イタリア・モンドヴィ熱気球大会で人生初、熱気球見物

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会に行ってきました!

北イタリアのモンドヴィは、イタリアで登録された最初の熱気球が出発した地として名高く、毎年1月6日の公現祭の頃、熱気球大会が開催されます。人生で1度も熱気球を間近で見たことのなかった私。思い切って、モンドヴィに熱気球を見に行くことにしました。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会とはどんなイベント?

おすすめのポイント
  1. 北イタリアのお正月の空に舞う熱気球をたっぷりと鑑賞できる点
  2. 3日間行われるイベントは全て無料で参加できる点
  3. 公現祭の雰囲気をカトリックの本場イタリアで感じられる点

モンドヴィの熱気球大会は正式名称を「ラドゥーノ・ディ・モンゴルフィエーレ・ディ・モンドヴィ(Raduno di Mongolfiere di Mondovì)」といいます。ラドゥーノには「大会」という意味の他に「祭典」や「つどい」といった意味もあり、会期中は競技以外にも、ショーや乗船ツアーなど、様々な催しが行われます。イベントはすべて無料。「公現祭」というカトリックの行事に合わせて開かれるイベントなので、そのお祝いの雰囲気も垣間見ることが出来ます。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会の見どころベスト5

モンドヴィの大空を舞う熱気球たち


一度に二、三機の熱気球を見たことがある人はいるかもしれませんが、数十機の熱気球を見たことがある人は、そう多くはないのではないでしょうか?3日間にわたる熱気球大会は、モンドヴィのお正月の大空に向かってたくさんの熱気球が舞い、大変華やかでした。一応競争をしているようなのですが…、遠くから見ていると大変のんびりとした雰囲気。風が吹くたびに、あっちに流され、こっちに流され、どんどん順位が変化している様に思わずほっこりとしてしまいました。

動物や人の顔!?モンドヴィっ子たちの楽しみ、おもしろ熱気球

熱気球の中には、毎年とってもユニークなものも複数エントリーしています。この年はコアラの顔、ペンギン、そしてゴッホの顔をした熱気球などがお目見えし、地元の子供たちを中心に、多くの観客たちを沸かせていました!膨らます時の様子も面白いですし、空に上がった後も、風に吹かれてあっちを向いたり、こっちを向いたり。まるで本当に生きているかのような気まぐれな姿がたまりません。

モンドヴィの高台から見物する際に利用する、ケーブルカー

熱気球大会の様子は、日本の花火大会のように、街のいたるところから見ることが出来ます。中でも人気なのが高台からの見物。ベルヴェデーレ庭園(Giardini del Belvedere)という高台に広がる庭園からの眺めが特に人気で、ここへはケーブルカーを使って行くことが出来ます。イタリアでは、今も人々の生活を支え続けるケーブルカー。庭園へ行きがてら、利用してみてはいかがでしょうか?

モンドヴィの熱気球は、出発地点でのイベントも見逃せません

大会に参加する熱気球たちは、街中の「ヨーロッパ公園(パルコ・エウロパ・Parco europa)」という所から、空へ向かって出発します。こちらもイベント期間中は大変な賑わい。熱気球だけでなく、ご当地グルメを扱うフードワゴンや、オリジナルグッズの販売店、子供向けの機関車の遊具なども設置され、多くの人が集まります。大会はたいてい午後スタートですので、午前中、時間に余裕がある方は、是非遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

モンドヴィのシンボル、ヨーロピアンな時計塔が素敵

モンドヴィの高台、ベルヴェデーレ庭園内にそびえたつ時計塔、トッレ・チービカ(Torre Civica)は、街のシンボルです。イベント期間中は、残念ながら上にあがれませんでしたが、普段は2ユーロで上にあがることもできるそう。周辺は思ったよりも混雑しておらず、のんびりと勝利の行方を見守ることができました。ヨーロピアンな時計塔と、熱気球とのコラボレーションを楽しみたい方は、是非足を運んでみてください。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会のとっておきグルメ

Pasta di meriga


パスタ・ディ・メリガ(Pasta di meriga)はとうもろこし粉を使って作る、モンドヴィのご当地クッキーです。アメリカや日本でも発売されるほど人気の地元発お菓子メーカー「micheris(ミケリス)」のパスタ・ディ・メリガが一押し。モンドヴィ郊外にはミケリスの経営するレストランもあり、いつもたくさんの人で賑わっています。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会必須アイテム・服装・その他

「せっかくなので綺麗な熱気球の写真が撮りたい!」という方は、望遠機能の高いカメラを持っていくことをオススメします。もちろんスマホやコンパクトサイズのデジタルカメラでも撮影可能なのですが、機種によっては望遠での撮影がイマイチなことも…。ズームアップするたびに、画面が汚くなり、目で見た時のような美しい感動をカメラの中におさめるのが難しい可能性があります。

モンドヴィ(Mondovì)の熱気球大会での注意点

モンドヴィの熱気球大会は、毎年「公現祭」というカトリックの祝日に合わせて開催されます。公現祭は1月6日。この頃のモンドヴィは、晴れることが多いのですが、晴れて湿度が低い分、とにかく「寒い」です。気球が上がる会場は障害物が少ない、だだっびろい土地なので、寒くても風をよけたりあたたまったりする場所がありません。是非、しっかりとした防寒対策してお出かけください。

まとめ

イタリアの公現祭は、冬休みの終わりを告げる祝日。そして、子供たちにとっての祝日でもあります。街の博物館やショップは祝日につき、店を閉めていることも多いので「お目当ての場所がやってなーい!」とお嘆きの方。是非、熱気球観戦に出かけてみてはいかがでしょうか?青い空、のんびりとしたムードや子供たちの笑い声は、心の底から癒されること間違いありません。

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. ハー・マジェスティーズ劇場体験記これまでロンドンに行った際は、博物館巡りやショッピングを楽しむこ…
  2. カウアイ島旅行体験記いつもハワイに行く時はオアフ島のみでしたが、友人からカウアイ島の自然が凄い!…
  3. プラハ旅行体験記チェコの首都プラハ。世界最古で最大のお城があり、街のシンボルとも言える天文時…
  4. フランクフルト旅行体験記ドイツきっての経済都市フランクフルト。学生時代、家族旅行をした思い出の地…
  5. 一生に一度は行ってみたい!ケープタウンで都会と自然を楽しむ旅!| トラベルダイアリー
    ケープタウン旅行体験記アフリカ大陸最南端の国、南アフリカ共和国。日本からの直行便はなく、到着にお…
  6. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  7. セムク・チャンペイ旅行体験記基本的にノープランだった中南米旅行。ガイドブックは持たずに、実際に行…
  8. スイスらしさがぎゅぎゅっと詰まった街、ベルンお散歩旅♪| トラベルダイアリー
    ベルン旅行体験記春休みを利用して祖母が若き日に祖父と旅した思い出の地、スイスの首都ベルンへ、祖母…
  9. タスマニア旅行体験記オーストラリアへ住んでいた頃、たくさんの人にタスマニアを訪れることをおすすめ…
  10. アムリトサル旅行体験記アムリトサルは、インド北部に位置する街です。パキスタンに陸路で入国するため…

国内旅行おすすめ

  1. 初の一人旅で大きく成長した伊勢・志摩旅| トラベルダイアリー
    伊勢・志摩旅行体験記 当時の私は失恋の傷が癒えず、社会人をしていました。そんな時ふと…
  2. 大神神社・やまのべの道旅行体験記お天気に誘われて、奈良は大神神社のご神体「三輪山」登拝の旅へ…
  3. 旭川~美瑛~富良野周遊旅行体験記北海道旅行でバスツアーを利用して、旭山動物園に青い池、四季の丘、…
  4. 北海道・利尻島をレンタカーで1周する旅| トラベルダイアリー
    利尻島旅行体験記北海道・利尻島に行ってきました。レンタカーを借りて島を一周したのですが、山・川・…
  5. 神戸旅行体験記神戸は個人的に好きな街であり、日帰りでもよく訪れていました。私にとっては何度訪れて…
  6. 青い海とスポーツ選手のキャンプ、宮崎の青島で素敵な時間を過ごせる♪| トラベルダイアリー
    青島旅行体験記宮崎へは仕事で2週間ほど滞在しました。青島と宮崎駅周辺ですが、休日は観光地的な場所…
  7. 異国情緒漂う長崎市街を満喫!レンタカーで巡る長崎旅行| トラベルダイアリー
    長崎旅行体験記九州には何度か訪れていますが、今まで訪問する機会がなかった長崎。今回お得なツアーを…
  8. 京都旅行体験記お稲荷さんの総本宮「伏見稲荷大社」。関西では初詣スポットとして有名ですが、近年では…
  9. 青ヶ島
    青ヶ島旅行体験記元々離島旅行に興味があり、インターネットで秘境して紹介されていたこと、美しい青い…
  10. 沖縄旅行体験記「沖縄に行こう」旦那がそう言いだしたのは2月。沖縄といえば、どこまでも広がる海…

最新記事

  1. イスラム世界の文化的中心地として栄えた茶色い街 「 ブハラ 」| トラベルダイアリー
    ブハラ旅行体験記2500年もの歴史を秘めているブハラ。シルクロードの面影が残存しているといわれる…
  2. 女子一人旅 in ペルー 首都リマで日系人文化に触れ、日本を感じる| トラベルダイアリー
    リマ旅行体験記危険だと言われるけれど、やはり首都は訪れてみたい。そんな気持ちでリマにも行くことに…
  3. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅|
    松本旅行体験記海外に行けないストレスをどこで晴らそうと旅行サイトなどを色々見て情報集めをしている…
  4. 長野・松本〜観光に食べ歩きに盛りだくさん〜母娘ふたり旅| トラベルダイアリー
    尾道旅行体験記地元近くでありながら昨年はじめて訪れ、その風光明媚な雰囲気にすっかり惚れ込んだ街・…
  5. 女子一人旅 in ペルー 夢のマチュピチュを心ゆくまでうろつく| トラベルダイアリー
    マチュピチュ旅行体験記ペルーに来た目的、マチュピチュに到達です。子どもの頃からインカに興味があり…
  6. ウズベキスタン共和国内にある秘境「カラカルパクスタン共和国」| トラベルダイアリー
    カラカルパクスタン共和国旅行体験記ウズベキスタン共和国の西部に位置するカラカルパクスタン共和国。…
  7. 女子一人旅 in ペルー マチュピチュの麓、マチュピチュ村で温泉に入る| トラベルダイアリー
    マチュピチュ村旅行体験記いよいよマチュピチュに向かって出発です。マチュピチュの麓にあるこのマチュ…
  8. お酒と音楽とケルト文化を味わう ダブリン探訪記| トラベルダイアリー
    ダブリン旅行体験記隅っこ好きな性分で、アイルランド、北アイルランド、スコットランドを巡る旅に出ま…
  9. いも好き必見!全国のさつまいもスイーツが大集合「関西おいも万博」| トラベルダイアリー
    関西おいも万博に行ってきました!全国の美味しいさつまいもスイーツが集まる「関西おいも万博」なるも…
  10. シルクロードの中心都市 ウズベキスタン”青の都”「サマルカンド」| トラベルダイアリー
    サマルカンド旅行体験記ウズベキスタンのサマルカンドに初めて訪れたのは、今から12年も前のこと。友…

Archive



PAGE TOP