イタリア・アルバのトリュフ祭りで、贅沢三昧グルメ旅

トリュフ祭りに行ってきました!

北イタリア・ピエモンテ州にある中都市アルバで毎年秋に行われるトリュフ祭り。日本でイタリア料理店をしている友人に誘われ、参加してきましたので、その時の模様をご紹介します★

トリュフ祭りとは

おすすめのポイント
  1. 世界三大珍味トリュフに一生分お目にかかれる!
  2. ピエモンテ州の秋の味覚も一緒に堪能できる!
  3. 世界遺産に選ばれた絶景、ブドウ畑の景観もたっぷり鑑賞できる!

トリュフと言えば言わずと知れた高級食材。私は、これまで友人の結婚式などで食べたことはあったものの、いつもほんのちょこっとだけだったので、イマイチ実態が掴めずにいました。私と同じような方は、トリュフ祭りに行けば、疑問は全て解消されること間違いなし!会場では一日で、一生分のトリュフにお目にかかれます。また、トリュフ祭りは秋の収穫祭的な要素も有。ワインやきのこ、クリスマス菓子まで!イベントシーズンに欠かせない味覚が所狭しと並んでおり、周辺の秋の景色とともにそれらを楽しむこともできました。

トリュフ祭りの見どころ

超レア食材「白トリュフ」とのご対面がアルバで実現!


トリュフ祭りの正式名称は「フィエラ・インテルナツィオナーレ・デル・タルトゥーフォ・ビアンコ・ダ・ァルバ(アルバの白トリュフ国際見本市)」といいます。ということで、イベントの主役は「白」トリュフ。実はトリュフには黒と白の2種類あり、白は超レアなのだそう。どこで採れるかよく分かっていない点、栽培方法が確立されていない点や、足がはやい点などが理由だそうなのですが…会場には、笑っちゃうほど白トリュフがたっくさん!とても「レア」だなんて、信じられないくらい、お目にかかることが出来ます。

パスタにチーズ!トリュフを使ったグルメがアルバに大集合!


料理人ならともかく、私たち一般人は、正直トリュフを見たところで、どうやって包丁を入れたら良いのかすらわかりません。しかし!ご安心ください。トリュフ祭りは決して「トリュフ見学」だけでは終わりませんでした。会場にはトリュフを練り込んだパスタやチーズ、トリュフの瓶詰等、トリュフを使った絶品グルメを扱うお店も大充実!しかも、贅沢なことにたっぷりお味見することも出来ちゃいます。1,000円以下で買えるものもたくさんあるので、お土産選びにももってこいです。

アルバといったらトリュフと「ワイン」


実はアルバはワインの産地としても有名で、周辺一帯は「ピエモンテの葡萄畑の景観」として世界遺産にも登録されています。トリュフ祭りの行われる10~11月は、まさにワイン造りの最盛期。トリュフと同じくらい珍しいワインも会場内ではたくさん売られています。試飲コーナーも充実していて、追加料金を払えば味比べをすることもできますよ♪ワイン通の方は、どうぞお見逃しなく!

アルバのご当地グルメも、あわせてチェック


2014年に世界遺産登録を果たしたものの、まだまだ観光地としてはこれからのアルバ。トリュフ祭りの期間中は、町に世界中から美食家たちが押し寄せるとだけあって、街の人たちもぼーっとはしていられません。チーズ、コーヒー、パン、スイーツ。地元産のご当地グルメも、会場周辺に大集合!まるで日本の縁日のように、右に左に屋台が並びます。お祭り会場内はチケット制ですが、屋外エリアは無料で入場可能。期間中、何度でも気軽に足を運ぶことが出来ます。

アルバの冬のお楽しみ。クリスマス菓子も一足お先にお味見♪


トリュフ祭りが開催される10~11月はちょうど、その年のクリスマス菓子の新作が出始める時期でもあります。アルバのある北イタリア定番のクリスマス菓子パネットーネや、ジンジャークッキーなどの絶品スイーツも会場では購入可能。私たちが行った日は、アルバのあるピエモンテ州の大手パネットーネ専門店Galup(ガルップ)が出展しており、たくさんのイタリア人たちがパネットーネを買うべく列をなしていました。

トリュフ祭りで見つけたグルメ

ウオヴァ・アル・タルトゥーフォ


トリュフはイタリア語で「タルトゥーフォ」といいます。ウオヴァは「卵」。私は日本で食べたことは無かったのですが、実はトリュフと卵は相性抜群だそう。会場内では押しの目玉焼きにトリュフをかけた簡単贅沢レシピ「ウオヴァ・アル・タルトゥーフォ」が振る舞われており、イタリア人たちはワイン片手に美味しそうに食べていました。私も早速トライ!トリュフの香りを卵が包んでくれて、確かにおいしかったです。日本人なら卵がけごはんとトリュフを組み合わせても美味しいかも!?気になる方はまずは、アルバでお試しください。

トリュフ祭りに必要なアイテム・服装・その他

トリュフ祭りの行われる10~11月の北イタリアは寒い日が多め。イタリアに台風は来ませんが、雨が降ると気温は一気に1桁台に突入します。ということで、会場に行く際は、1枚多めに上着を着ていきましょう。出来ればファスナーなどで簡単に着脱可能なものだと◎外は寒いですが、会場は屋内のテント小屋のような所なので、人が増えてくるにつれてどんどん暑くなっていきます。

トリュフ祭りでの注意点

トリュフ祭りのメイン会場は有料。入口でチケットを買って、中に入る仕組みになっています。チケットは700~800円/人 程で、クレジットカードも利用可能でした。売り切れることはないので、基本的には会場でチケットを買えばオッケーです。なお、会場内のブースでは、全てクレジットカードが使えました。会場外の露店なども楽しみたい方は、念のためユーロコインを多めに持っていくと安心かもしれません。

まとめ

一般人でも気軽に参加できるトリュフ祭り。最初は誘われるがままに付いて行った私でしたが、会場ゲートを抜けた瞬間、神々しい香りが鼻を突き抜け、誰よりもテンションマックス!イベントを満喫してしまいました。今ではにどれがトリュフの香りなのか一発でわかるまでに成長!(笑)さすがに、普段はトリュフを食べるはありませんが、トリュフの文字を見るとアルバの景色やお祭りの思い出が頭に浮かびウットリします。開催期間は約1か月。秋の長期休暇などを利用して、是非遊びに行ってみてください!

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ルクソール旅行体験記ウズベキスタンに住むことになる前にイスラム圏の国を体験したい!とあえてラマダ…
  2. 女子一人旅 in メキシコ メキシコ人が怖がる街メキシコシティー| トラベルダイアリー
    メキシコシティー旅行体験記友達と再会しゆったりとした街で数日を過ごしたら、やっぱり首都を覗いてみ…
  3. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  4. チボリ公園体験記デンマークの首都コペンハーゲンにある世界最古の遊園地「チボリ公園(Tivoli)…
  5. ロンドン
    ロンドン旅行体験記英語を勉強するにあたって、一番行きたかったのがイギリス。英語発祥の地でしっかり…
  6. イエローナイフ旅行体験記まとまった休みがとれることになり、滅多に行けない所に行こうとなりました。…
  7. 日本と深い歴史がある親日国ウズベキスタンの首都 「タシケント 」| トラベルダイアリー
    タシケント旅行体験記中央アジアの玄関口ともいわれるウズベキスタンの首都 ” タシケント ”。日本…
  8. 「フランダースの犬」の大聖堂も!昔と今が調和する街アントワープ| トラベルダイアリー
    アントワープ旅行体験記ベルギー北東部の街・アントワープ。名作「フランダースの犬」の舞台ということ…
  9. ミラノ旅行体験記世界の流行最先端ミラノ。大好きなモデルの森星さんが、毎年ミラノコレクショ…
  10. ハノイ旅行体験記初めての一人旅、最初の地はベトナム、ハノイでした。一人旅のスタートはハラハラドキ…

国内旅行おすすめ

  1. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  2. 紅葉とグルメと舞妓体験を楽しむ京都の旅| トラベルダイアリー
    京都旅行体験記 実家の両親に子供を預けて、久しぶりに夫婦二人で京都へ行ってきました。…
  3. 夏の北海道・旭川で~アナと雪の女王&絵画の世界へ~_トラベルダイアリー
    旭川旅行体験記夏は北海道へ行くことが多い中、今回は旭川を巡ることにしました。旭川は美術館や動物園…
  4. 父島に行ってきました!日本の世界自然遺産は各地にありますが、東京都にあるのは唯一小笠原諸島の自然…
  5. 長崎旅行続編!〜ハウステンボス&ちょこっと福岡編〜| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記今回は、長崎旅行続編です。前回は、長崎市街を中心に、中華街や出島、眼鏡橋などを訪れま…
  6. 上高地
    松本旅行体験記松本は、長野県第二の都市。日本アルプスへの中継地点という事もあり、山へ登りに行…
  7. 博多旅行体験記新幹線、飛行機など、どこからでもアクセスの良い福岡、博多!!!博多といえば、もつ鍋…
  8. 広島旅行体験記広島県の竹原市から船で15分のところにある大久野島はうさぎ島と呼ばれています。戦時…
  9. ちゅらさんの舞台!どこまでも素朴な島 小浜島| トラベルダイアリー
    小浜島旅行体験記とにかく島好きなので、沖縄の離島を制覇したい!綺麗な海を目の前にしてただのんびりす…
  10. 刺激が欲しい人必見‼世界遺産「知床」で大自然を大冒険しよう| トラベルダイアリー
    知床旅行体験記北海道といえば「新千歳空港」に行く私ですが普段とは違う旅がしたい‼と思い、今回…

最新記事

  1. たまてばこ号に乗って指宿へ。指宿のマンゴーは旨い!| トラベルダイアリー
    指宿旅行体験記鹿児島の温泉と言えば指宿温泉。指宿は砂湯や開聞岳で知られています。温泉街の近くに「…
  2. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  3. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  4. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  5. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  6. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  7. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  8. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  9. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  10. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…

Archive



PAGE TOP