ドイツミュンヘン オクトーバーフェスト(Oktoberfest)

オクトーバーフェスト(Oktoberfest)行きました!

一生に一度行ってみたかったドイツのオクトーバーフェスト。シルバーウィークを利用して念願の地、本場ミュンヘンのオクトーバーフェストへ行ってまいりました!ここではその時の思い出をレポします♡

オクトーバーフェスト(Oktoberfest)とはどんなイベント?

おすすめのポイント
  1. 世界最大のビールのお祭りである点
  2. 実はビールが飲めなくても大満足できるイベントである点
  3. 食べるだけじゃない!観る、遊ぶも満喫できるイベントである点

オクトーバーフェスト自体はドイツの至る所で行われます。しかしミュンヘンのものは中でも特に有名。1810年から続く大変歴史あるお祭りで、地元っ子たちはこの日を何より誇りに思い、毎年楽しみにしています。広い会場はなんとこのイベントのためだけに毎年つくられるのだそう。飲食ブース以外にも、れっきとした観光名所や、アトラクションが盛りだくさんの遊園地ゾーンなどもあるため、ビールが飲めない人でも200パーセント満足できるイベントである点も魅力です。

オクトーバーフェスト(Oktoberfest)チェックポイント5選

まずはビールで皆と一緒に乾杯(プロースト)!

オクトーバーフェストの絶対的エース「ビール」。ドイツ語では「ビア(Bier)」と言います。会場内には、巨大な建物が右に左に立ち並び、中でビールを飲むことができます。人気の施設は予約しないと長時間並ぶことになりますが、選ばなければ予約なしでも入れる所もありますよ!時間に特にこだわりがない方は、朝イチもおすすめ。私たちは2日めは朝イチで突撃し、有名店「ホフブロイハウス(Hofbräuhaus)」で待ち時間なしでビールを味わうことが出来ました。

プレッツェルやソーセージでアクセル全開!

ビールと一緒に是非食べたいのがプレッツェル(Brezel/ブレーツェル)や名物の白ソーセージ(Weißwurst/ヴァイスヴルスト)です。特に白ソーセージはミュンヘンでは朝食から昼食までの間食として食べる習わしがあり、塩気が少なく優しい味わいです。子供から大人まで楽しめる一品のため、どの席でもプレッツェル&白ソーセージを食べているお客さんがいっぱい!是非全て注文して、ビールと一緒にお楽しみください♪

あつあつのKäsespätzle

アメリカ人の大好きなマカロニ&チーズのドイツ版が「ケーゼシュペッツレ」です。肌寒い初秋のミュンヘンでは、このあつあつケーゼシュペッツレがたまらなく美味しい!南ドイツの郷土料理とだけあって、会場内では至るところで食べている姿をみかけます。屋外にあるフードワゴンでも気軽に食べられる一品。是非ケーゼシュペッツレで南ドイツ・ミュンヘンの味をご堪能ください。

メッセージ入りのLebkuchen

インスタ映え抜群。ドイツの秋冬に欠かせないご当地スイーツが「レープクーヘン」です。オクトーバーフェストやクリスマスの頃に登場する巨大なジンジャークッキーで、会場では可愛らしい装飾が施された大きなデコクッキーの中に文字を入れてくれる店もありました。インテリアとして楽しんだのち、皆でいただくのだそう。…といっても、正直あまり美味しいものではないので、ほとんど鑑賞用だそうなのですが、固いクッキーは持ち運びも安心。日本へのお土産におひとついかがでしょうか?

童心に帰れるRiesenrad

オクトーバーフェストは飲食ゾーン以外に、巨大な遊園地ゾーンもあります。ジェットコースターにメリーゴーランド…。「これが常設でないなんて信じられない!」思わずそう口にしたくなるような立派なアトラクションが右に左に並びます。オススメは最も人気の観覧車(リーゼンラート)。童心に帰って楽しめるアトラクションのひとつで、頂上から見る会場の様子もまた、旅の良き思い出となることでしょう。

オクトーバーフェスト(Oktoberfest)の見逃せないグルメ情報

Steckerlfisch

オクトーバーフェストの中にあるなんとも日本情緒溢れる風景。これも立派なドイツ料理なんだそうです。名前は「シュテッケルフィッシュ」。ビールやソーセージの箸休めになる魚の塩焼きは、さっぱりとした白身魚が中心。お肉を控えている人にも嬉しいですね!特に南ドイツは近くに海がない為、なかなか魚を食べる機会がありません。旅行中、お魚の味が恋しくなった方は是非お立ち寄りください。(なお、醤油はございませんので悪しからず!)

オクトーバーフェスト(Oktoberfest)お役立ちグッズ

「Wiesnglupperl」
オクトーバーフェストの会場内で時々見かける洗濯バサミのような形の可愛らしい木製クリップ。これはビアガーデンの店員さんたちが付けていたことから広まった一種のアクセサリーで、名前やメッセージなどを入れて楽しむものだそうです。ミュンヘンは木製品も有名な為、お土産のひとつとしてもお役立ち。旅の思い出がてら是非お一つ買ってみてはいかがでしょうか?

オクトーバーフェスト(Oktoberfest)で注意点するべき点とは

「不要な荷物はとにかく置いていきましょう」
オクトーバーフェストは持ち物制限がカナリ厳しく、基本的には手ぶらで行くのがベストです。最悪でも小さめのクラッチバッグや斜め掛け1つが限界。リュックなどを持っていると入口手前の荷物預かり所に預けなければならず、時間もお金もロスしてしまいます。持ち物に関するルールは毎年変わるので、行くことが決まったら、事前に一度チェックしておくと安心かもしれません。

まとめ

教科書で見て以来ずっと憧れ続けたミュンヘンのオクトーバーフェスト。毎年9月下旬からたった2週間だけ開催されるお祭りは、仕事や学校があるとなかなかお休みを合わせるのが難しいかもしれませんが、是非、一生に1度だけでも行ってみてください!カラッとした秋のミュンヘンの空の下で行われる華やかなお祭りは、行けば絶対後悔しないこと、お約束いたします♡

 

アコ

アコ東京出身。

投稿者の過去記事

アメリカ→イタリア在住。
美味しいもの、特にスイーツが大好きです.。.:**:.。..

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

海外旅行おすすめ

  1. スニオン岬旅行体験記ギリシャの首都アテネから日帰りで足を伸ばせる自然がいっぱいのスニオン岬。都市…
  2. モスタル旅行体験記中東から西へ移動するように東欧の国々を旅していると、多くの国や都市でユーゴスラ…
  3. ポツダム旅行体験記ドイツの首都ベルリンから日帰りで足を延ばせる「ポツダム」。学校で勉強した「ポツ…
  4. グアム旅行体験記日本から約4時間。時差もたった1時間。気軽に行けてビーチアクティビティを楽しめる…
  5. マラケシュ旅行体験記雑誌などでモロッコ風インテリアが特集されて、可愛らしいスリッパやクッションな…
  6. 女子一人旅 in ポルトガル なぜか日本を感じる街リスボン| トラベルダイアリー
    リスボン旅行体験記ミラノで緊急搬送された翌日、移動日だったため何とか空港まで移動して飛行機でポル…
  7. バルセロナ旅行体験記建築好きは必見のアントニ・ガウディの作品が街のあちらこちらにあるバルセロナ。…
  8. アンティグア旅行体験記無類のコーヒー好きである私たち夫婦は、日本でも「グアテマラ、アンティグア」…
  9. ハノイ旅行体験記初めての一人旅、最初の地はベトナム、ハノイでした。一人旅のスタートはハラハラ…
  10. フーコック旅行体験記海外旅行へ行くなら、レアな場所に行ってみたい!と旅慣れた人なら思うはず。アジ…

国内旅行おすすめ

  1. 下田旅行体験記海を眺めて癒されたい!忙しさで気持ちがすり減ってしまうと、ふと思います。 でもリゾ…
  2. 【風景美術館】絶景・日本平ホテルに泊まる静岡旅行| トラベルダイアリー
    静岡旅行体験記今回は、日本観光地百選第一位にも輝いたことのある名勝地・日本平へ行ってきました。…
  3. 水上旅行体験記 群馬県には草津や伊香保などの温泉街が有名ですが、調べると水上…
  4. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  5. 浜松・新城日帰り旅行体験記浜松・新城へ日帰りで行ける涼しい観光スポットの新規開拓に行ってきました…
  6. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ伊豆の旅| トラベルダイアリー
    伊豆旅行体験記海鮮が大好きな私は伊豆へ行くことも多いですが、今回は「星野リゾート界 伊東」に泊ま…
  7. 仙台旅行体験記 旅行の行き先がなかなか決まらず、航空券をチェックしていると、ふと仙台…
  8. 福井旅行体験記 47都道府県のうち未踏の地であったのがこの福井。北陸三県にはなかなか…
  9. 3歳児でも思いっきり楽しめる!子連れ熱海の旅②| トラベルダイアリー
    熱海旅行体験記夏は海水浴で有名な熱海ですが、冬の熱海でも満喫できるイベントや観光スポットがありま…
  10. 小豆島旅行体験記小豆島には手軽に魔女の宅急便ごっこができるスポットがあります。最近インスタグ…

最新記事

  1. 初めてのバンコク旅行!定番スポット巡り| トラベルダイアリー
    バンコク旅行体験記アジアの中でも人気の観光スポットがたくさんあるバンコク。日本からは4時間半〜6…
  2. 風車観光の拠点にもピッタリ!近代建築が楽しい街ロッテルダム| トラベルダイアリー
    ロッテルダム旅行体験記アムステルダムに次ぐオランダ第二の都市・ロッテルダム。ベルギーを旅行した際…
  3. 女子一人旅 in スペイン 黒いマリア様に会いにモンセラットまで| トラベルダイアリー
    モンセラット旅行体験記この日は友人が休みを取ってくれ、モンセラットまでドライブしました。テラ…
  4. 世界遺産の中にある街スプリットで「現代」と「古代」を楽しむ旅| トラベルダイアリー
    スプリット旅行体験記クロアチアにある8つの世界遺産の一つ、「スプリットの史跡群とディオクレティア…
  5. ソウルで女子旅!おすすめのグルメや定番スポットなどを紹介| トラベルダイアリー
    ソウル旅行体験記辛いだけじゃない?!美味しい料理に、最先端のコスメたち。お腹を満たしつつ、気付け…
  6. 修復中でもオススメしたい!レトロな街並みが楽しめる松山・道後温泉| トラベルダイアリー
    松山旅行体験記松山といえば何と言っても日本三古湯のひとつ道後温泉が有名!…ですが平成31年からの…
  7. 女子一人旅 in スペイン 観光地じゃない街テラッサで素の生活| トラベルダイアリー
    テラッサ旅行体験記泊めてもらった友人が住む街、テラッサ。バルセロナから電車で1時間かからないくら…
  8. トトロの疑似体験もできる!?丘と岬に囲まれた港町・愛媛県八幡浜| トラベルダイアリー
    八幡浜旅行体験記愛媛県西部の街・八幡浜を訪れました。九州から四国へ移動する際に四国側のフェリー発…
  9. 女子一人旅 in スペイン ガウディだらけのバルセロナ| トラベルダイアリー
    バルセロナ旅行体験記名残惜しいリスボンを後にして向かった次の地はバルセロナ。バルセロナは美し…
  10. 街中が花火の光に包まれる!レイキャビクの年越し花火| トラベルダイアリー
    年越し花火に行ってきました!新年の迎え方は国によって様々で、日本と全く異なる過ごし方に驚くことも…

Archive



PAGE TOP