イタリア・モンドヴィ熱気球大会で人生初、熱気球見物

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会に行ってきました!

北イタリアのモンドヴィは、イタリアで登録された最初の熱気球が出発した地として名高く、毎年1月6日の公現祭の頃、熱気球大会が開催されます。人生で1度も熱気球を間近で見たことのなかった私。思い切って、モンドヴィに熱気球を見に行くことにしました。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会とはどんなイベント?

おすすめのポイント
  1. 北イタリアのお正月の空に舞う熱気球をたっぷりと鑑賞できる点
  2. 3日間行われるイベントは全て無料で参加できる点
  3. 公現祭の雰囲気をカトリックの本場イタリアで感じられる点

モンドヴィの熱気球大会は正式名称を「ラドゥーノ・ディ・モンゴルフィエーレ・ディ・モンドヴィ(Raduno di Mongolfiere di Mondovì)」といいます。ラドゥーノには「大会」という意味の他に「祭典」や「つどい」といった意味もあり、会期中は競技以外にも、ショーや乗船ツアーなど、様々な催しが行われます。イベントはすべて無料。「公現祭」というカトリックの行事に合わせて開かれるイベントなので、そのお祝いの雰囲気も垣間見ることが出来ます。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会の見どころベスト5

モンドヴィの大空を舞う熱気球たち


一度に二、三機の熱気球を見たことがある人はいるかもしれませんが、数十機の熱気球を見たことがある人は、そう多くはないのではないでしょうか?3日間にわたる熱気球大会は、モンドヴィのお正月の大空に向かってたくさんの熱気球が舞い、大変華やかでした。一応競争をしているようなのですが…、遠くから見ていると大変のんびりとした雰囲気。風が吹くたびに、あっちに流され、こっちに流され、どんどん順位が変化している様に思わずほっこりとしてしまいました。

動物や人の顔!?モンドヴィっ子たちの楽しみ、おもしろ熱気球

熱気球の中には、毎年とってもユニークなものも複数エントリーしています。この年はコアラの顔、ペンギン、そしてゴッホの顔をした熱気球などがお目見えし、地元の子供たちを中心に、多くの観客たちを沸かせていました!膨らます時の様子も面白いですし、空に上がった後も、風に吹かれてあっちを向いたり、こっちを向いたり。まるで本当に生きているかのような気まぐれな姿がたまりません。

モンドヴィの高台から見物する際に利用する、ケーブルカー

熱気球大会の様子は、日本の花火大会のように、街のいたるところから見ることが出来ます。中でも人気なのが高台からの見物。ベルヴェデーレ庭園(Giardini del Belvedere)という高台に広がる庭園からの眺めが特に人気で、ここへはケーブルカーを使って行くことが出来ます。イタリアでは、今も人々の生活を支え続けるケーブルカー。庭園へ行きがてら、利用してみてはいかがでしょうか?

モンドヴィの熱気球は、出発地点でのイベントも見逃せません

大会に参加する熱気球たちは、街中の「ヨーロッパ公園(パルコ・エウロパ・Parco europa)」という所から、空へ向かって出発します。こちらもイベント期間中は大変な賑わい。熱気球だけでなく、ご当地グルメを扱うフードワゴンや、オリジナルグッズの販売店、子供向けの機関車の遊具なども設置され、多くの人が集まります。大会はたいてい午後スタートですので、午前中、時間に余裕がある方は、是非遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

モンドヴィのシンボル、ヨーロピアンな時計塔が素敵

モンドヴィの高台、ベルヴェデーレ庭園内にそびえたつ時計塔、トッレ・チービカ(Torre Civica)は、街のシンボルです。イベント期間中は、残念ながら上にあがれませんでしたが、普段は2ユーロで上にあがることもできるそう。周辺は思ったよりも混雑しておらず、のんびりと勝利の行方を見守ることができました。ヨーロピアンな時計塔と、熱気球とのコラボレーションを楽しみたい方は、是非足を運んでみてください。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会のとっておきグルメ

Pasta di meriga


パスタ・ディ・メリガ(Pasta di meriga)はとうもろこし粉を使って作る、モンドヴィのご当地クッキーです。アメリカや日本でも発売されるほど人気の地元発お菓子メーカー「micheris(ミケリス)」のパスタ・ディ・メリガが一押し。モンドヴィ郊外にはミケリスの経営するレストランもあり、いつもたくさんの人で賑わっています。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会必須アイテム・服装・その他

「せっかくなので綺麗な熱気球の写真が撮りたい!」という方は、望遠機能の高いカメラを持っていくことをオススメします。もちろんスマホやコンパクトサイズのデジタルカメラでも撮影可能なのですが、機種によっては望遠での撮影がイマイチなことも…。ズームアップするたびに、画面が汚くなり、目で見た時のような美しい感動をカメラの中におさめるのが難しい可能性があります。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会での注意点

モンドヴィの熱気球大会は、毎年「公現祭」というカトリックの祝日に合わせて開催されます。公現祭は1月6日。この頃のモンドヴィは、晴れることが多いのですが、晴れて湿度が低い分、とにかく「寒い」です。気球が上がる会場は障害物が少ない、だだっびろい土地なので、寒くても風をよけたりあたたまったりする場所がありません。是非、しっかりとした防寒対策してお出かけください。

まとめ

イタリアの公現祭は、冬休みの終わりを告げる祝日。そして、子供たちにとっての祝日でもあります。街の博物館やショップは祝日につき、店を閉めていることも多いので「お目当ての場所がやってなーい!」とお嘆きの方。是非、熱気球観戦に出かけてみてはいかがでしょうか?青い空、のんびりとしたムードや子供たちの笑い声は、心の底から癒されること間違いありません。

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ギリシャの首都アテネからも日帰りで行けちゃう穴場!エギナ島| トラベルダイアリー
    エギナ島旅行体験記丘の上につくられた都市や地中海の絶景を一目この目で見てみたい!でもギリシャ文字…
  2. アムリトサル旅行体験記アムリトサルは、インド北部に位置する街です。パキスタンに陸路で入国するため…
  3. ネゴンボ旅行体験記スリランカは「インド洋の真珠」とも呼ばれ、豊かな自然に囲まれた美しい島国です。…
  4. MALTA_VALETTA_EYE_CITY
    マルタ共和国【ヴァレッタ】旅行体験記街が丸ごと世界遺産の【ヴァレッタ】、ヨーロッパではとても人気の…
  5. グアム旅行体験記初めての子連れ海外旅行にオススメNO1のグアム。フライト時間3時間、時差1時間は…
  6. アフリカでペンギンに出会える?!ケープタウン郊外の観光スポット巡り♪| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記南部アフリカ周遊10日間のツアーで訪れました。ケープタウンは見どころが多く…
  7. モロッコのもう一つの青の町・エッサウィラがかわいすぎる!| トラベルダイアリー
    エッサウィラ旅行体験記エッサウィラという名前も聞いたことがなかったけど、せっかく遠いモロッコまで…
  8. シカゴ旅行体験記シカゴ郊外から、シカゴの中心であるダウンタウンへ遊びに行ってきました。ダウンタウ…
  9. 日本から2時間半で行けちゃう!「ウラジオストク」の魅力 | トラベルダイアリー
    ウラジオストク旅行体験記年末年始休暇を使ってロシアのウラジオストクに一人旅をしてきました。マイナ…
  10. バンクーバー旅行体験記世界で最も住みやすい街に選ばれたことのあるカナダのバンクーバーは、シティラ…

国内旅行おすすめ

  1. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ浅草の旅| トラベルダイアリー
    浅草旅行体験記「東京ソラマチ」で開催していた「こいのぼりフェスティバル」が気になっていて、ちょう…
  2. 函館旅行体験記仕事関係の学会発表で札幌に行くことになり、どうせなら前後に夏休みを足して親子旅行し…
  3. 刺激が欲しい人必見‼世界遺産「知床」で大自然を大冒険しよう| トラベルダイアリー
    知床旅行体験記北海道といえば「新千歳空港」に行く私ですが普段とは違う旅がしたい‼と思い、今回…
  4. 北海道胆振エリアで隠れ家カフェ巡り_トラベルダイアリー
    厚真・日高旅行体験記北海道胆振エリアは知る人ぞ知る隠れ家的なカフェが点在しています。今回は厚真・…
  5. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 日光旅行体験記2019年GWにまとまったお休みをいただいたので、東北地方へ旅行に行ってきました。…
  8. 車がなくても楽しめる那覇と瀬長島で過ごすリゾート時間| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記昨年の10月頃に行きましたが、気温が高く夏気分で夏服を着て過ごせたので、非日常感を…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ湯沢中里の旅| トラベルダイアリー
    湯沢中里旅行体験記子供の雪遊びでゲレンデデビューさせたいと思い、キッズパークのあるスキー場ランキ…
  10. 【一人旅】窓から冬花火が見える、熱海のホテルで4泊5日| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記1月の連休を利用して、東京から少し足を伸ばした近場に旅行することに。そろそろ早咲の…

最新記事

  1. 女子一人旅 in トルコ③ 白い世界と古代遺跡、パムッカレ|トラベルダイアリー
    パムッカレ旅行体験記 トルコで次に訪れたのは、真っ白な段々の石灰棚で有名なパムッカレ…
  2. 沖縄最高の1日の過ごし方 〜海・滝・サンセットに癒され旅〜| トラベルダイアリー
    沖縄旅行体験記沖縄の泳げて遊べる面白い滝をご存知ですか?沖縄に来たなら海だけではなく是非この滝も…
  3. 女子一人旅 in 中国② 西塘で清朝の時代にタイムスリップ?|トラベルダイアリー
    西塘旅行体験記前回訪れてから2年、再び友達を訪ねて中国へ遊びに行ってきました。前回は友達が空港ま…
  4. まだあまり知られていない、鹿児島の秘境的アイランド、長島_トラベルダイアリー
    長島旅行体験記鹿児島県の北部に位置する、長島。面積約90㎢の島(日本の島で大きさ…
  5. まさに楽園!?世界遺産の島、「奄美大島」| トラベルダイアリー
    奄美大島旅行体験記筆者が奄美大島に行ったのは、ちょうど世界遺産登録が決まろうとしている時。綺麗な…
  6. 鹿児島市旅行体験記鹿児島市は大好きで良く訪れます。眺めが良い城山ホテルはリッチな気分を味わうこと…
  7. 海外女一人旅デビューに最適な場所はココ!台湾、台北| トラベルダイアリー
    台北旅行体験記少し前から近場の海外旅行先として話題の台湾。治安が良く、食べ物もおいしい。そして親…
  8. 霧島六権現巡りで龍神パワーチャージ! |トラベルダイアリー
    霧島旅行体験記 御朱印を集めている友達に誘われ、霧島の主要6つの神社をめぐりました。…
  9. まるでおとぎの国。コッツウォルズ、4つの村散歩。| トラベルダイアリー
    コッツウォルズ旅行体験記 ロンドンに行った際、ロンドン発の現地旅行会社主催のコッツウ…
  10. 地元グルメを満喫♡癒しの金沢一女人旅| トラベルダイアリー
    金沢旅行体験記 金沢おでんが食べたい!と思い立ち、一泊二日の女一人旅へ行ってきました…

Archive



PAGE TOP