イタリア・アルバのトリュフ祭りで、贅沢三昧グルメ旅

トリュフ祭りに行ってきました!

北イタリア・ピエモンテ州にある中都市アルバで毎年秋に行われるトリュフ祭り。日本でイタリア料理店をしている友人に誘われ、参加してきましたので、その時の模様をご紹介します★

トリュフ祭りとは

おすすめのポイント
  1. 世界三大珍味トリュフに一生分お目にかかれる!
  2. ピエモンテ州の秋の味覚も一緒に堪能できる!
  3. 世界遺産に選ばれた絶景、ブドウ畑の景観もたっぷり鑑賞できる!

トリュフと言えば言わずと知れた高級食材。私は、これまで友人の結婚式などで食べたことはあったものの、いつもほんのちょこっとだけだったので、イマイチ実態が掴めずにいました。私と同じような方は、トリュフ祭りに行けば、疑問は全て解消されること間違いなし!会場では一日で、一生分のトリュフにお目にかかれます。また、トリュフ祭りは秋の収穫祭的な要素も有。ワインやきのこ、クリスマス菓子まで!イベントシーズンに欠かせない味覚が所狭しと並んでおり、周辺の秋の景色とともにそれらを楽しむこともできました。

トリュフ祭りの見どころ

超レア食材「白トリュフ」とのご対面がアルバで実現!


トリュフ祭りの正式名称は「フィエラ・インテルナツィオナーレ・デル・タルトゥーフォ・ビアンコ・ダ・ァルバ(アルバの白トリュフ国際見本市)」といいます。ということで、イベントの主役は「白」トリュフ。実はトリュフには黒と白の2種類あり、白は超レアなのだそう。どこで採れるかよく分かっていない点、栽培方法が確立されていない点や、足がはやい点などが理由だそうなのですが…会場には、笑っちゃうほど白トリュフがたっくさん!とても「レア」だなんて、信じられないくらい、お目にかかることが出来ます。

パスタにチーズ!トリュフを使ったグルメがアルバに大集合!


料理人ならともかく、私たち一般人は、正直トリュフを見たところで、どうやって包丁を入れたら良いのかすらわかりません。しかし!ご安心ください。トリュフ祭りは決して「トリュフ見学」だけでは終わりませんでした。会場にはトリュフを練り込んだパスタやチーズ、トリュフの瓶詰等、トリュフを使った絶品グルメを扱うお店も大充実!しかも、贅沢なことにたっぷりお味見することも出来ちゃいます。1,000円以下で買えるものもたくさんあるので、お土産選びにももってこいです。

アルバといったらトリュフと「ワイン」


実はアルバはワインの産地としても有名で、周辺一帯は「ピエモンテの葡萄畑の景観」として世界遺産にも登録されています。トリュフ祭りの行われる10~11月は、まさにワイン造りの最盛期。トリュフと同じくらい珍しいワインも会場内ではたくさん売られています。試飲コーナーも充実していて、追加料金を払えば味比べをすることもできますよ♪ワイン通の方は、どうぞお見逃しなく!

アルバのご当地グルメも、あわせてチェック


2014年に世界遺産登録を果たしたものの、まだまだ観光地としてはこれからのアルバ。トリュフ祭りの期間中は、町に世界中から美食家たちが押し寄せるとだけあって、街の人たちもぼーっとはしていられません。チーズ、コーヒー、パン、スイーツ。地元産のご当地グルメも、会場周辺に大集合!まるで日本の縁日のように、右に左に屋台が並びます。お祭り会場内はチケット制ですが、屋外エリアは無料で入場可能。期間中、何度でも気軽に足を運ぶことが出来ます。

アルバの冬のお楽しみ。クリスマス菓子も一足お先にお味見♪


トリュフ祭りが開催される10~11月はちょうど、その年のクリスマス菓子の新作が出始める時期でもあります。アルバのある北イタリア定番のクリスマス菓子パネットーネや、ジンジャークッキーなどの絶品スイーツも会場では購入可能。私たちが行った日は、アルバのあるピエモンテ州の大手パネットーネ専門店Galup(ガルップ)が出展しており、たくさんのイタリア人たちがパネットーネを買うべく列をなしていました。

トリュフ祭りで見つけたグルメ

ウオヴァ・アル・タルトゥーフォ


トリュフはイタリア語で「タルトゥーフォ」といいます。ウオヴァは「卵」。私は日本で食べたことは無かったのですが、実はトリュフと卵は相性抜群だそう。会場内では押しの目玉焼きにトリュフをかけた簡単贅沢レシピ「ウオヴァ・アル・タルトゥーフォ」が振る舞われており、イタリア人たちはワイン片手に美味しそうに食べていました。私も早速トライ!トリュフの香りを卵が包んでくれて、確かにおいしかったです。日本人なら卵がけごはんとトリュフを組み合わせても美味しいかも!?気になる方はまずは、アルバでお試しください。

トリュフ祭りに必要なアイテム・服装・その他

トリュフ祭りの行われる10~11月の北イタリアは寒い日が多め。イタリアに台風は来ませんが、雨が降ると気温は一気に1桁台に突入します。ということで、会場に行く際は、1枚多めに上着を着ていきましょう。出来ればファスナーなどで簡単に着脱可能なものだと◎外は寒いですが、会場は屋内のテント小屋のような所なので、人が増えてくるにつれてどんどん暑くなっていきます。

トリュフ祭りでの注意点

トリュフ祭りのメイン会場は有料。入口でチケットを買って、中に入る仕組みになっています。チケットは700~800円/人 程で、クレジットカードも利用可能でした。売り切れることはないので、基本的には会場でチケットを買えばオッケーです。なお、会場内のブースでは、全てクレジットカードが使えました。会場外の露店なども楽しみたい方は、念のためユーロコインを多めに持っていくと安心かもしれません。

まとめ

一般人でも気軽に参加できるトリュフ祭り。最初は誘われるがままに付いて行った私でしたが、会場ゲートを抜けた瞬間、神々しい香りが鼻を突き抜け、誰よりもテンションマックス!イベントを満喫してしまいました。今ではにどれがトリュフの香りなのか一発でわかるまでに成長!(笑)さすがに、普段はトリュフを食べるはありませんが、トリュフの文字を見るとアルバの景色やお祭りの思い出が頭に浮かびウットリします。開催期間は約1か月。秋の長期休暇などを利用して、是非遊びに行ってみてください!

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. 毎日がクリスマス♪ドイツ・ローテンブルク旅行記| トラベルダイアリー
    ローテンブルク旅行体験記フランクフルトで暮らす友人に誘われ、ローテンブルク(ローテンブルク・オプ…
  2. ヘルシンキ旅行体験記ヨーロッパへの旅行と聞くと移動に時間もかかり、時差もあり大変と思う方も多いで…
  3. アルプスの麓 ベルガモ アグリツーリズモの旅| トラベルダイアリー
    ベルガモ旅行体験記ミラノから車で2時間ほどのところにあるベルガモ。市街地は中世の雰囲気が残る…
  4. ウィーンorミュンヘンから日帰り観光に!世界遺産の街ザルツブルク| トラベルダイアリー
    ザルツブルク旅行体験記南ドイツ~オーストリア~ハンガリーを鉄道で周遊しました。1週間で3カ国とい…
  5. ポルト旅行体験記このポルトガル旅行でポルトの街に行こうと思った理由ですが、ソムリエの資格を取った…
  6. アンマンから陸路で国境越え 聖地エルサレム2泊3日の弾丸観光| トラベルダイアリー
    エルサレム旅行体験記 今回の旅のメインスポットはヨルダンのペトラでしたが、10日間の…
  7. ホーチミン旅行体験記ホーチミンはハノイよりも活気があり、また美しい街でした。首都はハノイだけど発…
  8. 女子一人旅 in アメリカ カリフォルニア州都サクラメントへ| トラベルダイアリー
    サクラメント旅行体験記おじいちゃんが「行きたい場所があれば連れて行くよ」と言ってくれたので、サク…
  9. 乗り継ぎ時間でちょこっと楽しめる、ドバイのデザートサファリツアー| トラベルダイアリー
    ドバイ旅行体験記中東エリアのみならず、ヨーロッパやアフリカへ行く場合、エミレーツ航空は重要な選択…
  10. チェンマイ旅行体験記タイの古都チェンマイは美しいお寺や自然が豊かで、 田舎町のような雰囲気があり…

国内旅行おすすめ

  1. 春夏秋冬を楽しめる!観光客が絶えない京都・嵐山の旅| トラベルダイアリー
    嵐山旅行体験記関西に住むことになったのきっかけに、休みがあれば周辺の観光名所を散策して過ごしまし…
  2. 静岡島田 ギネス認定!蓬莱橋で絶景散歩♪ | トラベルダイアリー
    蓬莱橋旅行体験記静岡県島田市に世界一長い木造歩道橋があることを知り、一目見て見たくて行ってきまし…
  3. 路面電車が走り異国情緒が漂う街、長崎市内で楽しむ女性1人旅| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記スカイマークのHPで神戸空港~長崎空港の路線がキャンペーンをしているのを見て、修学…
  4. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  5. 1日1本 観光特急「しまかぜ」で行くちょっと贅沢な三重・鳥羽の旅| トラベルダイアリー
    鳥羽旅行体験記両親に日頃の感謝の意味も込めて、一緒にゆったり美味しいものを食べられる旅をと京都か…
  6. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  7. 1日だけじゃ足りない⁈まるで映画の世界が楽しめる神戸!| トラベルダイアリー
    神戸旅行体験記 洋館に興味があり、調べて一番にでてきたのは兵庫県の神戸市でした。…
  8. ~磯山神社の「あじさいまつり」&アンブレラスカイ~in栃木・鹿沼| トラベルダイアリー
    鹿沼旅行体験記神社巡りが好きで情報収集をしていたところ、鹿沼市の「磯山神社」はあじさいの名所で、…
  9. 一人旅でも大丈夫!福井でタグ付き蟹を食べつくす| トラベルダイアリー
    福井旅行体験記 明日死ぬってなった時、一番食べたいのは…蟹!生ものが食べられなかった…
  10. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…

最新記事

  1. 【一人旅】紅葉に染まる日光で5泊6日、観光ざんまいの旅| トラベルダイアリー
    日光旅行体験記シルバーウィークの旅行から1カ月余り。またどこかに行きたくてソワソワしてきた11月…
  2. 活火山のパワーを感じる!登別温泉で心身ともに温まる旅| トラベルダイアリー
    登別旅行体験記新千歳空港・札幌から1時間半ほどというアクセスの良さ、多彩な泉質の良質な温泉宿が魅…
  3. 薩摩藩主気分で素敵な景色と鹿児島レトロを楽しむ鹿児島市内旅| トラベルダイアリー
    鹿児島旅行体験記鹿児島市内を旅行は主にグルメを楽しむ人が多いかと思います。確かに鹿児島には美味し…
  4. 秋の摩周湖・屈斜路湖をめぐる弟子屈町ぐるっとドライブ| トラベルダイアリー
    弟子屈旅行体験記道東のエリアは広いですが、今回は秋の摩周湖と屈斜路湖をメインにまわる弟子屈町の観…
  5. 白老町の魅力とは?!注目されている北海道の小さな町| トラベルダイアリー
    新千歳空港からアクセスも良く、国立アイヌ民族博物館ウポポイがオープンした白老町の魅力をご紹介します。…
  6. 子連れ旅行にオススメ!!石炭輸送で栄えた若松旅の魅力| トラベルダイアリー
    若松旅行体験記若松は石炭輸送で栄えた町です。福岡県内で産出された石炭を鉄道で若松まで運び、船に積…
  7. 車が無くても大丈夫!自然と温泉で身も心も癒す指宿旅_トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記「温泉地でのんびりしたい」そう思って向かった指宿温泉。車の運転は疲れるから電車移動…
  8. 海の中を歩いて渡れる!?九州の門司から本州の下関へ日帰り観光| トラベルダイアリー
    下関旅行体験記リモートワークしながら門司港に長期滞在している途中、週末どこかへお出かけしたくなっ…
  9. 世界一の飛行部隊!ブルーエンジェルス「カネオヘベイ・エアショー」| トラベルダイアリー
    カネオヘベイ・エアショーに行ってきました!航空ショーが大好きな私達家族。結婚10周年記念の海外旅…
  10. 南阿蘇旅行体験記2021年3月に「新阿蘇大橋」が開通し、南阿蘇村内の移動がとても快適になりました…

Archive



PAGE TOP