魅惑のモロッコで何を買うべき!?お勧めのお土産5選をご紹介| トラベルダイアリー

魅惑のモロッコで何を買うべき!?お勧めのお土産5選をご紹介

女性必見!モロッコでお勧めのお土産を紹介

旅行で訪れたモロッコは本当に雑貨天国とでもいうのでしょうか。どこもかしかも素敵なモノで溢れていました。アルガンオイルやバブーシュをはじめ、有名なお土産の他にも、可愛らしいものがたくさんあり、女性にはとても魅力のある国だと思います。今回はそんなモロッコで買うべきお土産を紹介させて頂きます。

ネットではなく現地モロッコで購入する利点とは?

おすすめのポイント
  1. モロッコ原産のアルガンオイルが安く購入できる
  2. 種類豊富で質の良いバブーシュが各地で選べる
  3. スークで購入する場合は値段の交渉が出来る

今はほとんどの商品がネット通販で手に入りますが、やはりモロッコ原産の商品は現地で購入したほうが安く手に入ります。特にアルガンオイルについては日本で買うよりも商品サイズが豊富なので選択肢の幅が広がりますし、バブーシュなども自分の足にあったものを探せるのがメリットです。そしてスークで買い物をされる場合には予算との折り合いがつくまで店主と値段交渉が出来るので、それも楽しんで買い物が出来ると思います。

モロッコでお勧めのお土産5選をご紹介

No.1 モロッコと言えばこれ!美容によい高純度の【アルガンオイル】

モロッコのお土産といえばアルガンオイルが有名ですね。アルガンの木はモロッコの南西部エッサウィラ、アガディール、タルーダントやアトラスの東側の山麓にだけ生息するモロッコ特有の木です。ツアーではマラケシュからワルザザートへ向かう途中、ティシカ峠でアルガンオイルのお店にトイレ休憩を兼ねて立ち寄ることが多いです。オイルは美容用と食用が売られており、食用のほうは店舗入口でスタッフが試食をさせてくれます。アルガンオイルは結構べっとりとした肌触りです。しわや乾燥対策としてはとても良いので是非試してみて下さい。

No2. 丁寧に作られ足馴染みがよい【バブーシュ&革製品】

フェズのメディナにタンネリと呼ばれる皮なめし職人の街があります。そこでは動物の皮を染色で染める作業が行われているので、強烈なにおいがします。そんな職人さん達の苦労によって染めあげられた革を使用した商品がたくさん売られています。特にバブーシュと呼ばれるスリッパは日本でも有名ですね。今では日本でも買えますが、モロッコで購入したほうが種類も豊富ですし、安く手に入れることが出来ます。フェズやマラケシュのメディナにはバブーシュを取り扱うお店が多く、物欲を刺激されます。

No.3 モロッコ風のデザインが施されたかわいい【陶器類】

大小様々なサイズのタジン鍋やお皿、また洗面台の手洗いやテーブルなども売られています。モロッコ風のデザインが描かれた陶器類は実に細かいデザインでカラフルです。これはサラダ用に、これは肉料理が合うなぁ、などと料理毎にどんな風に使うのかを想像するだけで楽しくなります。そのほとんどが職人さんが手書きでデザインをしているので、微妙に柄が違うのも一期一会という気がして、選んでいて面白いポイントです。

No.4 細やかな装飾が美しい【ランプシェード】

モロッコに行くたびに毎回欲しいと思うのが銀製品や真鍮で出来たランプシェードです。この写真はフェズにあるブロンズのお店です。職人さんがひとつひとつ丁寧に模様を施しています。ランプシェードはその形も実に様々で、側面に施された柄がなんとも繊細で、本当にどれも綺麗です。細かな模様から中の光が柔らかく漏れ、お部屋のアクセントになること間違いありません。私も毎回欲しいと思うのですが、なかなか手が出ないのはそのお値段です。やはり手間がかかっているので素敵なものは数万円はします。そして、大きすぎて運ぶのが大変なのがいつも購入できない理由です。ですが、次回行った時には是非とも購入したいと考えています。

No5. モロッコ女性の美容の秘訣【ローズウオーター&エッセンシャルオイル】

モロッコのサハラ砂漠へ向かう途中、カスバ街道と呼ばれる道沿いにダデス谷のオアシスがあります。ここでは毎年5月に自生したピンク色のバラが咲き、別名「バラの谷」と言われています。このバラの品種は「ダマスクローズ」といい、100%野生種です。このバラは5月のわずか2~3週間だけしか咲かず、その時期に農家の方によって収穫されます。そして昔ながらの方法で蒸留され、ローズウォーターやエッセンシャルオイルとなりモロッコ人女性の美容に役立っています。商品もオイルやローズウオーターの他にも小瓶に入った香水やボディクリームなどもあり、女性へのお土産には最適です。

番外編・インテリア雑貨

意外な場所で見つかる【かわいい雑貨】たち

モロッコ旅行で買い物をする場所と言えば、メディナやスークですが、意外な場所でも素敵な雑貨に出会うことがあります。カラフルな置物や陶器で出来たキャンドルホルダーなど、モロッコならではのかわいいデザインがいちいち購入欲を刺激します。そのため、ただのトイレ休憩のつもりでも、時間があれば傍のお土産屋を見てみることをお勧めします。なぜなら、そこでしか買えないものがあるかもしれないからです。

買い物好きな方が旅行に持っていくと便利なもの

特にお勧めしたいのがジップロックです。これはアルガンオイルを購入するとスーツケースの中で漏れてしまう場合があるので、万が一に備え、持って行かれると安心です。どうしてもモロッコのアルガンオイルは残念ながら購入後に漏れる可能性があるので、備えていったほうが良いでしょう。あとはモロッコのお土産屋で渡されるビニール袋はあまり強度がよくないのですぐに破れてしまいます。そのため、日本からビニール袋を多めに持参すると重宝すると思います。

モロッコで買い物をする際の注意点

まずアルガンオイルを購入する際ですが、元々のボトルのキャップの締り具合が緩い場合があります。そのため、商品のラベルがオイルで滲んでいたり、キャップ部分がベタついているものは購入後に漏れる危険があるので、選ばないようにしましょう。その他、ランプシェードや陶器類など大きなものを購入された際、日本まで空輸便で配送も可能ですが、どうしてもお国柄なのか荷物が届くのに時間がかかります。配送を手配する場合にはそれを了承した上で、気長に待つようにし、必要な連絡先は必ず聞いておきましょう。

まとめ

モロッコでは至る所で“素敵なモノ”たちとの出会いがありました。女性にはとても魅力ある国だと個人的には思います。もとから買い物好きの私ですが、海外旅行に行った際のポリシーは「いいなと思ったら迷わずに買う」です。なぜなら、その商品はその地域限定で次の都市には無いかもしれないからです。最近ではネットで買い物をするのが主流になりましたが、いつかまた人がごったがえしているスークでも楽しく買い物が出来る日がくるのを信じて、モロッコ旅行のお土産選びに参考になれば幸いです。

Reiko

投稿者の過去記事

エジプトをはじめ中近東のイスラム圏やアフリカが好きです。
出張やプライベートで行った海外の街の魅力を紹介していきます。
買い物も大好きなので、海外で出会ったかわいい雑貨やアクセサリーなども出来るだけ紹介していければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. メルズーガ旅行体験記中学生のころにサン・テグジュペリの「星の王子様」を読んでから、ずっと砂漠の世…
  2. ベルギーに行ったら訪れたい!中世の街並みが可愛いブルージュ| トラベルダイアリー
    ブルージュ旅行体験記ベルギー北西部の街・ブルージュ。「運河沿いに中世の景観が残る街なみ」というガ…
  3. ローマ旅行体験記10代の時に初めてローマ旅行をして以来、すっかりその魅力に取り憑かれてしまった私…
  4. バンクーバー最大の公園【スタンレーンパーク】| トラベルダイアリー
    バンクーバー旅行体験記バンクーバーは他民族都市とも言われるほど移民の多い街と言われています。20…
  5. 上海旅行体験記初めての上海。なのに滞在時間はたったの半日!元々訪れる予定ではなかった上海でし…
  6. 安い!美味しい!優しい!3拍子揃った何度でも行きたい台北旅行| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記日本から3時間程で行ける台湾の首都台北。物価も安く、美味しいご飯もたくさんあります。…
  7. 南アフリカ・ヨハネスブルグの意外なお勧めスポットを紹介| トラベルダイアリー
    ヨハネスブルグ旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。ヨハネスブルグは世界でも治…
  8. トロント旅行体験記カナダ最大の都市のトロントは、移民が多いので各国の本格料理が楽しめたり、アート…
  9. お気軽ハイキング♡スイス、スネガ・パラダイス旅行| トラベルダイアリー
    スネガ・パラダイス旅行体験記マッターホルンのお膝元、スイス・ツェルマットにある「スネガ・パラダイ…
  10. サハリン
    ユジノサハリンスク旅行体験記樺太(サハリン)という、現在でも帰属が決まっておらず、日本に最も近い…

国内旅行おすすめ

  1. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  2. ワクワクがいっぱい。大人から子どもまで楽しめる!静岡・浜松| トラベルダイアリー
    浜松旅行体験記以前から気になっていた静岡。これまでなかなか行く機会がなかったのですが、今回は車で…
  3. 宮城旅行体験記私の大好きな場所宮城県。おばあちゃんちが宮城県ということもあって小さいころから度々…
  4. 白浜旅行体験記和歌山を故郷に持つ友人夫妻の運転で高野山~龍神を観光。次なる目的地は「南紀・白…
  5. KAWAGOE
    プチ旅行気分でレトロを味わう小江戸川越・女子日帰り旅 京都や石川などで古い街…
  6. 小野川湖カヌー
    裏磐梯旅行体験記家族で、どこか自然の美しい場所でアウトドアを楽しみたいということで、福島の裏磐梯、…
  7. 車なしでも観光できる!高知 1泊2日〜充実のひとり旅〜| トラベルダイアリー
    高知旅行体験記四国旅行の際に訪れたことはあっても、泊まってゆっくり観光したことのなかった高知。…
  8. イルミネーションと自然を満喫するハウステンボスでの休日| トラベルダイアリー
    ハウステンボス旅行体験記会社の同僚と長崎のハウステンボスへ遊びに行きました。子供の頃から何度か訪…
  9. 下関旅行体験記 私が住む福岡から新幹線でたった30分ほどで行ける山口県。関東の友…
  10. 鎌倉旅行体験記 昔から、いつか行ってみたいと憧れていた鎌倉と江ノ島。神奈川に住む…

最新記事

  1. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  2. オズの魔法使いのモデル地◆竜巻と畜産が売りの「アメリカの良い田舎」カンザスシティ◆| トラベルダイアリー
    初めてのカンザスシティカンザスシティは、竜巻と畜産をグイグイ押し出している「アメリカの良い田舎」…
  3. ~まるでジブリ!濃溝の滝&鴨川シーワールド~房総をめぐる女子たび| トラベルダイアリー
    鴨川・館山旅行体験記千葉県館山市の「トスラブ館山ルアーナ」へ宿泊することになったので、房総半島の…
  4. 透き通る静かな穴場ビーチ ◆海もプールも楽しめるロイヤルホテル沖縄残波岬◆| トラベルダイアリー
    沖縄 残波岬の魅力残波岬 (ざんぱみさき) は、那覇空港から車で1時間ほど。日本一人口の…
  5. 北欧デザインにアンティーク♪散策が楽しい街ヘルシンキの見どころを紹介| トラベルダイアリー
    ヘルシンキ旅行体験記 フィンランドの首都であるヘルシンキは街行く人々がとてもお洒落で…
  6. 10日間じっくりたっぷりのんびり台北を楽しむ女子一人旅!| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記台湾の公用語である中国語を勉強していたので、現地で語学を学ぶために行きました。期間…
  7. エジプトの最南端!古代遺跡を見にカイロから寝台列車でアスワンへ| トラベルダイアリー
    アスワン旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダン…
  8. 古代ギリシャの聖域デルフィと近郊のアラホヴァ観光| トラベルダイアリー
    デルフィ旅行体験記アテネから約3時間の場所にあるデルフィ遺跡。標高が高い場所にあるので、遺跡の眼…
  9. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  10. 女子二人旅 in アメリカ のどかすぎる島、サンフアンアイランド| トラベルダイアリー
    サンフアンアイランド旅行体験記バンクーバーを一緒に旅行した友達に誘われ、聞いたこともなかった島、…

Archive



PAGE TOP