駐車場からは絶景を拝むことができて、お子様との熊野古道散策も楽しめます。その高原には、日本人オーナーとフランス出身の奥様が営む古民家のお宿「旅籠屋まさら」があります。1日2家族限定ですので、美味しいお料理をゆっくり楽しめますし、オーナーのお2人とも会話が弾みます。白浜アドベンチャーワールドは遊園地、動物園、水族館が一体になったテーマパーク。ジャイアントパンダの飼育数は日本一で、国内外からたくさんの人々が訪れる施設です。

田辺旅行のおすすめのスポット

世界遺産「熊野古道中辺路」高原からの絶景

田辺市中辺路町栗栖川(くりすがわ)を通る国道311から、富田川を渡り10分ほどグネグネした山道を上がっていくと高原集落に到着します。高原は「霧の里」とよばれ霧が出やすく、冬の早朝には果無(はてなし)山脈などに雲海を見ることもできる場所です。コロナ以前はオセアニアや欧米からたくさんの観光客が訪れていたため「こんな山奥なのに外国みたい」と感想を持つほどでした。高原の休憩所には綺麗なお手洗いもあるのでお子さん連れでも安心です。熊野古道は休憩所からすぐのところを通っているので、ちょっと古道歩きを体験することもできます。

夕ご飯には自慢のガレット!和食とフレンチの融合のお宿「まさら」

聖地熊野の地で出会った日本人のマサさんとフランス人のサラさんが営む旅籠屋「まさら」は、高原熊野神社の目の前にあります。カフェも経営していて、ランチはサラさんの作るガレットが大人気です。その自慢のガレットは夕飯にも。トマト入りのすき焼きやサラさんのお母様直伝のラザニアも絶品。気さくなお2人との会話も弾み、ワインが進みます。朝は窓から霧に包まれた神秘的な山々が見え、縁側のバードフィーダーには鳥たちが遊びにやってきます。子供にも親切で安心して宿泊ができました。

白浜アドベンチャーワールドで大人も子供も大満足

中辺路高原から車で約45分で白浜アドベンチャーワールドに到着です。子連れ旅行でアドベンチャーワールドをおススメする理由は「ご飯持ち込みOK」ということ。私たちは毎回コンビニでお昼ご飯を調達してからアドベンに向かいます。もちろん美味しいレストランもありますのでご安心ください。アドベンに行ったらビッグオーシャンで行われるマリンライブがおすすめ。音楽と融合してイルカたちとトレーナーの皆さんが織りなす感動のライブです。日本一のジャイアントパンダファミリーに出会えるのも魅力。乗り物好きのお子さんも楽しめるライドも充実しています。

田辺でのおすすめグルメ

和歌山ならでは。イノブタ料理も楽しめるレストラン「イブファーム」

猪と豚を掛け合わせた「イノブタ」は和歌山県すさみ町のご当地グルメですが、田辺市にある「イブファーム」でイノブタを楽しむことができます。イノブタは脂身が特に甘くてコクがあり、初めて召し上がる方は美味しさに驚くかと思います。イノブタ以外でも国産豚を使用したトンカツやトンテキ、お子さんには肉うどんやカツサンドが人気です。ランチ時は地元の方はもちろん、ディナータイムは多くの観光客も訪れます。お座敷もありますのでお子様連れのアドベンチャーワールド帰りの夕飯にお勧めです。※写真は国産豚のトンテキです

田辺でのおすすめのショッピングスポット

白浜アドベンチャーワールド内のショップ

アドベンチャーワールド内にはお土産ショップが充実しています。生まれたばかりの赤ちゃんパンダのぬいぐるみが売っているのもアドベンならでは。SDG’sを意識した「バンブーファイバー」で作られた食器類は化学肥料や農薬を一切使用していない竹から作られているので、小さいお子様も安心して使えます。ショップで購入したパンダグッズを着て園内を楽しむ方も多いです。閉園時間寸前は大変込み合いますので、空いている時間を見計らってロッカーなどを上手に利用するのもアドベンを最大限に楽しむ方法かと思います。

田辺旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

旅篭屋「まさら」は電話での予約はもちろん、Kumano TravelのHPからも予約がとれます。アドベンチャーワールドは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から入場者人数制限をしていますので、HPから事前予約をお勧めします。

田辺旅行にて利用した宿泊施設「旅籠屋まさら」

「旅籠屋まさら」は2020年3月にオープンしたばかり。築60年の古民家を和と洋のテイストを絶妙に取り入れたお宿です。私たち家族は1階の部屋に宿泊したのですが、和室にベッドが2つ。他に布団を2セット用意してくださいました。ダイニングはテーブル席。テレビもあります。お風呂も湯船に入れますし、小さいお子様と親御さんが一緒に入れるくらいの大きさがあります。脱衣所も広く、洗濯機もあります。熊野古道歩きの方にとって洗濯機があるお宿はありがたいですが、子連れ旅行の際にも助かりますね。もちろんお手洗いもとてもきれいです。熊野古道歩きをする外国人の方にも日本人にも、この古き良き古民家の雰囲気の残るこのお宿は魅力的かと思います。

田辺旅行に必要な持ち物

小さなお子様連れでしたら、いつも持ち歩いている物はもちろんのこと、離乳食など特別な食事の場合はそちらも持参したほうが良いかと思います。もし、宿泊でおねしょなどが心配の場合はおねしょシーツをお持ちになると安心です。アドベンチャーワールドでは夏は水遊び、マリンライブでは水のスプラッシュもありますので、お着替えをお持ちになることもお勧めします。

田辺旅行での注意点

田辺旅行での注意点
  1. 高原に上る道は狭くうねうね道なので注意
  2. 田舎ではお年寄りも運転しているので急ブレーキなどに注意
  3. アドベンのイベントは変更もあるので注意

山道の運転に慣れていない方は、高原までの山道にドキドキすると思います。狭い道ですのでヘッドライトを点けて慎重に上ってください。車酔いしやすい方はご注意ください。また、お年寄りの運転も多いので、ウインカー無しでの右折左折や急ブレーキなどにもお気を付けください。コロナ禍により、アドベンチャーワールドの開園やイベントの変更もあるかと思います。事前にご確認下さい。

まとめ

子供と一緒に悠久の熊野古道を味わえるのは思い出深いものです。古代の人々と同じように神聖な空気を肌で感じられる貴重な旅でした。翌日には全く違った世界を味わえるアドベンチャーワールドで動物たちに癒されて、笑顔が絶えない1日となりました。自宅はアドベンチャーワールドは1時間で行ける距離にありますが、今回のように一泊して旅行気分を味わうことで、コロナ禍で遠出の出来ない時期でも家族4人楽しめて、より一層良い思いでになりました。

移住妻

投稿者の過去記事

和歌山県の山奥在住。関東から移住してきて10年。大自然と歴史が魅力の和歌山県内を旅行するのが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  2. チンクエテッレ旅行体験記「本当にこんなにカラフルな街があるの!?」新しく買ったパソコンのデスクト…
  3. 逆さマッターホルンを求めて…。スイス・リッフェル湖への旅| トラベルダイアリー
    リッフェル湖旅行「逆さ富士」ならぬ「逆さマッターホルン」が見られるといわれる、スイスの景勝地「リ…
  4. コルドバ旅行体験記新婚旅行で行きました。温暖で過ごしやすい気候と、どことなく陽気な印象、どこか心…
  5. モロッコ人も迷う迷路のような街・世界遺産フェズを散策| トラベルダイアリー
    フェズ旅行体験記モロッコ雑貨に興味がありフェズを訪れました。フェズでは主要な観光スポット、レスト…
  6. ケアンズ旅行体験記オーストラリアは南半球に位置するため日本とは季節が逆になります。冬が厳しい日本…
  7. フランスいちのビックスケール♡フォンテーヌブロー宮殿 旅行| トラベルダイアリー
    フォンテーヌブロー宮殿旅行体験記「フランスいち大きな宮殿」と聞いて以来ずっと行ってみたかった、フ…
  8. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で洗練された街だ…
  9. 世界遺産にも登録されたワディ・ラムで、ベドウィンキャンプに滞在| トラベルダイアリー
    ワディ・ラム旅行体験記会社の同僚がいつか行ってみたいと言っていたワディ・ラム。いつも言っていたの…
  10. ベルギー旅行の拠点にオススメ!美味しい物いっぱいのブリュッセル| トラベルダイアリー
    ブリュッセル旅行体験記ベルギーの首都ブリュッセル。ベルギーはフランスやオランダ、ドイツと隣接する…

国内旅行おすすめ

  1. 都会だけど落ち着いている?気ままにのんびり名古屋旅行| トラベルダイアリー
    名古屋旅行体験記 今回は私が2回目に名古屋を訪れた際の体験記です。初めて名古屋を訪れ…
  2. 王道スポットから意外と知らない大阪のディープスポット観光!| トラベルダイアリー
    大阪旅行体験記 修学旅行や家族旅行で何度も行ったことがある大阪ですが、行くたびに…
  3. 京都旅行体験記有名すぎるキャッチコピー「そうだ、京都へ行こう。」言い得て妙、まさにそんな…
  4. 家族連れにおすすめ♪ アクセス抜群、千葉の里山で自然体験!| トラベルダイアリー
    千葉大多喜町旅行体験記Withコロナ時代に「密を気にせずゆっくり週末を過ごしたい、自然を思い…
  5. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ別府の旅| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記学生時代の友人が大分に住んでいるので、会いに行くために家族で別府温泉へ旅行に行きま…
  7. たまにはゆったりとノスタルジックな尾道~鞆の浦~倉敷の旅| トラベルダイアリー
    福山旅行体験記 瀬戸内海の島が大好きで、今回は尾道からしまなみ海道を渡ることに。尾道…
  8. 湯けむりが立ちぼる温泉の街♪別府で湯ごもりワーケーション| トラベルダイアリー
    別府旅行体験記湯のまち別府の温泉宿でワーケーションしながら1ヶ月滞在しました。別府は以前にも旅行…
  9. 大自然 奄美大島で海ガメと泳ぐ| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記まだあまり観光地化されておらず、素朴な自然が楽しめると聞いたので行ってみました…
  10. 京丹後旅行体験記旅と言えば観光に食べ歩きなど、どちらかと言えばアクティブなものを楽しんできたこれ…

最新記事

  1. スペイン植民地時代の香り!クラシックカーとレトロな街並み、ハバナ | トラベルダイアリー
    ハバナ旅行体験記レトロかわいい街並みとクラシックカーという構図のイラストを見たことがある人は多い…
  2. 穴場南国リゾート!宮崎、日南で南国を味わう
    日南旅行体験記南国リゾートといったら沖縄がまず思い浮かぶでしょう。しかし、実は宮崎も元祖南国リゾ…
  3. 奄美大島旅行体験記 新しく世界遺産に登録された奄美大島。南の島として有名な沖縄の島々…
  4. 女子一人旅 in シンガポール チープとゴージャスと多民族| トラベルダイアリー
    シンガポール旅行体験記 以前の旅で出会った友達に会いにシンガポールへ行きました。都市…
  5. 女子一人旅 in トルコ③ 超穴場!トルコでローマ遺跡、ベルガマ| トラベルダイアリー
    ベルガマ旅行体験記 トルコの観光地でも日本人にはあまり知られていないベルガマに行って…
  6. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  7. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  8. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  9. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  10. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…

Archive



PAGE TOP