世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー

世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅

田辺旅行体験記

コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペーンを実施。田辺市民が市内にある宿泊施設にお得に泊まれるキャンペーンです。4人家族で熊野古道沿いの宿に一泊して、翌日は白浜アドベンチャーワールドで1日楽しみました。

田辺旅行について

おすすめのポイント
  1. 世界遺産「熊野古道中辺路」高原から見る悠久の熊野の山々
  2. 子連れ旅行にも安心。1日2家族限定「旅籠屋まさら」
  3. 大人も子供も1日楽しめる白浜アドベンチャーワールド

子連れで世界遺産を訪れるのはハードルが高いと思われがちですが、高原にある駐車場からは絶景を拝むことができて、お子様との熊野古道散策も楽しめます。その高原には、日本人オーナーとフランス出身の奥様が営む古民家のお宿「旅籠屋まさら」があります。1日2家族限定ですので、美味しいお料理をゆっくり楽しめますし、オーナーのお2人とも会話が弾みます。白浜アドベンチャーワールドは遊園地、動物園、水族館が一体になったテーマパーク。ジャイアントパンダの飼育数は日本一で、国内外からたくさんの人々が訪れる施設です。

田辺旅行のおすすめのスポット

世界遺産「熊野古道中辺路」高原からの絶景

田辺市中辺路町栗栖川(くりすがわ)を通る国道311から、富田川を渡り10分ほどグネグネした山道を上がっていくと高原集落に到着します。高原は「霧の里」とよばれ霧が出やすく、冬の早朝には果無(はてなし)山脈などに雲海を見ることもできる場所です。コロナ以前はオセアニアや欧米からたくさんの観光客が訪れていたため「こんな山奥なのに外国みたい」と感想を持つほどでした。高原の休憩所には綺麗なお手洗いもあるのでお子さん連れでも安心です。熊野古道は休憩所からすぐのところを通っているので、ちょっと古道歩きを体験することもできます。

夕ご飯には自慢のガレット!和食とフレンチの融合のお宿「まさら」

聖地熊野の地で出会った日本人のマサさんとフランス人のサラさんが営む旅籠屋「まさら」は、高原熊野神社の目の前にあります。カフェも経営していて、ランチはサラさんの作るガレットが大人気です。その自慢のガレットは夕飯にも。トマト入りのすき焼きやサラさんのお母様直伝のラザニアも絶品。気さくなお2人との会話も弾み、ワインが進みます。朝は窓から霧に包まれた神秘的な山々が見え、縁側のバードフィーダーには鳥たちが遊びにやってきます。子供にも親切で安心して宿泊ができました。

白浜アドベンチャーワールドで大人も子供も大満足

中辺路高原から車で約45分で白浜アドベンチャーワールドに到着です。子連れ旅行でアドベンチャーワールドをおススメする理由は「ご飯持ち込みOK」ということ。私たちは毎回コンビニでお昼ご飯を調達してからアドベンに向かいます。もちろん美味しいレストランもありますのでご安心ください。アドベンに行ったらビッグオーシャンで行われるマリンライブがおすすめ。音楽と融合してイルカたちとトレーナーの皆さんが織りなす感動のライブです。日本一のジャイアントパンダファミリーに出会えるのも魅力。乗り物好きのお子さんも楽しめるライドも充実しています。

田辺でのおすすめグルメ

和歌山ならでは。イノブタ料理も楽しめるレストラン「イブファーム」

猪と豚を掛け合わせた「イノブタ」は和歌山県すさみ町のご当地グルメですが、田辺市にある「イブファーム」でイノブタを楽しむことができます。イノブタは脂身が特に甘くてコクがあり、初めて召し上がる方は美味しさに驚くかと思います。イノブタ以外でも国産豚を使用したトンカツやトンテキ、お子さんには肉うどんやカツサンドが人気です。ランチ時は地元の方はもちろん、ディナータイムは多くの観光客も訪れます。お座敷もありますのでお子様連れのアドベンチャーワールド帰りの夕飯にお勧めです。※写真は国産豚のトンテキです

田辺でのおすすめのショッピングスポット

白浜アドベンチャーワールド内のショップ

アドベンチャーワールド内にはお土産ショップが充実しています。生まれたばかりの赤ちゃんパンダのぬいぐるみが売っているのもアドベンならでは。SDG’sを意識した「バンブーファイバー」で作られた食器類は化学肥料や農薬を一切使用していない竹から作られているので、小さいお子様も安心して使えます。ショップで購入したパンダグッズを着て園内を楽しむ方も多いです。閉園時間寸前は大変込み合いますので、空いている時間を見計らってロッカーなどを上手に利用するのもアドベンを最大限に楽しむ方法かと思います。

田辺旅行にて利用した旅行代理店・ツアー

個人手配

旅篭屋「まさら」は電話での予約はもちろん、Kumano TravelのHPからも予約がとれます。アドベンチャーワールドは新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から入場者人数制限をしていますので、HPから事前予約をお勧めします。

田辺旅行にて利用した宿泊施設「旅籠屋まさら」

「旅籠屋まさら」は2020年3月にオープンしたばかり。築60年の古民家を和と洋のテイストを絶妙に取り入れたお宿です。私たち家族は1階の部屋に宿泊したのですが、和室にベッドが2つ。他に布団を2セット用意してくださいました。ダイニングはテーブル席。テレビもあります。お風呂も湯船に入れますし、小さいお子様と親御さんが一緒に入れるくらいの大きさがあります。脱衣所も広く、洗濯機もあります。熊野古道歩きの方にとって洗濯機があるお宿はありがたいですが、子連れ旅行の際にも助かりますね。もちろんお手洗いもとてもきれいです。熊野古道歩きをする外国人の方にも日本人にも、この古き良き古民家の雰囲気の残るこのお宿は魅力的かと思います。

田辺旅行に必要な持ち物

小さなお子様連れでしたら、いつも持ち歩いている物はもちろんのこと、離乳食など特別な食事の場合はそちらも持参したほうが良いかと思います。もし、宿泊でおねしょなどが心配の場合はおねしょシーツをお持ちになると安心です。アドベンチャーワールドでは夏は水遊び、マリンライブでは水のスプラッシュもありますので、お着替えをお持ちになることもお勧めします。

田辺旅行での注意点

田辺旅行での注意点
  1. 高原に上る道は狭くうねうね道なので注意
  2. 田舎ではお年寄りも運転しているので急ブレーキなどに注意
  3. アドベンのイベントは変更もあるので注意

山道の運転に慣れていない方は、高原までの山道にドキドキすると思います。狭い道ですのでヘッドライトを点けて慎重に上ってください。車酔いしやすい方はご注意ください。また、お年寄りの運転も多いので、ウインカー無しでの右折左折や急ブレーキなどにもお気を付けください。コロナ禍により、アドベンチャーワールドの開園やイベントの変更もあるかと思います。事前にご確認下さい。

まとめ

子供と一緒に悠久の熊野古道を味わえるのは思い出深いものです。古代の人々と同じように神聖な空気を肌で感じられる貴重な旅でした。翌日には全く違った世界を味わえるアドベンチャーワールドで動物たちに癒されて、笑顔が絶えない1日となりました。自宅はアドベンチャーワールドは1時間で行ける距離にありますが、今回のように一泊して旅行気分を味わうことで、コロナ禍で遠出の出来ない時期でも家族4人楽しめて、より一層良い思いでになりました。

移住妻

投稿者の過去記事

和歌山県の山奥在住。関東から移住してきて10年。大自然と歴史が魅力の和歌山県内を旅行するのが好き。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 南アフリカケープタウンで過ごした充実した日々、観光&買い物♪| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記ジンバブエ、ザンビア、ボツワナも回る南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れ…
  2. 京都はお寺だけじゃない!京都の穴場おすすめスポット〜絶景木造橋&イルミネーション〜| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記京都府の日本最長級の木造橋と京都府内2位の人気を誇るイルミネーションへ行ってきまし…
  3. ダナン旅行体験記アジアのリゾートでゆったりのんびりしたい。治安がそこそこ良い、ビーチだけでな…
  4. 女子一人旅 in イタリア ついに寝込んだフィレンツェ| トラベルダイアリー
    フィレンツェ旅行体験記ローマの次に訪れたフィレンツェ。まぁ、2日間の滞在で1日は完全にダウンして…
  5. マーストリヒト旅行体験記マーストリヒトはオランダの最南端、リンブルグ州の州都でオランダ最古の都市…
  6. おとぎ話の世界にタイムスリップ!南イタリアのアルベロベッロ| トラベルダイアリー
    アルベロベッロ旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシ…
  7. 【台湾】♪定番の観光スポット巡り♪ 2泊3日 in台北_トラベルダイアリー
    台北旅行体験記今回は2020年1月に行った台湾旅行についてご紹介します!(まだのコロナが流行する…
  8. チャイティーヨ山旅行体験記首都のヤンゴンから入り、特に予定も旅の期限もなくスタートしたミャンマー…
  9. 地上の楽園!タヒチボラボラ島で過ごした夢の様な日々| トラベルダイアリー
    ボラボラ島旅行体験記モルディブかタヒチの青い海をぜひ見てみたい!と昔から思っていて、今回機会があ…
  10. ハンピ旅行体験記1986年に世界遺産になった南インドの秘境、ハンピ。巨石でできたこの街は、まるで違…

国内旅行おすすめ

  1. ハイカラな街!横浜でゆる〜くハマ歩きをして気分爽快!| トラベルダイアリー
    横浜旅行体験記何度も訪れたことのある横浜ですが、異国情緒溢れる街を散策して気分をリフレッシュしたい…
  2. 何度行ってもまた行きたくなる!魅力いっぱいでおしゃれな神戸| トラベルダイアリー
    神戸旅行体験記明石に2年間住んでいた時に神戸へは観光やショッピングで良く訪れました。明石から新快…
  3. 博多グルメと糸島ドライブで身も心も満たす! | トラベルダイアリー
    博多旅行体験記最近、徐々に知名度を上げている糸島で、いろんなきれいな写真を撮りたくて福岡旅行を決…
  4. 岐阜の小京都!1泊2日で巡る秋の飛騨高山~白川郷の旅| トラベルダイアリー
    高山旅行体験記11月初旬。1泊2日の休みを使って、まだ行ったことがない土地に行ってリフレッシュを…
  5. あまり知られていない名所!兵庫のおすすめ自然スポット巡り| トラベルダイアリー
    猿尾滝 玄武洞公園旅行体験記兵庫県といえば、神戸の夜景や姫路城が有名どころですが、今回は知る人ぞ知…
  6. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  7. 【一人旅】都内のオアシス三鷹で3連泊。緑とセミの鳴き声に囲まれる| トラベルダイアリー
    三鷹旅行体験記3連休に乗じて旅行したいと思ったものの、感染症対策のため遠出ははばかられるご時世。…
  8. 熊本北部の史跡をめぐり、海鮮とラーメンで〆る旅 | トラベルダイアリー
    熊本旅行体験記夏休みの旅行にどこに行こうか悩んだ結果、気になる観光地がたくさんあった熊本県内をぐ…
  9. 京都旅行体験記関西方面に旅行される方には京都観光はマストですよね!大阪、京都とは一風変わった雰囲…
  10. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…

最新記事

  1. リスボン旅行体験記母の傘寿のお祝いにポルトガル旅行を計画。今回はリスボンを紹介します。ポルトガルと…
  2. 世界遺産熊野古道と白浜アドベンチャーワールド1泊2日子連れ旅| トラベルダイアリー
    田辺旅行体験記コロナ禍で県外へ旅行できない中、私の住んでいる和歌山県田辺市が独自で地元旅キャンペ…
  3. 江戸~昭和にタイムスリップ!「伊予の小京都」大洲で町歩き| トラベルダイアリー
    大洲旅行体験記愛媛県の大洲市に長期ワーケーションで訪れました。大洲は愛媛県西部の山あいに位置する小…
  4. 【マレーシア旅行記】自然と近代風景が融合する街クアラルンプール| トラベルダイアリー
    クアラルンプール旅行記海外旅行が好きで、長期休みのたびに色々な国を訪れていました。特にエキゾチック…
  5. マルタ マルサシュロックの港風景
    首都:バレッタ近郊旅行体験記マルタ共和国へ行ったきっかけは大学の卒業旅行。親友と私は底なしの…
  6. 東洋一のビーチ、絶景の『宮古島』| トラベルダイアリー
    宮古島旅行体験記綺麗な星空と青い海。その2つを求めて探し出した旅行先、宮古島。沖縄の離島で海が綺麗…
  7. 歩いて楽しむベルリン1泊2日| トラベルダイアリー
    ベルリン旅行体験記念願のドイツ・オランダ旅行、滞在日数は合計10日間。メインはオランダ滞在で、ドイ…
  8. 温泉もBBQもプライベートな空間で楽しみたい!贅沢な温泉グランピングの旅| トラベルダイアリー
    四万旅行体験記「キャンプらしいこともしたいけど、温泉にも浸かりたい・・・」ということで、四万温泉…
  9. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  10. 台湾をもっともっと楽しむ!ローカル台中旅行| トラベルダイアリー
    台中旅行体験記人気の海外旅行先である、台湾。せっかく遊びに行くのなら、メジャーな台北や台南だけでな…

Archive



PAGE TOP